1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 柔道・格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

デイリーサッカーニュース Foot!

  1. Monday
  2. Tuesday
  3. Wednesday
  4. Thursday
  5. Friday

Ben’s Foot! notes記事一覧

benFoot.png

Week 23 - Worst January transfers

(1) 中国勢の動向が、英国内でどう見られているのか?

●Conte監督はクラブの都合によって、言い方を変えている。

●ジャーナリストは基本的に、中国勢の動向やそこに行ってしまう選手たちを問題視する傾向。

Antonio Conte監督(2016年12月16日、つまり、都合の良いOscar移籍が成立直前)

● "The Chinese market is a danger for all teams in the world, not only for Chelsea."
「チェルシーのみならず、世界中全チームにとって、中国のマーケットが危険だ。」

● "This [Premier] league is fantastic, a great opportunity [for players], a great honour and we should be very proud we play in this league."
「プレミアリーグが素晴らしいリーグだし、ここでプレーできる選手にとっては非常に光栄のはずで、自慢するべきだ。」
http://www.bbc.com/sport/football/38345426


Antonio Conte監督(2017年1月14日、つまり、都合の悪いCosta移籍の噂が出ている)
● "I think we are a great club and it's a great honour to play for Chelsea and for this reason I don't see [China] as a threat for my players."
「チェルシーは偉大なクラブで、ここでプレーするのは光栄のはずなので、こちらの選手が引き抜かれる心配はないと思っている。」

● "The money is not everything. When you play for a great team like Chelsea, you must be pleased.
「お金はすべてではない。チェルシーのような偉大なチームでプレーする選手は自慢するべきだ。」
http://www.telegraph.co.uk/football/2017/01/15/antonio-conte-warns-diego-costa-money-not-everything-willian/


Daniel Taylor記者、Guardian紙のチーフ・フットボール・ライター

● Oscar will get to count Chinese cash but he will pay a heavy price
「中国のお金をたくさん稼ぐOscarはその分、大きな代償も払うだろう」

● However much [Oscar's] impending £60m transfer to Shanghai SIPG is dressed up, it is difficult not to think it deeply unsatisfying to see someone of his age abandoning any real sense of ambition and, without wishing to be too cruel, a certain amount of respectability.
「Oscarの上海移籍を幾ら飾り立てようとも、あの年齢の選手が野心と世間体を捨ててしまうのを見ると、やはり非常に不快だ。」

● At 25, he is approaching what should be the greatest years of his career. He is also exceedingly rich already, most people would assume, after four and a half years on Chelsea's payroll, and surely talented enough to attract potential buyers from Europe's top leagues.
「彼は25歳で、そろそろキャリアのピークを迎えているはずだ。4年半のチェルシー所属で既に非常にお金持ちのはずだし、ヨーロッパのトップリーグで彼を取りたがるクラブも少なくないはずだ。」

● Good luck to him, I suppose, but however many noughts are added to his salary, I do wonder how much job satisfaction there can be for a footballer with his gifts at a level several rungs down even from Major League Soccer.
「さあ、頑張れとしか言いようがないが、年俸が幾ら桁違い高くなるとしても、MLSよりも遥かにレベルが下のリーグではOscarのように才能のある選手にとって、本当に働きがいがあるだろうか。」
https://www.theguardian.com/football/2016/dec/17/oscar-china-chelsea


Sam Wallace記者、Daily Telegraph紙のチーフ・フットボール・ライター

● Oscar bound to regret quitting Chelsea and the elite game for Chinese riches
「中国の富の為に、チェルシーとトップレベルのフットボールを辞めたOscarは後悔するだろう」

● Oscar has 48 caps, and while a move to China no longer represents the end of a Brazil international career, it is hard to know exactly what it does represent, other than serious amounts of yuan.
「Oscarはブラジル代表で48回も出場している。中国移籍は代表キャリアに幕を閉じる行為ではないかもしれないが、中国元をたくさん稼ぐ以外、一体何を得られるかは全く不明だ。」

● There is no market in Europe for Oscar at a fee of £60 million and Chelsea might even have accepted half that for a man who has not started a league game since Sept 16.
「6000万ポンドの移籍金では、Oscarを取ろうとするヨーロッパのクラブは無いし、9月16日以来先発出場が無い彼に対して、チェルシーはその半額のオファーでも合意したかもしれない。」

● The fee does not make any sense other than that it may be just more of the shock and awe tactics that Chinese football has employed to persuade others to take notice.
「だから、中国のフットボール界はただ注目を集める為に、敢えて驚くべき金額で爆買いしているとしか考えられない。」
http://www.telegraph.co.uk/football/2016/12/17/oscar-bound-regret-quitting-chelsea-elite-game-chinese-riches/


Jamie Carragher、Daily Mail紙

● This is not a move to further his career. He will talk about the league growing in China, the chance to work with Andre Villas-Boas and the excitement about a new adventure -- but we all know those words will be nonsense.
「Oscarの移籍はキャリアアップの為ではない。彼は中国リーグの成長や、Villas-Boas監督の指揮下でプレーするチャンスや、新たな冒険について語るかもしれないが、私達はその言葉がナンセンスがと分かっている。」

● He has gone for the size of the contract. Nothing else.
「彼はただ給料の為に行った。それしかない。」

● Players used to look for a pay day in their mid-thirties when their career was coming to an end. We all understood that. With the riches now on offer in China, I could understand a player's head getting turned when he reaches 30 -- but 25?
「かつては、選手はキャリアの最後に30代半ばあたりから給料の高いところに行く傾向があった。30歳の選手が中国のお金で舞い上がってもまだ分かる。だが、25歳で行くの?」

● It is embarrassing that a player would give up his career and the chance to compete for the biggest prizes in the game just for money.
「単にお金の為にキャリアも大きなタイトルを目指すチャンスも捨ててしまうなんて、恥ずかしいよ。」
http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-4042172/Lay-Pep-Guardiola-lucky-Manchester-City-manager-Premier-League.html




1月移籍マーケット、各シーズンのワースト移籍

170117bensfoot.jpg

● 2003年より導入された、1月の移籍マーケット。
● ガーディアン紙のSimon Burnton記者が各シーズンの1月移籍マーケットを振り返り、ワーストな移籍を特集記事に纏めた。
https://www.theguardian.com/football/blog/2017/jan/01/january-transfer-window-worst-signings-michael-ricketts-oumar-niasse
※  「」はBurton記者の言葉である。 『』は関係者の引用である。


2003 Michael Ricketts, Bolton to Middlesbrough, £350万
● At 11.30pm on the first ever January transfer deadline day, Middlesbrough sealed the signing of the striker who was intended to revolutionise their team.
「史上初めての1月デッドライン・デー、夜11時半。ミドルスブラがチームに革命をもたらすと期待された、ストライカーを獲得した。」
● "I was stuck in a rut at Bolton, training was the same all the time, things weren't going the way I planned," he revealed. "Hopefully that's going to change here."
「本人曰く、『ボルトンではマンネリ化してきてしまった。練習は毎日、同じだったし、なかなか思い通りに行かなくなった。ここにやってきて、その状況が変わるだろう。』
● It didn't change there: at the end of the following season, 18 months, 12 league starts and three goals after his arrival, he left for Leeds on a free transfer.
「その状況がそこで変わらなかった。18ヶ月の所属でリーグ戦での先発起用が12、ゴールが3にとどまった。加入して翌シーズン終了後、フリートランスファーでリーズに移籍することになった。」



2004 José Antonio Reyes, Sevilla to Arsenal, £2000万
● When José Antonio Reyes arrived he declared he was "the happiest man in the world, but at the same time the saddest", suggesting an emotional attachment to his homeland he could never quite shake off.
「発表会見では本人が『世界で最も幸せな男になったが、それと同時に世界で最も悲しい男になった』とコメントした。どうやら、地元との絆はずっと忘れられなかったようだ。」
● His time in London started well but then came a match at Old Trafford in which Gary Neville roughed him up a bit: "I'm not going to deny an element of intimidation. Reyes couldn't handle the rough and tumble."
「ロンドンに移って最初は活躍したが、オールド・トラッフォードでガリー・ネヴィルを相手に痛い目に遭うと状況が変わった。ネヴィル曰く、『ちょっと脅かしたのは否定できない。彼はフィジカルな勝負が嫌だったからね。』
● He didn't score again for four months, never reached his former heights and left in 2006.
「その後、Reyesは4ヶ月もゴールを決めなかった。本調子を取り戻せないまま、2006年にクラブを去った。」

2005 Jean-Alain Boumsong, Rangers to Newcastle, £820万
● Rangers owned Boumsong for only six months, in which time his value somehow increased from free to more than £8m. "He has a great desire to be the best," said Graeme Souness,
「レンジャーズ所属はわずか半年だったが、その半年でBoumsongの値段が何故かフリーから800万ポンド以上まで高騰した。それでも、Souness監督は『ザ・ベストになりたがっている』という強い向上心に感銘を受けた。」
● and the manager remained loyal to the blunder-prone centre-back for as long as the board were loyal to him, a little over a year. Six months after that the Frenchman was sold for a near-£5m loss.
「Souness監督は1年後に解任されるまで、幾らイージーミスが続いてもこのCBを信じ続けた。しかし、解任の半年後、Newcastleは凡そ500万ポンドの損失を被りながらBoumsongを売却した。」
● "When I'm good, nobody talks about it," he complained. "All right, I'm no Beckenbauer but with time I've figured out what I can do and what I can't."
「『私が良いパフォーマンスをすれば誰も話題にしてくれない』と本人が嘆いた。『確かに、Beckenbauerレベルではないかもしれないが、自分の長所と短所を良く知っている。』」
● One list, sadly, was much longer than the other.
「残念ながら、短所の数のほうが圧倒的に多かった。」

2006 Hossam Ghaly, Feyenoord to Tottenham, £200万
● After 16 months and 17 league starts, Ghaly came on in the 29th minute of a game against Blackburn, was taken off again in the 60th, tossed his shirt at Martin Jol on his way off the pitch and threw away his Spurs career in an instant.
「移籍後16ヶ月で、リーグ戦での先発起用が17にとどまっていた。そして、ブラックバーン戦では29分に投入されたが、60分にまた交代させられると、Jol監督に向かってユニフォームを投げ捨てた。スパーズでのキャリアも捨ててしまう行為だった。」
● That summer Birmingham bought him for £3m but they found a way to cancel the deal after he fell out with Steve Bruce inside three days.
「その年の夏、バーミンガムが300万ポンドの移籍を合意したが、3日以内にGhalyがSteve Bruce監督と喧嘩し、移籍が取消となった。」
● He nearly played for Spurs again in January 2009, when he was named on the bench, but fans booed him so furiously he was sold to al-Nassr within weeks.
「Ghalyはスパーズに戻り、2009年1月にベンチ入りがあったが、サポーターからあまりにも激しいブーイングを浴びた為、出場には至らず、数週間後にサウジアラビアのアル・ナスルに移籍した。」



2007 Julius Aghahowa, Shakhtar Donetsk to Wigan, £350万
● As the end of January 2007 approached Wigan were bottom and on a run of eight successive league defeats. "There's no disguising it - we're in the shit," surmised their manager, Paul Jewell.
「2007年1月の下旬を迎え、最下位のウィガンが8連敗中だった。『認めるしかない。どえらいことになっている』とPaul Jewell監督が状況を説明した。」
● Enter Aghahowa. Paul Jewell insisted the club had "really done our homework on this one" and that he had "watched him personally on two occasions".
「そこで登場するのはAghahowa。Jewell監督曰く、『この選手についてクラブとして徹底的にスカウティングした。私自身も2回、彼の試合を観戦した。』
● Wigan's fans didn't see much more of him: a little over a year, three managers, a total of 23 appearances and not a single goal after his arrival he left again.
「しかし、ウィガンのファンは彼の活躍を観る機会があまりなかった。1年余りに2回の監督交代を経て、Aghahowaは23試合でノーゴールという成績でクラブを去ることになった。」



2008 Afonso Alves, Heerenveen to Middlesbrough, £1270万
● In 2006 Manchester City signed the hapless Greek striker Georgios Samaras; in 2014 Cardiff spent £2m on Magnus Wolff Eikrem, who played nine times before having his contract cancelled; and in 2008 Middlesbrough spent nearly £13m on Alves.
「2006年には、不運なギリシャ人FW、Georgios Samarasがマンチェスター・シティに移籍した。2014年には200万ポンドの移籍金でカーディフに加入したMagnus Wolff Eikremがわずか9試合で契約が解除された。そして2008年にはAfonso Alvesが凡そ1300万ポンドの移籍金でミドルスブラに加入した。」
● All three players were bought from Heerenveen, a club that should be avoided at all costs by spendthrift English chairmen.
「3人の共通点は、ヘーレンフェーンから移籍したことにある。金遣いの荒い、イングランドのチェアマン達はもう、そのクラブと取引しないほうが良いだろう。」
● Alves scored 48 goals in 50 appearances in the Netherlands; he had a few (approximately two) good days in his season and a half in England, before he turned up late to pre-season training in the summer of 2010 and Boro swiftly sold him at a £6m loss.
「Alvesはオランダでは50試合で48ゴールとの成績だったが、イングランドで過ごした1シーズン半では活躍したのは約2回だけだった。2010年のプレシーズン練習に遅刻すると、ミドルスブラは600万ポンドの損失を被りながら早く売却を決めた。」

