1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 柔道・格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

J SPORTS J.LEAGUE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うまかな・よかなスタジアムで行われた
2016 明治安田生命J2リーグ第32節の
ロアッソ熊本×ファジアーノ岡山は
0-0のドローとなりました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
熊本・菅沼実、岡山・中林洋次のコメントです。


(熊本・菅沼実)
Q:ゲーム自体はいかがでしたか?


A:上位相手に自分たちが挑んだという形で、同じハードワークとしっかりした守備が特徴という所で、そこはできたなと思います。良い守備からチャンスを創ろうという中で、ビッグチャンスも何回かありましたし、スコアレスでしたけど勝てるチャンスもあったと思います。ただ、改善点もいっぱいありますし、取ったボールや自分たちがボールを持っている時にどうするかとか色々ありますけど、次に繋がる勝ち点だったと思います。


Q:終盤はかなりオープンになった展開の中で、確かに勝てるチャンスもありましたね。


A:そうですね。サッカーなので何が起きるかわからないですし、僕もそうですけどゴールを決めれば終わっていたゲームだと思いますし、守備陣が凄く頑張ってくれていたので、何とか勝ちたかったかなと思います。


Q:ご自身のパフォーマンスについてはいかがでしたか?


A:もう前半から僕はガンガン行くタイプですし、ペース配分もそんなに考えていないので、前半からアグレッシブに行こうと思っていましたけど、守備の時間が多くて、チーム全体の約束事やバランスもある中で、良い守備という面ではできたと思います。でも、もっともっと前の3人が攻撃的に行けるように、もっと改善していきたいです。


Q:シーズン途中加入という中で、試合勘やコンディションが上がってきている手応えは感じてらっしゃいますか?


A:そうですね。本当に日に日にというか、1試合1試合コンディションは上がっていますし、できることはどんどん増えてきて向上しているので、そこをもっと続けて、もっともっと増やせるようにトレーニングからしっかり取り組んでいきたいと思います。


Q:菅沼選手はどのクラブに所属していてもサポーターから愛されている印象があって、少し所属チームがない時期を過ごされた中で、今は試合でプレーされていることを各クラブのサポーターも喜んでいるんじゃないかと思います。そういう人たちに元気な姿を見せるというのも1つのモチベーションになっているでしょうか?


A:そうですね。色々な所から「また見に来ます」とか「試合に出ている姿が見られて凄く嬉しいです」とか、ファンレターをいただけるのも嬉しいんですけど、僕自身はもう戻るだけじゃなくて、結果を出して、数字を出して、もう1回Jリーグの舞台で上がって行くというのが目標であり夢なので、今は熊本で1試合1試合結果を出して、次の試合は山形ですけど、自分たちのサッカーをしっかりやって勝てるように、練習から取り組んでいきたいです


Q:今日の大坪博和主審とは2006年に愛媛で一緒にプレーされていたと思いますが、そういう方と一緒のピッチに立つというのはいかがでしたか?


A:もちろんテレビとかメディアで見ていましたし、知っていましたから、まさか今日一緒にやるとは思わなかったですけど、「クオリティの高いレフェリーだな」と思いました。


Q:どういう感覚ですか?「嬉しい」という感じですか?


A:そうですね。まさか同じピッチに立つとは思わなかったですし、一緒にやっていた先輩がああいう舞台でやっていて、大坪さんの性格を考えても、もっともっとJ1や国際舞台でやる人だと思うので、ますます活躍して欲しいですし、僕自身ももっともっと躍動できるように頑張ります。


Q:お話しはされましたか?


A:少しだけです。レフェリーなので、今日はそんなに話すのもなというのもありましたし。いつかどこかで機会があれば、ゴハンでも食べられたらなと思います。


(岡山・中林洋次)
Q:ゲーム自体はいかがでしたか?


