1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

シトロエン、母国ラウンドにむけて必勝の構え

シトロエン、母国ラウンドにむけて必勝の構え

2017年4月5日 コルシカに向けてサスペンション改善に集中

シーズン開幕戦のラリー・モンテカルロで見舞われた問題を根絶するため、シトロエンはツール・ド・コルスのためのテストにおいてサスペンションの改善に集中した。

1年間のWRC参戦休止のあと、C3 WRCとともに復帰したシトロエンを待っていたのは、冬のフレンチアルプスにおける思ってもみない苦戦だった。このときのトラブルの原因がサスペンションにあったことが判明しており、4日間にわたるコルシカのためのプレテストはこの問題を解決することが焦点となった。

シトロエンのテクニカルディレクター、ローラン・フレゴシは、モンテカルロでの不振を繰り返さないために、チームが必死に取り組んできたと語った。

「我々がラリー・モンテカルロから学んだことの1つは、サスペンションに取り組む必要性だった。先日、コルシカで実施した4日間のテストの間、我々はこの点に焦点を当てたが、ディファレンシャル・マッピングやタイヤの組み合わせなど、他の重要な分野も見落とさずに取り組んだ」とフレゴシは語った。

「今回のテストセッションの終わりに、ドライバーが最初のセットアップと今回のテストで定まったセットアップを試して比較したとき、我々の進歩は明確だった。今後はその成果を強力な結果に結びつける必要がある」

シトロエン・レーシング代表のイブ・マトンは、チームにとってこの母国ラウンドがいかに重要な一戦であるか強調した。シトロエンは今回、満を持して新しいC3 WRCの3台体制でコルシカに臨むことになっている。

「フランスのマニュファクチャラーにとって、ツール・ド・コルスが非常に特別なイベントなことは明らかだ」とマトンは語った。

「このラリーにおけるシトロエンの9勝目を確実に手にするために、我々は今シーズン初めて3台のC3 WRCを参戦させる。これによって、我々はレースマネジメントに関してより落ち着いたアプローチを採用でき、若手ドライバーは自身の戦略に対する決定権が少し増える」

「アイテナリーは昨年とほぼ同一であるため、クリス(・ミーク)とクレイグ(・ブリーン)は昨年のラリーを走った経験を活用することができるだろう。クリスはこの路面における自身の可能性を示したので、彼は上位争いができると思う。ステファン(・ルフェーブル)は昨年このラリーに出場していないので、そのことを考えると、少しペースが遅れてもそれは驚くことではないだろう。しかし、彼は母国ラウンドにとてもやる気を見せているよ!」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.