1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

SS4:ミークがメキシコをリード

SS4:ミークがメキシコをリード

2017年3月11日 多くのドライバーたちがオーバーヒートに苦戦

 ラリー・メキシコは朝のループがキャンセルになったあと午後のループからは予定どおりにスタート、54.90kmのエル・チョコラテのステージから本格的なグラベルの戦いがはじまった。

 新世代WRカーがグラベルステージに挑むのはこれが今季初となるため世界の注目が集まったが、このラリーでもっとも長く、もっとも標高の高い2746mを走るこのステージではシトロエンのクリス・ミークがベストタイムを奪い、ラリーをリードすることになった。

 10番手のポジションで走行したミークはクリーンになった路面にも助けられ、7.3秒差をつけるベストタイムを奪い、2位で続くセバスチャン・オジェに9.7秒差のリードを築いている。

「特にドラマはなかった。コースはクリーンだった。スタート近くはルースなところがあったけど、クリーンなコースに助けられた。厳しいステージで、大きな岩を避けてドライブしなければならなかったけど、僕はハッピーだよ」

 ボディの左側に小さなダメージを残してゴールしたオジェは、2番手のポジションでスタートしたにもかかわらず、2番手タイムとまずまずの走りをみせたが、彼はエンジンのオーバーヒートが気になるらしく、その表情はけっして明るいものではなかった。「ステージの間はほぼずっとエンジン警告が出ていたんだ。オーバーヒートだったよ」

 このステージでは、オジェだけではなく、ほとんどのドライバーが程度の差こそあれエンジンのオーバーヒートやブレーキの問題に苦しむことになった。オット・タナックはチームメイトのオジェよりも1分11.5秒遅いタイム)40kmを走行した時点で水温が120度まで上昇する状態で走ることになり、1分18.8秒を失うことになってしまった。また、メキシコシティで昨夜行われたストリートステージでトップに立ったトヨタのユホ・ハンニネンもオーバーヒートのために1分11秒を失い、6位まで後退することになった。また、一番手のポジションでスタートしたヤリマティ・ラトバラも同じ問題で1分32.6秒を失い、8位と出遅れてしまった。

 ヘイデン・パッドンが3番手、ダニエル・ソルドが4番手、ティエリー・ヌービルが5番手の好タイムを並べ、ヒュンダイ勢が上位につけている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.