1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球・バドミントン
  12. 日本代表 世界、頂!
  13. その他

J SPORTS J.LEAGUE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J1-1st第17節 
モンテディオ山形×ガンバ大阪@NDソフトスタジアム山形
解説:玉乃淳 実況:西岡明彦 インタビュアー:桑原学


【モンテディオ山形 石﨑信弘監督インタビュー(試合後・中継内)】
Q、まずゲームを振り返っていただけますか?


A、試合の入りは良くて、何回かシュートチャンスはあったという所で
やはりなかなか前の2人、パトリックと宇佐美を捕まえ切れなくて
そこにボールが入って後手後手になってしまうと。
そこを後半は十分話をしたんですけど、やっぱり宇佐美にやられてしまったと。
前の2人、それは昨年の天皇杯もそうだったんですけど
そこでやられているという所で
もっともっとディフェンスの所を、後ろの3人だけじゃないですけど
もっとチーム全体でケアしていかなければいけないんじゃないかなと思います。


Q、前節と同様にゲームの入りでチャンスを創ったのは山形だったと思うんですけど、
そのあたりで取り切れるかどうかという部分になってきますか?


A、そうですね。
なかなかチャンスを決められないという所はあると思うんですけど
ただやっぱり選手は本当に広島、ガンバとここ2試合は強敵ですよね。
J1の上位チームと本当に勇気を持って戦ってくれているんじゃないかなと思います。


Q、J1でシーズンスタートは18番目という所からでしたけど
ここまでファーストステージを終えての手応えというのはいかがですか?


A、ここ2試合はどうしても上位のチームとやったという所で
なかなか自分たちの良さが出せなかったかもわからないですけど
ただ他のチームで勝てる試合は何試合かあったと思うんですよね。
やっぱりそういう所で確実に勝てるようになっていかないと
厳しいんじゃないかなというのは思います。


Q、山形の今シーズンの試合を見ていると
もっとポイントを取れていてもおかしくないんじゃないかなと思いますが
そのあたりをポイントに変えていくにはどういうことが必要なんでしょう?


A、やはり点が取れる時に確実に点を取っていくと。
今日の試合もそうですし、前回の広島戦も立ち上がりに
何本か決定的なチャンスがあったと思うんですけど、
そういう所で点が取れれば流れが変わってくるんじゃないかなと思います。
そういう所を確実に決めていく所と、
あとは失点がここの所増えてきているという所で
もっともっとディフェンスの所を
やっていかなければいけないんじゃないかなと思います。


Q、チャンスの数という点では今日もかなり創ったとは思いますが?


A、ええ。まあそれが今の自分たちの実力という所で
後期に向けて確実に決められるという所と
そういう選手がウチはなかなか出てこないので
もっとチャンスを創れるようにしていかなければいけないんじゃないかなと思います。


Q、まずは残留というのが目標になると思いますが
セカンドステージに向けて一番プラスしていきたい所はどんな部分でしょうか?


A、前期の試合をしっかり反省して、良い所は続けていくと。
改善しなくてはいけない所はしっかり改善するという所。
それは点を取る所とその失点の部分をもっと頑張らなくてはいけないと。
そういう所をもっとやっていかなくてはいけないと思います。


Q、今日もこの天候でしたけど多くのサポーターが集まって
相当な期待感を感じてらっしゃるんじゃないですか?


A、そうですね。今日は本当にこの雨の中をたくさんのサポーターの方が、
まあそれは山形を応援に来たのか
ガンバを見に来たのかよくわからないですけど(笑)
どういう相手とやってもこれぐらいのお客さんが入ってくれれば
選手も励みになると思いますし、チームの強化費も増えると思いますので(笑)
是非スタジアムの方へ足を運んでもらいたいなと思っています。


【ガンバ大阪 長谷川健太監督インタビュー(試合後・中継内)】
Q、見事な勝利となりました。今日は3得点と良く点が入りましたね。


A、はい。もっと取れたと思いますけど贅沢は言いません。
複数点をフォワードが取ってくれて
きちっと勝てたことは非常に大きいと思いますし
セカンドステージに繋がる勝利を挙げることができたのかなと思っています。


Q、90分の内容を振り返っての感想はいかがですか?


A、非常に今日は良い内容で、チャンスも多く創りましたし
得点も入りましたし、守備の方も最後に1点は取られましたけど
本当に集中して最後まで対応できたという風に思いますから
連戦でしたけど選手が今日のゲームにしっかりとした準備と
気持ちで戦ってくれたと思っています。


Q、待望のエースに得点が生まれたというのはチームにとって大きいですね。


A、そうですね。得点が取れない試合が続いていましたけど
そういう中で彼なりにしっかり試合で答えを出すんだという
強い気持ちで今日臨んでくれたという風に思いますし
やっぱりエースが取るとチームの勢いというものが出るなと思っています。


Q、その後は周りの選手もパトリック選手に取らせようという気持ちが
伝わってきましたけど、いかがでしたか?


A、まあ今日はそれ以外の所ではパトリックも
きちっと仕事をしてくれたと思いますけど
今日足りなかったのはゴールだけじゃないかなと思います。


Q、これでひとまずファーストステージは終わりましたけど
J1とACLを両立して共に結果を出しているのはガンバだけだと思いますが
ここまでのチームの評価はいかがですか?


A、難しい6月に入って、少し疲れの出た時期もありましたけど
ここまできちっと結果を出してくれているというのは
本当に選手の頑張りだという風に思いますし
8月以降はまたACLも入ってきますので
とりあえずセカンドステージの7月の戦い、
6連戦をしっかり戦って、良いスタートがまた切れるように
準備していきたいなという風に思っています。


Q、かなりタイトなスケジュールでここまでやられてきていますが
苦労されている部分というのはどういう所だったのでしょうか?


A、苦労はACLも難しいですし、Jリーグも難しいのでまた違う難しさがあって
テンションという部分で選手も非常に合わせるのが大変だったのかなと。
JはJで本当に難しいというか、色々なチームが研究してきますし
戦い方は難しいですし、ACLはACLでわからない
未知の部分の戦いという所がありまして
非常に力のあるチームもいますから、難しい移動距離もある中で
選手が気持ちの切り替えという所を
初めの内はなかなか上手くできなかったですけど
徐々にそういうスケジュールにも慣れて
結果を出すことができているのかなと思っています。


Q、そういう戦いを経て、かなりチームはタフになってきたんじゃないですか?


A、はい。ここ数試合は少し得点力という所では物足りない所がありましたけど
本当にチームとしてはタフになったと思いますし
これで終わりではなく、今シーズンはあと半分で
JもACLもしっかりと結果を出せるように
戦っていきたいなという風に思っています。


Q、今の時点で何かプラスしなければいけない部分が1つあったら
教えていただけますか?


A、いや、もう特にないです。
どんどん積み上げてきていますから、また戦いながら足りない所を
積み上げていければという風に思っています。


【ガンバ大阪 宇佐美貴史インタビュー(試合後・中継内)】
Q、J1では初のハットトリックとなりますが、率直に今はどんなご気分ですか?


A、ここ最近取れていなかったので今日に懸ける気持ちというのは強かったですし、
それが結果となって出て良かったなと思います。


Q、リーグ戦では6試合ぶりのゴールということになりましたけど
やはり溜まっているものもありましたか?


A、取りたいという気持ちと、ゴール以外のプレーの質というか
コンディションというかキレも上がって来てはいたので
あとは得点だけという風に思っていましたし
根気強く取り組んできて良かったかなと思います。


Q、今日は一気に爆発した感じになりましたが、
全部の得点を振り返っていただきたいと思います。
まず1点目はいかがでしたか?


A、1点目は良い感じで秋くんからボールが来たので
あとは振り切るだけでしたし、
チームとしての創りが良かったから取れたゴールだと思います。


Q、トラップからシュートまで寄せる隙を与えませんでしたね。


A、あれは自分の持ち味でもあるので。はい。


Q、2点目はいかがでしたか?


A、2点目もパトが結果的に良い所に落としてくれて
1対1で仕掛けて抜けばゴールまで行けるというのは何となくわかりましたし
理想通りというかイメージ通りに行ったかなと思います。


Q、一瞬の股抜きの閃きは素晴らしかったですね。


A、あれしかなかったというか
あれしか選択するのはなかったかなと思います。


Q、3点目はハットトリック達成となりましたが
良い所にこぼれてきましたね。


A、その前の創りがヨネくん(米倉恒貴)とパス交換して
そのままヨネくんから決められれば良かったんですけど
ちょっとパトと重なってしまって。
ただ、その後で良い所にこぼれてきて
点が入る時というのはああいう所にボールがこぼれてくるものなので
それがたまたま良い所に来ただけかなと思います。


Q、今シーズンはまず開幕前にリーグ20得点というのを目標にされていましたが
それを上回るハイペースになっていますが、いかがでしょうか?


