1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球・バドミントン
  12. 日本代表 世界、頂!
  13. その他

J SPORTS J.LEAGUE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香川県立丸亀競技場で行われた
2015 明治安田生命J2リーグ第26節の
カマタマーレ讃岐×ギラヴァンツ北九州は1-0で讃岐が勝ちました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
北九州・大島秀夫のコメントです。


(北九州・大島秀夫)
Q、交替出場する時はどういう指示でピッチに入りましたか?


A、サイドバックに高い位置を取らせて
クロスが上がる時は中で勝負と言われていましたけど
サイドバックが孤立していて、クロスを上げても跳ね返されていましたし
一工夫入れてから勝負球を入れたいなと思っていて
その前の段階で色々やろうとするけどそこで終わってしまうか
シンプルなクロスで終わってしまったかなと。
もう少し相手の嫌なポジションを取るとか
嫌なランニングとか精度的なものを高めたいなと思いますね


Q、相手がラインも下がって守備を固めてきた中で
崩せなかったのはどういう部分が足りなかったという印象ですか?


A、自分的には早く入って何かのアクセントを付けたいなとは思いましたけど
讃岐相手に先に点を取られるのは絶対にダメで
ああやってがっちり守ってこられるのはわかっていたことなので
今年は点の取られ方が悪いなと思いますね。


Q、個人としてのコンディションはいかがですか?


A、コンディションは練習から良いですよ。
ただ、前節もそうでしたけどパッと試合組に入っても合わなかったですね。
それに合わせてどうにかしなきゃいけない立場ですけど
力不足で結果が出せていないという感じですね。
個人の感覚は悪くないですけど
35歳にして試合勘がなかなか掴めていないという感じですね。


以上になります。


土屋

コメントを投稿する

名前
  • ※ HTMLタグは使用できません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香川県立丸亀競技場で行われた
2015 明治安田生命J2リーグ第26節の
カマタマーレ讃岐×ギラヴァンツ北九州は1-0で讃岐が勝ちました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
讃岐・清水健太、木島良輔のコメントです。


(讃岐・清水健太)
Q、ゲームを振り返っていただけますか?


A、完全に相手に握られた試合だったので
正直勝てたのがラッキーかなという印象を持っています。


Q、最後の30分くらいはラインも下がって押し込まれる時間が続いていましたが
あの時間帯は後ろからどういう声を前の選手に掛けていましたか?


A、やっぱり我慢するしかないですし
ただ守り切れば勝ち点3が取れるという所を伝えて
シンプルに考えさせるようにしていましたけど
実際に1点取れてそういう勝ち方を今シーズンは何回もしてきたので
そういった中では自信を持って守れたのかなと思います。


Q、小松選手のヘディングをファインセーブで凌いだシーンは凄かったですね。


A、正直自分の手の届く上に打ってくれたというのが助かった所で
下に打たれていたらたぶん取れなかったですし
そういう意味でも今日の試合はツイていたなという風に思います。
本当に手だけで触ったので
その後に入ったのか入っていなかったのかも正直わからなかったですけど
結果的に入っていなかったので良かったなと思います。


Q、それ以外にも今日も何本もファインセーブがあって
今シーズンはそういう試合が多いと思いますけど
ご自身のパフォーマンスに関してはいかがですか?


A、守備の時間が長いチームでみんな凄く頑張って
コースを限定してくれたり寄せたりしてくれていますし
やっぱり自分がそういう中で何とか防いでいけば
勝ち点が取れていけるんじゃないかなと思ってやっているので
そういう所が上手く回っているのかなという風に思います。


Q、今日はかなり相手にシュートを打たれていた中で
讃岐はシュート3本ながら、それでも失点ゼロという部分はいかがですか?


