1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

デイリーサッカーニュース Foot!

  1. Monday
  2. Tuesday
  3. Wednesday
  4. Thursday
  5. Friday

スタッフブログ記事一覧

ユナイテッドvs.アヤックス

以前なら外していたようなポグバの一点目で、
4-0という私のアホな予想に応えてくれそうな、
そんな気配はないではなかったですが、
ムヒタリアンのところが手こずり、イエローをもらうあたりで、
ふと、いまさらながらに、マタが消えてるような気がして、
ムヒとマタを交替させるタイミングを逸しているうちにアヤックスのイキのいいのにスコアされる、
というありがちなシナリオを思い浮かべはじめ、
そうするとそれに呼応するかのように、いつもの、鈍重で退屈な守備モードに入り、
1-0で勝てればラッキー、だけどこのままではすまない、ような気がしはじめましたが、
後半のムヒのゴールで、あ、これはいける、マタも動き始めた、
だけど残りの時間は退屈になる、と思った次第でした。
なんかムヒは全体的に低調な試合で点を決める傾向があるような気がします。
ドルトでもフィットするのに時間がかかったみたいで、
やはり少しナイーヴな存在なのかもしれません。
来年を期待します。
とにかく、全体的に硬かった印象。
その分、ディフェンスはソリッドでした。
ブリントもダルミアンもよくて、ことさら、すごい、というものではなくても、
きちんと、対処できていました。
ラッシュもつねにスピードを出し切り、あっぱれではありました。
イブラの怪我のあとの数試合で、
もりもり成長したような印象です。
とはいえ、タマを受ける瞬間の体の使い方の粗雑さが目立ち、
イブラの存在の大きさをあらためて思い返したりもしましたが、
あのスピードのひたむきさは買いでしょう。
ところで試合後のセレモニーのあとで、ルーニーが涙を拭いたような気がしましたが、
気のせいでしょうか・・・
いままでさんざん悪口を行ってきましたが、
気のせいであるとしても、少し、私もしんみりしました。
18の時にユナイテッドに来て、CLでいきなりハットトリック。
あれから13年か・・・
クリスケ、テベス、ルーニーの3トップはいまだに自分史上最強で、
これを超える3人を再び見ることがてきるのかどうか・・・
それにしても、13年前、自分は何してたっけ・・・
なんてこともつらつら考えてみたりもしました・・・
なにはともあれ、これでシーズン終了。
8月が待ち遠しい・・・・

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユナイテッドvs.クリスタルパレス


ハロップのゴールは見事でしたが、
やはり、ああいうデビューを見ると、思い出すのはキコ・マケーダ。
いまはセリエBに所属しているらしいです。
年齢はまだ25歳。
激しく上がって激しく落ちて、まだ、そんなに若い。
残酷なものですが、ありきたりの残酷でもある。
この20年間で程度の大小はあれ、何人のマケーダを見たことか。
相手のパレスにもザハがいるし、キャンベルもいる。
今回の若手の中でマケーダ症候群を逃れられそうなのはだれか。

トゥアンゼベはものになりそう。落ち着いているし、パスがしなやか。
フォシュ・メンサはギリギリ。野蛮なスピードがバカなスピードと紙一重。
デミ・ミッチェルはショウの出来次第。ルーニーに出した長いパスがマグレでなければいける。
スコット・マクトミネイはよくいるタイプ。クレバリーだって最初はよかった。
ジョシュ・ハロップもいままでに何人もいたタイプ。コーナーキックがもっと良ければおっと思ったが。
エンジェル・ゴメスは期待大。14の時から飛び級でここまで来た。ユナイテッドのスタイルと合うかどうかはわからないが、育て方次第でモノになるかも。
ポグバも16にときにはとびぬけてました。ポグバよりとびぬけてたのはラヴェル・モリソン。天才が天災になるというありがちな人生。

ニッキー・バットの顔がアップになって映りましたが、ふと、ジョゼのあとにニッキーが監督やるのもいいな、
とか思いましたが、いや、やっぱり、ここまでのメガクラブは無理かな、とも思い、ブレクジットついでにチャンピオンズリーグもブレクジットして、アンチ・グローバリズムの70年代の島国ド根性が復活すれば、ニッキーの出番で、これは応援するしかない、と思いました。