A:厳しいゲームでしたね。暑いというか湿度もあったので、環境的には若干しんどい部分もあって、お互い理由は違っても勝ち点3を欲しい状況でしたし、それがこういう時期の面白い所かなとは思いました。


Q:勝ち点1という結果についてはどのように捉えてらっしゃいますか?


A:まずアウェイですし、状況も状況でしたし、セットプレーからチャンスもありましたけど、なかなかチャンスを生かすことができなかったので、お互いにチャンスもありましたから、「負けなくてよかったな」という状態かなとは思っています。


Q:清武選手の1対1を防いだシーンは相当なビッグセーブでしたが、あのシーンを振り返っていただけますか?


A:1対1になってしまった時点で、正面だったので「厳しいかな」と思ったんですけど、本当にディフェンスも必死で帰ってきてくれて、最後にシュートを打たせるような形で後ろから追ってくれたので、あとは駆け引きで相手のフェイント気味のものを倒れずに我慢できたことが触れた要因かなとは思います。倒れてしまえば逆を取られていたので、決められていたと思うんですけど、そこは我慢できて良かったなと思います。


Q:相手のGKの佐藤選手は同い年ですし、広島でも一緒にプレーされていましたけど、彼と対戦するというのは楽しみでしたか?


A:そうですね。一番モチベーションが高かったかなと(笑) 彼が移籍した当初から楽しみにしていましたし、他にも高柳選手とか関わった選手が多くいるので、ほぼ一番楽しみな試合でした。もっとお互いが1位や2位を争っている状態で戦えるのがベストですけど、お互いにこういう必死の状態でしたし、僕らも上に食らい付くには勝ち点3が欲しい状況だったので、良いゲームができて良かったなと思います。


Q:佐藤選手や高柳選手は"良い仲間"という感じですか?


A:そうですね。やはり僕は広島時代に非常に良い思い出があるので、同い年も多かったですし、プロに入ってからを考えても非常に楽しい時期でしたし、そういう時間を共に過ごせた選手たちには非常に思い入れがあります。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うまかな・よかなスタジアムで行われた
2016 明治安田生命J2リーグ第32節の
ロアッソ熊本×ファジアーノ岡山は
0-0のドローとなりました。
以下、試合後の記者会見における
岡山・長澤徹監督のコメントです。


(岡山・長澤徹監督)
岡山からサポーターが駆け付けてくれて、凄く勇気をもらいました。本当に最後の最後で、ああやって1対1の所でディフェンスがリカバーを掛けて、ものすごいスピードで帰ってきたりとか、もちろん1点を取る所もあるんですけど、ああいうスーパープレーが出てきたというのは、やっぱり徐々にそのソリッドさは鋭さを増していますし、サポーターのそういう応援が届いていると思います。本当に毎回ありがたいです。ゲームの方は、このゲームに入るに当たって、「熊本が連戦を終えて、気力十分の1週間で貯めてくるよ」と。要は「開幕戦の時の、スタートダッシュした時の熊本が必ず来るはずだ」という入りで行きました。本当に熊本は大変な中を潜り抜けてきたチームなので、スピリットはもう十分なので、そういう意味では本当にタフなゲームになると。だから「順位とかお互いの持っている背景とか、ほぼ関係ないぞ」ということでゲームに入りました。まさしくそういうゲームで、一進一退という部分はあったのですが、チャンスも立ち上がりからセットプレーで創ったんですけど、ゴールの部分はもう1つ勢いとか、アクションを掛けながら入って行くとか、水物の所もあるんですけど、そういう所の質の追求かなとは思っています。ただ、非常にタフなゲームになって割れてきた中で、本当にまず中林を中心にこれをゼロで押し切ったと。もちろん交替で前に掛けに行ったんですけど、その裏返しが必ず出てくるもので、そのプレーに対しては本当にスーパーですし、こういうプレーがチームにはどんどん必要になってきますので、そういう意味では凄く光明が見えたゲームでした。勝ち点1、非常に大きく捉えています。どんどん積み重ねていって、我々の目標を目指していかなければならないので、また次のリーグ戦はホームで長崎戦がありますので、またしっかり全体で戦力、気力を充実させて、次に臨んでいきたいと思います。以上です。


Q:90分通してなかなかチャンスを創れない印象を受けましたが、そのあたりはいかがでしょうか?