A、もう前半からちょっと今日はキツいなという展開になりましたし
どうしても相手に握られた試合だったので
そういう中で前半を0-0で折り返せたのが非常に大きかったですし
ちょっとコーチ陣の力もありますけど
しっかり檄を入れてもらって何とか後半の立ち上がりは入れたので
そういった所も粘った甲斐があったなというような試合ですね。


Q、引き分けではなくて勝ち点3というのが非常に大きいですよね。


A、とても大きいと思います。
実際に勝てば順位が入れ替わる相手でしたし
そういった相手に1つ1つ勝っていけば
ウチが残留争いに巻き込まれることもなくなっていくと思うので
そういった特に直接勝敗で順位が入れ替わるような相手との試合は
常に大事になるんじゃないかなと思っています。


Q、長崎戦までは上位というよりは順位が比較的近いチームと当たりますけど
そこへ向けての意気込みはいかがですか?


A、やっぱりそういうチームに結構負けるというシーズンの流れがあるので
そういう所は気を付けなくちゃいけないと思いますし
本当に今チームとしては形が出来上がってきて結果が出てきているので
そういった流れを大事にして、試合に臨めたらいいなと思っています。


Q、清水選手のスタジアム中に響き渡る声は山形時代から印象的で
このスタジアムでも相当響き渡っていましたが
声を出す時に考えていることはありますか?


A、サポーターの声がちょっと弱くなった時とか(笑)
その隙間を縫うと結構届くので、そういうのは結構狙っていますね。
ゴールキックを蹴る時とかは意外と静かですし
そういうタイミングでパッと伝えると結構伝わるので。
試合中はどうしても伝わりにくいですし、そういう所は意識しています。


Q、山形で試合に出られない時期が続いた中で讃岐にいらっしゃって
今は試合出場が続いていると思いますが
試合にずっと出続けることでの充実感はありますか?


A、昨シーズンはケガをしてまったく試合に出られなくなったので
そういった中でプロセス的に
今シーズンはしっかり試合に多く出て絡みたいという気持ちで
モチベーションが高かったので、そういったポジティブな感情が
今は良い方向に動いているのかなという印象は持っています。


Q、かなり守備機会の多いチームの中で
それがご自身の守備のリズムを生んでいるような所もありますか?


A、まったくボールが来ないでポンと来るよりは
リズムを創りやすい感覚はあるなと思いますけど
いかんせん結構キツいので(笑)
そこはできればボールが来ない方が良いなと思っています。


Q、結構際どいセーブもありますからね。


A、そうですね。そういった中でも単純にゴール前で
ボールを回されているというのは凄く圧迫感があります。
そういった中ではそういう機会が少なくなればいいなと
常に思っています。


(讃岐・木島良輔)
Q、PKの場面は木島選手から蹴るとおっしゃったんですか?


A、いや、「カズ、蹴る?」って聞いたかな?
一応俺は聞きます。本田選手とは違うので(笑)
そのへんは日本人なので、ああいうメンタルはまだ持っていないです。


Q、「エースが決めてくれて良かった」と高木選手も言っていました。


A、そうですか。でも、もらって外していたら申し訳ないですし
とりあえず決められて良かったと思います。感謝しています。


Q、ホーム初ゴールですね。


A、そうですね。遅いゴールですけど(笑)
去年はたぶんもうちょっと早く取っていたと思うので
遅かったなと思います。


Q、キック自体はGKにちょっと触られていましたが
コースはいかがでしたか?


A、ちょっと浮いていたのが気になりましたけど
GKに「左利き?」って聞いたら「手は右」と言っていたので
「じゃあいいや」と思ってGKの左に蹴ろうと思って。
とりあえず良かったです。


Q、前半に小澤選手のパスから素晴らしいボレーがありましたが
あそこを振り返っていただけますか?


A、オフサイドだと思いました。
でも、ああいうのをノリで打っちゃう感じが
今確実に決められない原因だと思います。
ああいうのをゆっくり押さえて蹴れていないというのが
何だか違う感じがしますけど。


Q、速攻はPKの場面も含めて前後半でしっかり出ていたと思いますが
そのあたりの手応えはいかがですか?