A、取れていない試合が多かったので
そういう部分で得点が取れない試合の数をもっと減らしていきたいですし
あとは得点をもっともっと量産して
チームの勝利に貢献できれば良いなと思います。


Q、宇佐美選手にとって今シーズンはACLも代表もあって
かなりハードですけど、今後に向けて抱負を聞かせて下さい。


A、コンディションは悪くないですし
むしろ良い状態でここまでやってきていましたし
これを続けてさらに個人として成長も続けて
もっともっと点を取れるようにしたいと思います。


【玉乃淳氏のレビュー】
(山形)
山形を責めるポイントはこの試合に関しては見当たらないですかね。
しっかり前からプレスも掛けられていましたし
負けている中でも攻撃のバリエーションは数多く見られましたし
相手にただ1人ちょっと様子のおかしな選手がいたということでしょうね。


石﨑監督も手応えを感じている部分も多いと思いますが
良い時に点が欲しいという悩みはずっとつきまとうかもしれませんね。
より多くのチャンスを創るという所に
課題が集約されていたのかなと思いました。今よりもチャンスを創ると。
今も十分チャンスは創れていると思いますけど
もっと増やすことによって1点、2点と先手を取れるという所なんでしょうね。
難しいという気持ちはわかるんですけど。
走力を上げることだったり、選手の意識ですよね。
石﨑監督ももっと90分間タフになるという要求をしてくるでしょうね。


どことやっても今日のように対等かそれ以上に戦うことができれば
自ずと勝ち点は積み上がってくると思うので
それをセカンドステージまでの2週間で
どう良い所を積み上げしていけるかという所でしょうね。


残留へのプレッシャーがかかってしまうと
より縦に速くなったりという傾向に陥りやすいので
夏にいかにポイントを重ねられるかと。
選手の年齢が高いと石﨑監督もインタビューでおっしゃっていましたけど
石﨑さんサッカーはタフに前からという所が生命線ですので、
今日欠場の林であったり、何度もご紹介させていただいた西河だったりが
チームをまとめて、もっとタフなチームを創り上げて行って欲しいなと思っています。


(G大阪)
特に山形が後半悪くなったという訳ではないので、
凄くハイレベルな試合の中で宇佐美が1人だけ
上を行っていたという試合になりましたよね。
チームとしては最後まで手堅かったと思います。


宇佐美選手は得点シーンも何となくわかったと言っていましたが
調子の良い時は目で見ていなくても感覚でわかるんですよね。
後ろに相手が来ているとか来ていないとか
相手の初速はどっちに行くんだとか、
日頃の練習の積み上げ、日々の積み上げや準備が
こういう結果に繋がったと喜んでいるコメントを聞くと
天才だけで済まされないような、日々の努力が窺えましたよね。


インタビューを拝見していても
ACLでの未知との遭遇から少しずつ現実を見て修正していく
長谷川監督の監督力というか、人間味溢れる優しい
お父さんというような感じなので大好きですね。


去年も後半戦でパトリックが大爆発したんですよね、
そう考えるとパトリックは夏男なんですかね。
ACLも何とか日本を代表して突き進んで行って欲しいですよね。


【Jリーグブログ的データ】
J1-1st第17節
モンテディオ山形 1-3 ガンバ大阪

入場者数:14,320人 天候:雨、弱風
気温:21.1度 湿度:90%
主審:飯田淳平 
副審:大塚晴弘、西尾英朗
第4の審判員:荒木友輔


《得点者》
<山形>
75'ディエゴ⑤(アシスト:キム・ボムヨン)
<G大阪>
50'宇佐美貴史⑪(アシスト:倉田秋)
59'宇佐美貴史⑫(アシスト:パトリック)
62'宇佐美貴史⑬


《選手寸評》
(山形)
GK山岸範宏...数回のファインセーブもあったが3失点目はこぼした場所が悪かった
DF當間建文...粘り強く立ち向かったが2失点目は宇佐美に股を抜かれてしまった
DF西河翔吾...果敢にシュートを打つ場面も多かったがパトリックには分が悪かった
DF石川竜也...正確なセットプレーでチャンス創出。守備面でも大きな破綻なし
MF山田拓巳...サイドで守備に追われる時間が長く縦へ勝負する回数は限られた
(→DF高木利弥...短い時間でも数本のクロスを上げる。彼の復帰は大きな追い風)
MF宮阪政樹...意欲的にミドルを狙ったがもっと展開力をアピールしたかったか
MFアルセウ...ここ数試合はシュート精度が高い。中盤での潰しはチームのストロング
MFキム・ボムヨン...米倉の攻撃回数を考えればもっと攻撃に関与したかったはず
FW中島裕希...ようやく掴んだスタメンで前半はシュート3本と積極性を見せた
(→FW山﨑雅人...古巣相手に最終盤で掴んだ決定機は沈めたかった)
FWロメロ・フランク...コンタクトの強さがチャンスに繋がらず最初の交替選手に
(→FW川西翔太...左に流れてのシュートは彼の形。やはり雰囲気は持っている)
FWディエゴ⑤...厳しい時間帯も献身的に動き回り右足でのゴラッソもマーク


《選手寸評》
(G大阪)
GK東口順昭...前半の安定したセーブが結果的にチームへ勝利を呼び込んだ
DF米倉恒貴...3点目にはしっかり絡んだが良い時に比べて攻撃回数が少ないか
DF丹羽大輝...ビルドアップも対人も安定感が光る。代表選手らしい充実のプレーぶり
DF岩下敬輔...イライラする場面もほとんどなし。冷静な90分間を過ごした
DF藤春廣輝...それほど上がる回数も多くなく守備安定への貢献の方が目立つ
MF阿部浩之...局面での上手さは光ったが後半は早い段階で消えてしまった
(→MF大森晃太郎...日本一激しいサイドハーフの定位置争いは彼をより成長させるはず)
MF今野泰幸...危ないシーンへ常に現れる。彼の危機察知能力をまた代表で見たい
MF遠藤保仁...珍しくFKでキックミスする場面も。普段よりはおとなしめの90分間
(→DFキム・ジョンヤ...クローザー起用に首脳陣の信頼が窺える)
MF倉田秋...やはり持ち味を考えれば今は中央よりもサイドで輝く。1アシストも記録
FWパトリック...最近の点が取れていないメンタルが終盤の決定機逸に繋がった印象も
(→MF明神智和...この男を交替カードで持っていることがガンバの強さを表している)
FW宇佐美貴史⑪⑫⑬...J1初のハットトリック。1点目と2点目は完全にワールドクラス


今後の再放送スケジュールはありません。
ご了承ください。


土屋

コメントを投稿する

名前
  • ※ HTMLタグは使用できません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J1-1st第16節 
清水エスパルス×ヴァンフォーレ甲府@IAIスタジアム日本平
解説:林健太郎 実況:野村明弘 インタビュアー:桑原学


【清水エスパルス 大榎克己監督インタビュー(試合後・中継内)】
Q、残念ながら敗戦となりましたが
まずは90分間を振り返っていただけますか?


A、前半失点してしまって、そこから追い掛けるような形になったんですけど
1失点目がやっぱりサイドから簡単にクロスを上げられてしまってその折り返し、
オウンゴールという形になってしまって
やっぱり簡単に上げさせないことはやってきたんですけど
そこで中もクロスのマークが付き切れなかった、
ちょっともったいない失点だったと思います。
その後はまだ時間も早かったので慌てずに行ったんですけど
なかなかゴールをこじ開けることができなくて
後半になってハーフタイムには「そんなに慌てるな」と。
逆に2点目を取られたら苦しくなるので、そのへんは攻め急がないというか
攻めだけにならないようにしっかりリスクマネジメントということで入ったんですけど
やっぱり2点目をカウンターから取られてしまって
そこからもう行かなければいけない形で、長沢を早い時間帯に入れて
クロスに対して入っていく長沢の高さの部分を入れて期待したんですけど
なかなか良いクロスが入らなかったことと、甲府さんのゴール前が非常に堅かった、
そこでゴールをこじ開けられなかったなと。
ちょっとゲームプランが2失点目で崩れてしまったかなと。
だから、逆に言うともうパワープレーのような
単調な攻撃になってしまったかなという所です。


Q、今日は前半から石毛選手や水谷選手がなかなか効果的なポジションで
受けられていないのかなという印象も受けたのですが
そのあたりはどうご覧になっていましたか?


A、そうですね。やっぱり甲府さんが真ん中をしっかり固めて
あそこにスペースを与えない、コンパクトな守備をしてくるので
サイドで起点を創って、サイドから普通のクロスじゃゴール前が堅いので
ディフェンスとGKの間へのアーリークロス、
それから中まで切り込んでのマイナスとか逆サイドまでということは
ずっと意識をしてやってきたんですけど
そこで点が取れなかったのは非常に残念ですね。


Q、ちょっと今日はいつもより長いボールが多かったり
焦ってしまっている部分が選手にあったように見えたのですが
監督は少し"下"でやっていきたいという気持ちはあったのでしょうか?


A、そうですね。もう少し0-1のままで行ったら、
ボールを下で繋ぎながらという形になったんですけど
2点目を取られて、より相手のゴール前に押し込んで
あとはもうシンプルですけど、2つ目を拾うというようなことを意図したんですけど
なかなか入り方とかセカンドボールを拾うという所が
うまく機能していなかったと思っています。


Q、ここの所は清水も非常にチーム状態が上向いているのかなという風に見えていましたが
今日はそのあたりがなかなか継続できなかったということでしょうか?


A、そうですね。ちょっとサッカーのスタイルが2点目を取られてから
少し変わってしまったかなという所は感じています。


Q、ここの所は若い選手が出るようになって、刺激を与えたり良い面もあると思いますが
今後に向けてはどんな考えをお持ちですか?


