1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

シトロエン、モンテカルロに慎重なアプローチ

シトロエン、モンテカルロに慎重なアプローチ

2017年1月17日 二人のドライバーは異なる戦略でモンテへ

 シトロエン・レーシング代表のイブ・マトンは、ラリー・モンテカルロにおいてクリス・ミークとステファン・ルフェーブルの二人のドライバーが異なる戦略で挑むことになると語った。

 1年ぶりにWRCにオフィシャルチームとして帰ってくるシトロエンは、3台体制で2017年の開幕戦ラリー・モンテカルロに出場するものの、マニュファクチャラー選手権のノミネートドライバーとしてC3 WRCを駆るミークとルフェーブルのみを登録しており、昨年までのWRカーであるDS3 WRCを走らせるクレイグ・ブリーンはポイント獲得が認められない。

 マトンは、これまでのテストの結果、C3 WRCの仕上がりに感銘を受けているものの、ライバルよりマニュファクチャラーノミネートのマシンが一台少ないだけに、ミークに優勝を狙ってメカニカルトラブルを引き起こす可能性があるような無茶な走りをさせない考えだ。

「我々のクルーたちは今週のラリー・モンテカルロでは2つの異なったアプローチをとっていくことになる」とマトンは語った。

「クリス(・ミーク)は昨年、このラリーに勝利できる力量があることを証明済みだ。それでも当然我々は、テストとして一日を通してドライブを続けていくことと、レッキでステージを2回走行するだけで4日間のラリーを戦うという状況を区別していく必要がある」

「ラリーの序盤では、どこが勝負所になるのかを見極め、その後のラリーをしっかり見据えていくために、守りの姿勢をとっていくことも必要だ」

 いっぽう、ルフェーブルは2016年のイベントでキャリアベストとなる5位でフィニッシュしているものの、24歳の彼にはまだ慎重なアプローチが必要だと考えている。

「ステファン(・ルフェーブル)に関しては状況は少し違ってくる。我々としては彼をクリスのように勝利をめぐって戦える位置まで押し上げて行きたいと思っている。でもその前に彼にはもう少し学習の期間があるべきで、特にシーズンの前半がそれにあたる。彼にはポイント獲得を目指し、確実に最後まで完走してもらうことを求めたい。我々にはここに2台しかクルマがない、つまり、バックアップの選択肢もセーフティネットもないということだ」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.