1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

mas o menos

J3第1節 FC東京U-23×富山 試合後のFC東京U-23・小林幹、富山・佐々木陽次コメント

March 14, 2017 8:34 PM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江東区夢の島競技場で行われた
2017 明治安田生命J3リーグ第1節の
FC東京U-23×カターレ富山は
0-2で富山が勝ちました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
FC東京U-23・小林幹、富山・佐々木陽次のコメントです。


(FC東京U-23・小林幹)
Q:開始5分ぐらいで岡庭君のクロスに飛び込んだのは良い形でしたね。


A:そうですね。自分的にも「試合の入りはキーになるな」と思っていて、あそこは得点にはならなかったですけど、勢いを持って入ることができたので、試合全体としても気持ちを持って入ることができました。


Q:前半終了間際にバーンズの落としを受けて狙ったシュートは惜しかったですね。


A:シュートを打たないとゴールは入らないので、思い切って打ってみたんですけど、左足のシュートでちょっと当たりが悪かったので、もっと練習して決められるようにしたいと思います。


Q:ある程度J3でもやれそうな手応えは今日で掴みましたか?


A:そうですね。もちろんもっとやらなくてはいけないんですけど、想像していたよりは「できるな」という手応えはあったので、ユースでやり続けて、次節以降もチャンスがあったら「もっとできるな」とも思いました。あと、技術的な所ではそんなに差があるとは思わなかったですけど、スピードやフィジカルはあまり体験したことのないレベルだったので、凄く良い経験になりました。ただ、ゴールやアシストという結果を求めてやっていたので、それができなかったのは悔しいです。


Q:落ち着いてプレーできましたか?


A:落ち着いていたかどうかはわからないですけど、やるしかなかったので「やってやるぞ」という気持ちだけは持って臨みました。


Q:この経験は今後に生かしていけそうですか?


A:そうですね。最終的にはFC東京のトップチームに上がりたいので、J3の試合に出続けて結果を残して行きたいなと思います


(富山・佐々木陽次)
Q:どういうことを考えてゲームに入りましたか?


A:シンプルに自分がゴールを決めるということだけを考えていました。自分がゲームの流れを作るということも考えていて、最初の1本目は自分でドリブルしていく中で、周りがいたのもわかっていたんですけど、自分でシュートまで持っていくと最初から決めていたので。立ち上がりの1本目を自分が打つことによって、自分の流れもできますし、チームの勢いも出るので、左足のシュートももうちょっと強く打てればよかったですけど、流れにうまく乗せることはできたかなと思います。


Q:最初のシュートには「FC東京から点を取ってやる」という強い意欲を感じました。


A:それもありますね。「このチームは自分が決めないと」という想いもあったので。でも、相手がFC東京なので「自分が決めてやる」という想いは本当に強くやっていました。


Q:後半のファーストシュートも積極的に狙っていきましたね。


A:最初の1本目はシュートで終わらせて、流れを作りたいとは思っていましたし、チーム全体として「どこがリズムか」というのはまだまだわからないチームだと思っているので、その部分は「どこでどういう流れで」というのは自分で考えてプレーしているつもりではあって、ああいうことをしたというのもあります。


Q:マッチアップしていた選手はU-18の直属の後輩でしたが、そのあたりはどういう感覚でしたか?


A:戦ってみて「ポテンシャルがあるんだろうな」とか「こういう所が凄いんだろうな」と思いましたし、そういう部分に気を付けながら、「これで負けたら自分は終わりだ」ぐらいの気持ちでやっていたので、結果を残したかったですね。


Q:ちなみに開幕戦のカードが決まった時はどう思いました?


A:あまり「開幕戦でFC東京だ」とは思わなかったですけど、やっぱりFC東京とのホームゲームとアウェイゲームでは「絶対自分が決める」という想いは、カターレに来ることを決めた時にも思っていました。自分的にはそれこそU-23以外のチームの方が"チーム"として創ってきている所もあって、ガチガチの試合になりがちなので、それよりは戦いやすかったのかなと思います。


Q:U-23のサポーターの中にはU-18時代に応援してくれていた人も結構いたと思いますけど、あの応援の感じは懐かしかったですか?


A:そうですね(笑) 「自分の成長した姿を見せたい」という気持ちはありました。だからこそ結果を残したかったんですけどね。


以上です。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのサッカー担当がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.