1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球
  12. バドミントン
  13. その他

J SPORTS J.LEAGUE

2点差は本当に危険な点差なのか?(再考・J1編)

January 10, 2013 10:19 PM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、ある媒体でこういう企画を書かせて頂いたことがあります。
テーマは「2点差は危険な点差?」。
よく、色々な場面で"2点差"は危険な点差だと言われることが多いんですけど、
それって本当なのかなと。
2点差を引っ繰り返した時のインパクトが強いだけで、
実際そんな頻繁に追い付かれたり、逆転されたりしているかなと。
ということで、今回は以前よりもう少し各種データを詳しく紐解きつつ、
「2点差は本当に危険な点差なのか?」を再考したいと思います。
ちなみにサンプルデータはJリーグブログでのご紹介ですから、
2012シーズンのJ1ということにしました。


まず、最初は大枠のテーマである"2点差"について。
今シーズンのJ1全306試合を調べて、
一時的に"2点差"が付いたアレコレを洗い出しました。


一時的に2点差が付いた試合は全部で129試合、
一時的に2点差が付いたシチュエーションは全部で158回。
90分間で2回以上"2点差"のシチュエーションが発生したのは27試合ありました。
ちなみに3回以上の"2点差"が発生したのは2試合。
1つは第9節の川崎×磐田で2×0、3×1、4×2(最終スコアは4×3)。
1つは第16節のG大阪×柏で0×2、1×3、2×4(最終スコアは2×6)。
この2つはかなりのレアケースと言えるでしょう。


続いては一時的に"2点差"が付いたゲームの勝敗の帰結です。
パターンは4つ。
①2点リードしたチームが2点差以上で勝利
②2点リードしたチームが1点差で勝利
③2点リードしたチームが追い付かれてドロー
④2点リードしたチームが逆転されて敗戦

129試合の内訳は以下の通りです。


92試合(72%)
23試合(18%)
7試合(5%)
7試合(5%)


なお、第18節の清水×柏は、
両チームが2点差で勝っているシチュエーションを経験していますが、
ここでは先に2点差で勝っていた清水で計算しています。
この数字で見ると、2点差でリードしたチームの勝率は90%ということに。
また、追い付かれる可能性は10%で、逆転負けする可能性は5%まで下がります。
つまり、2点差からの「世紀の大逆転」は
20試合に1試合起きるかどうかという確率になりました。
2012シーズンのJ1で起きた、そんな"20分の1"を以下に列記しておきましょう。


【1】第6節 G大阪3×2川崎
【2】第7節 札幌2×3川崎
【3】第7節 鹿島3×2C大阪
【4】第12節 FC東京3×2鳥栖
【5】第13節 G大阪2×3鳥栖
【6】第18節 清水3×5柏
【7】第27節 神戸2×3C大阪


なんか似たようなチームばかりが並んでいますねえ(笑)
続いては時間別の統計を見ていきましょう。
"2点差"がどの時間帯で付くかというのも気になる所です。
時間帯は6つに分けています。
158回の内訳は以下の通りになりました。


①試合開始~15分...5回(3%)
②16分~30分...18回(11%)
③31分~前半終了...26回(16%)
④後半開始~60分...38回(24%)
⑤61分~75分...37回(24%)
⑥76分~試合終了...34回(22%)


個人的に意外だったのは、
前半で"2点差"が付く確率が30%と思ったより高かったこと。
あんまりそんなイメージはなかったんですけどねえ。
今度は"2点差"を追い付いているチームが
どの時間帯に追い付いたかをまとめています。
①~⑥の時間帯は上記と同様です。


0
0
0
0
8
7


当然ですが15回すべてで、61分以降に追い付いています。
それでは、"2点差"を付けられたシチュエーションから
いつ追撃の1点を返しているかもまとめています。
①~⑥の時間帯は上記と同様です。


0
3
6
3
3
0


まあ、当然⑥で付いた2点差を跳ね返すことが
相当困難だというのはデータを見るまでもなくわかることですが、
少なくとも75分までに1点は返しておかないと
同点あるいは逆転は不可能という事実が
今回のデータからは出ました。


あと、特筆すべきは開始15分までに"2点差"が付いた5回は、
いずれもそのまま追い付かれることなく、リードした側が勝っていること。
やはり開始早々に背負った2点のビハインドには
気持ちを折られてしまうということでしょうか。
2点差を付けちゃうなら、開始15分までがオススメです(笑)


最後に、
①2点差を追い付いた、あるいは逆転したゲームで
1点差となるゴールが記録された試合時間
②1点差まで迫ったものの負けたゲームで
1点差となるゴールが記録された試合時間

のアベレージを出しました。
なお、②に関しては2回以上1点差へ迫った場合は、
最後に1点差へ迫った方を計算しています。


①の試合時間のアベレージは53.73
①の2点差を付けられてから1点を返すまで要した時間のアベレージは11.93
ちなみに一番早く1点を返した試合時間は19分、
一番遅く1点を返した試合時間は75分でした。
また、最も1点を返すのに要した時間は28分、
最も早く1点を返したのは2分でした。


一方、②の試合時間のアベレージは83.35
②の2点差を付けられてから1点を返すまで要した時間のアベレージは19.22
一番早く1点を返した試合時間は55分、
一番遅く1点を返した試合時間は90+5分。
また、最も1点を返すのに要した時間は39分、
最も早く1点を返したのは3分でした。
①と比べても顕著な数字が出ていますね。
特に1点を返すまでに要した時間で出た
8分間くらいの差が、同点までの重要な差と言えるかもしれません。


これらの数字を見て、
「危険だ」と思うか、「危険ではない」と思うかは
数字を見た皆さんに委ねたいと思います。
今回のリサーチから間違いなく言えそうなのは、
「"2点差"が付いたら、75分までに1点返さないと絶対に勝てない」
すなわち「75分以降に"2点差"を付けられていたら、絶対に負ける」
ということかなあと。
あと、これはザックリですけど
「"2点差"が付いたらだいたい勝てる」ということでしょうか(笑)
また、このデータ解析はやろうと考えているので、
"2点差"にまつわるコレを調べろ!というアイデアがあれば、
是非ご意見をお寄せ下さい!
P3030256 0110.jpg
土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのJリーグ中継班がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.