1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球
  12. バドミントン
  13. その他

J SPORTS J.LEAGUE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は5月22日に日立柏サッカー場で開催された『熊本地震復興支援マッチ』
J2第14節のロアッソ熊本対水戸ホーリーホックの一戦を
時系列に沿ったドキュメント的な雰囲気で振り返りたいと思います。
なお、写真は2枚しかないのでご了承ください(笑)


12:30
柏駅に到着。
コンコースではレイソル、フロンターレ、ロアッソ、ホーリーホックなどの
ユニフォームを着た方々が今日の日立台でのゲームを告知しています。
クラブの枠を超えた支援の広がりを到着早々に感じることができました。


12:35
柏駅から続く階段を下りるとあるボードを持ったレイソルサポーターが。
日立台へ向かう道の途中には
約100メートル間隔で4人のレイソルサポーターが
このボードを掲げていました。
DSC_0621.jpg


「今日はサポーターの有志でやっています」とのこと。
少なくない方が日立台への道のりを確認していました。
炎天下の中、頭が下がります。


12:42
キックオフまで2時間以上あるにもかかわらず
レイソルロードには多くのフットボールファンが。
ロアッソとホーリーホックのユニフォームを着ている方々に混じり
自らがサポートしているクラブのグッズを
身に付けている方々の姿も目立ちます。


12:50
日立台公園特設ブース。
DSC_0622kashiwa.jpg


『GIANT KILLING』の作者、ツジトモ先生の
募金活動&サインブースには信じられないレベルの長蛇の列が。
編集者の方にお聞きした所では
11時からのスタート予定を1時間早めたとのことで
この時点でツジトモ先生は3時間サインを書きっぱなし。
東日本大震災時にも被災した方々を励ますイラストを
地震発生直後から書き続けていたツジトモ先生の人柄がよくわかります。


12:55
報道受付には顔なじみのレイソルスタッフが。
今日のゲームはレイソルのクラブスタッフも総出でお手伝い。


13:00
開場。
赤いユニフォームを身に付けたロアッソサポーターが
KASHIWA CIVIC PRIDE GATEを弾けるように潜り抜けます。
チケットのもぎりをしているのは
"RKU"のロゴが入ったポロシャツを着ている青年たち。
この日は約80人の流通経済大サッカー部の皆さんが
ボランティアで駆け付けていました。
チケットのもぎり以外にも募金活動、
場内整理、ごみの仕分けと流経サッカー部員は大奮闘。
流経出身の鈴木翔登は試合後、
「自分たちの試合ではないですし、正直大変なこともあったと思うんですけど
こうやって精力的にやってくれるというのは非常に嬉しいことですし、
僕としてもその大学出身者として
Jリーグでプレーしているというのは誇りに思うので
後輩たちには『本当にありがとう』ということを伝えたいと思います」と
後輩たちへの感謝を口にしていました。


13:05 
アウェイゴール裏のど真ん中にダンマクが。
『ロアッソ熊本に再び逢えたことを俺達は嬉しく思う!
これからも支援し続けるぞ!がまだせくまもと』
"ロアッソ熊本"の文字は赤。"俺達"の文字は青。
個人的にホーリーホックサポーターは
いつも"キモ"を外さないイメージがあります。


13:32
ロアッソのホームゲームでスタジアムDJを務める
DJ KOVAと犬童麻美さんが登場。
あまりの暑さに「熱中症」という言葉を忘れる一幕もありながら
元選手とは思えない饒舌なDJ KOVAのトークが
日立台のスタンドを盛り上げます。
しかし風貌はもはや完全にレスラーのそれ。声量もバツグン。


13:40
時は2016年。
九州から遠く離れたこの地に時空を超えて
黒田官兵衛、小西行長、加藤清正が降臨。
彼らが結成した部隊はその名も『熊本城おもてなし武将隊』。
http://kumamoto-bushoutai.com/index.html
「よう参られた。大儀である」と来場者を労いつつ
緑の芝生のピッチの上で派手めに斬り合う着物姿の3人。
あれはなかなか見られる光景ではありません(笑)


13:45
加藤清正の呼び込みで
ピッチヘ登場したのは1人のお姉さんと
熊本城に目と足と手の付いた大きめの着ぐるみマスコット。
その生命体の名前はひごまる(熊本市イメージキャラクター)ということで
比較的唐突に始まったのは『ひごまる音頭』。
しかし、そのパフォーマンスは圧巻の一言。
大きめの着ぐるみマスコットとは思えない程の機敏な動きで
ピッチをクルクル飛び回ります。
約50センチぐらいの跳躍を見せるなど、驚異的な身体能力を見せ付けてくれました。


13:52
軽快なミュージックと共にスタートしたのはロアッソくんサンバ。
2016年ロアッソくんお姉さんの山ノ内麻由香さん、ロアッソくん、くまモン、
ひごまる、ありさお姉さん、レイくん、DJ KOVA、犬童さん、
黒田官兵衛、小西行長、加藤清正。
性別も生態も時代も異なる総勢11人が柏の地で繰り広げる陽気なサンバ。
元アスリートのDJ KOVAはやはり動きに切れ味がありましたねえ(笑)


13:58
小走りで登場したのは赤い03番(たぶん"オザ"ってことですよね・笑)の
ユニフォームを着込んだ、"セカオザ"ことスピードワゴンの小沢一敬さん!
4年前にTV番組でクラブスタッフの仕事を体験した縁もあって
日立台へ駆け付けたということでした。
実は小沢さんがこの日行っていた募金活動には
小島よしおさんとフルーツポンチの村上健志さんもお手伝いで参加。
ここにも先輩後輩を巡る確かな"絆"が存在していました。


14:06
「"観戦"ではありません。"参戦"して下さい。一緒に戦いましょう!」
DJ KOVAの名言が飛び出します!


14:16
佐藤昭大と金井大樹がアップのためにピッチヘ。
金井は千葉戦の試合後、場内一周している時に
感情を抑えきれずに涙を流す姿が印象的でした。


14:19
ロアッソのコールリーダーがメインスタンドとバックスタンドの
サポーターに応援の呼び掛け。
両スタンドから大きな拍手が巻き起こります。
その後はホーリーホックサポーターにもしっかりご挨拶。
すると、そのホーリーホックサポーターから
大音量で「ロアッソ熊本」コールが。
それに対してロアッソサポーターも「サンキュー水戸」でアンサーコール。
なんか最高でしたよ。


14:22
ロアッソのフィールドプレーヤーたちがピッチへ登場。
バックスタンド、ゴール裏の順番に挨拶をする流れの中
ゴール裏に現れたのはロアッソのレプリカを着用した水前寺清子さん!
"チータ"も選手と肩を組んで聞き入るサポーターの『HIKARI』。
まさにシャッターチャンス。熊本180万馬力の象徴!


14:25
DJ KOVAの選手紹介。
声量、体格、共にレスラー以外の何者でもありません!