2009 Savio Nsereko, Brescia to West Ham, £900万
● West Ham boasted that they had beaten off "fierce competition" for the German striker, player of the tournament in the European Under-19s Championship the previous year.
「1年前のU-19欧州選手権で最優秀選手を飾ったSavioの獲得は、他に多くのクラブが狙っていたので、ウェストハムにとって自慢の対象となった。」
● What followed was a period in which, by his own admission, the player "lost grip on reality".
「しかし、その後は本人が認めるように、『現実感を失った』時期が続いた。」
● He certainly lost grip on his first-team place, starting once before the season ended and immediately being offloaded to Fiorentina at a loss of over £6m.
「先発の機会も確かに失った。シーズン終了までスタメン起用がわずか1回にとどまったSavioを、クラブが600万ポンド以上の損失を被りながらすぐにフィオレンティーナへ放出した。」
● He never played for the Italian side, enduring a series of failed loans that included one at 1860 Munich, cancelled when he went missing for a week before being discovered in his sister's house, and another at Juve Stabia when he disappeared to Thailand and allegedly faked his own kidnapping.
「だが、フィオレンティーナでは1度も出場しなかった。幾つかのローン先を回り、どこも失敗に終わった。1860ミュンヘン所属時代には1週間、行方不明になったが、結局お姉さんの家で発見されて、ローン移籍が解除された。そして無断でタイに渡り、自らの誘拐事件をでっち上げたとされている。」



2010 Michel, Sporting Gijón to Birmingham, £300万
● His new manager, Alex McLeish, announced that the Spaniard "is in a great age group and has got good legs".
「移籍が決まったら、Alex McLeish監督が『良い年齢だし、運動量が豊かだ』とスペイン人のMFを褒めた。」
● Less encouragingly, the Scot also revealed he would probably come to "realise he might have a problem getting into the team".
「しかし、それと同時に悲観的な言葉も投げた。『トップチームには入りにくいということ、本人もそろそろ気づくだろうが。』」
● And so it transpired, with the arrival of Craig Gardner a few days later pushing him from third-choice central midfielder to fourth. He eventually started six games, and tasted another six as a substitute, before being sold to Getafe for half the price they paid for him.
「そして、数日後にバーミンガムはCraig Gardnerも獲得した結果、Michelは第4のボランチになってしまった。最終的に先発出場も6試合、途中出場も6試合にとどまり、移籍金の半額でヘタフェへ放出された。」



2011 Jean Makoun, Lyon to Aston Villa, £600万
● This was the January of Januaries, the greatest ever top-flight transfer splurge. Torres and Carroll tend to hog the limelight. Still, Makoun stood out among the more big-money, high-profile humiliations. "He's exactly what we need," said Gérard Houllier after the deal for the midfielder was completed.
「TorresやCarrollをはじめ、歴史的に大型補強が行われた、2011年1月。しかし、多額で注目された選手の中で、Makounの失敗が目立った。移籍が決まった当時、Gérard Houllier監督が『このクラブがちょうど必要としているのは彼だ』と述べた。」
● Turns out he wasn't: seven league games, three bookings and a red card later he was gone.
「しかし、結局必要とされなかった。リーグ戦では7試合、イエローが3枚、レッドが1枚という成績でクラブを去ることになった。」



2012 Marvin Sordell, Watford to Bolton, £320万
● Owen Coyle hijacked Sordell's mooted move to Cardiff in a last-minute deadline-day intervention, and in the remainder of the season gave him three substitute appearances, all away from home, two lasting less than 10 minutes.
「Sordellはカーディフに移籍する予定だったが、最終日に土壇場でOwen Coyle監督が乗っ取ってボルトンで獲得した。しかし、そのシーズンの終了までわずか3回しか起用しなかった。3回ともアウェイ戦での途中出場だったし、そのうち2回は出場時間が10分もなかった。」
● The following season Sordell started the first three games and then hardly played until February, an absence his new manager, Dougie Freedman, blamed first on the player's mental state - "He's homesick, there isn't even a fancy word for it"
「翌シーズンは開幕から3試合連続の先発起用だったが、その後、2月まで殆ど出場がなかった。新しく監督に就任したDougie Freedmanは2つの理由を挙げた。1つはメンタル面だった。『オシャレな言葉は存在しない。彼はただホームシックだけだ。』
● - and then on his refusal to disconnect from social media. "He's got small issues off the field with his tweeting. It could be bordering on an obsession."
「そして2つ目はSNSの使いすぎ。『彼はピッチ外でツイッターの利用が少し問題になっている。強迫観念の一歩手前だ。』」
● He left for Burnley after 30 months and 13 starts.
「30ヶ月の所属で先発出場が13試合で、バーンリーに移籍することになった。」



2013 Vegard Forren, Molde to Southampton, £420万
● The Norwegian defender pulled out of a trial with Liverpool when Southampton agreed terms with Molde
サウサンプトンがモルデと移籍を合意したとき、ノルウェー代表DFのForrenはリヴァプールでのトライアルから手を引き、喜びを表した。
● and declared the move "a dream come true. There's no doubt that this is where I want to be," he beamed. "There is a good, young squad here and the way they play fits me well."
『この移籍で夢が叶った。ここが私のプレーしたいクラブだということに何の疑いも無い。サウサンプトンのチームは若くて才能があり、プレースタイルも私に合っている。』
● Not for long it didn't. On the very day his transfer was completed Southampton sacked Nigel Adkins and replaced him with Mauricio Pochettino.
「長くは合わなかった。移籍が完了した日にサウサンプトンはNigel Adkins監督の解任を発表し、Mauricio Pochettinoが後任者に就任することになった。」
● That summer, no appearances later, his agent declared his player was "patient, ready and committed" to the Southampton cause. Three weeks later he returned to Molde.
「Forrenは1度もトップチームで出場しなかったが、それでも同年の夏に代理人が『完全にサウサンプトンにコミットしている』ことをアピールした。その3週間後にモルデに戻った。」



2014 Kostas Mitroglou, Olympiakos to Fulham, £1240万
● In the first half of the 2013-14 season Mitroglou had scored 14 goals in 12 league games and a Champions League hat-trick, while Arsène Wenger described him as "a true finisher who can't be ignored".
「2013/14シーズンの前半戦では、Mitroglouがリーグ戦12試合で14ゴールを記録し、CLでハットトリックも決めていた。Arsène Wengerは『彼ほどフィニッシュ力のある選手は無視できない』と絶賛した。」
● It turned out he could be ignored: in the second half of that season, following his switch to Fulham, there was one start, two substitute appearances, a couple of knee injuries and no goals.
「しかし、どうやら彼を無視するのは意外と簡単だったようだ。同シーズンの後半戦ではフラムに移籍したが、先発出場が1、途中出場が2、膝の怪我が2、ゴールの数が0という成績になった。」
● He wasn't helped by the fact that René Meulensteen, the manager who signed him, had been replaced by Felix Magath by the time he made his debut; that summer he went back to Olympiakos on loan.
「獲得を希望したのはRené Meulensteen監督だったが、Mitroglouがデビューする前に監督交代があってFelix Magathが就任していた。その状況は確かに理想的ではなかった。その年の夏、期限付き移籍でまたオリンピアコスに戻った。」



2015 Andrej Kramaric, Rijeka to Leicester, £970万
● On 7 January 2015, the day they completed the club-record signing of the Croat, Leicester were bottom of the league with three wins in 20 games. None of their subsequent success can be accredited to a forward who scored twice in his first half-season under Nigel Pearson,
「クラブ新記録となる、Kramaricの移籍が決まった2015年1月7日の時点では、レスターが第20節終了で僅か3勝と最下位だった。それ以降の快進撃は決して、Kramaricのおかげだとは言えない。Nigel Pearson監督の指揮下では半年で2ゴールしか挙げなかった。」
● after which Claudio Ranieri arrived, announced that he was "a fantastic player but at this moment I choose another kind of striker" and proceeded to give him only 22 minutes' action.
「その後、就任したClaudio Ranieri監督は『Kramaricは素晴らしい選手だが、今のところでは違うタイプのFWを使いたい』とコメントし、結局22分の出場時間しか与えなかった。」
● The player insisted that "fans are sorry I do not play. They are very fond of me", though given their team's results they might just have been delirious.
「本人曰く、『私がプレーしていないことをサポーターは悲しんでいる。私のこと、すごく気に入ってくれている』。だが、チームの成績によってその悲しみがすぐに消えただろう。」



2016 Oumar Niasse, Lokomotiv Moscow to Everton, £1350万
● Roberto Martínez acclaimed Niasse's "real hunger and desire to be successful" but still picked him to start only two league games.
「『ものすごくハングリーで、成功したいという意欲が非常に強い』とNiasseを褒めていたRoberto Martínez監督はそれでも、リーグ戦で2回しか先発に彼を選ばなかった。」
● Of the 13 remaining matches between his arrival and the end of last season he was active for just 19 minutes, 14 of them in a game against West Ham in which Everton were 2-0 up when he came on, and 3-2 down at the final whistle.
「その2試合を除き、移籍してから昨シーズン終了までの残り13試合では、Niasseの出場時間がわずか19分だった。そのうち、14分は2−0でリードする段階で投入された、ウェストハム戦だった。試合終了時点では2−3、大逆転負けという結果となった。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png

Week 22 - Christmas review

(1) クリスマス期間の成績

● ボクシング・デー(12月26日)〜1月4日の間、プレミアリーグ戦で3節も行われた。

● 色々と順位を左右する、大切な時期になるが、この時期だけの成績を確認しよう。

第18〜20節の成績を順位表にしたもの

● ユナイテッドとスパーズは3連勝。
これでユナイテッドはリーグ戦で6連勝中、公式戦では8連勝中。

● サウサンプトンは3連敗。
しかし、サウサンプトンの日程が一番アンフェアだったというクレームも!
★0006_16_17 プレミアリーグ 第18節K.0.~第20.png
https://www.whoscored.com/Regions/252/Tournaments/2/England-Premier-League


(2) クリスマス日程の厳しさ

● 今季のクリスマス期間は3節が行われたが、日程の厳しさがチームによって以前よりバラバラだったので、アンフェアという声が上がっている。

● 3試合とも負けたサウサンプトンは、第18節がテレビ中継の都合で2日も遅らせられ、28日に行われたにもかかわらず、第19節と第20節は一番早い日にちになったので、6日以内に3試合もせざるを得ない日程となった。中2日、中1日という日程になった。

● 一方、チェルシーは第18節が通常通りのボクシング・デーに行われたが、第20節はテレビ中継の都合で2日も遅らせられた。その結果、10日以内に3試合という比較的に楽な日程となった。

BBCが算出したデータではチームごとのバラ付きがはっきり見える

● 第18節のキックオフ時間から、第20節の終了時間までの時間をチーム別に比較したもの。チェルシーは223時間で3試合。サウサンプトンは117時間で3試合。
★0005_16_17 プレミアリーグ 第18~20節の順位表.png
出典:http://www.bbc.co.uk/sport/football/38497382


各監督が文句を言っていた。但し、チェルシーのConte監督だけは問題として認めない


Arsene Wenger(アーセナル)

● "In 20 years it is the most uneven Christmas period I have seen on the fixture front."
「私がここ20年見た中で、日程に関しては今季のクリスマス期間が一番不平等だ。」

● "The difference of rest periods is absolutely unbelievable, compared to the other teams it is unbelievable."
「リカバリー時間に信じられないほど格差がある。相手チームと比べたら信じられないよ。」


Jose Mourinho(ユナイテッド)

● "It looks like the fixtures are chosen to give rest for some and to create problems to others."
「この日程は、一部のチームに休みを与え、一部のチームに問題をもたらす為に決められたように見える。」


Jurgen Klopp(リヴァプール)

● "How do you prepare a team for this?"
「こんな日程に向け、一体どうやって準備すれば良いの?」

● Not all title-chasing managers were fazed by the fixture list though, with Chelsea boss Antonio Conte saying his rivals were "angry for our position [as leaders] not for the fixtures".


Sam Allardyce(クリスタル・パレス、スウォンジーに負けた後)

● "The lack of energy the players had showed massively.
「選手たちのエネルギーが足りなかったことが本当に明らかだった。」

● "Some people say it's rubbish but it's not - the players were trying 100% but they were not physically able to reach their usual levels. They were shattered."
「嘘だろう、という人もいるかもしれないが、嘘ではないぞ。選手たちは100%頑張ってくれたが、体がいつものレベルに達せなかった。皆、くたくたに疲れていた。」


Alan Curtis(スウォンジー、クリスタル・パレスに勝った後)

● "We had 24 hours more rest compared to them and that may have made a difference."
「相手よりも私達のほうがリカバリー時間が24時間長かった。それが決定的だったかもしれないね。」


Antonio Conte(チェルシー)

● "I think they are angry for our position not for the fixtures."
「ライバルの監督たちは日程に怒っているのではなく、チェルシーとのポイント差を悔しがっているだろう。」


来年のクリスマス期間は倍ぐらい厳しいかもしれない!仮の日程が公開された。

● 今季はボクシング・デーの前に1週間以上のリカバリー時間があったので、ましなほうだった。

● しかし、来年の「クリスマス期間」には何と6節も行いそうだ!