A、本当に今日勝てなかったことは非常に残念ですし
順位も下がってしまった中で、もう本当に若い力もベテランも
すべてこの中でベストのメンバーで競争して
チームのためにみんなが働く、一丸となって戦う、
それしかないと思っています。


【ヴァンフォーレ甲府 佐久間悟監督インタビュー(試合後・中継内)】
Q、ほぼ狙い通りの90分ではなかったかと思いますが、
まずは今日のゲームを振り返っていただけますか?


A、予想していたよりも早い時間帯で得点が取れて非常に良かったんですけど、
その後にバレー選手が負傷して、時間帯が早かったということもありましたけども
当然清水のホームでダービーで、それから今の現状を考えれば
甲府に絶対に負ける訳にはいかないと思いますし
予想以上に人数を掛けてかなり攻められましたので
正直言って前半は1点取りましたけども、あまり何もできなくて
準備してきたことがあまりできなかったかなというような状況でした。
ハーフタイムにもう一度特に奪った後のボールを確実に繋いで
カウンターを仕掛けるという所、これはかなり意図していたので
その狙い通りに点が取れて良かったと思います。
ただ、今日は正直言って選手はバレーもそうですし
"両・阿部選手"が体調不良だったり風邪だったりということで
コンディションは思った以上に良くなかったなというのがあって
最後に2-0になって、相手がさらに攻撃の圧力を加えてきましたから
かなり今回は交替の工夫は頭を使わざるを得ないような状況だったと思います。


Q、外から見ている側としては、90分でほとんど相手にチャンスを
与えていなかったのかなという風にも見えましたし
守備の考え方も非常に整理されているように見えたのですが
監督としてはそのあたりはいかがですか?


A、今日は特に中央突破が非常に多いので
チャレンジとカバーリングすることと
もう1つはアンティシペイティング、予測のプレーですね。
常に相手の動作でワンタッチか、ツータッチか、背後か、
何をしてくるのかという予測をするということ、
これは1週間かなりやりましたので、そういう意味で選手たちが
次のプレーを予測するということはしてくれたんじゃないかなと思います。
それが結果として後半もかなり押し込まれましたけど
清水さんは素晴らしいチームなので
それがあって失点を抑えることができたんじゃないかなと思っています。


Q、早い時間帯での先制点が今日のゲームに影響を与えた部分や
展開を変えた部分はあったでしょうか?


A、先ほども言いましたように、清水は元々ホームで大榎監督が若い選手を中心にして
非常にアタッキングサッカーを志向されていると思うんですよね。
状態もそんなに悪くなくて、1点取ったら爆発力は素晴らしいというのは
わかっていましたから、そういう意味でもう少し前半は膠着したゲーム展開に
持ち込みたいなという風に思っていたのが正直な気持ちなんですけど
それが早い時間帯で我々が点を取ることができたことによって
より彼らのマインドに火を付けたと言うんですかね。
よりエネルギーを掛けて攻撃をされてきたので、そこはちょっと大変だったですかね。


Q、攻撃面では前半から清水のウイングバックの裏のスペースを
よく狙っていたと思いますが、そこでカウンターで追加点も取れました。
そのあたりは狙い通りでしたか?


A、ええ。あそこはトレーニング通りで、比較的アバウトなボールというか
流し込めば我々にとって大きいチャンスになるというようなことは
わかっていましたので、そこも本当にトレーニング通りだったと思います。


Q、途中で相手が長沢選手を入れてきましたが
そのあたりでシステムが5-3-2のような形になったと思います。
狙いはどのあたりにあったのでしょうか?


A、もうあそこの所に中央でかなり人数を掛けていました。
前半から実は大前選手がウタカ選手と今日は縦関係気味になっていて
我々のバイタルエリアの所をかなり使われていましたので
そういう意味で少し5-3-2気味にハッキリと一旦はしたんですけど
後半の立ち上がりから稲垣選手には「少し中に絞り気味で守備をしなさい」と。
もうサイドは割り切って、そこからクロスボールを上げられても
セカンドボールの拾い合いの勝負で良いかなと割り切ってゲームに臨みましたので
そこは逆に中盤における数的不利というものは出なかったんじゃないかなと思っています。


Q、佐久間さんに監督が替わってから劇的に勝ち点も伸びていますが
今後に向けてさらにプラスする部分があればお聞かせいただけますか?


A、いやいや、皆さんそう言われるんですけどね。
非常にそういうお言葉を戴いて嬉しいんですけど
私が就任した時の状態から今は何も変わっていません。
本当に一戦一戦これが最後のつもりで、
一戦一戦勝ち点を積み上げていくということで
選手層も非常に薄いですし、ケガ人も多いですし、年齢層も高いし
でもその選手たちの日々の練習と向上心と
それと山梨のプライドを持って戦うと、そういうような気持ちを1つにして
これからまた次の試合に臨んでいきたいなと考えています。


【ヴァンフォーレ甲府 河田晃兵インタビュー(試合後・中継内)】
Q、非常に重要な残留争いのライバルとの直接対決をモノにしました。
まずは今の率直な気持ちを聞かせて下さい。


A、やっぱり清水に勝ったことがないというのと
ダービーなのでこれだけ多くのサポーターが来てくれているので
「絶対みんなで勝って帰ろう」ということを言っていたので
勝てて嬉しいです。


Q、ゼロに抑えた達成感というのも相当あるんじゃないですか?


A、そうですね。でも、それよりみんなで点を取ってくれているので
後ろは「その分守ってやろう」という気持ちになりますし
ゼロで終えたのは良かったと思います。


Q、一番後ろから見ていて今日の甲府の守備はいかがでしたか?


A、いや、最高です。ハイ(笑)


Q、相当声も嗄らしたと思いますが、どんなことを意識して
コーチングされていたのでしょうか?


A、やっぱり大きい選手を入れてきたのでクロスボールだったり
そのセカンドボールだったりという所をしっかりコーチングで意識させるのと
あとはその間から打たれたシュートを自分がうまく反応できるように
準備していました。


Q、今日ここに立って頂いているのは当然終盤のPKストップがあって
あれが大きな勝負の分かれ目だったと思いますけど、どんな駆け引きがあったのでしょうか?


A、まあ運が良かったなという、その一言ですね。
その後もシュートがあったので
ちょうど良い所にこぼれてくれて「助かったな」という感じです。


Q、一度止めた後の反応も速かったですね。


A、目の前にあったので体を張って。
やっぱりみんな体を張ってくれているので、自分も張らないと
さすがに申し訳ないので。


Q、あのシーンは読みというより反応で飛んだという感じですか?


A、もうボール置いて「こっちかな?」という、もう直感で行きました。


Q、これでここ5試合は4勝1分けと劇的に流れが変わりましたけど、
どんな所がこの好調の要因だと考えてらっしゃいますか?


A、やっぱりみんな危機感を持っていましたし、
順位が近いチームと対戦することが多かったので
そこで負けられないので、監督が替わったというタイミングで
みんなでもう1回這い上がろうということで
意識したことが良かったかなと思います。


Q、この好調をできるだけ長く続けたいと思いますけど
今後へ向けての抱負を最後に聞かせて下さい。


A、絶対に残留はしないといけないので、そこを最低ラインに置きながら
どんどん上を目指していきたいと思います。


【林健太郎氏のレビュー】
(清水)
今日は甲府相手にどれだけ良い攻撃ができるかということを
試合が始まった時にも言いましたが、立ち上がりに失点してしまって
思っていた以上に難しい試合になってしまった感じはしましたね。
あそこで長沢を入れたことによって
それに頼ってしまったかなという感じもします。


やっぱり大榎監督からも「競争」という言葉が出ましたけど
そういう中で調子の良い選手を使っていくというのは
当然悪いことではないと思います。
ただ、3バックだけ見てもケガ人がたくさんいますし
こうやってメンバーがコロコロ変わるとなかなか難しい所があるのかなと。
そんな中でもデュークとウタカがチームにフィットしてきたかなという感じがあるので
その2人をうまく使ってはいきたいでしょうね。


今日も2点目を取られた後に「どうやって攻めよう?」という所が
例えば本田がいたりすると変わってくるのかなと。
「もう少し下でしっかり繋いでいこうよ」とか方向性というのを
与えられる選手がいなかったのかなという感じはしますよね。
ここからはより順位を考えながらやっていかないといけないので
まずは失点を減らさないといけないでしょう。


(甲府)
甲府は素晴らしい戦いをしたと思います。
ここまでの佐久間監督に変わってからの戦い方が
今日も引き続き証明されたと思います。
守備は完璧でしたよね。集中力も非常に高かったですし、
ディフェンスラインだけではなく全員の守備意識が非常に高かったですし
まず守備を再構築するという所がチーム全体の目的で
改善すべき所なんだなというのが伝わってきますし、それをやり切る力もありますしね。


予測という意味で言うと、山本、土屋、マルキーニョス・パラナと
経験のこれだけある選手たちが揃っていますから、そのあたりは非常に有利かなと。
そういう部分をうまく引き出しているなという感じはしますよね。
まず中をしっかり閉じると。大前にバイタルを使われたくないと。
そういう試合中の分析や修正も本当にわかりやすいんでしょうね。