さてさて、来シーズンも、またしてもボヤキが続くのでしょうか、
それとも4年にわたるモヤモヤがすっきり晴れ渡るのでしょうか・・・

残り一試合。
これは見ものです。
あえて予想スコア。
アヤックス・ファンのみなさん、すいません。
4-0でユナイテッド。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スパーズvs.ユナイテッド

試合開始6分のワニャマのヘッダーで、
こりゃ、へたすると4点くらいやられるかも、
と真剣に思いました。
その一方で、ELのファイナルに向けて気持ちが吹っ切れるためには、
それくらい取られたほうがいい、
とも思いました。
いずれにしてもスパーズの圧勝。
すばらしいチームです。
ソンなんか、ほんと、のびのびとプレイしてる。
うらやましいかぎりです。
しかし、それにしても、ルーニーについては、
とっくに怒りも憐みも通りこしてはいるものの、
なにか、リタイア後の老人ホームから駆け付けたOBのようで、
決めた得点にしてもヴェルトンゲン(だったか)が触らなければ枠にも行かなかっただろうし、
なにはともあれ、場違いな、それにしてもますます体つきがパイントにむしばまれているような、
肩口や首筋の肉の付き具合が、なんともはや、ルカクとのディールのバイトに使われるかもしれない、
との報道もあるようですが、
エヴァートン・ファンに申し訳がないようなきがしてなりません。
とはいえ、試合中に二本ほど、さすが、というパスが出たのは確かです。
ジョゼにしてみれば、その「さすが」がときおり一閃してくれたらいい、
あとは、ベテランの味というやつで、適当に時間つぶしのやりくりをうまくやってちょ、
ということなのかもしれません。


プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルvs.ユナイテッド

前半の様子からは、あるいは、ひょっとして、
こういうパターンはえてして0-1で勝利、なんてことになるのでは、
というようなことも思ったりしました。
シャカのミドルがエレーラの背中でリフレクトしたあのゴール。
ああいうのが、えてしてこんな試合では、ユナイテッドのサイドに起きて、
どうでもいい、ぐずぐずの試合にもつれこんで、01-で勝利、ということになるわけですが、
ま、今回のように、見事にアーセナルのサイドで起きてしまったからには、どうしようもありませんが、
気になるのは、その得点で勢いづいたアーセナルの攻撃に対して、
まったく危機感をもって対処できなかったこと。
ウェルベックのゴールは、クロスは素晴らしいにせよ、ばかばかしいほど簡単にやられました。
スモーリングは、しかし、やはり、あんなもんか、と思いました。
トゥアンゼベがなかなかよかったので、ぜひ、次もスタメンで、と切に思います。
どうせあとはヨーロッパリーグしかないのだし、
リーグ戦では若手を見せてほしい。
左サイドはヤングもショウもいないなら、デミ・ミッチェルを、ぜひ。
それから10番をつけた彼については、もう憐みも何も感じませんが、
引退後の草サッカーでものんびり楽しんでいるようなプレイはやはり腹立たしい。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もやりますFoot!Meeting 2017。
Foot!の収録に参加しよう!
foot_170503.jpgのサムネール画像
【日時】 6月6日(火) 18:00開場 19:00収録開始(予定)
【会場】 都内某所
【出演者】 ワッキー(ペナルティ)/玉乃淳/下田恒幸
【締切】 5月21日(日)

※応募者多数の場合は抽選になります。
※番組収録中に参加者の姿がカメラに映る場合があります事をご了承ください。

⇒応募はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シティvs.ユナイテッド


フェライニかあ・・・・
そんなのもいたよね、
みたいな妙な時間の感覚でレッド・カードを目にしました。
憐みを通り越すと何になるのか、というと、ひょっとすると過去になるのかも・・・
せっかく足踏んでPK与えたあの試合から立ち直ってがんばってたのに・・・
しかしああいうレアな感情は、いざというときだと、生のまま出てしまうものなんですね。
かわいそうだけど、アディオス・・・