14:40
気付けばバックスタンドも8割方は埋まってきています。
いつもこのスタジアムでレイソルを取材されている鈴木潤さんも
「何か不思議な感じだなあ」と首をかしげながらニコリ。
赤く染まった日立台。キックオフまであと20分。


14:46
絆宣言。
再び水前寺清子さんがピッチへ登場すると
「無口なものですから、一曲歌を歌わせて頂きます」。
当然曲は『三百六十五歩のマーチ』。
この日のためにあったかのような名曲の熱唱に
スタジアム中から巻き起こる万雷の手拍子!
ロアッソサポーターもホーリーホックサポーターも
それ以外の方もみんながみんな『チータ』コール。
「この年になってこんな格好をするとは思っても見ませんでした(笑)」
と一笑いも取って颯爽とピッチを後にしました。
この日の実況を務められたRKKの山﨑雄樹アナウンサーによれば
熊本を復興支援で訪れた際にも水前寺さんは
「今は歌うような状況ではない」と自らの歌声を封印。
震災後、熊本を支援するような公の場で歌うのは初めてだったそうです。
この時にスタジアムを包んだ一体感は
何とも言えない素晴らしいものでした。


14:51
復興支援金の贈呈。
サンクスマッチスポンサーのリーフラス株式会社
伊藤清隆代表取締役最高情報責任者より
池谷友良社長に募金が贈呈されます。
そのまま池谷社長からご挨拶が。
来場者の皆さんを筆頭に
レイソル、レイソルのクラブスタッフ、ロアッソのファン・サポーター、
Jリーグ、Jリーグクラブ、全国のサッカーファミリーへと
感謝の言葉が尽きません。


14:58
『HIKARI』の大合唱と共にタオルマフラーが掲げられる中
両チームの選手が入場します。
ロアッソのゴール裏にはビッグフラッグ。
ホーリーホックサポーターもいつも通りのチャントで
アウェイゲームに挑む選手を勇気付けます。
小沢さんの始球式も置きに行くインサイドキックでしっかり成功(笑)
いよいよゲームがスタートします。


15:03
黙祷。
再びホーリーホックサポーターから巻き起こる「ロアッソ熊本」コール。
それに「サンキュー水戸」で応えるロアッソサポーター。


15:04
水戸ボールで前半キックオフ。


15:09
熊本のファーストチャンス。
上原拓郎のフィードを片山奨典が左から折り返し、巻誠一郎がシュート。
惜しくもオフサイドとなりましたが
役者のフィニッシュシーンにスタンドから歓声が上がります。


15:17
サイドで藏川洋平がボールを持つと
メインスタンド側から一際大きな声援が。
レイソルで6シーズンプレーした藏川にとっても
この一戦は日立台への凱旋ゲーム。
「赤く染まったのは初めてなので不思議な感じはしましたが
試合中にも声を掛けてもらってありがたかった」
とホームゲームを振り返りました。


15:50
前半終了。
0-0。ほぼ互角の展開でハーフタイムを迎えます。


16:03
再び選手たちがピッチヘ。
「ダレダレダレダレダレダレダレ ロッソ
ダレダレダレダレダレダレダレ オ~」
おなじみのチャントで選手を鼓舞するロアッソサポーター。


16:06
熊本ボールで後半キックオフ。


16:25
嶋田慎太郎が1つタメて右へ出すと、岡本賢明はグラウンダーで中へ。
飛び込んだ巻はシュートまで持ち込めなかったものの
全員が熊本出身の3トップでチャンスを創り出します。


16:31
入場者数の発表。
その数、なんと8201人!
うまかな・よかなスタジアムで開催された
今シーズンの開幕戦とほぼ同じ数字に
スタンドから大きな拍手が起こります。


16:36
接触で巻がうずくまったまま動けず。
この日も精力的にピッチを走り続けた36番に
大きな激励の声と拍手が送られます。
それに突き動かされたのか、巻は立ち上がりプレー続行。
残された時間は25分あまり。


16:42
左サイドでこぼれを拾った船谷圭祐が低いボールでクロス。
ニアへ飛び込んだ三島康平がDFともつれながら
右足で合わせたボールはゴールネットへ転がり込みます。
ここ3試合白星のないホーリーホックにとっても
この一戦は勝利だけを欲する大事な90分間。
沸騰する青のアウェイゴール裏。
一方、失点にも音量を落とすことなく
赤のホームゴール裏が続けるチャント。
動いたスコア。破れた均衡。残り10分。最後の勝負へ。


16:46
ロアッソベンチが最後のカードとして切ったのはアンデルソン。
彼はロアッソが活動停止を余儀なくされていた時期に
レイソルの練習に参加していたこともあって
応援に訪れていたレイソルに所属するブラジル国籍の選手も
この登場には大喜び。
果たして"アンジー"はチームを救うことができるのか。


16:55
試合終了。
0-1。勝ったのはホーリーホック。
それでもロアッソサポーターのチャントにスタンドの手拍子は止まず。
彼らもタイムアップの笛が鳴ってから2分近く歌い続けます。
チャントが終わると、スタンドの手拍子は大きな拍手へ。
この日3度目となる「ロアッソ熊本」「サンキュー水戸」のエール交換。
メイン、バックはそのどちらのコールにも手拍子を送っていました。


16:58
『皆様のご支援ありがとうございます』
『がんばろう!九州・熊本 熊本と共に 180万馬力』
横断幕を持って両チームの選手で場内一周。
前述の山﨑アナウンサー曰く、熊本の黒木晃平は
鳥栖時代にチームメイトだった船谷を相当リスペクトしているとのことで
よく見れば横断幕もしっかり隣同士で持っていました(笑)
まずはホーリーホックのゴール裏に両チームの選手が横に並んで挨拶。
この日4度目の「ロアッソ熊本」と「サンキュー水戸」。
その後はロアッソサポーターから「サンキュー柏」コールも。
気付けば試合中にはなかった『がまだせ熊本負けんばい』の横断幕が
ロアッソゴール裏中央に掲げられています。


17:05
ロアッソのゴール裏への挨拶を経て
両チームの全選手、全スタッフがメインスタンド側に挨拶。
その後は両チームの選手がそれぞれのゴール裏へ向かい
改めてもう一度感謝の挨拶を行いました。


17:10
中継のインタビューに応じていた巻が
多くのメッセージの書かれた寄せ書きを持って子供たちと記念撮影。
その彼がスタンドからの声援に応えながらロッカールームと消えていき
特別なホームゲームとアウェイゲームは
終焉の時を迎えることになりました。


最後にスカパー!中継で
この日の解説を務められた水沼貴史さんのお話をご紹介したいと思います。


「水前寺清子さんは凄かった!あそこにいた人はあの空気感を味わえただけでも、幸せな気分になれたと思いますよね。やっぱりエンターテイナーってああいう人のことを言うんですよ。普通だったら真ん中で歌って終わりの所を、場内を回ってサポーターの前まで行って歌っていたじゃないですか。アレが凄いんですよ。


水前寺さんの歌もそうですけど、募金活動とか色々な方がされていて、募金した方は赤いビブスをもらえて、それを着ている人たちがたくさんいて、レイソルのサポーターの人たちが道すがらに交通案内をしているとか、サッカーに関わっている人、それは当事者ではない人たちも熊本のためにとか、レイソルのホームスタジアムで開催されるゲームということに意義を感じて集まってくる人たちが創った空気感だったので、今まで味わったことのない空気感が試合前から試合後までずっと充満していたというのは一番感じたことですね。あんな空気を味わったことはないです。ずっと温かい空気がそこに流れていましたよね。今までにも色々なチャリティーマッチがありましたし、仙台が東日本大震災の後に勝ったゲームもそうですけど、今回はまたそれとは違う感じはしましたね。そこにいたこと自体に特別感がありました。


サッカーのようなスポーツには、純粋に戦えるものの中に色々な想いが入っているんだなというか、色々なものを託せるものなんだとは思いましたね。そこに色々な想いを託している人がいて、元気をもらいたいとか、逆にこちらから選手に元気を与えたいとか、そういう人たちもいらっしゃいますし、それを言葉ではなくて映像で伝える人も中継スタッフの中にいますし、色々な人たちがいて、サッカーの良さやスポーツの素晴らしさを現場で体験できたのは、これから自分にとってどういう風に生かされて行くかわからないですけど、より伝える側の意味というのを再確認させられたなと思います」


がまだせ熊本!