バレーがいない中で2点目を取れたことも大きいですよね。
前回バレーが立ち上がりにケガをした時も伊東が点を取りましたし、
もう代役以上の働きをしたなと思いますね。
選手交替には苦労したと佐久間監督もおっしゃっていましたが
阿部拓馬も本当にいっぱいいっぱいだったんでしょう。
よくあそこまでやりましたよね。
あとは下田に凄く中心選手としての自覚が出てきたのを感じました。
守備もそうですし、そこから攻撃に入っていく部分に関しても
自分がボールを持った時は周りがどういう状況であれ
まず自分の判断を優先して、シュートを打つべき所は打っていますし
そういう自覚は感じられているのかなと感じますね。


この守備をどうやって崩すのかというのは
どのチームにとってもかなり難しい課題になっていく感じがします。
今は点も取れていますし、この守備があって2点取れれば
勝ち点を落とすことはほとんどないと思うので、良い流れだと思います。


【Jリーグブログ的データ】
J1-1st第16節
清水エスパルス 0-2 ヴァンフォーレ甲府

入場者数:13,228人 天候:曇、弱風
気温:20.5度 湿度:83%
主審:扇谷健司 
副審:名木利幸、聳城巧
第4の審判員:秋澤昌治


《得点者》
<甲府>
11'オウンゴール(福村貴幸)
51'伊東純也③(アシスト:下田北斗)


《選手寸評》
(清水)
GK櫛引政敏...2失点とも目測ミス。特に2失点目は確実に間に合わない飛び出しだった
DF犬飼智也...枝村の後ろのスペースを埋め切れず甲府に狙われ続けた
DF福村貴幸...適性以上のものを求められる中でやれることはほとんどやっている印象
DF松原后...デュークの上下動も受けて左から崩される場面は多くなかった
MF八反田康平...アンカーを任されている以上はイージーなパスミスをなくしたい
MF枝村匠馬...攻撃に出た時は効果的も守備では埋め切れない穴を作ってしまった
MF水谷拓磨...ここ最近の積極性が鳴りを潜めてボールを引き出せずに52分で退いた
(→FW長沢駿...チーム全体で彼を生かしたい意識と実際の精度が乖離していた)
MF石毛秀樹...CKで2度の決定機を演出もなかなかシビアなゾーンまで入れなかった
(→DF内田健太...期待されたほどのクロスも入れられず。やや消化不良の15分間に)
MFミッチェル・デューク...タイムアップの瞬間まで走り切る姿勢は感動的だった
FW大前元紀□...3度の決定機をモノにできずPKも失敗。今日は彼の日ではなかった
FWピーター・ウタカ...相変わらず違いを見せた。彼が出場し続けることが巻き返しの必須条件


《選手寸評》
(甲府)
GK河田晃兵...ファインセーブ連発の締めは完璧なPKストップ。チームに勝ち点3をもたらした
DF新井涼平...前半に信じられないクリアがあったが概ね及第点のパフォーマンス
DF山本英臣...中央でチームを引き締め続ける。J通算400試合出場を勝利で飾る
DF土屋征夫...無理に飛び込まずにポイントで体を投げ出す守備に経験を感じた
MF松橋優...とにかくデュークとやり合う。何度も足首を痛打しながら走り切った
(→MF保坂一成□...トレスボランチとドイスボランチの一角を無難に遂行)
MFマルキーニョス・パラナ...勘所で発揮するパワーに凄み。この男は絶対に欠かせない
MF下田北斗...実質2アシストの活躍。攻守に大きな存在感を放ち始めている
MF阿部翔平...体調不良を抱えながら後半はきっちり守備でチームを締めた
FW稲垣祥...PK献上は不運も河田に救われる。シャドーと右WBを運動量で務め上げた
FW阿部拓馬...前線でボールを収める。先制点に繋がる突破がゲームの趨勢を決定付けた
(→FW堀米勇輝...2度のフィニッシュに豊かなセンスを滲ませた)
FWバレー...先制点にヘディングで関与しながらも守備時のCKで負傷し早々に交替
(→FW伊東純也③...ゴールはもちろんポストワークもプレスも含め勝利への貢献度は最大級)


再放送スケジュールは
6月20日(土)深夜0:00~深夜2:15 J SPORTS 3
6月26日(金)深夜1:45~深夜4:00 J SPORTS 3
となっています。
是非このマッチレビューと共に再放送もお楽しみ下さい!


土屋

コメントを投稿する

名前
  • ※ HTMLタグは使用できません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J1-1st第15節 
松本山雅FC×FC東京@松本平広域公園総合球技場
解説:玉乃淳 実況:桑原学 インタビュアー:永田実


【松本山雅FC 反町康治監督インタビュー(試合後・中継内)】
Q、十分にポイント獲得に値するゲームだったと思いますが
まずはゲームを振り返っていただけますか?


A、まあそうですね。FC東京さんはミッドウィークに試合をしているので
ハーフタイムに「足は止まるよ」という話をして
実際にそういうゲームになりましたけども
相手が弱くなってから我々が勢い付いてもダメな訳であって
そういうゲームの妙というか、
そういう所でまだ我々はちょっと未熟だなというのは感じましたけどね。


Q、失点するまでのゲームの入り方はいかがだったでしょうか?


A、入りは悪くなかったと思います。
ただ、そういう時に落とし穴がある訳であって
そこの所はやっぱりまだ要するに自分たちの良いリズムの時に
しっかりと手綱を締めてできるかという所なんですけど
まだ少し足りないですね。
相手の分析した通りのことを2つやられてしまったので
ちょっと準備した人間としては少し寂しいですね。


Q、FC東京の得点パターンはある程度限られているという中の
太田選手のクロスから、それから武藤選手の突破からやられてしまいましたね。


A、おっしゃる通りです。それはどこのチームの監督さんも
そういう話をして1週間準備をして送り出していると思うんですけども
まだまだ実力不足だなというのを痛感させられましたし
私の実力不足だなという風にも思いました。


Q、後半は次々に交替カードを繰り出しながら
どんどん攻めの迫力を増していきましたけど
あと1点が遠かったですね。


A、そうですね。交替で入った選手は今までこういう感じで
チームを勢い付けるようなプレーをあまりできなかったという事実もあるんですけど
今日に限って言うと非常に運動量も含めて、ゴールに向かう姿勢であるとか
自分に与えられた役割というのをしっかり理解してやってくれたので、
感謝していますけども、次に続けていきたいと思っています。


Q、特に2枚目は岩間選手を外して阿部選手を投入しました。
あのあたりの意図はどのあたりにあったのでしょうか?


A、やはりFC東京さんはあまりクロスの対応が良くないので
クロスから点を取れるかなという所ですね。


Q、敗れてはしまいましたがホーム・アルウィンのサポーターも
十分納得感を持ってのゲームだったと思うのですがいかがでしょうか?


A、そうですね。ただ、我々プロの世界では勝たなくては意味のないことですし
たぶん同じチケットを買って入ったにしては
今日の試合はチケットに値するくらいの盛り上がりはあったかもしれませんけど
我々は勝ち点ゼロであって、それであってはいけない訳であって
逆に言うと最初からこれくらいの勢いでしっかりとゲームを始めて
ゲームを終わらせたいなという風には思いますよ。


Q、これから少し中断期間に入りますけど
どのあたりを修正して、これから上積みしていこうとお考えでしょうか?


A、ナビスコを含めて5連敗ですので
少しリフレッシュをして、少し気持ちを切り替えて
準備をしていかなくてはいけないかなという風に思っています。


Q、特にここまでのJ1の戦いの中で一番チームの中で足りない、
上積みしていかなくてはいけない部分はどのあたりでしょうか?


A、うーん、色々な意味で戦う姿勢であるとか
走力であるとかというのは十分できているんですけど
技術的な部分はそんなにすぐ良くならない中で
やっぱり速いプレッシャーの中で正確にプレーをする、
正確にコントロールするという所ですね。
攻撃のクオリティを少し上げたいんですけども
毎日毎日努力してやっていくしかないかなと思います。


【FC東京 マッシモ・フィッカデンティ監督インタビュー(試合後・中継内)】
Q、リーグ戦連勝おめでとうございます。
まずは今日のゲームを振り返っていただけますか?


A、2勝目ですね。わかっていたのはやはりこういう形で
相手はあらゆる角度からどんどんボールを
中に放り込んでくるということがわかっていましたから、
そういった相手に対して簡単な戦いにはならないということは
選手たちにも伝えていました。
1点を取られた後に少し試合はオープンになってしまったんですけど
3点目を取るチャンスもありましたし
今日は特に橋本拳人選手のゴールに関して本当に嬉しく思いますし、
グラウンドにユース出身の選手が7人いたということで
クラブにとっても本当に今日は重要な勝利だったと思います。
私たちはファーストステージ、セカンドステージという風に分けて考えるのではなく
やはり1年間を通して考えていますから
今日はそういう意味ではやはり大きな勝ち点3だったという風に想っていますし
やっとここで少し中断期間が来ますし
疲れた選手もたくさんいると思いますから、
彼らに関してもしっかり休んで、またもう一度整えたいという風に想っています。


Q、名前が出ました橋本拳人選手ですが、スタメン起用の狙いを聞かせて下さい。


A、やはり他の選手たちもたくさん試合数をこなしてきて
他のチームもそうですけど非常に疲れが溜まっていたということもあって
ちょうど良いタイミングだったという風に思いました。
そこで彼を起用しましたけど、この数か月間本当に良いトレーニングを積んでいて
どんどん向上していましたから、今日は本当に良いプレーを見せてくれましたし
これからも間違いなく良いプレーを続けてくれると、
チャンスもたくさんあるという風に思っています。


Q、ラサッド選手も初スタメンでしたが
どのあたりを期待しての起用だったのでしょうか?


