1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

新しいスタートオーダールール導入へ

新しいスタートオーダールール導入へ

2017年1月12日 [WRCガイド-3]2017年のルール変更概要

●スタートオーダールールの変更
2017年に新しくなったスポーテリングレギュレーションのなかでも最大の変更だと言われるのが、スタートオーダールールの変更だ。

2016年の世界ラリー選手権は、選手権リーダーが初日と二日目を一番手でスタートし、三日目の最終日のみ、前日までの順位のリバース順でスタートしていた。2017年は選手権リーダーが一番手でスタートするのは初日のみとなり、二日目と三日目は前日までの順位のリバースでスタートすることになり、リタイアしたP1(=プライオリティ1)ドライバーがリスタートする場合には、P1ドライバーの最後尾でスタートすることになる(P1ドライバーについては後述)。

●パワーステージにさらなるボーナスポイント
パワーステージは、最終日に行われるライブステージにおいてもっとも速かったドライバーに選手権ポイント以外のボーナスポイントを与えることを目的として2011年にスタートした。これまではこのステージで1位から3位までに3-2-1ポイントが付与されていたが、2017年からは新たに1位から5位までに5-4-3-2-1ポイントが付与されることになった。

●3台までのマニュファクチャラーノミネート
これまでマニュファクチャラーは選手権ポイントを獲得できるドライバーを2人までしかノミネートできなかったが、2017年から3人まで枠が拡大され、この3人のうちトップ2人のポイントがマニュファクチャラーポイントとして有効となる。マニュファクチャラーはこれまでシーズン前にドライバーを一人ノミネートして最低10戦の参戦義務を課していたが、もはやその必要はなくなり、イベントのエントリーの際にノミネートドライバーを指定することになる。

●新しいプライオリティ
プライオリティとは、スタートオーダーなどを決めるためにドライバーをクラス分けする指標であり、2017年からの新しい選手権規定に基づいてP1からP3までのステイタスが見直しとなっている。

P1: マニュファクチャラーがエントリーした2017年スペックのWRカーのドライバー。あるいはWRCトロフィーへのエントラントなど旧スペックのWRカーで出場するドライバー。

P2: WRC2にノミネートしており、ポイント獲得可能なドライバー。

P3: WRC3およびジュニアWRCにノミネートしており、ポイント獲得可能なドライバー。

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.