A:正直言って4-1-4-1というか4-5-1の間のない守備に対して、しかも気力十分な熊本さんに対して、「これは粘り強くやるしかないな」と。終盤(伊藤)大介とかが折り返しのシュートとか、「ああいう形が来ればな」とは思っていたのですが、そういう意味では「想定内かな」とは思っています。ただ、前半からワイドからワイド、ワイドtoワイドでクロスの形はできていたので、ちょっと相手のディフェンスの構えの一番ニア側の人にほとんど当てていたのが、ちょっと工夫ありかなと。後半ちょっと修正が入ってきて、大介のああいうシュートとか強いボールを入れたりとか、色々な部分はあったんですけど、ちょっとそういう所で修正が入るまで少しテンポが同じだったり、正直言って熊本さんにとっては、せっかく割って入って横にボールを置いている状況だったので、少し守りやすかったかなとは思います。そのへんは状況を見ながら、相手の対応の仕方も含めて、もう少し中で共有しながら変化を入れられればこじ開けられたかもしれませんが、それ以上に熊本さんの気力の充実したプレーに対しては、想定内ということで思っています。


Q:熊本のサイドバックが前節と2人とも替わっていましたが、攻撃の面で何か影響はありましたか?


A:影響というか人が変わっただけで、元々システムの噛み合わせ自体は悪くなかったので、そんなに攻守に影響があったかと言えば、あまり感じていません。ただ、やっぱり園田選手とか、ああいう選手をサイドに置いた部分でボックス内のディフェンスは堅くなるだろうなと。上原選手がサイドで引き出して基点になってくるというのはわかっていましたので、それに対してのアプローチの仕方とか、全体のスライドの仕方は整理して入ったので、そこの部分はとりわけ全員共有してできていたと思いますし、相手の攻撃の部分でもお互い整理して臨んでいたんじゃないかなと思っています。


Q:今日はコーナーキックも含めて、セットプレーが多かった中でゴールを取り切れなかった点についてはいかがですか?


A:まあこればかりは"たら""れば"になるんですが、もう我々は積み重ねてきて、しっかり数字も残っていますので、ここは粘り強くやるのが一番かなと。ただ、ここから先の戦いはどこのチームもそうなんですけど、明確な目標がもう決まってきて、中盤戦のああいう部分ではなくて、本当にどこもまたアラートな状況になってくるので、やっぱり勝ち点を挙げていくという作業が凄く、どこも本当に必死にやる作業だと思います。ですから、我々は謙虚に熊本さん相手に勝ち点1をしっかり取ったということで、また次にホームに帰って、次はホームなのでフレッシュに進んで行けるように準備したいと思います。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うまかな・よかなスタジアムで行われた
2016 明治安田生命J2リーグ第32節の
ロアッソ熊本×ファジアーノ岡山は
0-0のドローとなりました。
以下、試合後の記者会見における
熊本・清川浩行監督のコメントです。


(熊本・清川浩行監督)
まず始めにたくさんのファン・サポーターの方がスタジアムに駆け付けていただいて、本当にありがたく思っています。ゲームの方は前半少し全体的に下がり過ぎてしまって、相手の中盤にボールをちょっと支配されて、長いボールで振られたり、なかなか全体を押し上げることができなかったんですけど、後半はそういう中でもできるだけ下がらずに、できるだけ前で押し上げていこうという話をして、それで良い形で何本かボールを奪えるチャンスがあって、決定機もいくつかあったんですけど、最後の落ち着きだったり質だったりという部分で少し欠けて、ゴールを奪うことができませんでした。チームにとっては今本当にキツい状態の中で、勝ち点を取れたということは次に繋がりますし、残りのゲームにも本当に繋がって行くものだと思っているし、多少システム的なものは変わった中でここ1,2戦はやりましたけど、本当に選手はみんなハードワークしてくれて、最後まで諦めずにやってくれたので、これからに繋がるゲームができたという風に思っています。