A、彼も本当に前半は素晴らしいプレーを見せてくれたと思っています。
非常に重要なクオリティをアタッキングサードで
しっかりと発揮する力を持っていますから
そこでしっかりボールをキープして
周りを生かすというプレーができていたと思います。
これからまだあと2試合ファーストステージが終わるまで残っていますけど
彼に関してもこういうプレーを続けることで
これからもチャンスがあると思っています。


Q、ようやく過密日程も一息ついて中断期間に入りますが
若い力も含めて今後どうチームを創っていかれますか?


A、今の若い選手たちもたくさんいる中で
1つ確定しているのは武藤選手が移籍するということですね。
そこに関しては全員がわかっていることですけど
その中でセカンドステージに向けて
今いるメンバーで様子を見ていこうと思いますし
補強に関しても様子を見ていく必要があると思っています。
まずはまだ2試合ファーストステージが残っている訳ですから
全員でこの2試合にしっかり集中して
その後で様子を見てみる必要があると思っています。


【FC東京 橋本拳人インタビュー(試合後・中継内)】
Q、初出場初ゴールおめでとうございます。


A、ありがとうございます。


Q、ようやく掴んだJ1の出場です。
どんな想いでゲームに臨んだんでしょうか?


A、苦しい日々が続いたんですけど
この時を待っていましたし、その気持ちを表せて良かったなと思います。


Q、苦しい日々とありましたが、確かここまでは
ナビスコカップの終了間際の2試合くらいの出場だったと思います。
日々どんな所をアピールしてきたんでしょうか?


A、やっぱり毎日の練習でしかアピールはできないと思っていましたし
毎日自分に厳しく練習を重ねてきたので
その結果が出て良かったかなと思います。


Q、初ゴール、持ってますね。


A、いや、まだ他の部分で改善点が多いので
また次も出場できるように頑張っていきたいなと思います。


Q、ゴールを振り返っていただきたいのですが
難しいゴールをうまく決めましたね。


A、正直覚えていないぐらい頭が真っ白になりましたね。


Q、ゴールするまではなかなかボールに絡めない時間帯もありましたが
全体を振り返ってご自身のプレーぶりはどうだったでしょうか?


A、点を取れたことは良かったかなと思いますけど
やっぱり他の部分で精度の部分だったり
もっとチャンスを創る部分だったり、自分の得意である守備の部分を
もう少し出していければ良かったかなと思いますし
あとは足も攣ってしまったので、ゲーム体力という部分も
これから向上させていきたいなと思います。


Q、熊本での武者修行の2シーズンを経ての現在ですが
あの2シーズンで得たものとは何だったのでしょうか?


A、試合経験を積めて、今日の試合前もJ2での経験があったから
あまり緊張せずに入れましたし、
熊本で応援してくれる人もいるので
その人たちの分もこれからもっと活躍していきたいと思います。


Q、良いアピールになったと思いますが
今後に向けての抱負を聞かせて下さい。


A、まだセカンドステージもありますし
もっと出場時間を延ばして
チームの優勝の力になりたいなと思います。


【玉乃淳氏のレビュー】
(松本)
1試合通して攻撃のチャンスは創りましたからね。
何かロングボールでたまたま決定的なチャンスを
迎えたという訳ではなかったので、J1のピッチで戦えていますよね。


大久保選手のオーバーヘッドは素晴らしかったですけど
本当にサッカーというのはよくPKを献上してしまった人が
同点ゴールなりゴールを奪うということが多いですよね。
それだけ気持ちに左右されるスポーツなんでしょうね。
ストライカー顔負けのオーバーヘッドでした。


オビナも前半にケガをして「大丈夫かな」と思ったんですけど
最後までやっぱり戦いましたね。
スタンディングからのヘディングの強さは
ちょっと群を抜いていると思います。
終盤は岩上も喜山もセカンドボールをよく拾えていましたし
全体を通してオビナが孤立するシーンも少なかったですよね。


FC東京のような上位にいる力のあるチームに対して
こういったプレーが毎試合できる訳ですからね。
よくチームのやりたいことをサポーターも含めて
理解しているということなんでしょう。


反町監督のインタビューでは後半に見せたあのような勢い、
パワーというのを前半から見せたいという想いが聞けたので
「実はそうなんだな」と。もっと人数を掛けて
特徴であるロングボールからのヘディングでこぼれ球というのを
前半からやりたいんだなというのを初めて知ったので
ちょっと驚きであり、嬉しいというか
また期待できる展開になるのかなというのは思いました。


前への気持ち、前半から点を取りに行くという気持ちが
逆に言えばこれまので4勝を積み上げている結果になっていると思うので
あまり悲観はしていないです。もうこの戦い方を続けていって
反町監督もおっしゃっていた前半からパワーを持って
先制点を取りに行くという所のパワーや選手の意識が
もっと増していけば大丈夫かなと。
今日の終盤のようにリードされないと
なかなかああいう気持ちにはなれないんですけど
それをもうワンランク上に行くためには
先制点を何としても取りたいという11人の意思統一がなされれば
また勝ち星というのは増えていくんじゃないかなと思います。


(FC東京)
橋本選手はものすごく好感度が高いというか
熊本への感謝を述べながら、時折はにかんで白い歯を見せながら。
ああいうのを見ると応援したくなりますよね。
おそらく熊本でたくさんの人が応援しているんでしょうね。
先制のシーンは我々から見たら技ありの冷静なシュートかなと思ったんですけど
頭が真っ白になるくらい一心不乱にゴールを目指したんですね。
起用が当たったフィッカデンティ監督が一番嬉しいのではないでしょうか。
交替は足が攣っちゃったと聞けば納得です。
パフォーマンスが良かったですし、もっと見たいなと思っていたので
「何でかな?」と思っていたんですけど
そこも冷静に自分を分析しながら今後どういった所を
やらなければいけないというのを自分の言葉で伝えてくれたので
当然チャンスが来るであろう次の試合も是非注目して見てみたいですね。


ラサッドに関しても今後試合数を重ねていくにつれ
良くなっていくんじゃないかなという手応えは感じている表情でしたね。
あと、武藤選手は肩甲骨が柔らかいですよね。
天性のものなのかトレーニングの賜物なのか。
強いだけじゃなくてバランスもいいですよね。
敵にドーンと当たられても倒れることなく
次の初速で敵より一歩早く前に出られるので
海外に行ったとしても同じようなプレーができるんじゃないかと。
また、どんな起用方法でも自分の最大限のプレーを
出せるんじゃないかなと思っています。
スタートで出られる確約はないと思いますが、
サイドハーフをやる機会も1トップ下をやる機会もあるでしょうし
どの位置にいても楽しみですよね。


FC東京は残り2試合を全部勝つと。
そしてセカンドステージの準備期間に入っていると思うので
もう武藤が抜けることは確定していますし
今後どういうチーム創りをしていくのかというのは
今回出た橋本であったりラサッドであったり
今後どういう使い方をしていくのか、
どういうローテーションを組んでいくのかという所も
この2試合に懸かっていると思うので、
FC東京にとっては非常に大事な2試合になると思います。


吉本、丸山の安定したディフェンスラインは
森重の不在をそこまで感じさせなかったので
層は暑いなと思いますし、セカンドステージは本当に優勝を目指して
いって欲しいチームの1つであることは間違いないと思っています。


【Jリーグブログ的データ】
J1第15節
松本山雅FC 1-2 FC東京

入場者数:17,617人 天候:晴のち曇、中風
気温:22.5度 湿度:54%
主審:扇谷健司 
副審:前之園晴廣、竹田和雄
第4の審判員:佐藤貴之


《得点者》
<松本>
63'大久保裕樹②(アシスト:オビナ)
<FC東京>
27'橋本拳人①(アシスト:太田宏介)
48'武藤嘉紀⑩(PK)


《選手寸評》
(松本)
GK村山智彦...失点はどちらも責任なし。守備機会自体がいつもより少なかった
DF飯田真輝...終盤は最前線へ上がって勝負に。武藤とラサッドは一定以上抑えたが...
DF大久保裕樹②...バイシクルでの追撃弾はスーパーもPK献上は勝敗に直結する大きなミス
DF酒井隆介□...85分のフィードはセンス抜群。J1でのプレーも板に付いてきた
MF田中隼磨...太田との丁々発止は見応え十分。代表クラスの実力を改めて証明してみせた
MF岩間雄大□...セカンドの拾い合いでは十分な成果も戦術的な交替で退いた
(→FW阿部吉朗...終盤の攻勢にうまく乗ったが最後のクロスミスはいただけない)
MF喜山康平...個人"東京ダービー"に走り回る。今の松本を攻守に締めているのは彼の存在感
MF岩沼俊介...やや後ろ残りで前への推進力を出せず1人目の交替選手に
(→MF飯尾竜太朗...2回あったビッグチャンスはせめて枠へ飛ばしたかった)
FW岩上祐三...ロングスローはバリエーション豊富。最後までゲームを面白くした主役の1人
FWオビナ...高さはJ1でも超トップクラス。献身性でチームを牽引し続けた
FW前田直輝...さすがに相手の研究対象に。ドリブルの次の矢を早い内に確保したい
(→DF坂井達弥...飯田のパワープレーに伴い最終ラインへ投入。可もなく不可もなし)