A、結局シュートまで行けなかったらそれは失敗ですし
シュートまでそんなに行けてないんじゃないのかな。
だから速攻であったとしても、みんなが出て行ったとしても
最後がシュートで終われていないというのは課題だと思います。


Q、長崎戦までは順位の近いチームとの試合が続くと思いますが
そこに向けてキャプテンとしてはいかがですか?


A、もうやることは監督を始め、スタッフがまとめてくれているだろうし
それに対して選手がどうやっていくかということだけを
話していくだけだと思います。
俺はホームでゴールを決めたい気持ちの方が強いし
まだPKで取っただけだし、最低でもチームで一番点を取らないと
自分の中では納得いかないし、去年より多く取らないと納得いかないので
そこを目指してやっていきたいと思います。


Q、先制してから交替するまでの20分間くらいは
かなり最終ラインと木島選手の間も開いていたと思いますが
あのあたりはどういうことを考えながらプレーしていましたか?


A、前半はボランチをケアしながらやっていたんですけど
そんなに変わらないというか、回されるのは回されるし。
で、「前に残ってくれ」という話になったので
それは選手同士で話をして、ガナの所でも拾えないし
ガナに入った時にも攻撃に繋がらないから
「少しでも前に残りたいんだけど」という話をしたら
「全然大丈夫だよ」という話になったので2枚は残りましたけど
それぐらいピッチでやっている選手が大丈夫だと思ってくれているので
そこは心強いなとは思いました。


Q、外に追い出してクロスを上げられてもCB2枚が強いこともあって
ある程度クロスを上げられるのは問題ないかなという感じでしたか?


A、そういう守り方ですし、エブソンと(藤井)航大はしっかりやっていますし
サイドバックも閉めてやっているので。
でも、取った時の課題はやっぱりあります。
「俺たちにはもうちょっと気が利いたパスを出してくれ」と
本当は言いたいですけど、サボっている以上は何とかしなきゃいけないという
俺たちの感情もあるのでそのへんは難しいですよね。


Q、北九州は大島選手が最年長で、讃岐は木島選手が最年長で
2人とも同い年で年齢的に30代半ばという状況ですけど
木島選手はコンディション的にいかがですか?


A、たぶんしんどいと思います。
みんなと疲労度は違うと思いますけど
まあそこは監督やスタッフが気を遣ってやってくれているので
そこは言い訳にはできないと思いますけどね。


以上になります。


土屋

コメントを投稿する

名前
  • ※ HTMLタグは使用できません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香川県立丸亀競技場で行われた
2015 明治安田生命J2リーグ第26節の
カマタマーレ讃岐×ギラヴァンツ北九州は1-0で讃岐が勝ちました。
以下、試合後の記者会見における
北九州・柱谷幸一監督のコメントです。


(北九州・柱谷幸一監督)
最初にアウェイの中、来ていただいたサポーターの皆さんに感謝したいと思います。
残念ながら結果は出なかったですけど
今日のゲームに関しては自分たちの力のなさと未熟さが
出たゲームだったんじゃないかなと思います。
次のゲームに向けて今度は1週間空きますから、
強い大宮ですけれどもホームでやれるので
良い準備をして次に向かっていきたいと思います。


Q、讃岐がゴール前に人数を固める中
深い位置からのクロスやバイタルへのクサビのパスと
色々な工夫があったと思うんですけど
そのあたりはどういう指示をされていましたか?


A、讃岐のやり方はもうわかっていたので
それを自分たちがどう破っていくかというのが
今日のゲームの一番のポイントだったと思うんですけど
引かれた相手に対して自分たちがどうやって攻めるかというのは
理論的にも選手たちには話していますし
トレーニングの中でもやっていたんですけれども
最後の所のCBの2人というのは非常に強かったかなという風に思います。
失点もちょっと自分たちが無理にシュートに行って
カウンター気味に攻撃された形だったので
ああいう所もしっかり抑えないといけないなと思います。