● W杯の影響でシーズン終了が早まるというのもあり、12月16日から1月1日までの16日間では、土・水・土・火・土・月という仮の日程になっている。

★0004_日_月_火_水_木_金_土______12_1_2_3_4_5_6.png
12月16日(土)、20日(水)、23日(土)、26日(祝・火)、30日(土)、2018年1月1日(祝・月)


(3) Taunton Town 2-0 Tiverton Town(2016年12月26日)

● J SPORTSが「マッチボール・スポンサー」となったこの試合では、フィジカルで相手を上回ったトーントンがJordan Rogersの2ゴールで2−0で勝利した。観客動員数は786人だった。

● 相手ティヴァートンはフラストレーションが溜まり、土壇場にFW2人が共に退場。


キックオフ前にベン(BM)がトーントン・タウンのKevin Sturmey会長(KS)とインタービューを行った。

BM Into the FA Cup first round for the first time in 35 years - you took it to a replay and made it a really good fight. What's it done for the club and for the team this season? 今季は35年ぶりのFAカップ本大会出場を果たして、1回戦の再試合まで良く頑張ったね。そのFAカップの活躍がクラブ、そしてチームに何か効果をもたらしたか?
KS It's been brilliant. We all dream of the FA Cup and we've been trying to get into the first round proper for some time, and haven't made anywhere near it for probably nearly 20 years. But this year has been fantastic. It's given us a real jump and I think it's created a lot more interest in the club. There's a lot more interest and, you know, we're a little bit more famous than we were last year. 素晴らしかったね。全員にとってFAカップが夢だし、ずっと本大会への出場を目指してきた。凡そ20年間、近くまで行ったことすら殆ど無かったしね。しかし、今季は大活躍だったね。チームにとって大きな刺激になったし、クラブにどんどん注目を集めることが出来た。より多くの人がトーントン・タウンに興味を持ってくれているし、クラブとして一年前と比べてもう少し有名になった。
BM Yeah, of course. Not just in Japan now! そうだよね。もう日本だけではないね!
KS No, absolutely! No, so it's worldwide domination now for Taunton Town! そうそう!これから世界を目指すぞ、トーントン・タウン!
BM So it must have been a real strain on the fixture schedule, I suppose? But since then you've been doing alright - six straight wins going into today's game だが、日程はかなりキツくなっていない?今日の試合に向けて6連勝中なので、確かに結果には出ていないが...
KS Yeah, I think this is our 34th game, and when you consider the Premier League only play 38, I think that shows the "them and us" these days is a little bit different. We need to just keep going on. We've had 15 cup games and we just need to keep concentrating on the league now. Six games on the bounce and hopefully seven today. 今日は既に今季34試合目になる。プレミアリーグでは1シーズン、38試合しかやらないでしょ!全く別の世界だ。でも、やり続けるしかない。カップ戦ではもう15試合戦ってきたが、今後はリーグに集中しなければならない。今まで6連勝なんで、今日の試合で7連勝にしたい。
BM Good luck today! グッドラック!
KS Thanks, Ben. ベン、ありがとう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png

Week 18 - Leicester City 4-2 Manchester City

(1)冒頭
●10日(土)、リーグ1(3部)では歴史的に深い意味を持つ試合があった!

●それは、MKドンズとAFCウィンブルドンがリーグ戦で初めて対戦した試合である。

●監督を交代したばかりのMKドンズが結局、後半のPKで1-0というスコアで勝利した。

この試合は何故、そんなに大きい意味を持つかというと、ウィンブルドンFCのMK移転に遡る話だ。
●2000年までプレミアリーグでプレーしたウィンブルドンFCが2002年、新しいオーナーの決意により、いきなり110kmも離れたミルトン・キーンズ(MK)という街へ移転することになった。

●基本的に「フランチャイズ」を認めないフットボールでは、この移転が認められたことがかなりのスキャンダルになったが、ウィンブルドンのサポーターはすぐに行動を起こした。

●移転は1年後の2003/04シーズンからの予定だったが、地元がクラブに捨てられたと考えたサポーターは新たにAFCウィンブルドンを創設して、9部リーグに加盟することに成功した。

●そこから14年。6回も昇格を経て、MKドンズと同じリーグで対戦することになった。

●結局、AFCウィンブルドンにとって負けはしたが、MKドンズよりもリーグ順位が現在、高い。
161213-01.png





(2)PLでMahrezのアシストでVardyが決めたのは2月以来
●昨シーズンの第14節まで、Jamie Vardyがリーグ戦11試合連続でゴールをマークし、プレミアリーグの記録を更新した。

●その中、特にカウンターでMahrezとのコンビネーションは大きな武器だった。

●2015/16シーズン、第14節まで
161213-02.png

●尚、第14節のMUNに続いて、第15節のSWAもこのホットラインを止めた。記録がここでストップ。
161213-03.png

●一方、今シーズンは第14節まで、10試合連続ノーゴールだった。
(公式戦では16試合連続ノーゴールだった。) しかし、チャンスを外しまくっていたわけではない。

●レスターが不調の中、MahrezのパスからVardyへのチャンスメークが非常に少ないどころか、MahrezからVardyへとパスが繋がること自体も非常に少ない。実に1試合1本もないペースだ

●2016/17シーズン、第14節まで
161213-04.png

●しかし、MCI戦では久しぶりにMahrezとの連携がカウンターで効き、いきなりハットトリック!
161213-05.png

VardyがMahrezのアシストで決めたのは、PLでは2月のLIV戦のスーパーゴール以来。




(3)試合を巡る、関係者と記者のコメント

現地解説のJim Beglin(元リヴァプールの選手)がBravoとGuardiolaを酷評
31:05
Jim Beglin: "It's not the first time it's been raised this year. You bring in a goalkeeper who's good with his feet - what about the rest?"
「今季、課題として挙げられるのは決して初めてではないよね。足元の技術が得意なGKを取ったと言うけど、他の技術はどうなの?」

54:30
"The Premier League is making Guardiola look average"
直訳:「プレミアリーグはグアルディオラを普通の監督に見えるようにしている。」
意訳:「プレミアリーグではグアルディオラが普通の監督に見えてしまう。」


Guardiola監督は試合後の記者会見にて、自分の哲学について妥協する必要があるか聞かれると...
●"I have to improve to solve that, yeah, that's true.
「チームの課題を解決する為に、私が自己改善しなければならないのは確かだ。」


しかし、同じ記者会見で前半35分まで1回もタックルで成功しなかったと指摘されたら、ペップは嫌味...
●"It's typical here in England when they use a lot about the tackles. I'm not a coach for the tackles, so I don't train the tackles. What I want is to try to play good, score goals, arrive more. What's tackles?
「タックルばかり注目するのはさすが、イングランドらしいね。私はタックルを好むコーチではないので、タックルの指導は一切行わない。私は良いサッカーをして、攻撃して、ゴールを決めたいのだ。タックルって何だ?」

●出典:Manchester Evening News紙


ちょうど試合の前日に、Claudio BravoがGuardian紙のインタービューで「批判」について話していた
●"I play in a way that means taking risks. The problem is that, from 300 passes, you make one mistake ... I had that bad luck in one game, the Champions League tie in Barcelona, when I was sent off. But it's a risk you must take.
「私のプレースタイルにはリスクも伴う。問題は300回パスしても、1回でもミスは許されないことだ。ある1試合、バルセロナとのCL戦でそんな不運な目に遭って、退場となってしまった。しかし、このリスクは冒さなければならないものだと思っている。」

●The criticism is going to exist but I have no problem with that. In fact, I often accept criticism because I feel it helps me to get better and get stronger. And I hardly ever remember the compliments."
「批判を浴びるのは仕方がないが、私は平気だ。実は、批判が私の向上の基で力になるので、前向きに受け入れられる。そして褒め言葉は殆ど記憶に残らない。」

●出典:Guardian紙


Sunday Independent紙の記者、Miguel Delaney
●Miguel Delaney ‏@MiguelDelaney

●Manchester doesn't really feel like the centre of world football at the moment. United in sixth, and City plummeting.
「マンチェスターが世界フットボールの中心になると期待されていたが、今はとてもそんな感じがしない。ユナイテッドは6位だし、シティは急落している。」

https://twitter.com/MiguelDelaney/status/807664603756920837


ESPNのシニア・フットボール・ライター、Mark Ogden(元Independent紙、Telegraph紙)
●Mark Ogden ‏@MarkOgden_

●John Stones beginning to revert to Everton John Stones. Playing in front of Claudio Bravo won't be helping...
「ジョン・ストーンズはエヴァートン時代のジョン・ストーンズへと後退している。クラウディオ・ブラーボの前でプレーしているのも、問題を悪化させているだろうし。」

https://twitter.com/MarkOgden_/status/807663966956687360


BBC WorldのJohn Bennett
●John Bennett ‏@JohnBennettBBC

●Interesting that Ranieri says he suggested changing the formation/tactics but players weren't keen on the idea & wanted to keep 4-4-2. #LCFC
「試合後にラニエリ監督から興味深いことを聞いた。彼はシステムと戦術を変えようと提案したが、選手たちはそれが嫌で4-4-2のままが良いと説得したそうだ。」

https://twitter.com/JohnBennettBBC/status/807675252193062913


Sam Wallace記者、Daily Telegraph紙
●"It was like Guardiola had not seen Leicester last season and the way they play. They played them like last season never really happened."

●「グアルディオラが昨シーズンのレスターとそのプレースタイルを全く観ていなかったように見えた。昨シーズンのことが幻だったというように試合に臨んだ。」

●出典:Sky Sportsの『Sunday Supplement


Andy Dunn記者、Daily Mirror紙
●City looked "confused".
「シティは混乱しているように見えた。」

●"The problem was Zabaleta didn't quite know when he was playing full-back and when he was supposed to be playing in front. You could see them after 10 minutes looking to Pep and saying we are not entirely sure what we are supposed to be doing.
「Zabaletaがいつサイドバックをやれば良いか、いつ中盤に絞れば良いか、はっきり分かっていなかったことが原因だった。前半10分ぐらいから、選手たちが『どうしていれば良いか良く分からないけど...』という表情でペップに目を向けるようになった。」

●"[Jamie] Vardy couldn't believe his luck. Those simple runs which were reaping dividends last season have been blocked off this season, and first minute the gaps between [John] Stones and his full-back are huge.
「Vardyはこんなに美味しいことがあるって信じられなかっただろう。昨シーズン、効いていたあの飛び出しが今シーズン、ずっと止められていたが、この試合では前半1分からStonesとSBの間のスペースがデカかった。」

●出典:Sky Sportsの『Sunday Supplement

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png

Week 17 - Manchester City 1-3 Chelsea

(1)マンチェスターで勝てなくなった、マンチェスター勢

マンチェスター・シティはホームのリーグ戦で9月中旬以来、勝利なし
●第5節、9月17日、MCI 4-0 BOU
第8節、10月15日、MCI 1-1 EVE
第9節、10月23日、MCI 1-1 SOU
第11節、11月5日、MCI 1-1 MID
第14節、12月3日、MCI 1-3 CHE

●最後にホームのリーグ戦で勝ったのはほぼ3ヶ月前のボーンマス戦。それ以来は3分1敗。

各節、マンチェスター勢のうち1つがホームでプレーするが、これで8節連続、マンチェスター勢がホームで勝っていない
●第6節、9月24日、MUN 4-1 LEI
第7節、10月2日、MUN 1-1 STK
第8節、10月15日、MCI 1-1 EVE
第9節、10月23日、MCI 1-1 SOU
第10節、10月29日、MUN 0-0 BUR
第11節、11月5日、MCI 1-1 MID
第12節、11月19日、MUN 1-1 ARS
第13節、11月27日、MUN 1-1 WHU
第14節、12月3日、MCI 1-3 CHE

●最後にマンチェスター勢がマンチェスター開催のリーグ戦で勝ったのは、第6節だ。

●それ以降、相手も含めてどこもマンチェスター開催のリーグ戦で勝っていなかった。(つまり、7節連続引き分けだった)




(2)ペップが選んだ、チェルシー対策:3-4-3のマッチアップ

黒板:この3-4-3のミラーゲームを、4つのゾーンに分けて分析したいと思う

●WBゾーン: 両サイド、それぞれの1対1

●MCIの攻撃ゾーン: Silva・Aguero・De BruyneとCHEのCB3人という3対3

●CHEの攻撃ゾーン: Hazard・Costa・PedroとMCIのCB3人という3対3

●中盤ゾーン: 中盤の2対2(と、意外と広いスペース)




(3)マンチェスター・シティの攻撃はワイドな位置から

黒板ポイント
●WBゾーン:SaneとNavasは攻撃的な選手だが、比較的な低い位置を取り、相手WBを前へ誘う。

●MCIの攻撃ゾーン:MCIは攻撃の重点をすぐにワイドな位置に置く。特に右サイドではDe Bruyneはワイドな位置を取り、Alonsoの裏を狙うのとともに、相手CBを釣り出してスペースを作る。


MCIのアプローチ。SaneとNavasは攻撃的な選手だが、比較的な低い位置を取り、相手WBを誘う
4:15
チェルシー攻撃のとき、SaneとNavasが最終ラインまで戻り、5バック。

11:45
Fabregasが斜めのロングフィードでAlonsoへ。Navasが最終ラインまで戻っており、Alonsoの攻撃参加にケアする。Alonsoの攻撃参加を、MCIはチャンスとして見ているのでは。

12:15
CHEの攻撃が続く。SaneとNavasが最終ラインまで戻り、5バック。そしてMCIがボールを奪うと、まずAlonsoのサイドでDe Bruyneがワイドな位置で攻め、相手CBを釣り出して崩そうとする。


MCIのアプローチ。攻撃の重点はすぐに(右)ワイドな位置に置く。相手WBの裏を狙い、CBを釣り出す。
3:05
De Bruyneがタッチラインまで流れて、Cahillを釣り出す。CHEは枚数が足りているので、クロスは無事に出来るが、早い時間帯からDe BruyneがAlonsoの裏のスペースを狙うということが分かる。

5:05
サイドのバトル。NavasがAlonsoにケアしてから、右サイドまで流れたSilvaへ。既にCahillとLuizの裏を取っているので、逆サイドにものすごく広いスペースが開く。Azpilicuetaが頑張って対応。
(5:10に広いスペースが開く。その時点で何とかボールを横に送れたらDe Bruyneに大チャンス。)

