1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球
  12. バドミントン
  13. その他

J SPORTS J.LEAGUE

J2第5節 松本×山口 試合後の山口・福満隆貴、三幸秀稔コメント

March 28, 2016 12:05 AM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松本平広域公園総合球技場で行われた
2016 明治安田生命J2リーグ第5節の
松本山雅FC×レノファ山口FCは3-3のドローとなりました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
山口・福満隆貴、三幸秀稔のコメントです。


(山口・福満隆貴)
Q:前半はなかなか難しい展開だったと思いますが、前半に関してはいかがですか?


A:相手のプレスが速かったので、僕たちもロングボールを多用していたんですけど、相手の高さに押し返されていたので、後半は「自信を持って繋ごう」と言っていて、それが良い方に出たのかなと思います。


Q:1点目はオウンゴールでしたけど福満選手のクロスからで、あの少し前にも左サイドで似たような良い形がありましたが、「左サイドは狙えるな」というような感覚はありましたか?


A:相手が3バックだったので、「絶対にその脇が空いてくるな」というのは思っていましたし、そこを上手く崩せたことで得点に繋がったのかなと思います。


Q:後半にあれだけ劇的に流れが変わることはそうそうないと思いますけど、もちろん両面ある中で、自分たちが良くなった部分と相手が落ちた部分と、どちらの方がゲーム展開に与えた影響が大きかったと思いますか?


A:後半の最初は僕たちの勢いというのが物凄く出た感じなんですけど、時間が進むにつれて相手の高さという部分で押し返されましたね。その中でも良い形で点が取れたので、どっちもどっちという感じです。でも、これからもこういう戦い方をしてくるチームが増えてくると思うので、そういう対策というのもしっかりしていかないといけないかなと思います。


Q:昨年のJ3の試合を何試合か見させて頂いていた中で、今日の前半を見る限りはなかなか勢いを出し切れなかったように映りましたが、J2とJ3の違いというのはここまでの5試合で感じてらっしゃいますか?


A:そうですね。だいぶ感じています。本当に球際の強さだったり、ここという所でしっかり足を出してきたりとか、そういう部分は去年までと物凄く変わったなと感じています。ですから「その1つ上を行けるように」というのは毎試合毎試合やっていますけど、本当に1試合1試合得られるものの方が多いので、一通り全チームと1試合ずつやってみて、2回目の対戦でしっかり勝って行ければ良いかなと思います。


Q:こういう独特のスタジアムで、撃ち合っての3-3で勝ち点1を獲得したということは、多少の手応えにはなりますか?


A:そうですね。完全アウェイの状態だったので(笑) もう完全アウェイになるというのはわかっていたことなんですけど、その中で負けなかったというのは本当に僕たちにとってプラスになると思うので、続けてやって行きたいと思います。


(山口・三幸秀稔)
Q:前半に関してはどのように感じながらプレーされていましたか?


A:なかなかセカンドボールが拾えなくて、苦しい時間が結構続いていた中で、押し込まれていた感じはありました。思った以上に相手がセカンドボールを拾う部分を徹底してやってきている部分とか、サイドからという攻撃の部分は僕たちにとっても「凄く嫌だな」というのはピッチの中で感じていました。


Q:庄司選手がアンカー気味にいて、福満選手は前に出て行く回数が多い中で、三幸選手のバランス感覚は今日の生命線だったと思いますが、そのあたりはいかがでしたか?


A:前半はなかなかそのバランスが取れなくて、ずっと話しながらやっていたんですけど、45分間の中で修正できなかった部分を庄司君から声を掛けてもらって、ハーフタイムで話ができたのが修正できたきっかけだったと思います。なので、後半は距離感もそんなに悪くなくなって、前にも出られるし、後ろにも帰れるし、というようなポジションが取れたかなと思います。


Q:後半からの劇的な変化はそのハーフタイムでの修正が大きかったんですね。


A:そうですね。まずそのプレスの所とセカンドボールの所は監督から話が出て、自分たちもそれは感じながらやっていたんですけど、なかなかうまく行かなかったので、1回頭をリセットした部分が大きかったと思います。


Q:2点目のアシストはかなりセンス溢れるプレーだったと思いますが、振り返っていただけますか?


A:ヤツさん(島屋八徳)が一瞬開いた時に最初は「出そうかな」と思ったんですけど、相手のDFもその分だけ一歩外に寄ったので、キシくん(岸田和人)も足が速いですし、「あそこに落としてあげれば」と思って、「手前のDFの足にさえ当たらなければ」と。自分の中では1個タメも創りましたし、最後の所でプレーの選択を変えられた所がゴールに繋がったかなと思います。


Q:どちらかと言うと得点を取った岸田選手より、三幸選手の所に駆け寄ってきた選手の方が多かったですね。


A:たぶん僕が1年間プレーできなかったこともあって、練習中でも迷いながらではないですけど、なかなかうまく行かない部分とかを他の選手も感じていたと思いますし、ゲームの中で助けてもらった所が、あのゴールシーンでみんなが来てくれたことに現れていたのかなと。キシくんもそうですけど、みんなに助けてもらいながらやっているので、一体感というのが凄く出ていたかなと思います。


Q:3点目のアシストも簡単ではなかったと思いますが、振り返っていただけますか?


A:「(田中)隼磨さんにタックルされるな」とは思ったんですけど、もう向こうもたぶん中央を固める態勢を取っていて、うまくターンができたので、最初はホワンというクロスをイメージしていたんですけど、原口拓人くんが一歩引いたのが見えて、左利きというのもわかっていましたし、そのへんは練習からやれている所が出たのかなと。2人の中では結構パスがうまく繋がる状況が多いので、それが出せたかなと思います。


Q:こういうシビアなゲームで2アシストできたということに関してはいかがですか?


A:自分も凄く「結果を出したいな」と思っていたので良かったですけど、失点にも絡んでいますし、もっと失点を減らせると思っていますし、そういう面では良かったとは言い切れないと思います。


Q:ご自身の中で試合の感覚が徐々に戻ってきているような手応えはありますか?


A:そうですね。前半はあまり良くなかったですけど、後半はしっかりリズムを戻せたりとか、そのへんに関しては自分の中で良い感触がちょっとずつ戻ってきたかなと思います。


以上です。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのJリーグ中継班がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.