1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

新生ジュニアWRCに精鋭が勢揃い

新生ジュニアWRCに精鋭が勢揃い

2017年2月2日 世界を夢見る若手が世界から集結へ

 今シーズンからリニューアルされたFIAジュニアWRCは、1ヶ月前にエントリーを開始して以来、世界中から10名を越えるドライバーの登録がすで集まっている状況だ。

 ジュニアWRCは昨年までシトロエンDS3 R3Tのワンメイクで行われてきたが、今年からDMACKタイヤの支援のもと、1リッターターボ・エコブースト・エンジンを搭載したMスポーツ製のフォード・フィエスタR2Tで争われることになる。世界を夢見る多くの若手がすでにノミネートを行っている。

 昨年のジュニア選手権を5位でフィニッシュしているテリー・フォルブが今年も参戦するほか、フランス勢としては2016年のドライブDMACKトロフィーで力強い速さを見せたニコラ・シアマンがステップアップを果たす。

 イギリス・ジュニア王者のロブ・ダッガンが有力候補の1人として注目されるとともに、昨年ヨーロッパ選手権のジュニア部門4位だったドイツのユリウス・タンナーも活躍が期待される。

 中南米からはボリビアのセバスチャン・カレアガやメキシコのミゲル・メンディーナが参戦する一方、スウェーデンのデニス・ラドストロームやエストニア出身のミコ・ニーネマエ、ジョージア(元グルジア)のシャルヴァ・ツィーヘラシワリと、エントリーリストは国際色豊富な顔ぶれだ。

 MスポーツのジュニアWRCマネージャーのマチエク・ウォーダは、コスト・パフォーマンスに優れるコンペティティブなこのシリーズに期待感を示している。

「我々は、フィエスタR2Tによる非常に良くできたフォーマットを確立することができた。このフォーマットは若いドライバーたちにとっては自分たちのスキルをアピールするための素晴らしい基盤として成り立っている。今年のジュニアWRCが、その費用効果も上がり、競争の激化が見込まれていることで、この新たなフォーマットは世界中から大きな注目を集めている」と彼は語った。

 ジュニアWRCは全6戦となり、2戦ずつのペアイベントとして3つに分けられ、それぞれの2戦において最も多くのポイントを獲得したドライバーに対し、2018年シーズンのWRC2でフィエスタR5を1戦ないし2戦ドライブできる権利が授与されることになっている。そして、総合チャンピオンにも同様の賞が用意されている。には1つもしくは2つのイベントに限定して参戦することしかできない。

 このジュニアWRCにはこれから活躍が見込まれる前途有望な将来のスターたちに初めてのWRCでの感覚を味わってもらうための理想的なベースとして期待がされている。これまでの選手権優勝経験者には、このスポーツの最高峰まで登り埋めたセバスチャン・ローブ(2005)、セバスチャン・オジェ(2011)、そしてエルフィン・エバンスらも含まれている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.