8:50
AlonsoとLuizが上がったところで、FernandinhoがNavas・Agueroの右サイドにロングフィード。Azpilicuetaがまた必死に逆サイドからケアしに行くが、パスが成功していればスペースが広かった。

12:15
CHEの攻撃が続く。SaneとNavasが最終ラインまで戻り、5バック。そしてMCIがボールを奪うと、まずAlonsoのサイドでDe Bruyneがワイドな位置で攻め、相手CBを釣り出して崩そうとする。

30:20
Navasが右側で素早く前へ。Azpilicuetaがまた逆サイドから釣り出される。Luizがクロスをクリア。

37:05
Agueroが左のワイドでMosesの裏を取り、CKを獲得。CHEの最終ラインはまた形が崩れている。

42:50
Navas・De Bruyneが右サイドでAlonsoの裏へ。Cahillも交わされるので、CHEは中央で人数が足りなくなる。Kanteが戻って、Navasのクロスを受けたGundoganにタックル。


前半途中からMCIはやっと左サイドも活かすようになる。CHEは片方だけではなく両サイドを守らないと
19:45-55
Saneはずっと左サイドのタッチラインでフリーだが、ボールが来ない。(30分まで、なかなか来ない。)

33:30
Saneが左のワイドな位置で待機してから、急に動き出してMosesの外・裏を取る。Silvaがそれを見て、正確な斜めフィードを送る。最終的にAzpilicuetaがAgueroのシュートをブロックする。


CHEが両サイドの守備を意識するようになってから、MCIから右サイドからクロスしやすくなる→先制点
23:50
De Bruyneは時間とスペースを与えられ、右サイドからクロス。CHEは枚数が足りているが、待ち構える。David Luizがクロスをブロックするが、セカンドボールからMCIはFKを獲得。

34:20
Navasが外側から低いコースのクロス。David Luizがスライディングでブロック。

34:32
NavasがまたAlonsoの裏を取り、低いコースのクロス。Cahillがブロック。

42:08
FernandinhoからNavasへサイドチェンジ。NavasとDe BruyneがAlonsoを相手に2対1となり、クロス。Mosesのプレッシャーもある中、Agueroのヘディングが枠の外へ。

42:50
Navas・De Bruyneが右サイドでAlonsoの裏へ。Cahillも交わされるので、CHEは中央で人数が足りなくなる。Kanteが戻って、Navasのクロスを受けたGundoganにタックル。

1-0 GOAL
右サイドのスペースに入ったNavasがボールを受ける。逆サイドでの対応から、Alonsoがまだ中へ絞っていたので、時間とスペースがある。右サイドからクロス。Cahillが左足でクリアすれば良かったが、右足からオウンゴール。




(4)シティが攻め続けると、チェルシーの攻撃ルートが開ける

後半の序盤、CHEは反撃を図るが、それによってMCIは相手MFとD. Luizの裏を取り、益々攻勢へ
46:40
De BruyneからNavasへ。右で裏を取る。低いコースのクロスをDavid LuizがブロックしてCKへ。

47:45
CHEは前半よりも前へ人数をかけるようになっている。Saneがルースボールを拾うと、Silvaとのパスワークで高い位置まで上がったFabregas・Kanteを交わして、いきなり3対3のカウンターへ。Azpilicuetaが最終ラインから飛び出しするも失敗して3対2へ。De Bruyneのシュートが阻まれる。

56:25
ハーフウェイ付近、Aguero・Gundogan・SilvaのパスワークでKante・Fabregas・Luizを交わしてまた3対3へ。Navasが低いコースのクロス。オープンゴールだが、De Bruyneはクロスバーに直撃。

だが、同点ゴールの30秒前に警告の兆し。MCIが攻勢になり過ぎると、CHEにスペースを与えてしまう
58:20
MCIは前掛かりとなり、Willianの前に広いスペースが開く。チェルシーにカウンターのチャンス。

黒板ポイント
●中盤ゾーン:中盤の広いスペースの底、CHEのパサーが余裕を持ったところからロングフィードを。

●CHEの攻撃ゾーン:そのロングフィードを前線3人が中央で受け、素早く3対3の場面にする。或いは、サイドを使う場合はWBがオーバーラップ。

CHEの守→攻の切り替え。前半から中盤のスペース(余裕)を活かし、ロングフィードが起点となる。
3:30
中盤はオープンだから、CHEは割りと簡単に守備から攻撃へ切り替える。Kante→Moses、Hazardへサイドチェンジ、Stonesにブロックされる。

7:50
中盤にまた広いスペースがあり、CHEの守備→攻撃の切り替えに繋がる。

11:45
Fabregasが斜めのロングフィードでAlonsoへ。Navasが最終ラインまで戻っており、Alonsoの攻撃参加にケアする。

14:00
D. Luizのロングフィードから直接、前線のCostaへ。3対3の場面へ。Hazardがシュート(枠外)。

18:45
MCIは右サイドでカウンターを図る。Pedroは素晴らしい運動量でそれを止めてから、CHEが前線へ直接ボールを送って逆カウンターを図る。どちらも成功しないが、意図ははっきりしている。

25:25
Fabregasのロングフィードから左チャンネルのHazardへ。Bravoを交わすも、Stonesのリカバリーが気になってシュートはしない。(打てば良いのに!)

35:10
Mosesへ非常に長いパス。Saneの裏で胸トラップして、スローインを獲得。

39:55
Saneの攻撃から、AlonsoがCostaへのロングフィードでカウンターを図るが、ボールが長い。

1-1 GOAL
Fabregasの前に広いスペースがある。時間とスペースを与えられた中、綺麗なロングパスを送ることが出来る。Otamendiの外側でCostaが胸トラップし、内側を取る。
(なお、Otamendiのポジショニングに疑問が残る。MCIは30秒前の攻撃からまたラインを引き上げようとしているが、Otamendiだけが中途半端になり、Costaが気になってまたすぐ1人で戻る。)

60分以降、シティの前掛かり+Costaのポストプレー+Willianのドリブル=CHEの勝ち越し・追加点
62:45
Costaが低めな位置でビルドアップに参加し、Willianのドリブルへ。

63:15
右サイドでスペースを作り、Willianがクロス。

64:00
Azpilicueta がSaneにタックルし、Willian がGundoganを交わしてAzpilicuetaへ。CHE がサイドのスペースを活かすようになった。

65:55
同点に追い付かれたMCIは攻撃に多くの人数をかける。Otamendiまで攻撃参加。Silva→De Bruyneのクロス、Agueroの前でMosesがうまくインターセプト。そこから66:04、Alonsoがクリアし、Costaが走ってBravoにプレッシャーをかける。CHEはまた前線へのフィードで切り替える。

68:35
MCIはSaneに代わってClichyを投入し、Willianのサイドに対して守備を固めようとするが...

1-2 GOAL
Gundoganが左中央から飛び出しするもサポートが居ない。チェルシーがカウンターして、HazardがCostaへ縦パス。必死に行き過ぎたOtamendiを交わして、右サイドで裏を取ったWillianへ。
この流れでチェルシーが中盤の広いスペース、得意なパサー(Hazard)、Costaのポストプレー、そしてWillianのドリブルを活かして勝ち越しゴールを決める。

1-3 GOAL
MCIは前掛かりになるが、チェルシーの守備を崩せない。Chalobahがインターセプトし、Alonsoがロングフィードを相手CBの裏へ送る。Hazardがそれを受け、決める。




(5)小さなことが積み重なり、少しずつヒートアップし、大喧嘩に

小さなことの連続でシティのフラストレーションが高まり、最終的にあんな展開に。

12:40
CahillのファウルでAgueroが痛い思い。しかし、イエローは出なくて、Guardiola監督とMCIがAnthony Taylor主審に対して不満を抱き始める。その流れから12:53、Fernandinho がMosesに対してファウル.

16:00
Otamendi が足を伸ばしてCostaにタックルするが、イエローへ。Guardiolaが判定に不満。ボールを触ったのでは?これで次節のレスター戦は出場停止へ。

22:45
Aguero がPedro の踵に踏み出す。 22:50のスローで、接触するように若干足を動かせるか?

29:00 (36:40 replay)
De BruyneからMCIがカウンターし、David LuizとAgueroの接触。ファウルだったらレッドも出るだろうが、審判は流す。29:55、Guardiolaの反応。

31:10
David Luiz がボールを触ると大ブーイングを浴びる。

43:50
Costa がKolarovにファウル。カードは出ない。サポーターは怒る。

前半終了
MCIのサポーターはDavid Luizに対して「cheat=ずる」とチャントし、審判に対してブーイング

54:09
CK時、AgueroがD. Luizとぶつかってまた痛い思い。わざとじゃないだろうしD. Luizは謝るが...

56:20
David Luiz がAguero の背中を押す

68:12
De Bruyne がCahillとぶつかって、FKを求めるが、逆にCHEのFKへ

71:43
Kolarov がWillianとぶつかる。ノーファウルだが、Willianが倒れたままだからプレーが止められて、MCIは攻撃の勢いを失ってイライラする。

77:20
AlonsoがNavasを蹴ってしまう(Navasは貰いに行く部分あり?)。PKは無し。

78:05
Kolarov とHazardがぶつかり合う。CHEのFKで、MCIがまたイライラ。

80:25
平常心を失った(?)Fernandinho はKanteに対してファウル。イエローも出なくてラッキー。

80:55
Navas がHazardのシャツを引っ張ってイエロー。

83:18
Costa が倒れてプレーが止まる。シティがまたイライラする。

86:00
Kolarov がHazardに対してファウル。タッチラインでGuardiola 監督がイライラする。第4審判のMike Deanとずっと話している(86:27)。

87:35
今回はMCIに有利なジャッジ。Guardiolaが皮肉って大喜びを見せる。

95:20
Agueroのタッチが長い。D. Luizが激しくクリアしに行き、Agueroのファウルが大喧嘩のきっかけに。

試合終了後
Guardiola がFabregas の挨拶を無視? (或いは、自分の選手たちをコントロールしたかった?)


Guardiola v Fabregas (出典:Marca紙

●Marca紙によると、Fabregasが2011年にバルセロナへ戻ってからGuardiolaとの関係が悪化したという。元々、Tito Vilanovaや同じカンテラ出身のLionel MessiとGerard PiqueがFabregasの復帰を強く求めていたが、Guardiola監督はそこまで高く評価しなかったという。

●そして、FabregasがGuardiolaの最大のライバル、Jose Mourinhoが率いるチェルシーに移籍したとき、Guardiolaとの関係が更に悪化したという。


Agueroは今季2度目の出場停止処分とのことで4試合。Fernandinhoは3試合。

●第15節、12月10日、LEI v MCI (2人とも出場停止)
第16節、12月14日、MCI v WAT (2人とも出場停止)
第17節、12月18日、MCI v ARS (2人とも出場停止)
第18節、12月26日、HUL v MCI (Fernandinhoは復帰できる。Agueroは出場停止。)
第19節、12月31日、LIV v MCI (Agueroは復帰できる。)
161207-03.jpg


Paul Wilson記者、The Guardian紙 (LINK
●見出し:Manchester City's lack of mental edge exposed in Pep Guardiola challenge
「ペップ・グアルディオラがチャレンジした試合でマンチェスター・シティはメンタルの足りないところが暴露された」

●Pep Guardiola said this would be a good test of Manchester City's level and so it was. In football terms they are right up there with Chelsea, almost identical for an hour or so, but when it comes to temperament they are lacking. City ... are not as good at closing out games or hauling themselves back into them as their opponents.
「ペップ・グアルディオラ監督はこの試合がマンチェスター・シティのレベルを確認する上で良いテストになると言っていた。やはり、その通りだった。フットボールに関しては、チェルシーとはレベルがほぼ同じで、1時間強は全く同じレベルだった。しかし、メンタルに関してはシティは下回っている。試合に勝ち切ることや、劣勢を跳ね返すことが、チェルシーほど得意ではないことが分かった。」

●They are not as good at keeping their cool either, which is why they ended up with nine men following a bad-tempered fracas at the end occasioned by Sergio Agüero's blatant and petulant foul on David Luiz.
「平常心を保つことも、チェルシーほど得意ではない。だから、終盤にSergio Agüeroが短気にDavid Luizに対してあからさまなファウルをしてしまったし、その行為がもたらした喧嘩の末、シティが9人に終わってしまった。」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png

Week 16<後半>: プレミアリーグで出場した素人、Aly Dia

●1996年11月23日。土曜日のプレミアリーグ戦で、サウサンプトンはホームでリーズ・ユナイテッドを迎える。

●前半32分、エースFWのMatt Le Tissierが負傷し、交代を余儀なくされる。

●代わって入るのは加入したばかりのAly Dia。早くも初出場!

