1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ル・マン24時間とは?

ル・マン24時間レース20131923年にフランス、ル・マンでスタートした伝統ある耐久レース。夏至に近い6月中旬に開催されるスポーツカーの頂点とも言えるレースで、長い伝統と数々の伝説を誇り、F1モナコGP、インディ500とともに"世界三大レース"のひとつに数えられる。

舞台は常設の『ブガッティ・サーキット』と公道コースを組み合わせた全長13km長のサーキットで争われ、24時間レースを争うサーキットは『サルテ・サーキット』と呼ばれる。テルトルルージュやアルナージュ、インディアナポリスといった名物コーナーに加え、全長6kmのユノディエールというストレート(現在は安全上の理由でふたつのシケインが設けられている)と、参加するドライバー、そしてファンを魅了するコースレイアウトとなっている。

使用されるマシンは、2座席・2ドアの"スポーツカー"が基本。フォーミュラカーは出場できない。24時間レースの中でも他のレースに比べて速度域が高く、勝利を収めるには多くの困難があることから、自動車メーカーにとっては自社のスポーツカーの優秀さをアピールできる格好の舞台となる。そのため、フェラーリやポルシェ、ジャガーやフォード、そして現代ではアウディなど多くの自動車メーカーがこのル・マンで勝利を挙げ、メーカーとしてのステイタスを高めている。

伝統的に自動車メーカーが関与することもあり、一時開発競争が過熱、その後費用高騰により撤退や参入を繰り返した歴史ももつ。ここ数年は性能と環境技術をアピールできる格好の舞台ということもあり、ふたたび自動車メーカーが関心を深めているレースだ。

このページの上部に戻る


ル・マン レジェンド〜伝説〜

ここではル・マンの長い歴史の中に刻まれた "レジェンド"ドライバーを紹介する。

■トム・クリステンセン

デンマーク出身。1995年まで日本でキャリアを重ねていたが、その後ヨーロッパに戻ると、スポーツカー耐久で大活躍。1997年に初優勝を飾り、その後アウディ、ベントレーとともに00年から05年まで6連覇という偉業を達成。08年にも勝利し、通算8回という最多勝利記録を持っている。一時の速さは最近は見えないが、いまだ現役として一線級の実力をもっている。

トム・クリステンセン

■アンリ・ペスカローロ

フランスの誇るル・マン・レジェンド。F1でも活躍したが、地元で開催されるル・マンに注ぐ情熱はすさまじく、これまでに4度の優勝。フランスを熱狂に巻き込んだ。ドライバーを引退してからも情熱は冷めることなく、現在も自らのチームを率いて参戦を続けている。

アンリ・ペスカローロ

■ジャッキー・イクス

F1でも活躍をみせたが、イクスの実績をより高めたのはやはりル・マンだろう。"ル・マンの帝王"の異名をもち、6度の優勝。フェラーリやポルシェで活躍した。過去にル・マンでは、コース反対側から走ってマシンに乗り込む"ル・マン式スタート"が有名だったが、この危険性を指摘、歩いてマシンに乗り込んだ逸話も。

ジャッキー・イクス

■デレック・ベル

ル・マン24時間で5勝(1975年、1981年、1982年、1986年、1987年)を挙げたイギリス人ドライバー。フェラーリやポルシェなどさまざまなマシンをドライブし、常に上位を争った。ちなみに、今年のル・マン24時間では前座のグループCレースに出場する予定。

デレック・ベル

■関谷正徳

日本人初のル・マンウイナーとして、その歴史に名を刻んだ男。トヨタのル・マン挑戦とともにサルト・サーキットに挑みはじめ、1992年のル・マンでは、ともにレースを戦い、その年のF3000レースで亡くなった親友・小河等の駆るはずだったトヨタTS010をドライブ。プジョー905との熾烈なバトルの末2位表彰台を獲得し、小河の遺影をル・マンの表彰台に掲げてみせた。さらに、1995年にはそのステディな走りを買われ、マクラーレンF1 GTRをJJレート/ヤニック・ダルマスとドライブ。日本人初の優勝を成し遂げた。

関谷正徳

このページの上部に戻る


おすすめの映画紹介

ル・マン24時間耐久レースは、単なる自動車レースではなく、そこには数々の歴史、記録、ロマン、そしてヒューマンドラマが存在する。ル・マン24を題材にした映画も多く輩出されている。おすすめの映画をご紹介!ル・マン24をもっと楽しもう!

★『栄光のル・マン』(Le Mans )

1971年に公開されたアメリカ映画で、カーレースに情熱を傾けていたスティーブ・マックイーンが自らのプロダクションの総力を集めて作り上げた名作。1970年のル・マン24の迫力のレース映像と、ヒューマンドラマを織り交ぜ、レースにかける男のロマンが描かれている。70年代の古い作品であるが、ル・マン24が世界三大レースといわれる所以や世界観、そして、勝敗だけではない、その内にあるものにも触れることができる。

★『ミシェル・ヴァイヨン』(Michel Vaillant)

ミッシェル・ヴァイヨンはテレビアニメーションシリーズで1957年から発表された、フレンチコミックの主人公で、主にF1やインディカーや、ル・マン24、ラリーなどにも参戦している。映画版『ミシェル・ヴァイヨン』は2003年にフランスで製作され、監督はルイ=パスカル・クヴレール、脚本はリュック・ベッソンとジル・マランソンが手掛けた。撮影を目的に実際のル・マン24時間レースに2台が参戦し話題となった。

(参考:フリー百科事典Wikipedia)

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.