1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

SS3: オジェがベストタイムで反撃開始

SS3: オジェがベストタイムで反撃開始

2017年4月8日 ミークが引き続き首位をキープ

ツール・ド・コルスは金曜日の午後のループを迎え、Mスポーツのセバスチャン・オジェがこの日初めてのベストタイムを奪い、クリス・ミークの快進撃にストップをかけた。

ミークは朝のループの2つのステージで2連続ベストタイムを奪って8.9秒差でラリーをリードしたが、タイヤフィッティングゾーンでのタイヤ交換を挟んだ午後のループの最初のステージである31.20kmのピローズラ〜アルビレクチアの2回目の走行においてオジェが0.8秒ながらミークを上回るベストタイムをうばい、二人の差は8.1秒となっている。

「少しずつよくなっているが、まだ僕のドリームマシンにはなっていない。僕が望む正確な走りができないので戦わなければならない。しかし、自分に出来る方法で戦っている」とオジェは語っている。

ミークはオット・タナックがコースオフしたコーナーでペースを落としたため2番手タイムとなったものの、引き続きいいリズムで走っていると語り、タイムには満足している様子だ。タナックは4位につけていたものの、スタート直後のコーナーでスライドしてしまい、ディッチからの脱出ができなかったためにリタイアとなってしまった。

ティエリ−・ヌービルはトップ2台との差を縮めるはずがここでも3番手にとどまり、ミークから22.6秒遅れとなってしまった。チームメイトのダニエル・ソルドが4位に浮上したが、フィーリングは悪くないけれどタイムが伸びないと不満を述べており、シトロエンのクレイグ・ブリーンが1.5秒差に迫ってきた。

TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリマティ・ラトバラは6番手タイム、期待したほど良くなかったタイムにまだまだ満足出来ない様子だ。ヘイデン・パッドンはリヤをスライドさせてクラッシュ、マシンに軽くダメージを負ってステージをフィニッシュした。

エルフィン・エバンスは引き続き油圧のトラブルに悩まされて2分をロス、ステファン・ルフェーブルはパドルシフトに問題を抱えている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.