●Diaは30歳で、セネガル代表FW。代表では13出場5得点というなかなかの記録。

●Diaは何と前年のBallon d'Or受賞者でACミランのエース、George Weahが直接推薦した選手だ!また、Weahはいとこであり、かつてはPSGで一緒にプレーした。

●Diaは他にもフランスで幾つかのプロクラブでプレー経験があり、イタリアのボローニャでもプレーした。

●Diaは...実は、嘘ばかりだ。

●セネガル人ではあるが、フットボール選手としてはただのアマチュア。それまで、同じようにフィンランドのチームも騙して数週間所属したし、ドイツ2部のVfB Lübeckも騙して2試合にて途中出場を果たした。

●今回はそれより遥かに大きな舞台、プレミアリーグで出場機会を手に入れたのだ。

Southampton 0-2 Leeds United、1996年11月23日 (プレミアリーグ第14節)
161130-04.png
出典

※Getty Imagesでは試合の写真やLe Tissierの負傷する写真はあるが、Diaの写真は無い。地方のSolent News and Photo AgencyにはDiaの写真がある。
http://solentnews.co.uk




成りすましを何度か繰り返して...
●友人(代理人?)がGeorge Weahに成りすまし、幾つかのクラブに電話をかけてみた。

●「PSGで一緒にプレーした俺のいとこ、すごくうまいけど今はフリーだから、取らない?」

●もちろん、こんな急な話には簡単に乗るクラブは少ない。


Harry Redknapp、当時:ウェストハム監督(Guardian紙)
"I keep getting phone calls at the training ground from a guy: 'Georgie Weah.' Georgie Weah was world footballer of the year. 'Lovely George, you wanna play for West Ham?' He said: 'No, I have a player for you.' I thought: 'This is a wind-up.'"
「練習場である男から何回も電話がかかってくる。George Weahだって。世界最優秀選手のGeorge Weah。私は『George、ウェストハムでプレーしたいの?良かった!』と言ってみたら、相手は『いえいえ、良い選手を紹介したいんだ』と答えた。冗談だろうと思った。」

Bill Lodey、当時:ポート・ヴェイル(2部)の総務部長(Guardian紙)
"He was recommended to us by someone very important and he played one reserve game against Middlesbrough. To be honest he didn't impress, and we last heard of him at Rotherham."
「ある有力者にDia選手を紹介してもらい、リザーブのミドルスブラ戦で1回出場した。正直に言えば、あまり印象が良くなかった。その後、ロザラムに行ったと聞いた。」

Tony Pulis、当時:ジリンガム(3部)の監督(Guardian紙)
"I was shocked to receive a call from someone claiming to be George Weah recommending a friend of his. I wouldn't have thought a man like Weah would have heard of Gillingham, but we gave the lad a trial and he was rubbish."
「George Weahだと名乗る人から電話がかかってきて、友人の選手を紹介されてびっくりした。Weahという大物は普通、ジリンガムのことを知らないのでは?とにかく、トライアルの機会を与えてみたが、ひどかったよ。」

Gordon Strachan、当時:コベントリー・シティ(プレミア)監督 (FourFourTwo、2012年)
"We got a call saying that this guy was the cousin of George Weah and it was agreed that he could come in and train with us.
「George Weahのいとこを紹介したいという電話があったので、一回、練習に参加させてみることにした。」

"I said to my assistant, Gary Pendry, 'Let's have a look at him: put a game on, eight vs eight.'
「アシスタントのGary Pendryに8対8の練習試合を行い、Dia選手を見てくれとお願いした。」

"I asked what he thought of him and he told me he looked like a guy who had won a prize from the Evening Telegraph to train with us for the day. That was it: I had to go and tell him he wasn't for us, and could have easily added, 'You're more than likely not for anyone.'"
「そして感想を聞いたところ、地方紙の富くじでも当たって、1日練習に参加する賞品を貰った一般人じゃない?と言われた。だから本人に『駄目だ』と伝えた。『どこに行っても駄目だぞ』と言えば良かったかもね。」




...やっと「カモ」を見つける
●1996年11月に6部リーグのブライス・スパルタンズに加入し、9日のBoston United戦でデビューを果たした。

●地方紙の見出しは『アフリカのエースがブライスにやってきた』と。
161130-05.jpg

https://twitter.com/BlythSpirit66/status/796246731004448768/photo/1

●しかし、6部ではDiaが満足しなかった。だから、彼と友人(代理人?)が電話を続けてみた。

●そして1週間後、またチャンスを得られた。今回は何とプレミアリーグのサウサンプトンだった!

●監督のGraeme Sounessが完全にその話を信じてしまっていたようだ。リーズ戦の前日にテレビのレポーターに新加入のDia選手について語った。

Graeme Souness、試合前日のテレビインタビュー
"He's played with George Weah at Paris Saint-Germain, and last year he was playing in the second division in Germany. We've said, come down and train with us for a week or so and see what's what ... When someone like that gives you a recommendation you tend to sit up and take notice."
「パリ・サンジェルマンでGeorge Weahと一緒にプレーしたし、去年はドイツの2部でプレーした。だから1週間ほど練習に呼んで、様子を見ようと思った。Weahのような大物が薦めてくれるなら、やっぱりそれは興味があるね。」




リザーブ戦が中止となり、何といきなりトップチームでデビュー

●本来の予定では、Dia選手は水曜日のリザーブ戦(アーセナル戦)でデビューを果たす予定だったが、大雨の影響で試合が延期となってしまった。

●そしてエヴァートンに7対1で大敗したばかりのトップチームはいきなり緊急状態へ!

●FW陣に怪我人続出の影響で、週末のリーズ戦に臨むトップチームの練習に、その週の木曜日から合流することになった。

Graham Hiley記者、Southern Daily Echo紙(地方紙)、1996年11月20日
"The pacy former Paris Saint-Germain star is on a week's trial at The Dell after being recommended to Graeme Souness by World Footballer of the Year, George Weah, but a waterlogged pitch has robbed him of the opportunity to impress tonight."
「世界最優秀選手のGeorge Weahが直接Graeme Souness監督に推薦したことから、足の速い、元パリ・サンジェルマンのエース、Ali Diaが現在1週間のトライアルで練習に参加している。本来は今夜、リザーブ戦でアピールする機会があったはずだが、ピッチコンディションによってそのチャンスが奪われてしまった。」

Terry Cooper、当時のサウサンプトンコーチ、FourFourTwo
"We were so short of numbers striker-wise that the boy trained with us on the Thursday and the Friday - and to be fair to him, he looked OK in the small-sided games - and Graeme said we would have to put him on the bench because we didn't have anybody else.
「FW陣はあまりにも人材不足だったので、木曜日と金曜日にはトップチームの練習に合流させた。ミニゲームではそんなに悪くなかったし、他にも誰も居なかったので、Souness監督はベンチ入りを決めた。」

"We were decimated - we only had one fit striker. Now, you can check a player's background, but back then we had to take a chance on players.
「チームがぼろぼろだったよ。コンディションの整えたストライカーが1人しか居なかった。今なら簡単に選手の経歴を確認できる時代だが、当時はギャンブルするしかなかった。」

Matt Le Tissier (Telegraph紙)
"He came down on the Friday morning and he trained with us and he played in the five-a-side. To be honest he wasn't very good. Triallists come and go and I thought this was going to be the same thing and we wouldn't see him again.
「金曜日の午前中に一緒に練習して、5対5の試合にも参加していた。正直、あまり良くなかったね。トライアルで暫くやってくる選手はたくさん居るし、あいつもまたすぐ消えるだろうと思った。」

"We turn up the next day to play against Leeds and he's named on the subs bench, which I thought was a bit strange.
「だから翌日、リーズ戦の日にスタジアムに着いてベンチ入りだと知らされたら、かなり不思議に思った。」

"After about twenty minutes I get a calf strain and it's me that comes off for Ali Dia.
"It was unbelievable. He ran round the pitch like Bambi on ice, he was so embarrassing to watch Graeme Souness actually had to take him off again."
「そして前半の途中に私は脹脛を痛めて、私との交代でそのAli Diaが登場した。信じられなかったよ。あいつは生まれ立ての子鹿みたいにピッチを回った。見ているだけで恥ずかし過ぎて、Graeme Souness監督にとってまた交代させるしかなかったね。」

Matt Le Tissier (FourFourTwo)
"The funny thing was he was running everywhere the ball wasn't - I think he was trying to avoid it. I suppose he thought that if he didn't touch the ball no one would ever get to see just how bad he was."
「そこで面白かったのは、Diaがボールの絶対来ないところを走り回っていたことだ。ボールを避けようとしていたと思う。たぶん、ボールを触らなければ、どれだけ下手なのかがバレないと思っていただろうね。」

Graeme Souness監督、試合後コメント(記者会見)
"I sent him on today having never seen him play Premiership football. But I do not have any strikers. Am I enjoying this? Do you enjoy a kick in the bollocks. It just goes to show the state of things at the club at the moment that a player I have never even seen, let alone watched playing in a game, was able to play in the Premiership."
「確かに、私はプレミアリーグ戦で見たことがない選手を投入した。だが、他にストライカーが居ないんだよ。これを楽しんでいると思う?金玉を蹴られるのと同じくらい楽しいよ。公式戦で見ていないどころか、練習ですらちゃんと見ていない選手がプレミアリーグ戦に出場した、ということはクラブの現状を物語る。」




この人、一体誰...?

●しかし、最初はあまり話題にならなかった。

●チームは負けてしまったし、Diaの実体よりも不調から抜け出すことで精一杯だった。

●むしろ、同じくDiaの背景を調べ切らなかった新聞がまさか注目選手として挙げてしまった... (あまりにも知られていないということで。)

The Independent紙の『Watch out for...』注目選手コーナー、1996年10月25日
"Watch out for... Ali Dia (Southampton). At 30 years old, the out-of-contract former Bologna striker - the first-half substitute for Matt Le Tissier on Saturday - may have much of his career behind him, but his arrival at The Dell comes on the personal recommendation of George Weah, a former team-mate at Paris St-Germain."
「注目選手:Ali Dia(サウサンプトン)。元ボローニャFWで契約が満了となっていた彼は土曜日の試合にMatt Le Tissierに代わって前半の途中から出場した。30歳とのことでキャリアの終盤かもしれないが、PSGでの元チームメイト、George Weah本人からの推薦によってサウサンプトンの加入が実現した。」

Matt Le Tissier (Guardian紙)
"The mood was pretty sombre in the dressing-room afterwards, so we didn't really discuss him then. I think on Monday morning it was probably more of a topic. By then he was gone, never to be seen again. Apparently he came in for treatment on the Sunday morning, according to the physio. He was told to report again on Monday, and he just did a runner. I don't think he paid for his hotel bill or anything."
「試合後は負け試合で落ち込んでいたので、ドレッシングルームであいつの話はしなかった。話題になったのは次の月曜日だった。その日にはもう消えていたし、二度と会わなかった。フィジオによると、日曜日の朝に姿を現してマッサージを受けたが、月曜日にまた来いと言われたところであいつは逃げた。ホテル代も払わず、無銭宿泊だったらしいし。」

●リーズ戦の10日後、1996年12月3日にはDiaがサウサンプトンにリリースされたと地方紙のSouthern Daily Echo紙が報道した。

●2週間の所属で、Diaは2000ポンド(当時のレートでは約38万円)の賃金を貰った。

●しかし、その2週間後、1996年12月15日にはSunday Mirror紙が「サウサンプトンが騙された」というふうに報道した。

●それにより、初めて大きな話題になった。クラブを徹底的に取材する地方紙の記者も気づいていたので、クラブに警告しようとしたが、無視されたという。

Graham Hiley、Southern Daily Echo紙の記者 (FourFourTwo)
"A couple of days after he had played, I got a phone call from a fan who said that there might be something dodgy about this because he had been to Bournemouth spinning the same story.
「Diaが出場した試合の数日後、ファンから電話があった。このDiaは何か怪しくて、ボーンマスも同じように騙そうとして失敗していたといった。」

"I recall ringing Southampton and saying, 'Are you sure about this guy? You might want to look into him.' I got a fairly dismissive answer in reply."
「だからサウサンプトンに電話して、『この人、大丈夫?ちょっと調べといたほうが良いかも』とアドバイスしてみた。だが、クラブは私の心配を退けた。」

Lawrie McMenemy、当時:サウサンプトンのDirector of Football (1996年12月)
"He came on and clearly wasn't up to the standard - and we let him go the next week."
「途中から出場して、明らかにレベルが足りなかったので放出した。それだけだ。」

Ali Dia、本人 (Guardian紙にて引用。当事件に関する騒ぎを受けて)
"I've been made to look a con man, it's not true. I employed an agent when I came to England and he is the con man. He must have been calling all these clubs pretending to be George.
「私は詐欺師に見られるように色々と言われている。しかし、私はそんなことではないよ。私はイングランドにやってきたとき、代理人を雇った。彼が詐欺師だろう。恐らく、彼がGeorge Weahに成りすましてクラブに連絡しただろうね。」

"[Souness] told me that George rang him and said that I'm a good player. I'm not afraid to say that. I'm a good player, I can prove that."
「Souness監督はWeahと電話で話して、私が良い選手だと聞いた旨を私に伝えた。それも、嘘ではないよ。だって、私は良い選手だもん。それは証明できる。」




事後も、Souness監督は騙されたことを否定

Graeme Souness監督 (Graham Hiley記者著の『Saints and Sinners』にて引用)
"The story that we were conned could not be further from the truth. We knew in the first ten minutes that he was hopeless ... Truthfully we knew straight away he was not good enough for the Premier League, but we were desperate."
「私達が騙されたという話は、事実とまるで懸け離れているよ。彼を10分見ただけで下手糞だって分かった。正直、プレミアリーグに通用しないのは分かっていたが、絶望的な状況だった。」

Graeme Souness監督、FourFourTwo、2004年
"The bottom line is that we had watched him in training and we had made up our minds that he wasn't good enough. But then in training we had a problem with Le Tiss, and at the same time three other strikers went down injured.
「結論を言えば、練習で見たところで彼はレベルが足りないことが分かっていたのだ。しかし、そこで練習でLe Tissierが足を痛めたし、そのタイミングで他にFW3人も怪我していた。」

"Terry Cooper suggested that maybe we should register him for just one game and if he has to go on, he has to go on. And lo and behold, someone was injured within 20 minutes of the kick-off so we had to throw him on. It was quite remarkable as he went for about half an hour without touching the ball. I'd never seen that before."
「だからTerry Cooperコーチは1試合でも登録しておいて、必要なときだけ使うというふうに提案した。結局、前半の途中に怪我人が出てしまったので、仕方なくDiaを投入した。すごかったよ。ある時間帯、30分ぐらいで一度もボールを触らなかった。そんなこと、過去に見たことがなかったね。」


その後、Diaは5部チームでも通用せず

●サウサンプトンにリリースされた後、Diaは1996年12月に5部のゲーツヘッドFCに加入した。そのレベルでは、デビューのバース・シティ戦(5−0勝利)をゴールで迎えた。

●ゲーツヘッドFC加入時に1500ポンドのボーナスを貰った。そこから、クラブ最高額となる400ポンドの週給を貰った。

●ゲーツヘッドFCに居たときも同じような経歴を語ったし、「パリ・サンジェルマンで一緒にプレーした」David Ginolaとの2ショット写真をチームメイトたちに見せた。

●しかし、ゲーツヘッドはGinolaが当時所属していたニューカッスルの郊外にあるし、両クラブ間の関係も深いので、簡単に確認できることだった...