《選手寸評》
(FC東京)
GK権田修一...基本的には安定していたがロングスローの対応にはやや苦しんだ印象も
DF徳永悠平...ハイサイドを狙ってくる相手にもきっちり対応。守備面でのポジショニングが光る
DF吉本一謙□...オビナ相手にも怯まず。下部組織出身の年長者としてよくファイトした
DF丸山祐市...先制点に繋がるフィードは彼の真骨頂。守備面でも安定したパフォーマンス
DF太田宏介...あれだけ警戒されながらきっちりアシストするのが日本代表の証
MF三田啓貴...攻守に貢献度が高かったが後半のヘディングは決めたかったか
(→MF東慶悟...最終盤のクローザーとしては役割全うもそれだけでは寂しい)
MF高橋秀人□...珍しく熱くなる場面が目立った。アピールしたい気持ちが強かったか
MF梶山陽平...高橋とのドイスボランチも確実に機能。機を見たサイドチェンジも美しかった
MF橋本拳人...J1初出場初ゴール。試合後は"シャー"まで経験する最高のデビュー戦に
(→DF松田陸...ゲームを締めたいタイミングでのSH起用はチームの大きな武器)
FWラサッド...まだその特徴を発揮するには至らず。速攻で生きるタイプではなさそうだが...
(→FW林容平...押し込まれる時間帯でのプレーでも積極性は発揮したかった)
FW武藤嘉紀...PKも冷静だったがそれを獲得した諦めないチェイスが何よりも素晴らしい


再放送スケジュールは
6月19日(金)深夜0:45~深夜3:00 J SPORTS 3
となっています。
是非このマッチレビューと共に再放送もお楽しみ下さい!


土屋

コメントを投稿する

名前
  • ※ HTMLタグは使用できません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J1-1st第14節 
湘南ベルマーレ×サンフレッチェ広島@Shonan BMWスタジアム平塚
解説:玉乃淳 実況:八塚浩 インタビュアー:高木聖佳


【湘南ベルマーレ チョウ・キジェ監督インタビュー(試合後・中継後)】
Q、まずは今日の90分を振り返っていただけますか?


A、2年前にここでやった時は本当に大人と子供みたいな試合だったので
その2年間で悔しい想いをした中で
ナビスコで1回やらせてもらいましたけど
広島さんは本当にリーグを引っ張る存在でいるというのは証明されていますし
ただ我々は彼らとちょっとスタイルが違いますけど
やっぱり前線と後ろをコンパクトにして
攻守においてエネルギーを出していくという所で言うと
今年や去年の中でも良いゲームができたんじゃないかなと思いますし
欲を言えば本当に勝ち点3が欲しかったですけど
本当に見ている人にも恥ずかしくない試合はできたと思います。


Q、本当に見ていても楽しい試合でした。
最後監督が「もう少し時間があるだろ」という話もされていましたが、
もう少し時間があれば勝てたという手応えもありましたよね?


A、それはわからないですけど(笑)
実際に時間があったので言っちゃいました(笑)
すみません。


Q、今日は立ち上がりから非常にアグレッシブに試合に臨まれましたが
選手たちにはどんなことを伝えてゲームに臨んだのでしょうか?


A、広島さんとは2008年からリーグ戦で全部負けていて
この前のナビスコで引き分けて、今日も勝ち点1を取りましたけど
「それには理由がある」という話で
我々が腰の引けた戦いをしたら、相手がずっとボールを持っていて
ずっと走らされてそれで終わってしまうので
我々から仕掛けていけるような展開に持ち込もうという話をしていたのを
選手が良く遂行してくれたと思います。


Q、先ほど監督からもお話がありましたが、このJ1の舞台で
湘南らしさを出して試合ごとに自信を深めているような、
成長しているような印象があります。
どのように見られていらっしゃいますか?


A、それは今年だけじゃなくて
去年も一昨年もその前もずっと湘南の選手として
みんなが努力していることなので
今年明らかに努力したわけではないと思うので。
ただ、J1の舞台で楽しんで、
選手たちが生き生きやってくれているというのは
監督として本当にありがたい限りです。


Q、ファーストステージも残り3試合ですが
これからプラスアルファしていきたい所があれば教えて下さい。


A、本当に自分たちのスタイルの質を上げていく、
そのために練習と休息と食事とかを大事にして
それを粛々と続けるだけだと思うのでやっていきます。


【サンフレッチェ広島 森保一監督インタビュー(試合後・中継内)】
Q、見ている方は非常に見応えのある試合でしたが
監督は90分間をどう振り返られますか?


A、スコアは0-0の試合になりましたけど
非常に我々の良さも出せたと思いますし
湘南の良さも出た、良いゲームだったと思っています。


Q、もちろん勝ち点1では物足りないゲームでしたよね?


A、そうですね。まあどの試合も勝ち点3を目指してやっていますし、
今日の試合に関しても「勝ち点3を目指してやっていこう」と
いうことで選手には言っていました。
ただ、湘南も非常に良いチームですし
凄く戦い方もオーガナイズされてきていますし、
そういった意味ではそう簡単に勝てないだろうということで
今日ここに乗り込んできたので
湘南の今日の戦い方を考えたら仕方ないかなと思います。


Q、試合前から「湘南は強いチームだ」という話をされていました。
今日どういう所をポイントにおいてらっしゃったんでしょうか?


A、湘南は本当に走力のあるチームで
局面で戦えて、切り替えの非常に速いチームということで
まずは基本的なハードワークの所を負けないようにしようと
上回っていこうということを選手に言いました。


Q、前半はなかなか主導権が取り切れない中で
後半に向けて選手にはどういう指示を出されましたか?


A、ボールは良い形でポゼッションする部分と
相手の背後を取っていくということの使い分けは前半できていたので
それを続けていけば相手が疲労してきたらチャンスは創れると。
テンポを落とすことなく続けて攻撃しようということで
チャンスは創れていたと思いますし
後半のビッグチャンスは我々の方が先にあったと思うので
そういう所を決めていれば試合の展開は
変わったのかなという風に思っています。


Q、後半投入された浅野選手は期待が高まるような選手ですが
浅野選手の評価を教えて頂いてもよろしいですか?


A、チームが少し押し込まれている時に
体力的に厳しくなった時に、相手の背後を突いて
単独で個人で切り崩してゴールまで行くということを
今日もやってくれたと思っています。
そういった意味ではチームの攻撃に
プラスアルファのエネルギーを注いでくれたと思っています。
ただ、相手ももう研究してきているので
浅野のスピードに対して間合いの取り方とか
どこで取りに行くとか限定の仕方というのは
もう本当に研究されてきて、浅野も思った通りに
最後のシュートの所まで持って行けない所があると思うので
そういう所は1つ乗り越えて、彼が成長して欲しいという風な所だと思います。


Q、ファーストステージは残り3試合ですが
今後に向けて一言お願いします。


A、我々らしくとにかく最善の準備をして
試合でベストを尽くしていくということを
試合で何ができるのかという所を
相手のチームを踏まえた上で我々が攻守共に
どうやって戦っていくかということを残り3試合も貫いていきたいと思います。


【玉乃淳氏のレビュー】
(湘南)
試合がとにかく面白かったですねえ。
内容も濃かったですし、帰ってもう1度見たくなる試合ですよね。
湘南の方はホームですし、勝って当たり前じゃないですけど
目指している所がもっと上だという印象を受けました。
2年前とは別のチームですよね。
このゲームはスタンディングオベーションでいいんじゃないでしょうか。


ディフェンスも堅かったですし、
奪った後にクリアもほとんど見られずに
しっかり繋いでボールを大事にするというシーンが随所に見られましたので、
見ている方はこれは楽しいですよね。
アンドレ・バイアの守備も素晴らしかったです。


個人的には大竹が目を引きました。
緩急という意味では随所に才能やセンスが見られましたし
縦、縦に速いだけじゃない理由というのは
この大竹のプレーに集約されているのかなと思いました。
本当に左利き羨ましいなというか、独特の世界観を持っていましたよね。


高山と大槻もシンクロしていましたし
それを支える石川もそう、永木もそう。
それから三竿と遠藤の2人は相当に
今日のレベルが高かったと思います。
三竿は正直ここまでだと想像していませんでした、
凄かったです。


次節もあれだけ繋げるフロンターレに対しても
太刀打ちどころか凌駕できるんじゃないかなと思います。
相当面白いゲームになりそうですね。
湘南はアウェイでもこういうゲームをできるという噂を聞いていますので
結果はもちろん大事なんですけど
結果を置いておいたとしても相当に面白い
エンタテインメントが見られると思いますね。
残留争いもまったく考えていないと思うので
全員が上を向いていますよね。


