1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

SS12:オジエが初のベストタイム

SS12:オジエが初のベストタイム

2017年3月12日 ソルドの10分のペナルティが取り消し処分に

 ラリー・メキシコの土曜日は午後のループを迎え、Mスポーツのセバスチャン・オジェが初めてグラベルステージでのベストタイムを奪って反撃を開始した。

 メディア・ルナの2回目の走行となるSS12で、オジェは首位のクリス・ミークとの差を2.2秒縮め、その差を21.3秒に縮めている。彼は朝のループで今日は一か八かの勝負をするような走りはしないと語っていたものの、ここでは余裕がまったくない走りだったと認めた。

「ここをあんな風にドライブするのはもうしたくない。やれることはすべてやった。本当にクリーンなドライブで、ほとんど限界に近かったよ」

 ミークは上位勢ではただ一人だけ4本ともハードタイヤを装着したが、シェイクダウンでソフトタイヤを1本パンクさせてしまったために仕方なかったと明かした。

「シェイクダウンの時にパンクで一つタイヤを失っているから、このループで調整してマネージメントしていかなければならなかった。もっとグリップがあれば、タイム差はなかったが、まあ、これからのステージはどうするかだ。けれど、僕らのタイヤは十分なグリップが残っている」

 前夜に行われたレオンのスーパーSSでダニエル・ソルドに課された10分のペナルティが取り消しとなる裁定がスチュワードから発表され、新たなノーショナルタイム(SS7:4分15秒/SS8:3分31.6秒)が与えられている。彼のこの結果、ソルドは12位から8位へと順位を上げることになった。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.