John Gibson、当時:ゲーツヘッドFCのオーナー(FourFourTwo)
"I obviously knew David through my work with Newcastle and he didn't know who the hell Dia was - when he saw the picture he said it was the kind of snap that people took with him whenever he set foot inside a Newcastle nightclub."
「ニューカッスルとのやり取りでDavid Ginolaを知っていたので、聞いてみた。彼はDiaが一体誰なのか知らなかった。写真を見せてみたら、ニューカッスル市内のナイトクラブに行く度にお願いされる、ただのファンとの2ショットだと言った。」

Mickey Barrass、ゲーツヘッドFCサポーターウェブサイト(FourFourTwo)
"He just loved the fans singing his name. Even when we were singing 'Ali Dia, is a liar, is a liar', he would have a huge grin on his face."
「Diaはただサポーターに名前を歌ってもらえるのを楽しんでいた。『Ali Diaは嘘つきだろう!』とチャントしても、彼は満面の笑みを浮かべた。」


●結局、8試合で2ゴールを決めたが、監督交代後に実体がバレて、またリリースされた。

●Jim Platt新監督がスラウ・タウン戦の後半途中にDiaを投入したら、あまりにも出来が悪過ぎるとの判断で、また同じ後半途中に下げることにした。

●そこから、ゲーツヘッドFCにも放出されることになった。




20年後、やっと本人が話す

●Diaはその後、イングランド北部のノーサンブリア大学に入学して、ビジネス学を専攻に2001年に卒業。
●現在はロンドン住まいでビジネスマンをやっているようだ!

Ali Dia、Bleacher Report、2016年11月23日
"They have portrayed me as a liar, and that is bull.
「マスコミには嘘つきとして描かれてきたが、それこそ嘘だ。」

"I did play for Paris Saint-Germain, in the second tier, in 1986-'88. And I helped win the Paris Cup, in either 1986 or 1987...it's been a while."
「パリ・サンジェルマンでちゃんとプレーしたよ。1986年から88年、2部リーグのときだ。そして、パリ・カップの優勝にも貢献した。それは1986年だったか1987だったか、もう昔のことだからはっきり覚えていない。」

Dia says he trained with the Saints for a month-and-a-half before entering that Premier League match against Leeds United.
「あのプレミアリーグのリーズ・ユナイテッド戦に出場する前に、1ヶ月半もサウサンプトンの練習に参加していた。」

"I trained against the first team, on the reserve team, for two weeks.
「その中、リザーブチームのメンバーとして2週間もトップチームとの共同練習に参加していた。」

"[Southampton] knew my abilities. There was a final game before the Leeds game--11 on 11--and I scored two or three goals. I was on fire.
「だからサウサンプトンは私の実力を分かっていた。リーズ戦の前に11対11の練習試合があったが、私は2か3ゴールも決めた。大活躍だったよ。」

"I earned the spot to be there.
「だから実力でその機会を手に入れたということになるだろう。」

"I have a clear conscience. God is going to be our judge."
「私は心にやましいところがない。神様が真実を知っているだろう。」


だが、今の話もどうしても怪しい
●1986年~88年、PSGはリーグ・アン所属だった。2部ではなかった。

●各メディアがPSGと直接確認したところ、Ali Diaがプレーした記録がない。

●サウサンプトンデビューのちょうど2週間前に、Dia選手は6部のブライス・スパルタンズの試合に出場した。これはローン移籍ではなかったし、ブライス・スパルタンズのコメントや報道ではサウサンプトンの話が一切出ない。

●だから、1ヶ月半もサウサンプトンに居てからリーグ戦に出場したという話は絶対に間違っている。


出典
The Guardian紙 / FourFourTwo / Daily Telegraph紙 / Bleacher Report

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png

Week 16<前半> - Swansea City 5-4 Crystal Palace

(1)サック・レースではPardew監督が圧倒的に「本命」

161130-03.png

Dominic Fifield記者とStuart James記者によると、主要株主が早期改善を求めているという
●"The Crystal Palace co-owners will need to see evidence that Alan Pardew is willing to make radical changes to his own approach and to gauge the players' reaction in training this week before determining whether he still has a future as manager of the ailing London club.
「クリスタルパレスの監督として、Alan Pardewに未来があるかどうかを判断する前に、オーナー達は確認したいことがある。Pardewに自らのアプローチを大幅に変える覚悟があるか。それから、選手達は今週の練習で良い反応を見せるか。」

●"Although there is still a desire within the set-up in London for Pardew to turn the situation round and hoist the team back into mid-table, patience is starting to wear thin.
「Pardewのままで状況を改善し、また中位までチームを引っ張り上げてもらいたいという思いは、クラブのトップにまだ残っている。しかし、我慢の限界に近付いているのも確かだ。」

●"Two of Palace's co-owners, the American major-shareholders David Blitzer and Josh Harris, have witnessed only six Premier League victories since each bought an 18% stake in the club a little under a year ago.
「アメリカ人の主要株主、David BlitzerとJosh Harrisが1年弱前にそれぞれ18%の株式を購入してから、リーグ戦でわずか6勝しか見られていない。」

●"All parties are acutely aware of Sam Allardyce's availability as an alternative."
「また、関係者全員は、後任者候補としてSam Allardyceがフリーということを痛感している。」

●出典:The Guardian、11月27日




(2)2016年、イングランドのプロリーグで圧倒的に最悪の成績

実は、プレミアから4部までイングランドのプロリーグ全チームの中、パレスの成績が圧倒的に最悪だ!
●2016年になってから、4部まで全チームのリーグ戦成を確認したところ、1試合平均勝ち点に関してクリスタルパレスが圧倒的にワーストである。
161130-01.png

●出典:1週間前のSky Sportsデータを、ベンが手動で更新したもの。

●対象:2016年1月1日以降、プレミアリーグ~4部までのリーグ戦、全試合。

●なお、プレミアリーグ~4部リーグには92チームが居るが、このデータでは2015/16に4部から降格した2チームと、2016/17から4部に昇格している2チームを全て含めている。

●但し、その4チームの対象はの4部リーグの試合データのみで、5部リーグの試合データは対象外。




(3)Pardew監督の言い訳
●Pardew監督は負けるとき、色々と言い訳を言って人のせいにする傾向が、少しずつサポーターの批判を買っている。

●例えば、ホームで2対4で負けた、第10節のリヴァプール戦。

●プレミアリーグハイライト番組のインタビューでは、Pardew監督が審判の選択を言い訳にした。昨シーズン、同じカードでリヴァプールにPKを与えた同じ審判が何でまたこのカードを担当するの?と。

●だが、それよりも同じ試合後のBBCでのインタビューのほうがベンは気になった。

●セットプレーで失点するのは、クリスタルパレスらしくないって...?

BBC: Pardew監督の試合後インタビュー、第10節、Crystal Palace 2-4 Liverpool (10月29日)
●"Two set plays though, that is not us. We have to tighten up on that area. Our centre-backs are good but they got done. It is something we have to work on."
「セットプレーから2失点したなんて、私達らしくないね。それは許せないね。普通は私達のCBがそこが堅いが、今日はやられてしまった。今度頑張らないと。」

●出典:BBC、10月29日




(4)「私達らしくない」と言うけど、セットプレーからは失点だらけ
BBCのデータ:今シーズンのプレミアリーグ、失点から最も多くの失点をしているチーム
161130-02.png




(5)元選手は擁護するも、記者の情報が気になる

BBCの『Match of the Day』では、Phil NevilleがAlan Pardew監督を擁護して選手たちを批判
●Sometimes you can see a manager has picked the wrong team, is using the wrong tactics or has signed the wrong players.
「時々、監督のメンバー選択や戦術、補強が明らかに間違っているケースがある。」

●But those are not the reasons why Crystal Palace lost at Swansea, or why they are struggling now.
「しかし、クリスタルパレスがスウォンジーで負けたのも、不調に陥っているのも、このような理由ではない。」

●They are in this situation because their players' application when they are defending set-pieces is nothing short of a disgrace.
「むしろ、セットプレーで守備のとき、選手たちの集中力がひどいとしか言いようがない。それが不調の原因だ。」

●You might see those statistics as being down to the manager but, against Swansea, Pardew set his players up in the perfect position to defend them, and they let him down.
「失点のデータは監督のせいだという人もいるだろう。だが、スウォンジー戦では、Pardew監督が指示したポジショニングは、セットプレー守備に完璧だった。悪かったのは選手たちだ。」

●You cannot blame Pardew for that. As a manager, you cannot defend them yourself - successfully stopping teams at set-pieces is down to the players.
「だからPardew監督を批判してはならない。監督は自らピッチに立って守ることができないからね。」

●At the moment I think Palace's players lack courage, determination and concentration at set-pieces, and they are paying the price for it.
「最近、パレスの選手たちはセットプレーで守備のとき、勇気、やる気、また集中力に欠けている。」

●出典:BBC、11月26日


Dominic Fifield記者、試合前日の記事でクリスタルパレスの試合準備について気になる情報を
●Pardew and his coaching staff have spent the week working on defensive drills as Palace are without a league clean sheet in 17 games, stretching back to mid-April.
「パレスは4月からリーグ戦17試合でクリーンシートが無し。だから、Pardew監督とコーチ陣はスウォンジー戦まで1週間をかけて、守備の訓練に集中してきた。」

●The manager has put posters on the walls of the training ground detailing Swansea's strengths and weaknesses... to remind his players of what awaits, a tactic he first employed at West Ham earlier in his career.
「ウェストハム監督時代からずっと続いている習慣として、Pardew監督は練習場の壁にあっちこっち、ポスターを貼っている。そのポスターには、相手スウォンジーの長所と短所を選手たちに良く理解してもらう為の内容が書いてある。」

●One points out Gylfi Sigurdsson has contributed to 53% of the Welsh team's league goals.
「例えば、ある1枚には、スウォンジーがリーグ戦で決めるゴールのうち、53%にもGylfi Sigurdssonが絡んでいるというデータが書いてある。」

●出典:The Guardian、11月25日(試合前日)


これは心配です。何故なら...
●つまり、相手をちゃんと研究しているし、警戒すべきところも把握しているし、それをちゃんと選手たちに伝えているし、その対策を練習しているようだ。

●しかし、こんなに伝えているのに、Sigurdssonがこの試合で5ゴールに絡んた。
(1ゴール、1アシスト、それから3回のセットプレーを蹴った。)

●だから、Pardew監督が選手たちに伝えていることが、選手たちに伝わっていないのでは?
それか、指導法が完全に間違っているのでは?