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日立柏サッカー場で行われた
2016 明治安田生命J2リーグ第14節の
ロアッソ熊本×水戸ホーリーホックは0-1で水戸が勝ちました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
熊本・鈴木翔登、片山奨典、上村周平のコメントです。


(熊本・鈴木翔登)
Q:ゲームを振り返ってみていかがですか?


A:失点してしまっているので、今日みたいなゲームは絶対にゼロで抑えないといけないというのはポイントとして持っていたんですけど、ああいう形で失点してしまうというのは、自分も含めてあまり良くなかったなというのはあります。


Q:前節から質の部分や運動量の部分は改善できた部分はあったと思うんですけど、今日のゲームに向けての修正というのはいかがでしたか?


A:コンディションが悪いとかは正直言っていられないですし、結果として見せるということが熊本に一番元気を与えることになると思うので、自分たちが勝つことを一番に考えてやらないといけないですけど、今日はそれが表現できなかったというのは非常に残念です。コンディションが100パーセントではない部分は正直ありますけど、また切り替えてしっかり頑張りたいと思います。


Q:今日は流通経済大の後輩がたくさんボランティアとして集まってくれましたね。


A:中野監督からも連絡をもらって、お手伝いをしてもらうということを試合前から知っていたので、なおさら「後輩たちの前で試合に出たらやってやろう」という想いはあったんですけど、自分の甘さが出た試合だったと思います。本当に「次は次は」と言っていて、次があるほど甘い世界ではないことはわかっていますし、切り替えてやるしかないので頑張ります。


Q:チケットのもぎりや募金活動を流経の後輩たちは本当にきびきびやっていて、「凄くちゃんとしているな」というのを感じましたが、それは流経の伝統ですか?


A:そうですね。監督の教えが素晴らしいと思うので、それに尽きるかなと思います。こうやって大勢で来てくれて、自分たちの試合ではないですし、正直大変なこともあったと思うんですけど、こうやって精力的にやってくれるというのは非常に嬉しいことですし、僕としてもその大学出身者としてJリーグでプレーしているというのは誇りに思うので、後輩たちには「本当にありがとう」ということを伝えたいと思います。


Q:この後、後輩たちと連絡を取ったりする予定はありますか?


A:試合の前に「今日行きます」と連絡してきてくれた後輩が何人かいて、そういう後輩たちには僕から連絡しようと思っているので、しっかり感謝を伝えたいと思います。


(熊本・片山奨典)
Q:コンディションが上がってきている感じもありましたが、プレーしていていかがでしたか?


A:前回は自分の良さはあまり見せることができなくて、復帰戦でしたけどそういう課題が出た試合だったので、自分の特徴を出せるようにと今回は臨みました。全部特徴が出せたかと言われればハテナですけど、攻め上がりとか相手を深く押し込むとか、そういう部分は本当に少しですけどできたかなと。90分継続してそれができれば良いですけど、今は単発なので、もう少し安定してサイドを支配できれば良かったかなと思います。


Q:終盤は左サイドにボールが集まってくることも多かったですね。


A:そうですね。後半の初めは相手もボランチの所にうまくプレッシャーを掛けてきて、なかなかうまくボールを奪えなかったですけど、途中からまた奪え出してきたので、そこは良かったですよね。ただ、後半の最初の方にうまくサイドを使い切れずに支配できなかったので、そういう所では試合の中で上手く課題を修正できたんですけど、90分通じて左サイドをもっと活発にして、相手に脅威を与えたかったなと思いました。


Q:終盤は片山選手のクロスが一番相手の脅威になっていた中で、あの時間帯は運動量的にも一番苦しい時間帯でしたよね。


A:そうですね。やっぱり僕だけではなくて、みんなコンディションはキツい中で、苦しい時に役に立つ選手でありたいと常に思っているので、チームが苦境に立たされている時に自分がもっと強みを出して、チームを助けられればという想いでやっていました。


Q:3バックになった戸惑いはありましたか?


A:植田(龍仁朗)と(嶋田)慎太郎と(上原)拓郎と話し合って、最初はちょっとバタバタしちゃったんですけど、途中から慎太郎のポジションを修正することによって凄く整理されました。それ以降は何度かクロスを上げられる場面はありましたけど、そこまで大きな問題はなかったのかなとは思います。やりにくさみたいなものはなかったです。


Q:前回の千葉戦もかなり独特の雰囲気だったと思いますが、今日の雰囲気は実際にいかがでしたか?


A:ホームとはいえ熊本ではなかったですけど、凄く熊本を応援してくれている、本当にまさにホームのような雰囲気でやらせてもらっていたので、何とか勝ち点1でも拾ってチームにも勢いを持たせたいですし、熊本にも元気を与えたいという想いが凄く強かったんですけど、場所はどこであれ早く勝ち点が欲しいというのはあります。次はまた違う場所でゲームがありますけど、このちょっと良くない流れを早く断ち切りたい思いでいっぱいです。


Q:なかなか両チームの選手がバナーを持って場内を一周するというのはないことだと思いますが、それに関してはいかがでしたか?


A:試合中は敵同士でお互いに勝ち点が懸かっていますし、試合の中で真剣勝負で激しくやりますけど、試合が終了すればお互いに健闘を称え合って、また僕らの支援もして下さっていますし、凄く感動的な場面でした。ただ、今の所は勝って終われていないので、そういうった悔しさは正直ありますけど、そうやって支えて下さっているということに対しては、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


(熊本・上村周平)
Q:今日のパフォーマンスに関してはいかがでしたか?


A:自分自身は凄く良い感じでトレーニングもできていたので、試合の中でも「体が動いているな」というのはあったんですけど、体力的にまだ前半の終盤だったり後半の最後の方は走れなかったというのがあって、要所要所では行けたというのもありましたけど、全体を通したらそこまで動けていないのかなというのはありました。


Q:前半の中盤ぐらいに自分でボールを奪い返してシュートまで持ち込んだシーンがありましたが、あのシーンを振り返っていただけますか?


A:今日は自分がゴール前で持ったら積極的に打とうというのは試合に入る前から決めていたので、あそこでボールを奪えた時にシュートしか考えていなかったですね。


Q:ああいう球際の部分は今日のような独特の雰囲気の中で、いつもより力が入った部分はありましたか?


A:そうですね。自分の良さはそこなので、そこでは負けたくないというのがありましたし、それはいつも思っていることですけど、今日はそこでまずはリズムを創ろうというのがあったので、そこでうまく取り切れてシュートまで行けたという所が、その後も要所要所で行けたという所にも繋がったのかなと思います。


Q:今シーズン初めての3バックだったと思いますけど、ボランチとしての動きはスムーズに行きましたか?


A:練習の中で紅白戦をした時に、中盤のスライドがなかなかうまく行っていなかったので、今日も相手のボランチをフリーにさせて展開されるというシーンがあって、そこをあまり試合の中で改善できなかったのが最後の失点にも繋がったと思うので、そこは凄く反省する所かなと思います。


Q:清川監督が会見の中で「前回の試合よりはだいぶ運動量が戻ってきた」という主旨のことをおっしゃっていましたが、実際にプレーしていてそのあたりはいかがでしたか?


