1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球・バドミントン
  12. 日本代表 世界、頂!
  13. その他

14/15プレミアリーグ

シーズンもいよいよ終盤戦へ。世界最高峰の戦いに恥じぬ大混戦

優勝はチェルシーとマンチェスター・シティの2チームに絞られたか。
しかしポイント差では依然チェルシーが大きくリードしています。 苦しい試合もモノにするモウリーニョの力はさすがの一言。 このまま独走でのタイトル獲得もありえるかも。

チャンピオンズリーグ出場権を巡る戦いも大混戦。 台風の目になっているのが、吉田麻也選手所属のサウサンプトン。 シーズン終盤でも失速することなく、2014/2015シーズン最大のサプライズを提供しています。
わずかに4つの出場権は、どのクラブが手にするのか。 シーズンの最終盤まで、目が離せません!

プレミアリーグ ライブ

パソコンで、タブレットで、スマートフォンで、いつでもどこでもプレミアリーグが観られるオンデマンドサービス!

イングランド プレミアリーグをとことん楽しみたい方におすすめ!
プレミアリーグを全試合LIVE配信でお届けするオンデマンドサービスです。

コンテンツ

14/15 プレミアリーグ

14/15 プレミアリーグ全試合をLIVEでお届けします。

14/15 プレミアリーグ ハイライト

14/15 プレミアリーグ ハイライトを毎節お届けします。

視聴方法

加入手続きの流れ
  • (1) プレミアリーグ ライブにアクセスしてください。
    (2) ホーム画面右上にある「新規ご加入」からユーザー登録(ステップ1〜4)を行ってください。
    (3) ご利用規約に同意し、お支払い方法をご選択いただいた後、「支払い手続きへ進む」をクリックしてください。
    (4) お支払い手続きは、提携会社のNetbanx(ネットバンクス)またはPayPal(ペイパル)をご利用いただけます。
    (5) お支払い手続き完了後、すぐにサービスをご利用いただけます。

  • » プレミアリーグ ライブページへ
    » ご加入・お支払いについてご不明な点はこちら

スマートフォン向けアプリケーションでもご視聴いただけます。
加入手続き完了後にご利用ください。

appstore

このページの上部に戻る

HISTORY OF MANCHESTER DERBY

クリックするとエピソードが見れます!
伝説の“WHY ALWAYS ME?” シティが6発圧勝
伝説の“WHY ALWAYS ME?” シティが6発圧勝

お騒がせ男バロテッリが、あの伝説のメッセージを残したのが2011-12シーズンです。当時シティに所属していたバロテッリは、ダービー直前に自宅で花火を行なって小火騒ぎを起こすなど、試合前からメディアを賑わせていました。そんななかでもキッチリと2ゴールをマークし、6対1の圧勝劇に大きく貢献。ゴール後には“WHY ALWAYS ME?(なぜいつも俺なんだ)”と書かれたTシャツを披露します。自分の一挙手一投足に注目が集まることへの疑問を投げかけたバロテッリですが、この行為によってより一層注目を集めるようになったことは言うまでもありません。なお、このTシャツは大きな反響を呼び、シティのオフィシャルショップでも販売されました。

閉じる
7分? 運命を分けた“ファギータイム”
7分? 運命を分けた“ファギータイム”

多くの名勝負を生んできたマンチェスター・ダービーですが、2009年9月の試合では、“ファギータイム”が、両者の命運を分けることに。当時、ユナイテッドがビハインドを負っていたり、あるいは同点で勝ち越しをねらっている際には、ファーガソン監督の“政治的圧力”によりロスタイムが長くなるということがまことしやかに囁かれていました。そうした中で行われた一戦で、ユナイテッドは3度先行するもその度に追い付かれる苦しい展開を強いられます。それでも「7分」ものロスタイムを得ると、96分にオーウェンが決勝点を挙げて劇的勝利。ファギータイムの有無は定かではありませんが、これにはシティのヒューズ監督(当時)も「試合を台無しにされた気分」と不快感をあらわにしました。

閉じる
昨日の友は今日の敵? G・ネヴィルがシュマイケルとの握手を拒否
昨日の友は今日の敵? G・ネヴィルがシュマイケルとの握手を拒否

強力なライバル関係にあるユナイテッドとシティでは、相手チームの選手は、倒すべき“宿命の敵”。それは、かつて同じ釜の飯を食った仲間とて例外ではありません。シュマイケルとG・ネヴィルの2人は、1998-99シーズンにともにトレブル(三冠)を達成した仲ですが、99年のシュマイケルのスポルティング・リスボン移籍を機に袂を分かつと、02-03シーズンには、敵として再会することに。現役生活最後のクラブに他ならぬシティを選択したシュマイケルは、同シーズンのダービーで、試合前の通路でかつての戦友G・ネヴィルに握手を求めました。しかし、G・ネヴィルは怪訝な顔を浮かべてこれを拒否。なお、両者はもともと仲が悪かったそうです(笑)

閉じる
モイーズ政権で屈辱のダブル…
モイーズ政権で屈辱のダブル…

王者に輝いたシティと、混迷を極めたユナイテッド。2013-14シーズンのダービーは、マンチェスターにおける勢力図が一変したことを象徴するような結果となりました。ファーガソン監督が勇退し、モイーズ監督を迎えたユナイテッドは、11年ぶりのホーム2連敗や82年ぶりの年明け3連敗を喫するなど低迷。そうしたシーズンに行なわれたダービーでは、最終的にプレミア制覇を成し遂げたシティの強さに全く歯が立たず。9月に敵地で行なわれた1回目の対決で1対4の大敗。すでに優勝が絶望的となった3月の第2戦でも、「オールドトラフォード」で0対3と屈辱の完封負けを喫し、“うるさい隣人”の優勝を阻止することはできませんでした。