●因みに、そろそろ新しい守備専門コーチが就任する可能性があるようだ。

●しかし、最も心配すべきなのは、このような話はこれまでも、Pardew監督のキャリアで既に何度か聞いたことある、ということだ。




(6)ニューカッスルの声:「だから、ずっと言ってたでしょ!」

ニューカッスルのライター、Michael Hudson氏 (ベンのオリジナル取材)
●As for Pardew, it's absolutely no surprise what happened at Newcastle or what's happening at Palace because Pardew's record is the same at every club he's managed since West Ham.
「Pardewに関しては、ニューカッスルで悪くなったのも、パレスで悪くなっているのも、何の驚きでもない。ウェストハム時代から彼が指揮を執るクラブは全て同じだから。」

●After about 50 games, whatever initial positive impact he has disappears and his teams fall off a cliff.
「最初はポジティブな影響があるかもしれないが、就任して50試合ぐらいでそれが消えて、チームの成績が一気に悪くなる。」

●What then saves his job are spurts of 3-4 wins in a row, as happened at Palace earlier this season, but the overall decline is marked and permanent.
「そこで今季のパレスにもあったように、たまに3、4連勝と一旦、好調の時期もあるから、解任には至らないが、全体的な劣化が相変わらず続いて、止められない。」

●He's too predictable in terms of tactics, substitutions and, above all, excuses.
「彼の戦術、采配、それから何よりも言い訳が、いつも分かりやす過ぎる。」

●As Newcastle fans used to mock, "Alan Pardew it's never your fault."
「ニューカッスルでは皮肉って歌ってたよ。『Alan Pardew、絶対あなたのせいではないね』と。」

●He usually has his 11 first team players who are loyal because he picks them regardless of form, but even they must join other squad members in questioning him when they're constantly blamed for errors and Pardew never holds his hands up himself.
「彼は基本的にコア11人を持っている。パフォーマンスを問わず、彼は必ず先発に選ぶからその11人は忠実になる。しかし、そこでPardewは一切自分の責任を認めず、いつも選手たちのせいにするので、その忠実なメンバーもやがて、他のメンバーとともに監督を疑うようになる。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png

Week 15 <後半2>: ドイツのミュラー選手VSサンマリノの報道官

サンマリノとのアウェイ戦で0-8と圧勝したドイツ。ミュラー選手の試合後コメント
●「サンマリノのようなチームと試合をすることはプロサッカーとは全くかけ離れたものだ。過密日程の中、こんな試合をする意味が分からない。」

●「彼らにとっては、世界の強豪チームと対戦できる特別な機会なのは理解できる。ラフなプレーを使ってしか守れないのも理解できる。だからこそ、このような試合では無駄なリスクを負うのではないかと疑問に思う。」

●出典: Goal.com


サンマリノ国内オリンピック委員会の報道官、Alan Gasperoni氏がFBで面白く反応
●"Dearest Thomas Muller,
「愛しいトーマス・ミュラーへ」

●"You're right. The games like that on a Friday night, they're nothing. To you. On the other hand, dear Thomas, you do not need to come to San Marino for almost nothing in a weekend in which, without the Bundesliga, you could have spent with your wife on the sofa of you luxury villa or, who knows, you could have taken part in some events organised by your sponsors to bank several thousand euros.
「そうだね。この前の金曜日のような試合は、あなたにとって意味がなかったよね。ブンデスリーガがないことで、あなたは妻と豪華な邸宅のソファーに腰をかけていられることができたはずだったね。或いは数千ユーロを稼ぐためにスポンサーによって組織された何かのイベントに参加することもできたはずだったね。そんな週末に、あなたはほぼ無償でサンマリノまで来る必要はない。」

●"I believe you, but allow me to give 10 good reasons for which I think the San Marino-Germany match was very useful and if only you could could think about it and let me know what you think:
「それは理解できるよ。しかし、私はサンマリノ対ドイツの試合が非常に意義のあるものだったと思っているので、10の理由を挙げさせて下さい。これについてちょっと考えて、ご意見を教えて頂ければ幸いです。」


その「10の理由」とは
●1. It served to show you that not even against the teams as poor as ours you can't score a goal - and don't say you weren't p***ed when Simoncini stopped you scoring...
「(1)この試合から我々のような弱い相手にさえ、あなたがゴールを決められないということが分かった。あなたのゴールをGKのSimonciniが拒んだことに怒っただろうね。」

●2. It served to make it clear to your managers (and even at Beckenbauer and Rummenigge) that football is not owned by them but by of all those who love it, among which, like it or not, WE are included.
「(2)サッカーは強豪チームだけのものではない。サッカーを愛する全員のものだ。あなたたちにとっては嫌かもしれないが、その中には我々も含まれる。この試合をすることで(Beckenbauer氏とRummenigge氏も含む)あなたの監督たちにそれが伝わっただろう。」

●3. It served to remind hundreds of journalists from all over Europe that there are still guys who follow their dreams and not your rules.
「(3)欧州各国のジャーナリスト数百人にとって、あなたたちのルールではなく自分たちの夢を負う選手がまだ居ることが分かっただろう。」

●4. It served to confirm that you Germans you will never change and that history has taught you that "bullying" is not always guarantee of victory.
「(4)あなたたちドイツ人は今も変わらない。傲慢な態度では勝利につながるとは限らないと歴史で学ばなかったのかね。」

●5. It served to show the 200 guys in San Marino who play the game for whatever reason why their coaches ask them to always work their hardest. Who knows - maybe one day all their sacrifice will not be repaid with a game against the champions of the world.
「(5)それぞれの理由でサンマリノでサッカーをプレーする200人にとって、コーチに全力を尽くすことを求められる理由が改めて確認できた。いつの日にか、世界王者と試合をする機会に恵まれる可能性の為に、みんなが頑張っているのだ。」

●6. It served to your Federation (and also to ours) to collect the money of image rights with which, in addition to paying you for your trouble, they can build pitches for the kids of your own country, schools, and make football stadiums safer... Our Federation, I'll let you in on a secret, is building a new football pitch in a remote village called Acquaviva. You could build it with six months of your salary, we'll do it with the rights of 90 minutes of game. Not bad right?
「(6)あなたのサッカー協会にとって、放映権料で良い収入になっただろう。そのお金であなたの報酬を支払う他、あなたの国の子どもたちにピッチや施設を作ることできる。スタジアムを更に安全にすることもできる。因みに、我々の協会はAcquavivaという小さな村で現在、サッカーピッチを作っているよ。あなたはたった半年の給料でできることだが、我々はこの試合の放映権料でそのコストを賄おうと思っている。良いだろ?」

●7. It served to a country as big as your pitch in Munich to go in the paper for a good reason, because a football match is always a good reason.
「(7)あなたのミュンヘンにあるスタジアムと同じぐらいの面積の国が良い理由で新聞に取材してもらうきっかけとなった。サッカーの試合は必ず、良い理由になるからね。」

●8. It served to your friend Gnabry to begin with, in the national team and scoring three goals.
「(8)あなたの友達、Gnabryにとっては意味があっただろう。代表デビューを果たし、3ゴールも決めたよね。」

●9. It made some Sanmarinese people a little happy to remember that we have a real national team.
「(9)サンマリノの国民にとって、本格的な代表チームがあるということに快感を覚えることができた。」

●10. It's served to make me realise that even if you wear the most beautiful adidas kits, underneath you're always the ones that put white socks under their sandals.
「(10)そして最後に、あなた達が一番美しいアディダスのユニフォームを着るとしても、中身はサンダルに白い靴下を履く、同じダサい人たちだということを私は再確認できた。」

●With Love, your Alan.'
「Alanから愛を込めて」


ベンは「代表戦の試合数を減らす」という意味では賛成かも...

代表ウィークが多過ぎて、クラブのシーズンを邪魔するという声も多い
●現状では、代表ウィークが年に5回ある。欧州シーズン中に4回、終了後に1回ある。

●しかし、「ウィーク」と言っても、クラブサッカーがほぼ2週間も中断するわけだ。

●その2週間では、各代表チームは2試合しか行えない。何か不効率な気がする。

●だから、ベンが提案したいのは、代表「ウィーク」による中断を2週間から3週間まで拡大し、その間に4試合を行うことだ。

●しかし、この代表期間はシーズン中に1回のみ、またシーズン終了後に1回。

●こうすると、現在10試合から8試合へと代表戦を減らすことで、毎シーズン、代表戦の為の中断は1回だけで済むことになる。(2試合減らす為には、予備予選が必要か)

●又、代表チームにとって、現状より集中して準備することも、注目を集めることもできる。

●最後に、欧州予選を夏までに終えることができれば、ベンが以前、提案した「W杯予選・大陸間プレーオフの拡大」をコンフェデの代わりにでも開催することができそう!


因みに... ベンが3年前に書いた記事から、「W杯予選・大陸間プレーオフの拡大案」
●私から提案をするなら、各大陸に自動的に与えられる出場枠は合計22にとどめて、ホーム&アウェイの大陸間プレーオフに参加するチーム数を20ヶ国に拡大するというものだ。

●たとえばスウェーデンがポルトガルと、ガーナがエジプトと対戦するのではなく、欧州のチームにはアフリカで、あるいは地球の裏側での厳しいアウェーゲームに挑むことが求められるようになる。

●プレーオフの組み合わせは、同じ大陸のチーム同士が対戦しないという点を除いてはランダムな抽選で決定する。UEFAチャンピオンズリーグのベスト16と同じようなものだ。シードとノーシードの区別はない方が望ましい。

●こうすれば、最終的な大陸連盟ごとの出場枠数は当てずっぽうな理由や政治活動、あるいは過去のパフォーマンスといったものではなく、直近のピッチ上ので結果によって決定されることになる。

●ウルグアイがアンマンでの試合でヨルダンを5-0と粉砕したことは、今回の予選の前に南米の出場枠を減らしてアジアの自動出場枠をもう1つ増やしていたとすれば、大きな愚行になっていたということを証明している。

●だが一方で、別の機会にはウズベキスタンがルーマニアを破るということもあるかもしれない。

●大陸間の勝負を行って、すべてに適切な答えを出そうじゃないか。

【W杯出場枠案】
●AFC+OFC(注):出場枠3、大陸間プレーオフ枠4
●CAF:出場枠4、大陸間プレーオフ枠5
●CONCACAF:出場枠2、大陸間プレーオフ枠2
●CONMEBOL:出場枠4、大陸間プレーオフ枠2
●UEFA:出場枠9、大陸間プレーオフ枠7
●(注:OFCから1チームがAFC2次予選以降に参加)   出典:Goal.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png

Week 15 <後半1>:代表ウィークを巡るトピックス

戦没者追悼のポピー。プレミアリーグでは毎年恒例だが、代表戦では禁止?
●第一次世界大戦の休戦記念日である、11月11日にイングランドとスコットランドがW杯予選で対戦した。

●視聴者の皆さんが良くご存知の通り、休戦記念日の前にプレミアリーグ各クラブが直近のホーム戦でセレモニーなど行い、ユニフォームに「ポピー」の花を飾る。

●同じイギリスである、スコットランドのサッカーチームも同じようなことをする。

●従って、イングランド・スコットランド両国のFAはちょうど休戦記念日に行われるこの代表戦でも、追悼したいという強い気持ちがあった。

●試合前にはセレモニーと黙祷が行われ、そして選手たちはポピーのマークが付いた喪章を付けてプレーした。

●しかし、この行為に対して、FIFAによって処分を課せられることになった!罰金、また勝ち点のペナルティという可能性もある!

●今回、引っ掛かるのは以下のルールである:


サッカー競技規則、2016/17シーズン版、第4条の第4項目
「用具には、政治的、宗教的または個人的なスローガンやメッセージ、あるいはイメージをつけてはならない。競技者は、政治的、宗教的または個人的なスローガンやメッセージ、あるいはイメージ、製造社ロゴ以外の広告のついているアンダーシャツを見せてはならない。いかなる違反であっても、競技者およびチームは、競技会の主催者や各国サッカー協会、またはFIFA によって罰せられる。」


時系列でこの事件の背景
●このルールは2007年に、IFAB(国際サッカー評議会)によって導入された。

●一応、国内リーグ戦などどの試合にも当てはまるが、最後に「競技会の主催者や各国サッカー協会」とあるように、ルールの解釈や適用範囲は主催者次第である。

●つまり、プレミアリーグ戦の場合はプレミアリーグやイングランドのFAが決めることだ。

●勿論、プレミアリーグやFAのスタンスでは、ポピーとは決して政治的なものではない。

●しかし、国際試合の場合はFIFAの管轄下になり、解釈が異なる。

●2011年11月の代表ウィークでは初めて大きな話題となった。イングランド対スペインの親善試合でリーグ戦同様、ユニフォームにポピーのマークを付けたかったが、このルールが引っ掛かり、FIFAから許可が下りなかった。

●当時、FAの名誉会長であるウィリアム王子がFIFAにアピールするなど、大きな話題になった。結局、妥協としてポピーの付いた喪章をつけることになった。

●同様にキプロスと対戦したスコットランドも、ノルウェイを迎えたウェールズもポピーの喪章をつけてプレーした。

●その前例がある為、今回も問題がないと考えたFAやSFAが同じようなポピー喪章をつける予定をFIFAに連絡した。

●しかし、今回はInfantino会長へと政権が変わったFIFAが5年前とは違う解釈を取り、ポピー喪章の着用が反則になると主張した。

●FAとSFAは交渉するもFIFAが折れず、結局、FIFAの指示を無視することにした。


指示が無視されたとのことで、FIFAが尚更怒ったようだ...

19日(土)、FIFAのスポークスマンが「調査・処分」の対象を明確にした (出典:ESPN
●"The disciplinary committee decided to open proceedings against the FA and the Scottish FA in relation to a series of incidents reported after the match, including the wearing of arm bands with a poppy symbol, several cases of fan misconduct, a non-approved pre-match ceremony, the display of flags by fans with poppies and members of the armed forces, the display of poppy symbols on the big screen and T-shirts displaying poppies placed on seats.
「FIFA規律委員会は、試合後に報告を受けた一連の事件について、FAとスコットランドFAに対して調査を始めることにした。この一連の事件とは、
・ ポピーのシンボルが入った喪章の着用
・ サポーターの不適切な行為
・ 非承認の試合前セレモニーの実施
・ サポーターによる、ポピーが入った旗の掲揚
・ 英国軍人の登場
・ 場内大画面における、ポピーシンボルの表示
・ サポーターに対する、ポピーTシャツの配布
などを含む。」

●"These incidents potentially constitute breaches of the laws of the game 2016/2017, the FIFA disciplinary code, the FIFA stadium safety and security regulations, the regulations of the 2018 FIFA World Cup and the guidelines for FIFA match officials."
「これらの事件は2016/17のサッカー競技規則や、FIFA規律規定、FIFAのスタジアム安全・安心規定、2018年FIFAワールドカップの規定、またFIFA審判員のためのガイドラインに対して、反則と見なされる可能性がある。」


FAのMartin Glenn会長、10日 (出典:Daily Mail紙
●"Unfortunately, with new personalities coming in there [FIFA], they felt they wanted to make a bit of a stand.
「残念ながら、FIFAのトップに新しい人達が登場したので、彼らはどうやら存在感を示したがっているようだ。」

●"If they fine us, we'll contest. They have much bigger problems they should be concentrating on.
「罰金を課せられる場合、アピールするつもりだ。FIFAにはこれより遥かに大きな問題があるので、それに集中するべきだろう。」

●"We'll contest it strongly. I'm confident our legal position is right and our moral position is right. We believe our case is absolutely rock solid. So good luck."
「強く反対するつもりだ。私たちは法的な立場も、道徳的な立場も正しいということに自信がある。私達の主張は絶対確実である。だから、かかってこい。」


Theresa May首相、2日の首相質疑応答(英議会・庶民院)
●"I think the stance that has been taken by FIFA is utterly outrageous.
「私は、FIFAの取ったスタンスが本当にとんでもないと思う。」

●"Before they start telling us what to do, they jolly well ought to sort their own house out."
「私達に指示を出す前に、まずは自分たちの振る舞いを正すべきだろう。」


FIFAのFatma Samoura事務局長、2日 (出典:Sky Sports
●"Britain is not the only country that have been suffering from the result of war.
「戦争によって被害を受けた国はイギリスだけではない。」

●"Syria is an example. My own continent [Africa] has been torn by war for years.
「シリアも一例である。私自信が生まれたアフリカも長年、戦争によって引き裂かれている。」

●"And the only question is why are we doing an exception for one just one country and not the rest of the world."
「だから、問題は一つだけだ。一つの国だけ特別扱いにする理由は一体何なのか?」


「ポピー」とはそもそも「政治的な」ものなのか?