以上になります。


土屋

コメントを投稿する

名前
  • ※ HTMLタグは使用できません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香川県立丸亀競技場で行われた
2015 明治安田生命J2リーグ第26節の
カマタマーレ讃岐×ギラヴァンツ北九州は1-0で讃岐が勝ちました。
以下、試合後の記者会見における
讃岐・北野誠監督のコメントです。


(讃岐・北野誠監督)
ありがとうございました。
3連戦の最後という所で本当に選手もスタッフも疲れている中で
しっかり自分たちのサッカーというか
しっかり守ってカウンターという所で点が取れて
しっかり守れたという所は凄く良かったと思います。
ホームで久しぶりに勝ったので、少しはホッとしています。
ただ、また今度は土曜日に試合があるので
もうすぐに次の準備をしていきたいと思います。以上です。


Q、前節が終わった試合後に「自分の采配ミス」というお話をされましたが
今日も山本選手と木島徹也選手を投入されてという所で
守り一辺倒ではない守備が効いていたと思いますが
そのあたりの評価をお願いします。


A、前節ちょっとラインが低かったので、
今回は山本を入れて「1つラインを上げろ」という所を指示して
彼が出てラインは上がったんですけど、
さっき藤井とエブソンと
「あそこでもうちょっとラインを上げられないか」という話をした所で
「疲れている中でもそれはやってくれ」という話をしたので
あれ以上にもうちょっとラインを上げるのが理想だったんですけど
北九州さんも3人前にいたのでなかなか難しかったんですけど
それでもしっかりラインを保ちながら跳ね返してくれたので
本当に選手たちは良くやったと思います。


Q、試合前に「渋い試合をして勝ちたい」とおっしゃられていましたが
シュート3本で勝ち点3という所で評価はいかがですか?


A、前半はなにか暑さもあって
疲れていたのかもしれないですけど凄く反応が悪くて
ハーフタイムに「来てくれているお客さんに
『やっぱりスゲーな』というプレーを見せて欲しい」という話をして
その中でも後半は守ってからの出て行く距離であったり
スピードという所は良かったので
渋い勝ち方ができたんじゃないですかね。


Q、今月は2勝3分け1敗で勝ち点9ということで
勝ち点を取れなかった試合は1試合だけでしたが
このあたりの総合的な評価はいかがですか?


A、本当に選手たちが自信を持ってやっているというのが1つあって
本当にあれよあれよという間に勝ち点が取れているので。
ただ、本当に1人でもサボると綻びは絶対に出てくるやり方なので
本当に1人1人が集中して今後もやりたいと思います。


Q、後半に入ってすぐの所で仲間選手がCBの間を抜けてチャンスを創った場面と
PKをもぎ取った所もCBの間を高木選手が突けたというプレーでしたけど
あのあたりは何かハーフタイムに指示があったのでしょうか?


A、北九州さんのリスクマネジメントは
CB2枚とボランチ2枚の所で四角形を創ったリスクマネジメントなんですね。
これ、言っちゃっていいのかな?(笑)
だからそこを突くにはどうしなきゃいけないかとか
どこからボールを受けてそこを抜けていくのかとかいう話はしましたけど
彼らのイマジネーションでやってくれたと思います。


Q、1人目の交替は77分と我慢の采配だったと思いますが
あそこまでは押し込まれていても守備のバランスは
取れているという手応えがあったということでしょうか?


A、そうですね。あの時間帯はまだ前向きで奪えて
我那覇と木島で点が取れると思ったんですね。
だから、あそこまで引っ張ったんですけど
「そろそろ木島がダメかな」と思ったら
急に我那覇が「足がイテー」とか言い出して(会場笑)
しょうがないなということであそこで我那覇と変えたんですけど
あそこまでは正直カウンターでもう1発取れるチャンスはあったので
我慢しました。


Q、柱谷監督が「向こうのCB2枚が非常に強かった」とおっしゃっていましたが
あれだけラインが下がった中でも彼らの跳ね返す力というのは
かなりこのチームの強みでしょうか?