それはさておき、ジーザスは、やはりすごい。
あれはかなり危険な存在でしょう。
いちばんいいときのアグエロとはまた違う別の次元の危うさがある。
となりの芝生はなんとやらですが・・・
ムヒタリアンはどうもおかしいし、
マルシアルも少しよくはなってきたけれど、ひょっとすると、
ド外れてすごい選手じゃないかもしれない、
というような気持にもなってきたりして・・・



プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユナイテッドvs.チェルシー

やればできるじゃん。
っていうか、
こういうのは、LVGの時にもあったな、
と思い直すわけで、
つくづくチームというのは、ほんとうに、
イキモノなんだなあ、と思います。
MOMは間違いなくエレーラ。
こいつはほんとによかった。
バスクの働き者がじつに、じつにすばらしかった。

ラシュフォードも、ほんとによくやってた。
あと、もう一点、まぐれでいいから、欲しかった。
19歳のルーニーと19歳のラシュフュードと比べたら、
スコアすることにかけては、まだルーニーの方が上だと思います。
ただルーニーが早く燃え尽きてしまったのと反対に、息長く、
今後の10年をかけて老獪に成長してほしいと思わせる試合でした。

プロデューサー田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンダーランド vs. ユナイテッド

モイーズとLVG、どっちが悪い、
というと、
それはLVGで、
理由はモイーズより長かったから、
というのがシンプルな理由です。

それはともかく、
サンダーランドはきっとだめでしょう。
いまのユナイッドに3点は取られ過ぎ。
レッドカードがあったとはいえ、
ま、あれはレッドにしてはちと、
というようなものでしたし、
不運ではありましたが、
デフォーを中心にして、
余計なことを考えず、タイトにまとめあげたら、
それだけに専心すれば、もっともっと
タフにやれたはず。

いまユナイテッドは3年分の借金を返しつつあるところです。
いちおう1年分は返したかもしれません。
だけどLVGのときの利子が高くついていて、
いまだに知らないところから焦げ付いたのが出て来るような状態です。
今日はひさしぶりに3点はとれはしましたが、
シティなら軽く5点は取ってた相手でした。
やれやれ。


プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユナイテッドvs.エヴァートン

朝っぱらから、もう・・・・ほんとに・・・
ひさしぶりに、このところ、
本来のMoaning Newsにふさわしい試合が続きます。
フェライニはよくやってはいると思います。
だけどあれが限界でしょうし、
足の遅さとパスの下手さは、
まあ、いまさら、です。
別にフェライニだけが、というわけではなく、フェライニはよかったほうで、
失望が続くのリンガードとラシュフォード。
イングリッシュっぽい、というのかどうなのか、
飽きっぽい、というのか、単純、というのか、
ラシュフォードは、ボールのタッチと打つタイミングの点で、
これから先、もう若者ではなくなったとき、
言い訳ができなくなりそうです。
このままでいけば、
3年に一度はどこかのチームからでてくるであろう、
速くてタフなティーン・エイジャー、で終わるでしょう。
リンガードについては、これから驚くようなブレイ・スルーの瞬間が来るであろう、
とは、どうも期待できそうにはありません。
ときおり、ハッとするようなゴールもありますが、ああいう「ときおり」的な間歇性もまた、
イングリッシュぽい、といえば、ぽい。
こういうとき、イングリッシュな島のコンテクストとも、ヨーロピアンな大陸のコンテクストともまるで違う、
南米の、わけのわからない存在の若造がひとり、ほしいところです。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユナイテッドvs.WBA

まるで去年のLVG時代のゴーストを見ているかのような気分でした。
もちろん、そのゴーストの名前はボアダム、退屈で、
なんでそれが再び現れたのかというと、
それは簡単。
ポグバとイブラがいないから。
それになんと、
マタとエレイラもいない、ときたら、
これはもうお手上げです。

こういうときにこそ、普段はスタメン入りできない若い衆が、
ということになるでしょうが、
その、マルシアル、リンガード、ラシュフュードのトリオは、
さんたんたるもので、
試合後にはかなり厳しくジョゼにこけおろされたようです。
やることなすこと、決まらないし、
決めようというパッションが感じられない。
いつも思うのですが、
パスにしてもシュートにしても、
ブロックされすぎなような気もする。