これを続けられたら面白いどころか優勝争いをしていくぐらいのチームに
今日の試合だけを見ると過言ではないでしょうね。
面白い、強い、ワクワクする、
サッカーの面白さがすべて詰まったような
ペナルティエリアのアイデアだったり、
走力だったり、球際だったり
ただ蹴るのではなくビルドアップしたりと見所が絶えないですね。


(広島)
広島からするとちょっと歯痒いゲームだったかなと。
順位的にも今までの歴史的にも
優位性を持って試合を進めるのではないかと予想されていましたからね。


ドウグラスは良かったですね。
1試合通して迫力のあるドリブルも見られましたし
ポテンシャルの高い選手であることが
1つ1つのプレーからもわかりました。


浅野のスピードは凄かったですね。
よっぽど良いアップをしていないと、
途中から入ってアレだけのキレってなかなか出せないんですよ。
研究されても止められないぐらいの選手に
なって欲しいとみんなが期待している選手だと思います。
ドリブルの1つ目のタッチが面白いんですよね。
ゴールに向かってのファーストタッチが
相手が体を入れられるか入れられないかぐらいの所にボールを置くので
入れ替わったらビッグチャンスという所で
僕は大好きなドリブルの仕方ですね。


引き分けは確かにかなり痛いですけど
ここは受け止めて次に切り替えて
残りの3試合を勝ちに行くような態勢を整えて欲しいですね。
森保監督も晴れやかな表情でしたね。
相手の良さを認めながら
なかなか難しい試合だったなという監督のお話でしたね。


【Jリーグブログ的データ】
J1-1st第14節
湘南ベルマーレ 0-0 サンフレッチェ広島

入場者数:11,276人 天候:晴、中風
気温:24.1度 湿度:60%
主審:山本雄大 
副審:木川田博信、清水崇之
第4の審判員:秋澤昌治


《選手寸評》
(湘南)
GK秋元陽太...後半のドウグラスとの1対1をスーパーセーブ。守護神とはまさにあのこと
DF遠藤航...攻め上がるシーンはいつも通りもこの日は守備面でも出色のパフォーマンス
DFアンドレ・バイア...前への強さと強気のラインコントロールで4戦連続無失点を演出
DF三竿雄斗...特に後半はオーバーラップも多く左サイドがホットゾーンに
MF藤田征也...石川への折り返しなど柏と互角の主導権争奪を繰り広げる
MF石川俊輝...J1の水に慣れて積極性も出てきたがステップの合わなかった決定機逸が悔やまれる
(→MF菊地俊介...復帰戦。彼がいるとやはり永木と3バックの両サイドが上がりやすくなる)
MF永木亮太□...前半の好リズムは彼のトランジッションの意識の高さが要因
MF菊池大介...かなりシュートの本数は増えてきた。あとは最後の精度のみ
FW大竹洋平□...ギャップでの受け方は芸術品。守備時のプレスも十二分に機能した
(→FW山田直輝...好調だった大竹との交替という意味ではやや物足りない出来に)
FW大槻周平...エリア外からのシュート意識も高い。PKか否かの判定はかなり微妙だった
(→FWアリソン...88分からの登場。目立ったシーンはなし)
FW高山薫...とにかく走る。彼にシュート精度が加わったら確実に代表へ手が届く


《選手寸評》
(広島)
GK林卓人...足元での不安感もほとんどなし。カウンターの起点になる機会を常に探っている
DF塩谷司...セットプレーは警戒されて2戦連発とはいかず。負傷で無念の交替
(→DF佐々木翔...急な登場も無難に乗り切ったが大槻へのコンタクトはPKでもおかしくなかった)
DF千葉和彦...湘南のような相手には彼の剥がせるビルドアップ能力の高さが生きる
DF水本裕貴...後半途中から右CBにスライドしても一切の破綻なし。とにかく安定感抜群
MFミキッチ□...切り返しての左クロスを多用。寿人へのクロスは綺麗に合ったがオフサイドに
MF森﨑和幸...中盤のフィルターとして機能。配球の妙には彼ならではのセンスが光る
MF青山敏弘□...危ないミスパスであわや被決定機も。普段に比べれば攻守におとなしかった
MF柏好文...対面の藤田と丁々発止。スピード自慢のマッチアップは見応えがあった
FWドウグラス...この日はチャンスがことごとく回ってきたが彼の日ではなかった
FW佐藤寿人...オフサイドでノーゴールも低空バックヘッドは芸術の域に達していた
(→FW浅野拓磨...シュートは1本放ったがドリブルの間合いは研究されつつある)
FW柴﨑晃誠...完全にレギュラーを獲得。高精度のセットプレーもチームの大きな武器に


再放送スケジュールは
6月5日(金)深夜1:00~深夜3:15 J SPORTS 3
となっています。
是非このマッチレビューと共に再放送もお楽しみ下さい!


土屋

コメントを投稿する

名前
  • ※ HTMLタグは使用できません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J1第13節 
川崎フロンターレ×サガン鳥栖@等々力陸上競技場
解説:林健太郎 実況:八塚浩 インタビュアー:高木聖佳


【川崎フロンターレ 風間八宏監督インタビュー(試合後・中継後)】
Q、今日の試合を振り返っていかがでしたか?


A、いくつかやってきていることがあるんですけど
特に今日は相手が前から来るだろうということで
その背後というのを早く突けるので
そういうことをスタートからしようと言っていましたけど
結果的にはそれが判断を遅らせましたね。
立ち上がりこそ良かったですけど
やっぱり当たり前のことは一番早いものから選んでいくこと、
一番遠い所から選んでいくこと、
やっぱり1人1人が長いボールを使うということで
物凄く遅い判断になったと。
自分たちのリズムがなかなか創れなかった、ただし点は取れたと。
そこは逆に言うと狙い通りでペナルティの前に
ボールは入っていくんだけど人が入っていかないと。
そこの所でもっともっと自分たちのモノを創っていこうと
サイドも同じでやっぱり追い越してしっかりボールを入れようと。
あとはボールの質、動きもだいぶやってきたので
そういう意味では狙い通りのものだと思うんですけど
やっぱりそれにしてもこれだけ判断の遅いサッカーはもう見たくないですね。


Q、ハーフタイムに非常に厳しい表情をされていたのが印象的でした。
ハーフタイムには具体的にどんな指示をされたのかと
システムを変えられましたがその意図も教えて下さい。


A、1つはやっぱり後ろでなかなか自分たちが
ラインを落ち着けさせられなかったと。
長いボールというのもあるんですけどね。
中盤でなかなかボールを持って前を向けなかったので
そこで中盤で賢太郎を中に入れること、
そうすると必然的に3人になる、
あれはそんなに中でしっかり待っていれば怖くないので
その3人の中でまたしっかりボールを繋ぐということで
後ろを変えましたけど、結果的には健勇なんかも
外に出でもうまく自由な所をやってくれたので
そういう所では彼自身も成長しているし
周りも良くなったかなと。
ただ、何回も言いますけどシステムを変えた所で
判断も早くして余裕ももっともっと持って欲しいと思います。


Q、試合終了の瞬間にガッツポーズが見られましたが
どんなお気持ちだったのですか?


A、悪いゲームをしっかり取れたなと。
それからサポーターにしっかり勝ちを見せなきゃいけない、
あとは目的である「今日は3点以上取ろう」という話をして入ったので
そこだけは選手がしっかり約束を守ってくれたなという所です。


Q、今日は杉本選手が2ゴールを決めました。
連続ゴールになりますが今の杉本選手の評価を教えて下さい。


A、前回の試合であまり良くなかったことで
しっかりチームの中で渇を入れたんですけど
そうしたらこの2日間というのは物凄く彼は積極的にやったので
やればそれだけの能力があるということです。
ただ、これで良いということはないので
まだまだ彼には伸びてもらわないと困りますし
もっともっとやってもらわなくては困るので
これが最低ラインだと思ってやってもらいたいなと思います。


Q、ファーストステージの残り4試合に向けて一言お願いします。


A、本当にサポーターと共に我々のスタイルでしっかり勝ち切ること、
それから得点をたくさん取ること、
これは凄く重要なことだと思いますので
そこに向けて頑張っていきたいと思います。


【サガン鳥栖 森下仁志監督インタビュー(試合後・中継内)】
Q、まずは今日の90分を振り返って一言お願いします。


A、非常に残念です。
素晴らしい内容だったので本当に勝ち切りたかったです。


Q、攻守に渡ってのアグレッシブさや球際の強さなど
鳥栖らしさが随所に出た試合でしたよね。


A、そうですね。だからこそ勝たせてやりたかったですね。
選手は本当に立ち上がりからアグレッシブにやってくれたので
ブレずに自分たちのやるべきことをしっかりやり続けたいなと思います。


Q、これだけの素晴らしさが出た中で勝ち点が取れなかったことは
現時点でどのように分析をされますか?