A、彼らはもちろん強いと思いますし
後ろのシミケン(清水健太)も良いですけど
サイドの所にボールを持って行かせて
これはウチは1節目からやっているんですけど
そのクロスのコースをある程度限定させているんですね。
だから、本当に全員で守っているという所です。


【会見終了後】
今日は結構言いましたね。
ナイショにして下さい(会場笑)


以上になります。


土屋

コメントを投稿する

名前
  • ※ HTMLタグは使用できません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニッパツ三ツ沢球技場で行われた
2015 明治安田生命J2リーグ第24節の
横浜FC×ロアッソ熊本は0-3で熊本が勝ちました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
熊本・岡本賢明、鈴木翔登、シュミット ダニエル、嶋田慎太郎のコメントです。


(熊本・岡本賢明)
Q、ゴールシーンを振り返っていただけますか?


A、あの場面は齊藤和樹と目が合って
完全に「これは逸らせてくるな」というのがわかったので
相手のディフェンスより先に前に入って
あとはイメージ通りにシュートまで行けたので
何とか決められて良かったと思います。


Q、今シーズンは出遅れてなかなか出場機会のない中で
初先発で結果を残せたというのは自分の中でも大きいですよね?


A、今日の試合は本当に自分にとっては
サッカー人生のターニングポイントぐらいの意気込みで臨んだので
このチャンスを生かすか生かさないかで
今後が変わってくるというようなゲームだったと思いますし
その中で内容はあまりよくなかったですけど
得点という形で結果を出せたのはプラスになるのかなと思います。


Q、チームにとっても今シーズン初の2連勝ですね。


A、そうですね。まだ下位にいますし
降格という可能性もまだある順位なので
本当に気を抜かずに、3連戦でまだ次があるので
良い準備をしたいなと思います。


Q、守備の狙いのハマリ方はいかがでしたか?


A、スカウティング通りに8番の佐藤選手の所は警戒していこうという所で
今日は自分がトップ下だった中で
最初はそこのコースがちょっと切れずに
相手のリズムになってしまった所があったんですけど
途中からはそこのコースがうまく切れて
自分たちのリズムになったかなという感じはあります。


Q、今日は長くプレーされましたが、足の状態はいかがですか?


A、膝は問題なくできるので
あとはこれでリバウンドとかが来ないようにしっかりケアして
次の試合に繋げたいと思っています。


(熊本・鈴木翔登)
Q、完封勝利ということで守備の手応えもあったと思いますが
ゲームを振り返っていただけますか?


A、相手が結構背後を後半は狙ってくるシーンが多かったと思いますけど
そこの対応にちょっと時間が掛かっちゃったかなというのが自分の中であるので
結果はゼロですけどやられていない訳ではないですし
反省するところは反省して、完璧に抑えられる所まで
やっていかないといけないと思います。
もっと苦しいゲームになってくると、終盤まで0-0ということもあって
1本でやられてしまったりということもあると思うので
もっと反省していかないといけないかなと思いました。


Q、小野監督が会見の中で「相手のボランチを抑えたくて布陣を変えた」と
おっしゃっていましたが、ボランチを抑えるという部分はいかがでしたか?


A、あそこを相手が嫌がって蹴ることで、ウチが背後を取られるからと言って
ラインをグッと下げてしまうことはなかったと思いますし
そこのラインの高さというのはキープしながら
ボランチの所をケアできたというのは
監督が言ったように良くできたのかなと。
ピッチの中で話し合いながらできたと思うので
そこは良かったかなと思います。


Q、相手の枠内シュートは黒津選手の1本ぐらいで
ほとんど決定的なチャンスも創らせなかったと思いますが
そのことに関してはいかがですか?


A、ちょっとスライドが遅くて、ファウルになったりしていて
もっと後ろの4枚でどうにかできる場面もあると思うので
そこをもっと徹底してやれないといけないと思います。
結果的に危ないシュートは1本でしたけど、理想はゼロに抑えることなので
そう持っていけるようにやっていきたいです。


Q、4枚の横の並びを崩してでもボールに激しく行くシーンは
鈴木選手も結構ありましたが、あのあたりの判断は任されている感じですか?