それ以上に、というか、それ以外に、というべきか、
ルーク・ショウについては、怪我というわけでもないのに、
なんとベンチ外で、
もう、まったくジョゼの信頼を欠いているようです。
こうなりゃ、ラシュフォードを左サイドに・・・
なんてことも考える今日この頃です。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

February 13, 2017 10:32 AM /

Manchester Moaning News 121

ユナイテッドvs.ワトフォード


MENの評価は最近、イブラに辛いです。
確かに、ポジションを下げすぎてるようなところもないわけでもないし、
かといって肝心なショットが外れてしまうこともままある。
とはいえ、それらを補って、まだおつりがくるのも確か。
来年の夏が不透明なのは、本人も認める通り、そうなのかもしれません。
ラーションのときのように、ワン・シーズンだけの王様になる可能性も高いですが、
できれば、コーチ兼任でもいいので、若いやつらにニラミをきかせてほしいと思います。

マルシアルは浮き沈みはあるものの、
いい仕事をしてくれました。
本当にホッとしました。
前の奥さんといろいろともめて、心理的にヘヴィーな時期があって、
それで出遅れたような記事もありましたが、
まだまだ本調子だとは思えませんが、
きっと復活してくれるでしょう。

このニュースも「ボヤキ」として始まったものですが、
最近はボヤキもだんだん淡白になってきて、
うれしいやら、とまどうやら、
だけど、楽しくなってきたのは間違いありません。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レスターvs.ユナイテッド

やっと勝ちましたけど、どうした、レスター、
と心配になるような出来でした。
確かにムヒタリアンはすばらしかったですが、
やはり、どうも今年はやばい。

ところで、ユナイテッドの方は早くも夏のマーケットの噂が出始めていて、
なんとなくグリーズマンが決まったような報道が出ていますが、
去年のポグバのときのように、
どうやら本物っぽいような気がします。

イブラをナポリに、というエードェントの発言も取りざたされていますが、
イブラはステイじゃないかな、と思います。

イブラよりも深刻なのは、どうやらマルシアルらしく、
おれはジョゼにスケープゴートにされている、らしいです。
それからルーク・ショウ。
どうも彼も危ないらしい。

他にはアシュリーとルーニーが中国へ、
フェライニもセールの対象となるのでは、
という見方が主流です。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストーク vs. ユナイテッド

ルーニーの250のゴールを、全部集めたクリップを少しづつ、
見ていますが、やっぱり、昔は、速いし、強いし、上手かった、
としみじみ思えて来ます。

あ、ここで打つのか、打てるのか、打ててしまうのか、
というようなタイミングが盛りだくさんで、
ここまでの選手は、いま、周りを見回しても、ちょっと、いない。

もっと上手いのはいるだろうし、速いのもいるだろうし、強いのもいるだろうし、
三拍子そろったのもいるのかもしれないけれど、
ルーニーはなんか、違う。

速さや強さや上手さが、なんというか、ジグザグなのです。
バタバタしてる、というか、ガタガタしてる、というか、
なんかそんなようなブレがある。
その動きを追うだけで、わくわくしてくる。

確かに別格の選手でありました。


プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユナイテッドvs. リヴァプール


フェライニが、まさかの連発、
というところでしたが、
それでも、さすがのイブラでした。

全体的に低調なようなムードが、
漂っていたような気がしましたが、
おそらく低調ではなくて、
緊張だったのでしょう。

おそらく今季のプライオリティはUEFAカップ優勝
ということになるのでしょう。
そしてFAカップも狙う、と。
一年目にしては上出来かもしれません。

しかし、それにしても、ロホ。
毎回、おもうのですが、
こんな頼りになるラティーノだったとは。
フィル・ジョーンズが、少し、
突貫小僧なところが多分にあるので、
危ういのですが、その分、ロホがカバーしている。

と、ここで気になるのはルーク・ショウ。
ムヒタリアンも我慢して復活したわけですから、
ルークにもそれを期待したいところですが、
なんとなく肉のつきやすい体質が見て取れる体型が、
少し心配なところ。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェスト・ハム vs. マンチェスター・ユナイテッド


マイク・ディーンにはいままで何度もやられましたが、
今度は、助けられました。
いま、日本語版のウィキを確認しただけでも、
2014/04/03のチェルシー戦のパクのPK、
2012/12/26のジョニー・エヴァンスのオウン・ゴール、
と立て続けに二つ出てきましたが、
ま、ときにはいいでしょう。