Q:サイドバックが園田選手と上原選手に替わりましたが、その狙いを教えて下さい。


A:サイドの部分でもう少し、前節で行くと高い位置が取れなかったりとか、ちょっと攻撃的になれなかった部分もあったので、少しそのへんを改善したいなという所で園田と上原を起用しました。非常に2人とも頑張ってくれて、高い位置からのクロスだったりアーリーだったりという所で、ゴール前にボールを運ぶというか、相手の嫌なことができたかなと思っています。


Q:キム・テヨン選手が前半の途中ぐらいから動きが非常に良くなったように見えましたが、何か指示があったのでしょうか?


A:いえ、特にはないですけど、今日の戦い方だったりシステムの所で行くと、全体が重要なんですけど、1つそこは長いロングボールだったり、あるいはサイドからのクロスだったりの部分で、ディフェンスラインのカバープラスセカンドボールという部分で非常に大事な所だったので、それについて彼には凄く頑張ってもらわなきゃいけないということは話をしましたけど、凄く本当に全体を含めて、みんな良くやってくれました。


Q:久しぶりに試合の間隔が空いて時間があったことで、それが良い方向に作用したことはゲームの中で感じられたでしょうか?


A:少し時間が取れたということもありますし、やっぱり必要としているもののトレーニングも少し入れられた部分もあるので、そういうのが今日のゲームでは本当に良い部分が出て、最後ゴールが決まれば勝ち点3を取れたというゲームの所まで、コンディション的にも良かったと思います。この先は本当にまた1週間のサイクルになってゲームが来るので、もう一度良い状態でホームでの山形戦に備えたいなという風に思っています。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北九州市立本城陸上競技場で行われた
2016 明治安田生命J2リーグ第32節の
ギラヴァンツ北九州×セレッソ大阪は
0-1でC大阪が勝ちました。
以下、試合後の記者会見における
C大阪・大熊清監督のコメントです。


(C大阪・大熊清監督)
まず雨で遠い中、多くのサポーターが一緒に戦ってもらって、いつも感謝していますし、今日も一緒に戦ってもらって非常にありがたく、力になりました。北九州も立ち位置は少しだけ違うんですけど、非常にお互い苦しい中、戦術もしっかりしているので楽な試合にはならないと思っていました。(杉本)健勇がゴールを入れたんですけど、前半からある程度ボールは回しながら、回すことができたんですけど、ゴール前の迫力とか枚数とか、そういう意味ではなかなかこじ開けられそうにない、そういう時間帯も続いたということで、後半から少しモビリティを出すということで、調子が上がっていた清原を出して、もう少し前線の迫力とモビリティを出した上でゴールを狙って行こうかということで交替しました。健勇に関してはある意味紅白戦もやらない、ぶっつけ本番だったんですけど、アイツの"チ-ムセレッソ"に対する気持ちとか、今1試合1試合勝たせたいという気持ちをですね、買って彼も「行ける」ということだったので、少しリスキーな部分もあったんですけど、出場させたということです。そういう意味では最後の締めのリカ(リカルド・サントス)も含めて、今は前よりも後から出た選手がそういう役割を少しずつ果たしてくれて、流れを変えたり、具体的な結果を出してくれるということが、点とか勝ちに繋がっているかなという風に思います。それとまだ連続の無失点ということではあるんですけれども、引き続きそのキーパーも含めた粘り強い守備をしながらですね、今日のような、粘り強くやりながら点を生んでいくという試合を、サポーターと共に1試合1試合やって行きたいという風に思います。


Q:決勝点を決めた杉本選手ですが、今週は連れて来ることと出すことも含めて、色々と監督の中でもお考えがあったと思うんですけど、その中で今日連れてきて、投入も想定よりちょっと早い時間だったかなと思いましたが、それは彼の決定力に期待したからかという所と、今日のゲームで雨の影響はいかがでしたか?