A、そこは臨機応変にというか、結構ピッチ内で話しながら
誰かが出て行ったらボランチの人が良い意識を持って
ディフェンスラインに入ってくれたりとかもあるので
そこは結構思い切りやらせてもらえている部分だと思います。


Q、あの位置からロングスローを投げられるのは
陣地回復という意味でもかなりのアドバンテージになりますね。


A、そうですね。あの深い位置で前に弾かれるとキツいので
投げる位置とかも考えないといけないとは思いますけど
もう1回スローインになればラインも上げられると思うので
あそこはちょっと自分の持ち味かなと思います。


Q、今チームとして結果が出ている中でスタメン出場が続いていますが
プロでやっていける手応えは徐々に掴みつつありますか?


A、いや、本当に周りの人に助けられたりとか
監督が思い切って使ってくれているだけだと思いますし
全然自分の実力で出られている訳ではないので
今回も自分の守備範囲でやられていない訳でもないですし
そこは何とか仲間がカバーしてくれての失点ゼロというのもあると思います。
手応えはまだそんなに感じていないので
そこをもっと掴めるようにやっていきたいなと思います。


(熊本・シュミット ダニエル)
Q、完封での勝利となりましたが今日のゲームを振り返っていただけますか?


A、前半は特に大きなピンチもなく、しかも1点取って折り返せて
ウチは結構先制点を取れば僕が入ってきてからは負けていないので
とりあえず先制点を取った後の戦い方を意識しました。
後半に入っても集中が切れないようにしっかり後ろで締めて
そうしたらコンパクトに前から前から行けて
それも含めて色々重なってもう2点追加できたので
結構危なげない試合だったかなと思います。


Q、ほとんど枠内シュートもない中で黒津選手との1対1を防いだ場面は
スコアも2-0という状況で非常に重要なセーブだったと思いますが
振り返っていただけますか?


A、CB2人がサイドに釣り出されて、そこでサイドバックを絞らせ切れずに
中が空いてしまって、そこを相手もうまく使ってきてフリーになったんですけど
黒津選手もそんなに良い状態でのシュートではなかったので
間合いとかタイミングとかを考えて
「たぶん体の近くに来るな」とは思っていました。
でも、凄く集中して落ち着いて対応できたので良かったかなと思います。


Q、4試合負けがなくて、今回は無失点での勝利でしたが
守備での手応えを掴んできている感じはありますか?


A、そうですね。特に最近はジュビロ戦の後半からラインを上げて
コンパクトにして「前に前に」というスタイルでやり始めてからは
今はハマって凄く攻撃的にできていると思います。
でも、その内にだんだんそれを逆手に取って
やってくるチームも出てくると思いますし
そういう時に自分の声で対応させることが大事だと思うので
そこを意識してやっていきたいですね。


(熊本・嶋田慎太郎)
Q、ゲーム自体を振り返っていただけますか?


A、最初から最後まで自分たちのペースで試合を運べたんじゃないかなと思います。


Q、前からのプレスも得点に直結していましたが
その部分での手応えはいかがですか?


A、試合前に監督からも「サイドに追い込んで行け」と言われてたので
狙い通りだったのかなと思います。


Q、前半はちょっとタッチのフィーリングが良くなかったように見えましたが
どう思っていたのかと、後半は良くなっていったように感じましたか?


A、それはちょっと自分も感じていたんですけど
どんどんボールに絡んで自分のリズムを創っていくしかないなと思って
そこはボールを触っていきました。


Q、ゴールシーンはいかがでしたか?


A、上手く追い込んでトラップして
最後は中に切れ込んでシュートが打てましたし
自分の得意な形で入ったので良かったです。


以上になります。


土屋

コメントを投稿する

名前
  • ※ HTMLタグは使用できません。

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのJリーグ中継班がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Select Country...

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2013 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.