だけどあのシーンでは、PJの無鉄砲がまた出た、
と頭を抱えたファンもいないではない。
PJのラグビー選手のような強靭な肉体があると、
ついつい、無理をしがちで、
怪我もしがち、ということになります。

なんでも最近のインタヴューでは、試合後のトリートメントがいかに大事か、
それを強く自覚するようになってからケガをしにくくなった、
と述べていますが、
しかし、少し自覚が遅いような気がする。
イブラを、クリスケを大いに見習ってほしいものです。

それから、スローな試合運びで相手の出鼻を挫く、
というような大人にはまだなりきれていない、
ということがよくわかるゲームでもありました。
前みたいに、とりあえず最初の15分はがむしゃらに攻めまくる、
っていうのが好きなんですけどね。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS見るならスカパー!

今週のFoot!

5/22~5/26のFoot!


blog_Mon.jpg

【5/22】MC:西岡明彦 ゲスト:粕谷秀樹
月曜は週末に行われた試合のハイライト中心にお届け!
▽プレミアリーグ ハイライト
―アーセナル×エヴァートン、リヴァプール×ミドルズブラ、ワトフォード×マンチェスターC 他
▽ブンデスリーガ ハイライト
―ハンブルク×ヴォルフスブルク、ドルトムント×ブレーメン 他
▽菅原慎吾のリーガ・エスパニョーラ情報

J SPORTS オンデマンド 会員無料でUn Poco Foot! MONDAY 配信!»詳しくはこちら

blog_Tue.jpg

【5/23】MC:野村明弘 コメンテーター:ベン・メイブリー
火曜日はベン・メイブリー氏を迎え、週末に行われた注目ゲームを分析します。
▽プレミアリーグ
―チャンピオンズリーグ出場権争い
▽ベン・メイブリーの分析
―2016/17シーズン振り返り
▽現地メディアの特集記事


J SPORTS オンデマンド 会員無料でUn Poco Foot! TUESDAY 配信!»詳しくはこちら

blog_Wed.jpg

【5/24】MC:下田恒幸 コメンテーター:木崎伸也
▽木崎さんをコメンテーターに迎え今シーズンのブンデスリーガを総括
▽木崎さんが全18チームを独自に採点
―大変よく出来たチームは?


J SPORTS オンデマンド 会員無料でUn Poco Foot! WEDNESDAY 配信!»詳しくはこちら


Foot!について

2000年の番組開始から10年以上に渡り、良質かつ多彩な企画で人気を博してきた、J SPORTSオリジナルサッカー番組「Foot!」。2011年8月から、週5日放送のデイリーサッカーニュースとしてリニューアルし、世界のサッカー情報を余す ことなく紹介する。
ナビゲーター紹介
スタッフ紹介
放送予定

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近のエントリー


カテゴリー


お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
select month...


ナビゲーター紹介

月曜日
MC:西岡明彦
コメンテーター:J SPORTS解説陣、菅原慎吾

月曜日は、週末に行われたイングランド プレミアリーグ、ドイツ ブンデスリーガのゲームハイライトを振り返ります!菅原Pのリーガエスパニョーラ情報もお届け!

火曜日
MC:野村明弘
コメンテーター:ベン・メイブリー

火曜日はベン・メイブリー氏を毎週ゲストに迎え、週末に行われた注目ゲームを映像と黒板を使って分析します。また、英国人ジャーナリストのインタビューのほか、現地メディアの特集記事をご紹介。

水曜日
MC:下田恒幸
コメンテーター:ワッキー(ペナルティ)

水曜日はブンデスリーガの分析、そしてJリーグを独自取材を交えながらお届けします。

木曜日
MC:八塚浩
コメンテーター:チェーザレ・ポレンギ

木曜日はチェーザレ・ポレンギが、セリエAを中心としたフットボールのホットな話題や現地ジャーナリストのインタビューもお届け。

金曜日
MC:倉敷保雄
コメンテーター:中山淳

金曜日は1週間のフットボールニュースをまとめて紹介。世界各国の旬なフットボールニュースを様々な角度から解説&分析します。



お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら




本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.