1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

SS1: トヨタのラトバラがリード

SS1: トヨタのラトバラがリード

2017年2月10日 トップ5が1秒差の大接戦

 トヨタのヤリマティ・ラトバラがカールスタッドのスーパーSSを制して、ラリー・スウェーデンをリードした。トヨタにとってはこれが復帰後、初めてのベストタイムとなった。

 世界ラリー選手権第2戦のラリー・スウェーデンは木曜日の夜に行われたカールスタッドのスーパーSSで開幕、2台併走で争われるこのステージでラトバラは選手権リーダーのセバスチャン・オジェとともに15組目でスタート、彼はオジェを直接対決で0.9秒上回り、ラリーをリードすることになった。

「すべて最高だったね。でも、はやる心を抑える必要がありそうだよ! いいリズムで明日も走るつもりだよ。それがもっとも重要だ」とラトバラは語った。

 ラトバラから0.6秒差で初日の2位につけたのはヒュンダイのティエリー・ヌービル、ここではシェイクダウンで使ったタイヤを使用したため十分なスピードを出すことができなかったと彼は不満を述べたものの、前戦ラリー・モンテカルロで逃した勝利を取り返すべく快調なスタートを切っている。

 3位にはトップから0.7秒遅れのダニエル・ソルド、さらに0.1秒差でオット・タナック(フォード・フィエスタWRC)が続き、5番手のオジェもトップからは0.9秒差ときわめて僅差で続いている。

 シェイクダウンでトップタイムを出したマッズ・オストベルグが6番手、スタートに失敗しながらもシトロエンのクリス・ミークが2秒遅れの7番手で続いている。

 また、ヘイデン・パッドンは干し草のバリアに接触、マシンにはダメージはなかったものの、3.2秒差の12番手にとどまることになった。

 明日の金曜日はもっとも北部のホフ-フィンスコグなど、ほとんどがノルウェーでのステージで争われる一日となる。オープニングステージのレーデンは現地時間7時59分(日本時間15時59分)のスタートとなる。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.