A:中断前で凄く良い時は、ゴール前で全員が体を張ってという所ができていましたし、今日も体を張る部分が全員の中で凄く意識的にできていたと思うので、そこは監督も言うように動けてきた部分ではあったと思うんですけど、試合終盤の所で失点してしまったという所はまた次に繋げなくてはという風に思います。


Q:これで4連敗ということになってしまいましたが、春先の良い頃に比べてチームに足りない部分はどういう所に感じますか?


A:自分も含めてなんですけど、カウンターになった時になかなか枚数を掛けて出られないという所です。そこは体力的な所もあるんですけど、思い切って出られないという所が今の点を取れていない要因でもあると思います。良い時はカウンターになった時に全体で押し上げるスピードが速くて、相手が整える前に行けている部分があったので、そこがまだできていない所かなと思いますし、今日も後ろの選手は凄く体を張って終盤まではゼロで抑えていてくれたので、先に点数を取っていれば違った形になっていたのかなと思いました。


Q:試合勘が戻ってきている感じはありますか?


A:自分個人としては、今日の試合では体も動いたのかなというのはありますけど、体力的に試合を通してなかなか走れない所もあったので、そこを戻して行きつつも自分の体の状態も上げていって、チームとしてもより良い形になって行ければなと思います


Q:次も熊本ではないホームゲームになりますね。


A:ホームスタジアムを提供して下さっているチームの方々の想いという所も背負って、戦わなくてはいけないと思います。


Q:今日は8000人を超える観衆が集まって、スタンドもかなり赤く染まっていたと思いますが、会場の雰囲気はいかがでしたか?


A:凄くホームでやれているという感覚になりましたし、普段は違うチームを応援している方も熊本を応援してくれたというのは凄く力になりましたし、その中で勝ち切れなかったのは凄く残念だったなと思います。


Q:普段はプレーしていないスタジアムということもあって、不思議な感覚もありましたか?


A:「いつもテレビで見ている景色の中で自分がやっているな」という感覚もありましたし、不思議な感じもありましたけど、ピッチに入ればそういう感じはありませんでした。ただ、試合が始まる前や終わった後は自分がテレビを通して見ていたスタジアムだったので、やっぱり不思議な感覚はありました。


Q:試合後に両チームの選手でバナーを持って場内一周するというのもなかなかないことだと思いますが、ああいうのはいかがでしたか?


A:試合の中では敵味方というのはあると思いますけど、試合が終わってサッカーを離れた所では同じサッカーをやっている仲間という所で、凄く"絆"という所を感じた部分はあります。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日立柏サッカー場で行われた
2016 明治安田生命J2リーグ第14節の
ロアッソ熊本×水戸ホーリーホックは0-1で水戸が勝ちました。
以下、試合後の記者会見における
水戸・西ヶ谷隆之監督のコメントです。


(水戸・西ヶ谷隆之監督)
今日は凄く熊本さんにとって大事なゲームで、その中で僕らは今しっかりと熊本さんに対して、ゲームの中で自分たちができることを100パーセント出して、その中でしっかり結果を求めていくという所でゲームを行いました。前半はやっぱり熊本さんの強さというものに圧倒されてしまって、自分たちのやることができませんでしたけど、その中でしっかり後半は自分たちにベクトルを向けて、盛り返すことができて勝利できたことは凄く良かったと思います。でも、これからまたピッチ外の所でもしっかりサッカーファミリーとして、水戸も震災があったという経験もありますし、その中でしっかりサポートできることは今後もやっていきたいと思っています。


Q:今日の試合は独特な雰囲気の中でのゲームだったと思いますが、その中で戦った選手のメンタルはベンチから見ていてどのように映りましたか?


A:前半はやっぱり凄く体も重たかったですし、ボールを受けること、ミスすることを凄く恐れてしまって、逃げ腰なサッカーになってしまったという印象を受けました。ですので、ハーフタイムにはそれは一喝して、「ウチらしくやらないとゲームにならないし、熊本さんに対しても失礼だ」という話をして、その中でもう一度メンタルを取り戻してくれたと感じています。


Q:リードした後に今瀬(淳也)選手を入れて守備を固めた印象もありましたが、あのあたりは結果にこだわる姿勢というか、「失点はしないぞ」という所を徹底できた感じでしょうか?


A:アンデルソン選手が入ってきて、やっぱり一発を持っていましたし、高さという所もどんどん使ってきて、そこはもちろん勝負という所を考えてのメッセージということもありましたし、しっかりできている所はそのまま継続してということは考えていました。もちろん交替の選手が何をすべきかという所は徹底していますし、システムを変えた中でしっかりそこの部分は選手が高い意識を持ってやってくれたのかなと思います。


Q:石神(幸征)選手が今日は先発でしたが、彼への評価をお願いします。


A:その守備力、ボールを中盤で狩るという所に彼の強さがありますし、そこの部分を中盤でパワーで持って行かれないようにという部分で彼を起用しました。その部分での彼の良さというのはもちろん出してくれましたし、あとはやっぱり攻撃の所のサイドチェンジというのはまだまだ改善しないといけないでしょうし、そこは今ケガ人がいて、その中で全員が競争意識の中で良い選手が出られるという所で、これでまた誰を使うのかという悩みができて、それは良かったと思いますし、そういう競争意識の中でチームをしっかり創っていきたいと思います。


Q:ハーフタイムコメントに「自分たちでやるべきことをやること」と書いてありましたが、具体的にどういうことを指示されたのでしょうか?


A:本当に今日はこういうゲームの中で、球際だったり体を張るという部分で相手から逃げてはいけないですし、怯んでもいけないですし、そういう部分で守備だけではなく、攻撃に対してもそういう逃げ腰でボールに触りたくない選手がいたりとか、弱気になったりする選手が多くて、ボールロストする時間も多かったと思います。そういう中で僕自身も見ていて全然楽しくなかったですし、そういう部分を少し一喝して、「しっかりやってくれ」と。「ボールを触りたくないんだったらグラウンドから出た方が良いし、戦えないんだったらピッチに立つ資格はない」という話をして、その中で彼らはもう1つギアを上げて戦ってくれたと思います。


Q:その前のコメントで「戦う姿勢を出すこと」ともありますが、それは選手が遠慮しているように見えたということでしょうか?


A:遠慮というよりも、やっぱりこの雰囲気の中でどういう風に戦うのかというのは、僕自身もそうですけど彼らにとってもこういう立場としては初めてのゲームだったので、きっとそういう部分で感じる部分や、もしくは自分たちでそういう雰囲気を創り出してしまった部分というのは、もしかしたらあるのかもしれないです。そこで彼らを責めることはできませんけど、でも僕らがしっかりやらなければ良い雰囲気にはならないので、サッカーというのは相手があってのゲームですし、熊本さんに対してそういう失礼のないゲームをしたいというのはありました。熊本さんにとって今日は震災後の初めてのホームの試合だったので、とにかく結果もそうでしたけど、良いゲーム、気持ちの入ったゲームというのをしたくて、その部分で戦術や技術の部分も大事でしたけど、気持ちの部分もこういうゲームというのは凄く大事になると思うので、その部分を彼らに伝えてゲームを行いました。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は5月22日に日立柏サッカー場で開催された『熊本地震復興支援マッチ』
J2第14節のロアッソ熊本対水戸ホーリーホックの一戦を
時系列に沿ったドキュメント的な雰囲気で振り返りたいと思います。
なお、写真は2枚しかないのでご了承ください(笑)


12:30
柏駅に到着。
コンコースではレイソル、フロンターレ、ロアッソ、ホーリーホックなどの
ユニフォームを着た方々が今日の日立台でのゲームを告知しています。
クラブの枠を超えた支援の広がりを到着早々に感じることができました。


