1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

スウェーデンのシェイクダウンはオストベルグが最速

スウェーデンのシェイクダウンはオストベルグが最速

2017年2月9日 ブリーンは0.1秒差の2番手タイム、オジェはタイヤ温存策

 ノルウェーのマッズ・オストベルグが、ラリー・スウェーデンのシェイクダウンでクレイグ・ブリーンにわずか0.1秒差をつけるトップタイムを奪った。

 新しいフォード・フィエスタWRCの完成を待つために開幕戦ラリー・モンテカルロをスキップしたオストベルグは、木曜日の朝、トースビーのサービス近くに設定された6.86kmのスカッラ・ステージで行われたラリー・スウェーデンのシェイクダウンの3回目の走行でトップタイムを奪うことになった。

「僕は雪の路面では多くの経験があるし、それを利用するつもりだよ」とオストベルグは語った。彼にとっては11回目のラリー・スウェーデンとなる。

「スタートポジションはいいので、それが有利に使うことができたらいいね。それが僕の唯一の願いだよ。ほかのドライバーは僕より新しいクルマの経験が多いからね」

「クルマもチームも僕にとってすべてが新しい。このクルマはおかしくなるくらいドライブしたいマシンなんだ。グリップがあるときは本当に素晴らしいスピードでコーナーとコーナーを駆け抜けることができる。もちろん僕はいまは笑っているが、簡単に小さなミスをするのですこし抑えようとしている」

 シトロエンC3 WRCでの初のラリーを迎えるブリーンは3回目の走行でヒュンダイのヘイデン・パッドンを上回って2番手タイムでフィニッシュ、本番にむけて十分なウォームアップになったようだ。パッドンはブリーンから0.4秒遅れ、その後方0.1秒差にはシトロエンのクリス・ミークが続くことになった。

 また、ヒュンダイi20クーペWRCを駆ったダニエル・ソルドは、1回目の走行ではトップタイムだったが、2回目の走行以降はスタッド付きのタイヤを明日の本番まで温存するためにペースを落としている。また、オット・タナックも彼と同様に2回目以降はタイヤをセーブする走りに切り替え、モンテカルロの勝者となったセバスチャン・オジェも走りをチェックしただけの走行にとどめ、トップからは18秒遅れのタイムでシェイクダウンを終えている。

■シェイクダウンタイム(P1ドライバー)
1. マッズ・オストベルグ(フォード)4分11.6秒
2. クレイグ・ブリーン(シトロエン)4分11.7秒
3. ヘイデン・パッドン(ヒュンダイ)4分12.1秒
4. クリス・ミーク(シトロエン)4分12.2秒
5. ダニエル・ソルド(ヒュンダイ)4分14.0秒
6. ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)4分14.5秒
7. エルフィン・エバンス(フォード)4分15.1秒
8. ステファン・ルフェーブル(シトロエン)4分16.1秒
8. オット・タナック(フォード)4分16.1秒
10. ヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)4分16.2秒
11. ユホ・ハンニネン(トヨタ)4分28.4秒
12. セバスチャン・オジェ(フォード)4分29.9秒


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.