1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

オストベルグ、コルシカ欠場へ

オストベルグ、コルシカ欠場へ

2017年3月25日 ターマック・サスペンションが間に合わず

 マッズ・オストベルグは4月6〜9日に行われるFIA世界ラリー選手権第4戦ツール・ド・コルスへの参戦を取り止めたことを発表した。オストベルグによれば、新しいフォード・フィエスタWRCのターマック用サスペンションの供給が遅れており、プレテストができないことが原因だという。

 オストベルグは今季、マルティン・プロコップとワンベット・ジッポカー・ワールドラリーチームを結成、オストベルグ自身はスウェーデンからの参戦を開始していた。当初の彼の計画では、メキシコのみを欠場する予定だったが、コルシカを欠場するという決断は、新米の父親業とは関係なく、むしろ技術的な理由だ。

「ほんの数日前、僕たちはコルシカで適切なターマックのサスペンションを得る保証がないことが明らかになった。さらに、ターマックでテストを行なう時間もない。この状況で僕たちがラリーを行なっても、テストしていないパーツでただ道路をドライブするだけになってしまうので、ラリーを行う理由がない。そのため、僕は結果を得られる見込みのないラリーを強引にするよりも、アルゼンチンの前に数週間の『育児休暇』を楽しむつもりだ」とマッズ・オストベルグは語った。

 オストベルグは先週、マシンをより理解し、ディファレンシャルとサスペンションのセットアップに取り組むために、ノルウェーの雪上で2日間のテストを行なった。

「雪と氷は当然、今シーズンの残りにはあまり関係がないが、マシンの完成が遅れたためにスウェーデンで試すことができなかったことがたくさんあった。ほとんどの場合、イベント前にテストする時間はほとんどないからね。だがノルウェーで2日間ドライブしたことで、マシンとセットアップの可能性を知る上で、僕たちは大きなステップを踏みだすことができたと感じている」と彼は語った。

「僕は4月の最後の週末に開催されるアルゼンチンを僕の次のラリーとして楽しみにしている。そしてヨーロッパでグラベルのテストを計画している。可能ならば、イベントの前にアルゼンチンの道路で一日テストを行なうつもりだ」

 アルゼンチンはマッズ・オストベルグの得意なラリーの一つだ。彼は2012年に3位、2015年には2位を獲得している。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.