12:35
柏駅から続く階段を下りるとあるボードを持ったレイソルサポーターが。
日立台へ向かう道の途中には
約100メートル間隔で4人のレイソルサポーターが
このボードを掲げていました。
DSC_0621.jpg


「今日はサポーターの有志でやっています」とのこと。
少なくない方が日立台への道のりを確認していました。
炎天下の中、頭が下がります。


12:42
キックオフまで2時間以上あるにもかかわらず
レイソルロードには多くのフットボールファンが。
ロアッソとホーリーホックのユニフォームを着ている方々に混じり
自らがサポートしているクラブのグッズを
身に付けている方々の姿も目立ちます。


12:50
日立台公園特設ブース。
DSC_0622kashiwa.jpg


『GIANT KILLING』の作者、ツジトモ先生の
募金活動&サインブースには信じられないレベルの長蛇の列が。
編集者の方にお聞きした所では
11時からのスタート予定を1時間早めたとのことで
この時点でツジトモ先生は3時間サインを書きっぱなし。
東日本大震災時にも被災した方々を励ますイラストを
地震発生直後から書き続けていたツジトモ先生の人柄がよくわかります。


12:55
報道受付には顔なじみのレイソルスタッフが。
今日のゲームはレイソルのクラブスタッフも総出でお手伝い。


13:00
開場。
赤いユニフォームを身に付けたロアッソサポーターが
KASHIWA CIVIC PRIDE GATEを弾けるように潜り抜けます。
チケットのもぎりをしているのは
"RKU"のロゴが入ったポロシャツを着ている青年たち。
この日は約80人の流通経済大サッカー部の皆さんが
ボランティアで駆け付けていました。
チケットのもぎり以外にも募金活動、
場内整理、ごみの仕分けと流経サッカー部員は大奮闘。
流経出身の鈴木翔登は試合後、
「自分たちの試合ではないですし、正直大変なこともあったと思うんですけど
こうやって精力的にやってくれるというのは非常に嬉しいことですし、
僕としてもその大学出身者として
Jリーグでプレーしているというのは誇りに思うので
後輩たちには『本当にありがとう』ということを伝えたいと思います」と
後輩たちへの感謝を口にしていました。


13:05 
アウェイゴール裏のど真ん中にダンマクが。
『ロアッソ熊本に再び逢えたことを俺達は嬉しく思う!
これからも支援し続けるぞ!がまだせくまもと』
ロアッソ熊本の文字は赤。俺達の文字は青。
個人的にホーリーホックサポーターは
いつも"キモ"を外さないイメージがあります。


13:32
ロアッソのホームゲームでスタジアムDJを務める
DJ KOVAと犬童麻美さんが登場。
あまりの暑さに「熱中症」という言葉を忘れる一幕もありながら
元選手とは思えない饒舌なDJ KOVAのトークが
日立台のスタンドを盛り上げます。
しかし風貌はもはや完全にレスラーのそれ。声量もバツグン。


13:40
時は2016年。
九州から遠く離れたこの地に時空を超えて
黒田官兵衛、小西行長、加藤清正が降臨。
彼らが結成した部隊はその名も『熊本城おもてなし武将隊』。
http://kumamoto-bushoutai.com/index.html
「よう参られた。大儀である」と来場者を労いつつ
緑の芝生のピッチの上で派手めに斬り合う着物姿の3人。
あれはなかなか見られる光景ではありません(笑)


13:45
加藤清正の呼び込みで
ピッチヘ登場したのは1人のお姉さんと
熊本城に目と足と手の付いた大きめの着ぐるみマスコット。
その生命体の名前はひごまる(熊本市イメージキャラクター)ということで
比較的唐突に始まったのは『ひごまる音頭』。
しかし、そのパフォーマンスは圧巻の一言。
大きめの着ぐるみマスコットとは思えない程の機敏な動きで
ピッチをクルクル飛び回ります。
約50センチぐらいの跳躍を見せるなど、驚異的な身体能力を見せ付けてくれました。


13:52
軽快なミュージックと共にスタートしたのはロアッソくんサンバ。
2016年ロアッソくんお姉さんの山ノ内麻由香さん、ロアッソくん、くまもん、
ひごまる、ありさお姉さん、レイくん、DJ KOVA、犬童さん、
黒田官兵衛、小西行長、加藤清正。
性別も生態も時代も異なる総勢11人が柏の地で繰り広げる陽気なサンバ。
元アスリートのDJ KOVAはやはり動きに切れ味がありましたねえ(笑)


13:58
小走りで登場したのは赤い03番(たぶん"オザ"ってことですよね・笑)の
ユニフォームを着込んだ、"セカオザ"ことスピードワゴンの小沢一敬さん!
4年前にTV番組でクラブスタッフの仕事を体験した縁もあって
日立台へ駆け付けたということでした。
実は小沢さんがこの日行っていた募金活動には
小島よしおさんとフルーツポンチの村上健志さんもお手伝いで参加。
ここにも先輩後輩を巡る確かな"絆"が存在していました。


14:06
「"観戦"ではありません。"参戦"して下さい。一緒に戦いましょう!」
DJ KOVAの名言が飛び出します!


14:16
佐藤昭大と金井大樹がアップのためにピッチヘ。
金井は千葉戦の試合後、場内一周している時に
感情を抑えきれずに涙を流す姿が印象的でした。


14:19
ロアッソのコールリーダーがメインスタンドとバックスタンドの
サポーターに応援の呼び掛け。
両スタンドから大きな拍手が巻き起こります。
その後はホーリーホックサポーターにもしっかりご挨拶。
すると、そのホーリーホックサポーターから
大音量で「ロアッソ熊本」コールが。
それに対してロアッソサポーターも「サンキュー水戸」でアンサーコール。
なんか最高でしたよ。


14:22
ロアッソのフィールドプレーヤーたちがピッチへ登場。
バックスタンド、ゴール裏の順番に挨拶をする流れの中
ゴール裏に現れたのはロアッソのレプリカを着用した水前寺清子さん!
"チータ"も選手と肩を組んで聞き入るサポーターの『HIKARI』。
まさにシャッターチャンス。熊本180万馬力の象徴!


14:25
DJ KOVAの選手紹介。
声量、体格、共にレスラー以外の何者でもありません!


14:40
気付けばバックスタンドも8割方は埋まってきています。
いつもこのスタジアムでレイソルを取材されている鈴木潤さんも
「何か不思議な感じだなあ」と首をかしげながらニコリ。
赤く染まった日立台。キックオフまであと20分。


14:46
絆宣言。
再び水前寺清子さんがピッチへ登場すると
「無口なものですから、一曲歌を歌わせて頂きます」。
当然曲は『365歩のマーチ』。
この日のためにあったかのような名曲の熱唱に
スタジアム中から巻き起こる万雷の手拍子!
ロアッソサポーターもホーリーホックサポーターも
それ以外の方もみんながみんな『チータ』コール。
「この年になってこんな格好をするとは思っても見ませんでした(笑)」
と一笑いも取って颯爽とピッチを後にしました。
この日の実況を務められたRKKの山﨑雄樹アナウンサーによれば
熊本を復興支援で訪れた際にも水前寺さんは
「今は歌うような状況ではない」と自らの歌声を封印。
震災後、熊本を支援するような公の場で歌うのは初めてだったそうです。
この時にスタジアムを包んだ一体感は
何とも言えない素晴らしいものでした。


