1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

マトン、「C3はポテンシャルを証明した」

マトン、「C3はポテンシャルを証明した」

2017年3月16日 グラベルでの1勝には大きな意味

 世界ラリー選手権のシーズン開幕からの2戦での期待外れの結果を経て、シトロエンのチームボス、イブ・マトンはラリー・メキシコでのクリス・ミークの勝利がシーズンの今後に向けてチームが大きく自信を高めることになったとして称讃している。

 2016年シーズンを新しいC3ベースのWRカーの開発のために費やしてきたシトロエンは満を持して、今年再びWRCへのフルタイム参戦を開始した。しかし、ラリー・モンテカルロでの彼らのスタートは前途多難なものとなってしまい、続くスウェーデンでも精彩を欠き、チームはマニュファクチュアラー・ランキング最下位に沈むことになってしまった。

 メキシコにおいてミークがC3 WRCに初勝利をもたらしたことは、チームの状況を軌道に戻しただけでなく、選手権ラウンドの多くがグラベルのサーフェイスで争われるため、今後にとっても大きな意味をもつ結果となった。

「グラベルでのこの初勝利は、シトロエンC3 WRCの基盤が極めて堅固なものであること、そしていかにチームが優れた仕事をしてきたということを証明している。これで我々はもう少し落ち着いてクルマの開発を続けていくことができる」と、グラベルでの1勝の大きな意味を認識したマトンは語った。

「もし選ぶのであれば、我々としては、シトロエンにとって特別な意味を持つモンテカルロで勝ちたかった。だが、感情的なこだわりは捨て、あくまで実践的な見解で考えていくことが必要だ」

「この世界選手権という観点では、シーズンの3分の2ほどが行われているグラベルで、しかもメキシコという特に厳しいコンディションの中で得られた結果であるならなおさら、前に進むために非常に励みになるものだ」

 チームは、多くのクルマが問題を露呈することになったメキシコの高温で標高の高いステージにおいてのC3の信頼性に感心している。

「C3の冷却には問題なかった。開発時、我々は冷却システムにはかなり取り組んできたからね」とシトロエン、テクニカル・ディレクターのローラン・フレゴシは説明している。「短期から中期的に問題がないということは、我々としてはさらなるパフォーマンスの追求にすべてを集中できるということだ」

 チームは次戦のツール・ド・コルス(4月6日〜9日)を前にターマックでのテストが控えており、ミーク、クレイグ・ブリーン、そしてステファン・ルフェーブルのための3台のC3 WRCを走らせる予定になっている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.