1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ミケルセン、コルシカに再びシュコダで出場へ

ミケルセン、コルシカに再びシュコダで出場へ

2017年3月4日 長期的なWRCプログラムはまだ白紙

 アンドレアス・ミケルセンは来月のツール・ド・コルス(4月6日〜9日)にふたたびシュコダ・モータースポーツから参戦することが決定したものの、今後の長期的なWRCでの活動計画についてはまだ宙に浮いた状態にある。

 フォルクスワーゲン・モータースポーツの選手権からの撤退の決定を受けてシートのない状態で取り残されてしまったミケルセンは、ラリー・モンテカルロでシュコダ・ファビアR5をドライブ、3分30秒近い大差をつけてWRC2で優勝を飾っている。彼はプライベート・フォルクスワーゲンの許可を待っていたが、そのチャンスがなくなった今、ふたたびシュコダの申し出を受けて、ターマック・イベントのツール・ド・コルスにふたたびファビアR5で参戦する。

 ミケルセンは、ファビアR5での参戦できることを喜んでいるものの、今後の参戦計画は未だ流動的なままで、2018年のWRカーのカテゴリーでのワークスのシートを得ることを目指して懸命に活動していると語った。

「今シーズンの今後についても、来年のことも、まだ何も決まっていない」とミケルセンは語った。「今年は一つ一つ、ラリーごとに取り組むことになるだろう。それでも、現場から遠ざかることのないように、僕たちはカレンダーにあるすべてのイベントでレッキをやることにしている」

 ミケルセンはコルシカでの経験を豊富に持っている。彼はこの地中海イベントには6度チャレンジしており、ここ2シーズンはVWポロR WRCで3位でフィニッシュしている。

「シュコダがまたイベントで彼らのために走るのに僕を起用してくれることを本当に嬉しく、ありがたく思う。僕にとってコルシカは楽しめるイベントだし、僕たちがきっといい結果を残せると確信しているよ。またドライブできるのは楽しみだし、可能な限り多くの時間をラリーカーで走るために費やしいんだ」と彼は語った。

 ミケルセンは一人の観客としてスウェーデンを見ている状況が受け入れ難いものだったと明かしている。

「自分が現場の外側から見ている状況だった先月のスウェーデンではすごく違和感を覚えたよ。また競技に参戦できるのは本当に嬉しい。もちろん、僕が本当に乗りたいのはWRカーだけど、その選択肢がない今、これが最高のチャンスであることに違いない」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.