14:51
復興支援金の贈呈。
サンクスマッチスポンサーのリーフラス株式会社
伊藤清隆代表取締役最高情報責任者より
池谷友良社長に募金が贈呈されます。
そのまま池谷社長からご挨拶が。
来場者の皆さんを筆頭に
レイソル、レイソルのクラブスタッフ、ロアッソのファン・サポーター、
Jリーグ、Jリーグクラブ、全国のサッカーファミリーへと
感謝の言葉が尽きません。


14:58
『HIKARI』の大合唱と共にタオルマフラーが掲げられる中
両チームの選手が入場します。
ロアッソのゴール裏にはビッグフラッグ。
ホーリーホックサポーターもいつも通りのチャントで
アウェイゲームに挑む選手を勇気付けます。
小沢さんの始球式も置きに行くインサイドキックでしっかり成功(笑)
いよいよゲームがスタートします。


15:03
黙祷。
再びホーリーホックサポーターから巻き起こる「ロアッソ熊本」コール。
それに「サンキュー水戸」で応えるロアッソサポーター。


15:04
水戸ボールで前半キックオフ。


15:09
熊本のファーストチャンス。
上原拓郎のフィードを片山奨典が左から折り返し、巻誠一郎がシュート。
惜しくもオフサイドとなりましたが
役者のフィニッシュシーンにスタンドから歓声が上がります。


15:17
サイドで藏川洋平がボールを持つと
メインスタンド側から一際大きな声援が。
レイソルで6シーズンプレーした藏川にとっても
この一戦は日立台への凱旋ゲーム。
「赤く染まったのは初めてなので不思議な感じはしましたが
試合中にも声を掛けてもらってありがたかった」
とホームゲームを振り返りました。


15:50
前半終了。
0-0。ほぼ互角の展開でハーフタイムを迎えます。


16:03
再び選手たちがピッチヘ。
「ダレダレダレダレダレダレダレ ロッソ
ダレダレダレダレダレダレダレ オ~」
おなじみのチャントで選手を鼓舞するロアッソサポーター。


16:06
熊本ボールで後半キックオフ。


16:25
嶋田慎太郎が1つタメて右へ出すと、岡本賢明はグラウンダーで中へ。
飛び込んだ巻はシュートまで持ち込めなかったものの
全員が熊本出身の3トップでチャンスを創り出します。


16:31
入場者数の発表。
その数、なんと8201人!
うまかな・よかなスタジアムで開催された
今シーズンの開幕戦とほぼ同じ数字に
スタンドから大きな拍手が起こります。


16:36
接触で巻がうずくまったまま動けず。
この日も精力的にピッチを走り続けた36番に
大きな激励の声と拍手が送られます。
それに突き動かされたのか、巻は立ち上がりプレー続行。
残された時間は25分あまり。


16:42
左サイドでこぼれを拾った船谷圭祐が低いボールでクロス。
ニアへ飛び込んだ三島康平がDFともつれながら
右足で合わせたボールはゴールネットへ転がり込みます。
ここ3試合白星のないホーリーホックにとっても
この一戦は勝利だけを欲する大事な90分間。
沸騰する青のアウェイゴール裏。
一方、失点にも音量を落とすことなく
赤のホームゴール裏が続けるチャント。
動いたスコア。破れた均衡。残り10分。最後の勝負へ。


16:46
ロアッソベンチが最後のカードとして切ったのはアンデルソン。
彼はロアッソが活動停止を余儀なくされていた時期に
レイソルの練習に参加していたこともあって
応援に訪れていたレイソルに所属するブラジル国籍の選手も
この登場には大喜び。
果たして"アンジー"はチームを救うことができるのか。


16:55
試合終了。
0-1。勝ったのはホーリーホック。
それでもロアッソサポーターのチャントにスタンドの手拍子は止まず。
彼らもタイムアップの笛が鳴ってから2分近く歌い続けます。
チャントが終わると、スタンドの手拍子は大きな拍手へ。
この日3度目となる「ロアッソ熊本」「サンキュー水戸」のエール交換。
メイン、バックはそのどちらのコールにも手拍子を送っていました。


16:58
『皆様のご支援ありがとうございます』
『がんばろう!九州・熊本 熊本と共に 180万馬力』
横断幕を持って両チームの選手で場内一周。
前述の山﨑アナウンサー曰く、熊本の黒木晃平は
鳥栖時代にチームメイトだった船谷を相当リスペクトしているとのことで
よく見れば横断幕もしっかり隣同士で持っていました(笑)
まずはホーリーホックのゴール裏に両チームの選手が横に並んで挨拶。
この日4度目の「ロアッソ熊本」と「サンキュー水戸」。
その後はロアッソサポーターから「サンキュー柏」コールも。
気付けば試合中にはなかった『がまだせ熊本負けんばい』の横断幕が
ロアッソゴール裏中央に掲げられています。


17:05
ロアッソのゴール裏への挨拶を経て
両チームの全選手、全スタッフがメインスタンド側に挨拶。
その後は両チームの選手がそれぞれのゴール裏へ向かい
改めてもう一度感謝の挨拶を行いました。


17:10
中継のインタビューに応じていた巻が
多くのメッセージの書かれた寄せ書きを持って子供たちと記念撮影。
その彼がスタンドからの声援に応えながらロッカールームと消えていき
特別なホームゲームとアウェイゲームは
終焉の時を迎えることになりました。


最後にスカパー!中継で
この日の解説を務められた水沼貴史さんのお話をご紹介したいと思います。


「水前寺清子さんは凄かった!あそこにいた人はあの空気感を味わえただけでも、幸せな気分になれたと思いますよね。やっぱりエンターテイナーってああいう人のことを言うんですよ。普通だったら真ん中で歌って終わりの所を、場内を回ってサポーターの前まで行って歌っていたじゃないですか。アレが凄いんですよ。


水前寺さんの歌もそうですけど、募金活動とか色々な方がされていて、募金した方は赤いビブスをもらえて、それを着ている人たちがたくさんいて、レイソルのサポーターの人たちが道すがらに交通案内をしているとか、サッカーに関わっている人、それは当事者ではない人たちも熊本のためにとか、レイソルのホームスタジアムで開催されるゲームということに意義を感じて集まってくる人たちが創った空気感だったので、今まで味わったことのない空気感が試合前から試合後までずっと充満していたというのは一番感じたことですね。あんな空気を味わったことはないです。ずっと温かい空気がそこに流れていましたよね。今までにも色々なチャリティーマッチがありましたし、仙台が東日本大震災の後に勝ったゲームもそうですけど、今回はまたそれとは違う感じはしましたね。そこにいたこと自体に特別感がありました。


サッカーのようなスポーツには、純粋に戦えるものの中に色々な想いが入っているんだなというか、色々なものを託せるものなんだとは思いましたね。そこに色々な想いを託している人がいて、元気をもらいたいとか、逆にこちらから選手に元気を与えたいとか、そういう人たちもいらっしゃいますし、それを言葉ではなくて映像で伝える人も中継スタッフの中にいますし、色々な人たちがいて、サッカーの良さやスポーツの素晴らしさを現場で体験できたのは、これから自分にとってどういう風に生かされて行くかわからないですけど、より伝える側の意味というのを再確認させられたなというのはあります」


がまだせ熊本!