A:健勇に関しては前半の流れだと、後半頭から行きたいぐらいではありました。ただ、紅白戦もやっていない、練習も合流後の時間が少ないということで、「やはり45分は無理だろう」ということで、30分強、30分弱を考えながら調整して、そういう意味では良く持ったかなという風には思います。ただ、休んでいる時間帯が少なかったので、今のメンタリティであればどうにか30分強、30分弱は持つんじゃないかということで、本当に攻守に渡って持てる力を十二分に発揮してくれたかなという風に思いますし、今後どういう使い方をするかというのは、また考えていきたいと思います。雨については非常に良いピッチなので、雨やピッチのせいにするようなことはできないんじゃないかなという風に思います。そういう意味では相手が引いた中で、人を越える動きだったり、ボールを持てる分だけパスのテンポの遅さだったりという所で、やはり相手の方が帰るのが速いと、帰陣が速いというのがあって、テンポとかやはり取った後の縦への迫力と、ボールを持つテンポが雨のせいではなく遅いことによって、相手がきちっと守れたのかなという風に思っています。やはり取った後のまずはカウンターという意識とか縦に入れるという意識が、やはり相手が引くことによって、それが前半は非常に遅かったのかなという風には見ていました。そのへんはこのシステムで行くと、やはり縦のサポートをしないと人数が少ないと。飛び出さないとゴール前の迫力がないということが、今後練習でさらに積み上げていかないといけないのかなという風に思っています。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北九州市立本城陸上競技場で行われた
2016 明治安田生命J2リーグ第32節の
ギラヴァンツ北九州×セレッソ大阪は
0-1でC大阪が勝ちました。
以下、試合後の記者会見における
北九州・柱谷幸一監督のコメントです。


(北九州・柱谷幸一監督)
まず雨の中、来ていただいたサポーターの皆さんに感謝したいと思います。ゲームに入る前に相手は強いチームだけれども、今の自分たちの状況を考えると、勝ち点1でも3でも取ろうということでゲームに入りました。勝ち点を取れるチャンスはあったんですけど、結果的に取れなくて非常に残念です。ただ、内容に関しては狙い通りのゲーム内容はやれたんじゃないかなと思います。ある程度押し込まれるということはありましたけれども、そこで粘り強く守って、取ったボールを一度繋げればほぼアタッキングサードぐらいまでは入れて行けていたので、そこで背後を取ったり、クロスを上げたりという形はあったんですけれども、点を取れなかったということを考えると、最後の所の力が足りなかったのかなという印象はあります。ただ、ゲーム内容的にはこの数試合の中で上がってきているので、次のゲームに向けてまた準備して、勝ち点3を取れるようにやって行きたいと思います。


Q:小松選手が戻ってきましたが、彼を投入した時間帯と彼の動きに対する評価はいかがでしょうか?


A:最初からピッチに立った選手たちもケガを抱えている選手たちがいるので、どこかのタイミングでは替えなくてはいけない選手がいて、その中で今日は4-2-3-1みたいな形でスタートしましたから、良いポジションにみんな立てていたというか、良いポジションにいたので、そこはあえて崩さずに、そのまま原に替えて小松を前に入れました。ずっとケガで離れていたんですけれども、今週のトレーニングで紅白戦とかでも良いプレーができていたので、ちょっと時間は長いかなとは思いましたけれども、小松の高さと決定力とスピードという所に賭けて、彼を入れました。積極的にゴールに向かって、良く仕掛けてプレーしてくれたんじゃないかなと思います。ただ、ストライカーというか前の選手なので、結果的に点を取るということが一番求められていることだという所からいくと、そこには少し行けなかったのかなという所はありますけど、久しぶりのゲームということを考えると良いプレーをしたのではないかなと思います。


以上です。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのJリーグ中継班がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.