閉じる
V・ペルシ、ロスタイムの劇的FK
V・ペルシ、ロスタイムの劇的FK

記憶に新しい2012-13シーズンの対戦では、首位ユナイテッドとそれを勝ち点3差で追う2位シティの頂上対決に相応しい一戦に。前半は敵地に赴いたユナイテッドがペースを握り、ルーニーの2ゴールで2点のリードを手に。しかし負けられないシティも後半に反撃を見せ、ヤヤ・トゥーレとサバレタのゴールで終盤の86分に同点に追い付きます。そんな手に汗握る展開に終止符を打ったのは、プレミア優勝を目標にシーズン開幕前にユナイテッドに加入したファン・ペルシでした。後半ロスタイムにゴールやや右寄りでFKを得ると、得意の左足を一閃。壁に当たったボールはGKの手をかすめるようにネットに吸い込まれ、約2年間続いたシティのホーム無敗に終止符を打つ結果となりました。

閉じる
宿敵の前で鮮やかな一撃!! 歴代ベストゴールに
宿敵の前で鮮やかな一撃!! 歴代ベストゴールに

ライバル相手のゴールはどれも特別な意味を持ちますが、それが歴史に残るようなスーパーゴールであれば、喜びもひとしおでしょう。2010-11シーズンの対戦では、1対1のタイスコアで迎えた終盤の78分に、ナニが右サイドから上げたクロスに、ルーニーが“キャプテン翼ばり”の完璧なオーバーヘッドキックを披露。鮮やかな一撃でチームを勝利に導きました。このゴールはプレミア創設20周年を記念した企画で、世界30万人のファンから寄せられた計420万票のうち、26%の支持を得て、歴代ベストゴールに選出されました。

閉じる

このページの上部に戻る

14/15 プレミアリーグ エンディング曲

プレミアリーグ エンディング曲は、The 1975の「Chocolate」

アーティスト名 : The 1975 / 曲 : Chocolate

マンチェスター出身のオルタナティヴ・ロック・バンド。読み方は、ザ・ナインティーン・セブンティファイヴ。
メンバーは、同じ高校に通っていたマシュー・ヒーリー(vo.)率いる、平均年齢24歳の4人。一度聴いたら頭から離れない大ヒット・シングル「チョコレート」でイギリスにて大ブレイクを果たす。
“The 1975“というユニークなバンド名は、とあるビートニックの小説(古本)の前の所有者が最後のページに書いたと推測される遺書から由来している。ミュージック・ビデオや自身のホームページ、ジャケット写真やアーティスト写真など、徹底しているその「モノクローム」の世界観はもちろん、ミューズやザ・ローリング・ストーンズのライヴのオープニング・アクトに抜擢され、セルフ・タイトルのデビュー・アルバムが全英初登場1位を獲得するなど、今最も注目すべき新人だ。

このページの上部に戻る

プレミアリーグコラム

「Premier Mood − 英国在住ライター原田公樹のプレミアシップコラム」

イギリスで取材を続ける原田公樹が現地からイングランドサッカーの空気を伝える

» もっと見る

「プレミアリーグコラム」

プレミアリーグの試合のみどころやイングランドサッカーにまつわる薀蓄などをライター平床大輔が語る

» もっと見る

「粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL」

イングランドサッカーに精通する粕谷秀樹が時に厳しく、たまに優しくプレミアを斬る

» もっと見る

「今週のプレミアムゴール」

清水英斗が独断と偏見で毎週『プレミアムゴール』を選定し、役に立つ(?)雑学を交えながらゴールを徹底解説!

» もっと見る

このページの上部に戻る

オンデマンド

オンデマンドでサッカー番組を配信中!

14/15 イングランド プレミアリーグ

14/15イングランドプレミアリーグ

Photo by アフロ

プレミアリーグ ライブでは全試合LIVE配信

番組配信サービス
視聴する
視聴する
視聴する
視聴する

このページの上部に戻る

プレミアリーグ放送予定

14/15 イングランド プレミアリーグ

プレミアリーグ放送予定一覧

正式な放送スケジュールは、毎週水曜日に決定しています。
その際生中継カードが追加になることがあります。最新の放送予定はこちらのホームページでご確認ください。

番組変更のアイコンについて

  • 生放送生放送でお届けする番組です
  • 初回放送初回放送となる番組です
  • 同日録画同日録画でお届けします
  • 無料放送スカパー!で無料視聴いただけます
  • 休止の可能性あり番組放送の都合上休止となる可能性があります
  • 休止の可能性ありオンデマンド配信があります

このページの上部に戻る

v~A[O2TII
v~A[OCu
twitter

twitter D

ピックアップ動画

サンフレッチェ広島 森保一 監督へインタビュー

サンフレッチェ広島の森保一監督へインタビュー

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS オンラインショップ情報

Pinterest

J SPORTS×Footballで人気の深井肇さんのイラストをPinterestのボードに集めています。好きな画像があったら、Pinしてみてください。

Pinterestのボードを見る


本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2013 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.