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は5月22日に日立柏サッカー場で開催された『熊本地震復興支援マッチ』
J2第14節のロアッソ熊本対水戸ホーリーホックの一戦を
時系列に沿ったドキュメント的な雰囲気で振り返りたいと思います。
なお、写真は2枚しかないのでご了承ください(笑)


12:30
柏駅に到着。
コンコースではレイソル、フロンターレ、ロアッソ、ホーリーホックなどの
ユニフォームを着た方々が今日の日立台でのゲームを告知しています。
クラブの枠を超えた支援の広がりを到着早々に感じることができました。


12:35
柏駅から続く階段を下りるとあるボードを持ったレイソルサポーターが。
日立台へ向かう道の途中には
約100メートル間隔で4人のレイソルサポーターが
このボードを掲げていました。
DSC_0621.jpg


「今日はサポーターの有志でやっています」とのこと。
少なくない方が日立台への道のりを確認していました。
炎天下の中、頭が下がります。


12:42
キックオフまで2時間以上あるにもかかわらず
レイソルロードには多くのフットボールファンが。
ロアッソとホーリーホックのユニフォームを着ている方々に混じり
自らがサポートしているクラブのグッズを
身に付けている方々の姿も目立ちます。


12:50
日立台公園特設ブース。
DSC_0622kashiwa.jpg


『GIANT KILLING』の作者、ツジトモ先生の
募金活動&サインブースには信じられないレベルの長蛇の列が。
編集者の方にお聞きした所では
11時からのスタート予定を1時間早めたとのことで
この時点でツジトモ先生は3時間サインを書きっぱなし。
東日本大震災時にも被災した方々を励ますイラストを
地震発生直後から書き続けていたツジトモ先生の人柄がよくわかります。


12:55
報道受付には顔なじみのレイソルスタッフが。
今日のゲームはレイソルのクラブスタッフも総出でお手伝い。


13:00
開場。
赤いユニフォームを身に付けたロアッソサポーターが
KASHIWA CIVIC PRIDE GATEを弾けるように潜り抜けます。
チケットのもぎりをしているのは
"RKU"のロゴが入ったポロシャツを着ている青年たち。
この日は約80人の流通経済大サッカー部の皆さんが
ボランティアで駆け付けていました。
チケットのもぎり以外にも募金活動、
場内整理、ごみの仕分けと流経サッカー部員は大奮闘。
流経出身の鈴木翔登は試合後、
「自分たちの試合ではないですし、正直大変なこともあったと思うんですけど
こうやって精力的にやってくれるというのは非常に嬉しいことですし、
僕としてもその大学出身者として
Jリーグでプレーしているというのは誇りに思うので
後輩たちには『本当にありがとう』ということを伝えたいと思います」と
後輩たちへの感謝を口にしていました。


13:05 
アウェイゴール裏のど真ん中にダンマクが。
『ロアッソ熊本に再び逢えたことを俺達は嬉しく思う!
これからも支援し続けるぞ!がまだせくまもと』
ロアッソ熊本の文字は赤。俺達の文字は青。
個人的にホーリーホックサポーターは
いつも"キモ"を外さないイメージがあります。


13:32
ロアッソのホームゲームでスタジアムDJを務める
DJ KOVAと犬童麻美さんが登場。
あまりの暑さに「熱中症」という言葉を忘れる一幕もありながら
元選手とは思えない饒舌なDJ KOVAのトークが
日立台のスタンドを盛り上げます。
しかし風貌はもはや完全にレスラーのそれ。声量もバツグン。


13:40
時は2016年。
九州から遠く離れたこの地に時空を超えて
黒田官兵衛、小西行長、加藤清正が降臨。
彼らが結成した部隊はその名も『熊本城おもてなし武将隊』。
http://kumamoto-bushoutai.com/index.html
「よう参られた。大儀である」と来場者を労いつつ
緑の芝生のピッチの上で派手めに斬り合う着物姿の3人。
あれはなかなか見られる光景ではありません(笑)


13:45
加藤清正の呼び込みで
ピッチヘ登場したのは1人のお姉さんと
熊本城に目と足と手の付いた大きめの着ぐるみマスコット。
その生命体の名前はひごまる(熊本市イメージキャラクター)ということで
比較的唐突に始まったのは『ひごまる音頭』。
しかし、そのパフォーマンスは圧巻の一言。
大きめの着ぐるみマスコットとは思えない程の機敏な動きで
ピッチをクルクル飛び回ります。
約50センチぐらいの跳躍を見せるなど、驚異的な身体能力を見せ付けてくれました。


13:52
軽快なミュージックと共にスタートしたのはロアッソくんサンバ。
2016年ロアッソくんお姉さんの山ノ内麻由香さん、ロアッソくん、くまもん、
ひごまる、ありさお姉さん、レイくん、DJ KOVA、犬童さん、
黒田官兵衛、小西行長、加藤清正。
性別も生態も時代も異なる総勢11人が柏の地で繰り広げる陽気なサンバ。
元アスリートのDJ KOVAはやはり動きに切れ味がありましたねえ(笑)


13:58
小走りで登場したのは赤い03番(たぶん"オザ"ってことですよね・笑)の
ユニフォームを着込んだ、"セカオザ"ことスピードワゴンの小沢一敬さん!
4年前にTV番組でクラブスタッフの仕事を体験した縁もあって
日立台へ駆け付けたということでした。
実は小沢さんがこの日行っていた募金活動には
小島よしおさんとフルーツポンチの村上健志さんもお手伝いで参加。
ここにも先輩後輩を巡る確かな"絆"が存在していました。


14:06
「"観戦"ではありません。"参戦"して下さい。一緒に戦いましょう!」
DJ KOVAの名言が飛び出します!


14:16
佐藤昭大と金井大樹がアップのためにピッチヘ。
金井は千葉戦の試合後、場内一周している時に
感情を抑えきれずに涙を流す姿が印象的でした。


14:19
ロアッソのコールリーダーがメインスタンドとバックスタンドの
サポーターに応援の呼び掛け。
両スタンドから大きな拍手が巻き起こります。
その後はホーリーホックサポーターにもしっかりご挨拶。
すると、そのホーリーホックサポーターから
大音量で「ロアッソ熊本」コールが。
それに対してロアッソサポーターも「サンキュー水戸」でアンサーコール。
なんか最高でしたよ。


14:22
ロアッソのフィールドプレーヤーたちがピッチへ登場。
バックスタンド、ゴール裏の順番に挨拶をする流れの中
ゴール裏に現れたのはロアッソのレプリカを着用した水前寺清子さん!
"チータ"も選手と肩を組んで聞き入るサポーターの『HIKARI』。
まさにシャッターチャンス。熊本180万馬力の象徴!


14:25
DJ KOVAの選手紹介。
声量、体格、共にレスラー以外の何者でもありません!