A、もちろん今日は勝ち点を取れなかったですけど
必ずこれからこの内容が生きてくると思うので
本当に選手と一緒になってブレずにやりたいなと思います。


Q、今日の試合の中で豊田選手がゴールを挙げましたが
6年連続二桁ゴールを記録しました。
今季の豊田選手のパフォーマンスについても一言お願いします。


A、トヨ自体の状態も良いですけど
やっぱり周りの仲間のサポートがあってのことだと思うので
全体の質が上がってきている分
トヨのチャンスの数も増えてきていると思うので
それも続けてやっていきたいなと思います。


Q、鎌田選手は今日もオウンゴールを誘ったシーンもありましたが
18歳ですけど非常に落ち着いていますね。


A、まだまだやるべきことはたくさんあると思いますけど
本当に大きな戦力になってくれているので
続けてやっていきたいなと思います。


Q、次は首位浦和をホームに迎えます。
意気込みをお願いします。


A、その前にナビスコも僕たちにとっては勝つしかないので
来週の2試合は本当に決戦だと思っているので
チーム一丸となってやりたいと思います。


【川崎フロンターレ 杉本健勇インタビュー(試合後・中継内)】
Q、今のお気持ち、率直な所をお聞かせ下さい。


A、自分の点よりもチームが勝ったことが凄く嬉しいです。


Q、改めて今日は先発出場ということで
どんな気持ちでゲームに臨まれたんでしょうか?


A、Jリーグでずっと先発では出ていなかったですし
少ない時間でしたけど、今日チャンスをもらって
しっかり結果を出してやろうという気持ちでやったので
凄くしっかり結果が残せて良かったです。


Q、まずは先制ゴールのシーンですが
下がりながらの左足で非常に難しいシュートだったと思いますが?


A、そうですね。自分でもちょっとビックリしました(笑)


Q、決まった時は気持ち良かったんじゃないですか?


A、そうですね。凄く気持ちよかったです。


Q、そして大事な大事な決勝ゴールは
ヘディングで非常に絶妙な所に決めていきました。
あのゴールシーンも振り返って下さい。


A、ショウゴ君がちょっとミスして決められて
ショウゴ君がヘコんでいたので
絶対に取ってやろうと思っていたし
しっかりそのミスを自分がカバーできて良かったです。


Q、連続ゴール、そして今日は2ゴールと
個人としても大事な大事なゴールになったんじゃないですか?


A、1点目を取った時も「たぶん1点じゃ足りひん」と思っていたし
自分自身「2点目をもっと狙いにいかなあかん」という気持ちでいたので
しっかりそれが今日は結果を出せて良かったです。


Q、これでチームは3試合負けなしとなりました。
チームとしても乗っていけそうですね。


A、そうですね。もう本当に負けられないですし
優勝を狙っているので。
今日もたくさんサポーターが来てくれていますし
それが自分らの後押しになったので
またよろしくお願いします。


【林健太郎氏のレビュー】
(川崎)
予想に違わぬ良い試合になりましたね。
お互いのスタイルをぶつけ合って
本当に良いゲームだったと思います。
どちらが勝ってもおかしくなかったのではないでしょうか。


杉本は結果を出して今日のスタメンのチャンスをもらいましたし
これが実力通りの仕事なのかなという気はします。
決勝点もレナトのボールは凄く良いボールだとは
言えなかったと思うんですけど、あそこは杉本の技術ですよね。
小林がケガで欠場している中で杉本が点を取り出したというのは
川崎にとって非常に大きいなと思います。
ボールを引き出す動きも周りと合ってきた気がするので
監督からしても心強いと思いますよ。


少し悪い言い方でいうと
ああやって相手やレフェリーに色々文句を言いながらも
大久保はきっちり自分の仕事はしますから
チャンスが少なくても本人は特に気にはしていないでしょうね。


今日も鳥栖のかなり良い守備から
ボールを奪われる場面もありましたけど
自分たちのやることを変えずに貫き通すという意味では
こだわりは見せてくれました。
そこの質を上げていくことが必要ということなんですね。


ハーフタイムで配置を変えて
ボールをどうやったらもっと持てるかという所は
風間監督の考え方もそうですし
プレーできるという選手たちも相当レベルが高いなと見ていて思いましたね。
そうすることによってディフェンスの守り方も
相手にスペースを与えないという意味でも
ハマッていたような気もしますし、そこはさすがだなと思いました。


優勝を狙えるだけの選手はそろっていると思いますし
こういうサッカーで勝ち切っていく所を見てみたいですね。


(鳥栖)
当然なんですけどハードワークという意味では
凄く質の高いチームだなと感じましたね。
あとは良い守備から良い攻撃というのも今日は見られましたし、
負けはしましたけど収穫はあった試合だと思いますよ。
次の浦和戦は非常に楽しみです。


先制点は森下監督の狙い通りだったと思いますよ。
2点目もミスを逃さずに決めたという所ですよね。
森下監督もやはり内容の良さは手応えを掴んでいますよね。
だからこそという気持ちでしょう。


前線からのプレスが非常に良かったですし
豊田と池田の所から守備でもまったく手を抜かないので
ボールの奪い方が良かったですよね。
豊田の前半のゴールも中盤でボールを奪ってから、
良い奪い方から良い攻撃というのができていましたし
狙い通りの形だと思いますから、本当に残念でしょうね。


豊田は代表選手にふさわしいなと思いましたし
全員がハードワークという意味では全員やっていますけど
やっぱり鎌田が本当に凄い才能を持っているなと感じました。
プレーに落ち着きがありますよね。
18歳とか関係ないですよ。そういう見方はしない方が良いですね。
あとはこれを自分がどうやって継続していって
どうやってスタメンに入っていくかというのを考えながら
日々トレーニングに臨めるかどうかでしょう。


森下監督もおっしゃっていましたけど
まずは次の試合はナビスコで上に行くために
絶対に勝たなくてはいけない試合だと。
それから首位の浦和との試合は2つ大一番でしょうし
真価を問われますね。


【Jリーグブログ的データ】
J1第13節
川崎フロンターレ 3-2 サガン鳥栖

入場者数:14,881人 天候:曇、弱風
気温:21.8度 湿度:53%
主審:池内明彦 
副審:山際将史、聳城巧
第4の審判員:三原純


《得点者》
<川崎>
19'杉本健勇③
62'大久保嘉人⑨
83'杉本健勇④(アシスト:レナト)
<鳥栖>
36'豊田陽平⑩(アシスト:キム・ミヌ)
80'OG(井川祐輔)


《選手寸評》
(川崎)
GK新井章太...最終盤のファインセーブでチームを救う。守護神の風格が出てきつつある
DFエウシーニョ...3バックでも4バックでも彼のオーバーラップは常に脅威
DF井川祐輔...オウンゴールはやむなし。ラインコントロールの落ち着きが光る
DF角田誠...豊田とのやり合いはリーグの1つの名物。決定機はポストに阻まれる
DF車屋紳太郎...前半で負傷交替。頭だけに交替はチームの適切な判断だった
(→DF武岡優斗...チーム屈指のポリバレントに成長。ベンチメンバーとしては最高級のカード)
MF森谷賢太郎...ボールの引き出しがいつもより少なく前半に停滞した一要因に
MF谷口彰悟...前半はボランチで後半は3バックの一角。今はDFラインの方が機能する
MF中村憲剛...普段の出来で考えるとボールタッチも少なくおとなしい90分間に
MFレナト...ドリブル突破は粘り強く抑え込まれたが最後にFKで一仕事
(→FW船山貴之...この日も決定機を阻まれる。なかなかゴールが遠い)
FW杉本健勇③④□...圧巻のドッピエッタ。下がりながら放った1点目のボレーは本人も驚くゴラッソ
FW大久保嘉人⑨□...チャンスは決して多くなかったが抜群の嗅覚で"ヨシメーター"も1点上昇


《選手寸評》
(鳥栖)
GK赤星拓...やや危ない飛び出しもあったがファインセーブもあった。失点の責はほぼない
DF丹羽竜平...レナトにも粘り強く対応しつつ秘技『G線上のクリア』も披露
DF菊地直哉...彼の正確なビルドアップは縦に速いチームの大きなアクセントに
DF谷口博之...古巣相手に奮闘。元相棒の中村が放ったミドルはみぞおちでブロックしてみせた
DF吉田豊...あわやオウンゴールという場面もあったが持ち前の上下動がチームで生きつつある
MF藤田直之...トランジッションの鬼。プレスバック直後に前へ出て行ける脚力は代表でも見たい
MF高橋義希...守備面でのバランス感覚は言うまでもなくこの日は攻撃にも意欲的に絡んだ
(→MFキム・ミンヒョク...終盤のCB起用。失点を許さない唯一のタスクは完遂)
MFペク・ソンドン...時折輝きは見せるがそれを持続させないとポジションは奪い切れないか
(→MF鎌田大地□...3試合連続で得点に絡む。もはやルーキーというレッテルは完全に覆された)
MF池田圭...前半に見られた川崎のボール回しの停滞はこの男の献身的なプレスも一因
(→MFチェ・ソングン...前にパワーが欲しい時間に切られたカードとしては物足りない出来)
MFキム・ミヌ...完璧なアシスト。これだけの選手が献身性を見せれば周囲も走らざるを得ない
FW豊田陽平⑩...6年連続二桁ゴールとなった先制点はニアをぶち抜く。あれこそストライカー


再放送スケジュールは
5月29日(金)深夜1:15~深夜3:30 J SPORTS 3
となっています。
是非このマッチレビューと共に再放送もお楽しみ下さい!


土屋

コメントを投稿する

名前
  • ※ HTMLタグは使用できません。

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのJリーグ中継班がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Select Country...

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2013 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.