14:40
気付けばバックスタンドも8割方は埋まってきています。
いつもこのスタジアムでレイソルを取材されている鈴木潤さんも
「何か不思議な感じだなあ」と首をかしげながらニコリ。
赤く染まった日立台。キックオフまであと20分。


14:46
絆宣言。
再び水前寺清子さんがピッチへ登場すると
「無口なものですから、一曲歌を歌わせて頂きます」。
当然曲は『365歩のマーチ』。
この日のためにあったかのような名曲の熱唱に
スタジアム中から巻き起こる万雷の手拍子!
ロアッソサポーターもホーリーホックサポーターも
それ以外の方もみんながみんな『チータ』コール。
「この年になってこんな格好をするとは思っても見ませんでした(笑)」
と一笑いも取って颯爽とピッチを後にしました。
この日の実況を務められたRKKの山﨑雄樹アナウンサーによれば
熊本を復興支援で訪れた際にも水前寺さんは
「今は歌うような状況ではない」と自らの歌声を封印。
震災後、熊本を支援するような公の場で歌うのは初めてだったそうです。
この時にスタジアムを包んだ一体感は
何とも言えない素晴らしいものでした。


14:51
復興支援金の贈呈。
サンクスマッチスポンサーのリーフラス株式会社
伊藤清隆代表取締役最高情報責任者より
池谷友良社長に募金が贈呈されます。
そのまま池谷社長からご挨拶が。
来場者の皆さんを筆頭に
レイソル、レイソルのクラブスタッフ、ロアッソのファン・サポーター、
Jリーグ、Jリーグクラブ、全国のサッカーファミリーへと
感謝の言葉が尽きません。


14:58
『HIKARI』の大合唱と共にタオルマフラーが掲げられる中
両チームの選手が入場します。
ロアッソのゴール裏にはビッグフラッグ。
ホーリーホックサポーターもいつも通りのチャントで
アウェイゲームに挑む選手を勇気付けます。
小沢さんの始球式も置きに行くインサイドキックでしっかり成功(笑)
いよいよゲームがスタートします。


15:03
黙祷。
再びホーリーホックサポーターから巻き起こる「ロアッソ熊本」コール。
それに「サンキュー水戸」で応えるロアッソサポーター。


15:04
水戸ボールで前半キックオフ。


15:09
熊本のファーストチャンス。
上原拓郎のフィードを片山奨典が左から折り返し、巻誠一郎がシュート。
惜しくもオフサイドとなりましたが
役者のフィニッシュシーンにスタンドから歓声が上がります。


15:17
サイドで藏川洋平がボールを持つと
メインスタンド側から一際大きな声援が。
レイソルで6シーズンプレーした藏川にとっても
この一戦は日立台への凱旋ゲーム。
「赤く染まったのは初めてなので不思議な感じはしましたが
試合中にも声を掛けてもらってありがたかった」
とホームゲームを振り返りました。


15:50
前半終了。
0-0。ほぼ互角の展開でハーフタイムを迎えます。


16:03
再び選手たちがピッチヘ。
「ダレダレダレダレダレダレダレ ロッソ
ダレダレダレダレダレダレダレ オ~」
おなじみのチャントで選手を鼓舞するロアッソサポーター。


16:06
熊本ボールで後半キックオフ。


16:25
嶋田慎太郎が1つタメて右へ出すと、岡本賢明はグラウンダーで中へ。
飛び込んだ巻はシュートまで持ち込めなかったものの
全員が熊本出身の3トップでチャンスを創り出します。


16:31
入場者数の発表。
その数、なんと8201人!
うまかな・よかなスタジアムで開催された
今シーズンの開幕戦とほぼ同じ数字に
スタンドから大きな拍手が起こります。


16:36
接触で巻がうずくまったまま動けず。
この日も精力的にピッチを走り続けた36番に
大きな激励の声と拍手が送られます。
それに突き動かされたのか、巻は立ち上がりプレー続行。
残された時間は25分あまり。


16:42
左サイドでこぼれを拾った船谷圭祐が低いボールでクロス。
ニアへ飛び込んだ三島康平がDFともつれながら
右足で合わせたボールはゴールネットへ転がり込みます。
ここ3試合白星のないホーリーホックにとっても
この一戦は勝利だけを欲する大事な90分間。
沸騰する青のアウェイゴール裏。
一方、失点にも音量を落とすことなく
赤のホームゴール裏が続けるチャント。
動いたスコア。破れた均衡。残り10分。最後の勝負へ。


16:46
ロアッソベンチが最後のカードとして切ったのはアンデルソン。
彼はロアッソが活動停止を余儀なくされていた時期に
レイソルの練習に参加していたこともあって
応援に訪れていたレイソルに所属するブラジル国籍の選手も
この登場には大喜び。
果たして"アンジー"はチームを救うことができるのか。


16:55
試合終了。
0-1。勝ったのはホーリーホック。
それでもロアッソサポーターのチャントにスタンドの手拍子は止まず。
彼らもタイムアップの笛が鳴ってから2分近く歌い続けます。
チャントが終わると、スタンドの手拍子は大きな拍手へ。
この日3度目となる「ロアッソ熊本」「サンキュー水戸」のエール交換。
メイン、バックはそのどちらのコールにも手拍子を送っていました。


16:58
『皆様のご支援ありがとうございます』
『がんばろう!九州・熊本 熊本と共に 180万馬力』
横断幕を持って両チームの選手で場内一周。
前述の山﨑アナウンサー曰く、熊本の黒木晃平は
鳥栖時代にチームメイトだった船谷を相当リスペクトしているとのことで
よく見れば横断幕もしっかり隣同士で持っていました(笑)
まずはホーリーホックのゴール裏に両チームの選手が横に並んで挨拶。
この日4度目の「ロアッソ熊本」と「サンキュー水戸」。
その後はロアッソサポーターから「サンキュー柏」コールも。
気付けば試合中にはなかった『がまだせ熊本負けんばい』の横断幕が
ロアッソゴール裏中央に掲げられています。


17:05
ロアッソのゴール裏への挨拶を経て
両チームの全選手、全スタッフがメインスタンド側に挨拶。
その後は両チームの選手がそれぞれのゴール裏へ向かい
改めてもう一度感謝の挨拶を行いました。


17:10
中継のインタビューに応じていた巻が
多くのメッセージの書かれた寄せ書きを持って子供たちと記念撮影。
その彼がスタンドからの声援に応えながらロッカールームと消えていき
特別なホームゲームとアウェイゲームは
終焉の時を迎えることになりました。


最後にスカパー!中継で
この日の解説を務められた水沼貴史さんのお話をご紹介したいと思います。


「水前寺清子さんは凄かった!あそこにいた人はあの空気感を味わえただけでも、幸せな気分になれたと思いますよね。やっぱりエンターテイナーってああいう人のことを言うんですよ。普通だったら真ん中で歌って終わりの所を、場内を回ってサポーターの前まで行って歌っていたじゃないですか。アレが凄いんですよ。


水前寺さんの歌もそうですけど、募金活動とか色々な方がされていて、募金した方は赤いビブスをもらえて、それを着ている人たちがたくさんいて、レイソルのサポーターの人たちが道すがらに交通案内をしているとか、サッカーに関わっている人、それは当事者ではない人たちも熊本のためにとか、レイソルのホームスタジアムで開催されるゲームということに意義を感じて集まってくる人たちが創った空気感だったので、今まで味わったことのない空気感が試合前から試合後までずっと充満していたというのは一番感じたことですね。あんな空気を味わったことはないです。ずっと温かい空気がそこに流れていましたよね。今までにも色々なチャリティーマッチがありましたし、仙台が東日本大震災の後に勝ったゲームもそうですけど、今回はまたそれとは違う感じはしましたね。そこにいたこと自体に特別感がありました。


サッカーのようなスポーツには、純粋に戦えるものの中に色々な想いが入っているんだなというか、色々なものを託せるものなんだとは思いましたね。そこに色々な想いを託している人がいて、元気をもらいたいとか、逆にこちらから選手に元気を与えたいとか、そういう人たちもいらっしゃいますし、それを言葉ではなくて映像で伝える人も中継スタッフの中にいますし、色々な人たちがいて、サッカーの良さやスポーツの素晴らしさを現場で体験できたのは、これから自分にとってどういう風に生かされて行くかわからないですけど、より伝える側の意味というのを再確認させられたなというのはあります」


がまだせ熊本!


土屋

このブログについて

J SPORTSのJリーグ中継班がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.