基本的にポピーを身に付ける人は99%、政治的なものだとは考えていない。ただ...
(参考)
●ポピーは退役軍人および現役の軍関係者を扶けるための募金活動「ポピー・アピール」への募金と引き換えに英国在郷軍人会から配布されるものだ。この月の第二日曜日は戦没者追悼記念日として、女王および王室と議会のそれぞれ数名によって、ロンドンの戦没者記念碑にケシの花輪が捧げられる。ほかにも国中の各地域で同様の式典が執り行われている。

●ケシの花の持つ意味は、フランドル(フランダース)の地で戦死した兵士たちを埋葬した土地に芽吹いた赤い花にまで遡る。1915年に作られたジョン・マクレー中佐の詩「フランダースの野に」の中にある胸を打つような描写を元にして、この花は1920年から北米で、その翌年から英国で追悼のシンボルとして採用された。


Royal British Legion(英国の退役軍人会)のコメント (出典:BBC
●"The poppy is not a political statement or 'a sign of support for war"' but instead a symbol of 'remembrance and hope'.
「ポピーというものには政治的なメッセージや、戦争への支援という意味が一切入っていない。むしろ、追悼と希望のシンボルである。」

●"We see no reason why the poppy should be banned from players' shirts as it is not a political symbol."
「だから、政治的なシンボルではないということから、サッカー選手のユニフォームに付けるのを禁止する理由はないだろう。」


しかし、場合によっては政治的な意味を持たせられることがある。 (出典:BBC
●1921年、英国で初めて採用された当初は、完全にチャリティ目的のものだった。退役軍人や戦没者の家族をサポートする為のものだった。

●しかし、世界各地が再びヒートアップするようになった1930年代には、「Peace Pledge Union」という英国の平和団体が登場した。

●同団体は、「赤いポピーは、どうしても軍事力や戦争の正当化との関連性を避けられない」との主張で、明らかに「平和」との関係を強調した白いポピーを販売した。

●また核戦争が心配された1980年台にも、Campaign for Nuclear Disarmament(核軍縮キャンペーン、CND)のアピールによって白いポピーが再び流行った。


英国サッカー界で有名な「例外」はWBAのJames McClean
●McCleanは北アイルランドとアイルランドの国境に近い、Derry(歴史的な訳あって公式にはLondonderry)という街の出身。

●アイルランド紛争では多くの犠牲者が出た街である。特に、1972年のBloody Sunday(血の日曜日事件)では、デモ行進中の市民27名がイギリス陸軍落下傘連隊に銃撃された。そのうち、14名が死亡、13名が負傷。

●McCleanは、ポピーが英軍の関わった全ての戦争・紛争のシンボルであると考え、英軍がDerryでもたらした被害を許せないということから、ポピー着用を強く断る。


「ポピー」という自由のシンボルを強制的に付けさせるなんて...

ポピーをユニフォームにも付けるという発想は、実はつい最近のことである
●サッカー界でもこの時期に1分間の黙祷を捧げる伝統が長年にわたって続けられてきたし、監督たちにはコートの襟にポピーをつけることが認められてきた。

●だが、選手たちのユニフォームにこの花をつけようという考えは実はごく最近生まれたものだ。

●プレミアリーグで初めてそれを行ったのは2003年のレスター・シティだった。
(100万人の英国人がロンドンの通りに繰り出し、イラクに対する戦争に反対した年のことた。)

●このアイディアはすぐに広がりを見せ、2009年までにはリーグの20チーム中18チームまでもがポピーを掲げるようになっていた。

●2010年にはマンチェスター・ユナイテッドとリヴァプールも続き、全チームの参加が完了。

●2012/13シーズンからはリーグがポピーの公式デザインを導入した。


「ポピー・ファシズム」
●実は英国内でもポピーをめぐってもある程度の論争が起こっている。

●具体的には、もともとは自発的でポジティブなものであったこのシンボルの使用が公人や公的機関にとってほぼ義務と化すという、重点の置き方の変化をネガティブに捉えるものだ。

●ユナイテッドとリヴァプールは別の形で退役軍人のためのチャリティ活動を支えてきたのだが、「Daily Mail紙」の尊大な圧力キャンペーンに押され、2010年にはポピーを採用することを強いられた。

●同じく圧力をかけられた、英国Channel 4のニュースアナウンサー、John Snowがこのようなやり方に対して、その追悼の対象となっている戦争が自由の名の下に戦われたはずであることを皮肉りつつ、「ポピー・ファシズム」と避難した。


さて、結論は?ベンの思いとして
●英国では最近、「ポピーを自由に着用する」という発想から、「ポピーを着用しないと悪い」というように変わったなら、非常に残念だと思う。

●かつては確かに、個人個人の判断で洋服にポピーを付けたり、11日のいつもの時間に皆で黙祷に参加したりする程度で十分だった。

●英国のサッカー界も追悼したいという考えは、基本的に良いことだとは思うが、喧嘩の原因になるほど強く拘るのはどうかな?

●FIFAにとって、「一部の国の一部の人でも政治的なシンボルとして捉えるなら、念のためここではやめましょう」というスタンスは理解できる。

●しかし、イングランド対スコットランドのように両チームが合意する場合は、FIFAがわざわざ止めようとする必要はあるのか?

●ところで、2007年にIFABがそのルールを導入したとき、IFABのメンバーである英国4協会が賛成したので、今更反対すると立場が弱いかもしれない...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png


Week 15: 前半

(1)久しぶりに起用されたYaya Toureがいきなり2ゴール!
●この前の『Foot! TUESDAY』では、Yaya Toureかその代理人がGuardiola監督に謝罪しなければ起用されないという話をした。

●その後、Toure選手が11月4日にGuardiola監督とミーティングを行い、謝罪した。更に、自らのフェースブックで公に謝罪文を載せた。

●それを受けて、Guardiola監督はクリスタル・パレス戦でToureをスタメンで起用した。

●何と2ゴールと大活躍を見せた!


11月4日、ToureがGuardiolaに直接謝罪してから、自らのフェースブックでも公に謝罪
●"I wish to apologise - on behalf of myself and those who represent me - to the management team and all those working at the club for the misunderstandings from the past.
「私自身と、私の代理人を代表し、指導陣とクラブで働く皆さんに対して、これまでの誤解について謝りたいと思います。」

●"Those statements do not represent my views on the club or the people who work there.
「これまでの(代理人の)公言は、クラブとそこで働く皆さんに対して、私自身の考えを示すものではありませんでした。」

●"I have nothing but respect for Manchester City and only wish the best for the football club.
「私はマンチェスター・シティを尊敬するばかりであり、今後とも最善を祈っています。」

●"I am immensely proud to have played a part in the club's history and want to help City succeed further. I live to play football and entertain the fans.
「これまでクラブの歴史に貢献してこられたことを心から誇りに思っているし、今後ともシティの成功に貢献したいです。私はフットボールをプレーする為、またファンたちを喜ばせる為に生きています。」

●"On that note, I would like to thank all of the fans for their messages through this difficult period. This means a great deal to me and my family."
「それに関連して、この難しい時期にファンからたくさんのメッセージを頂いたこと、大変感謝しています。私と家族にとって、大きな励ましでした。」

https://www.facebook.com/yayatoure/posts/1243708532356937


クリスタル・パレス戦後、Guardiola監督のコメント
●"The last month and a half, Yaya was amazing in training. His behaviour is absolutely everything.
「ここ一ヶ月半、Yayaは練習でアメージングな活躍を見せてくれた。やはり、振る舞いが全てである。」

●"His team-mates love him. He is going to help us to rotate the team, we need that.
「チームメイト達が彼を愛している。彼のおかげでよりうまくターンオーバーができるし。それが必要だ。」

●"I am so happy for Yaya, he is a really nice guy. His weight is perfect now, and there are no doubts about his quality.
「Yayaが本当にナイスガイなのですごく嬉しいよ。今は体重も完璧だし、彼のクォリティについて何の疑いも無い。」
http://www.bbc.com/sport/football/38040657


(2)2016年、イングランドのプロリーグで最弱なパレス
●Alan Pardew監督は、絶好調と絶不調の波が激しいという話を、ここ2年間の『Foot! TUESDAY』で何度か紹介しているが、このシティ戦の結果でクリスタル・パレスが5連敗になった。

●それまでの5試合は、無敗だったのに。

●しかし、その5試合無敗という時期は、今年のパレスにしてはかなり珍しい好調の時期だった。

●2016年になってからのリーグ戦成績を見てみると、本当にひどい!
161125-01.png
トータル:31試合 5勝 7分 19敗 22PTS (1試合平均=0.71PTS)


実は、プレミアから4部までイングランドのプロリーグ全チームの中、パレスの成績が圧倒的に最悪だ!
●2016年になってから、4部まで全チームのリーグ戦成を確認したところ、1試合平均勝ち点に関してクリスタルパレスが圧倒的にワーストである。

161125-02.png

●対象:2016年1月1日以降、プレミアリーグ~4部までのリーグ戦、全試合。

●なお、プレミアリーグ~4部リーグには92チームが居るが、このデータでは2015/16に4部から降格した2チームと、2016/17から4部に昇格している2チームを全て含めている。

●但し、その4チームの対象はの4部リーグの試合データのみで、5部リーグの試合データは対象外。



(3)チェルシーサポーターが19年前のあの試合を思い出す
日曜日のミドルスブラ戦では、アウェイのチェルシーサポーターが何回もDi Matteoのチャントを
第12節、MID 0-1 CHE
8:45~9:00
74:50

●One Di Matteo!
There's only one Di Matteo!
One Di Matteo!
There's only one Di Matteo!
「ディ・マッテオは世界に1人しか居ない!」


その理由とは?
●1997年のFAカップ決勝戦では、チェルシーのRoberto di Matteoがキックオフから42秒に先制点を決め、当時、ウェンブリーでのFAカップ決勝戦として最速ゴールの記録を更新した。
(のち、2009年にLouis Sahaが25秒で決めて更に更新した。)

●1997年、そのときの相手はミドルスブラだった。

●その試合が今もチェルシーサポーターにとって非常に特別である。

●それまで1971年のEuropean Cup Winners' Cupから26年、大きなタイトルを1回も取っていなかったが、Glenn HoddleとRuud Gullitの影響で外国人選手が集まるようになったチェルシーがその1997年のFAカップを皮切りに、毎年のようにタイトルを争うようになった。

●まさに黄金期の始まりは、ミドルスブラを相手にあのDi Matteoのゴールだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png


Week 13 後半: フーリガンの再登場?ウェストハムの新スタ問題

●新しいホームである、ロンドン・スタジアムで勝つようになるのに時間がかかったウェストハム。

●しかし、試合結果以上に大きな問題がある。

●それは、フーリガン時代を彷彿させる、サポーターの暴動事件である。

●これまで、一番著しかったのはEFLカップ、チェルシー戦の事件だった。

●新スタでロンドン・ダービーが初めて開催された試合では、サポーター同士でコインや壊した椅子を投げ込む事件などがあった。

●ウェストハムはその事件に参加した、凡そ200人のサポーターを特定し、永久入場禁止処分を下すという。

Karren Brady、副会長
●"Football doesn't want these people and, with over 55,000 supporters on our season ticket waiting list, we certainly don't need them at West Ham."
「フットボールにはあのような人たちが要らない。ウェストハムでは年間チケットのウェイティングリストに5万5000人もいるし、暴動を起こした人たちはもう二度と来なくて良い。」
https://twitter.com/karren_brady?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

Slaven Bilic、監督
●"[I was] hurt... The club didn't deserve it, the players don't deserve it definitely, the fans didn't deserve it."
「それを見て、私も傷ついた。クラブも、選手たちも、真のファンたちも、このようなことをされるいわれはなかった。」
http://www.bbc.com/sport/football/37810269



今季のタイムライン: 8月~現在に至るまでトラブルだらけ

出典:The Guardian紙

8月4日、NK Domzale戦
ELの予選から参加することになった為、初のホーム戦は予定より3日早く開催することになった。一部のサポーターからは、チケットに書いてある指定席番号が存在しない、或いは席に着いたら視界を遮るものがある、というようなクレームがあった。

8月21日、ボーンマス戦
「管理ミス」により、ウェストスタンドでの年間チケット保持者56人に席がなかった。その多くは仕方がなく、コンクリートの階段で試合を観戦することに。

8月25日、Astra Giurgiu戦
番狂わせでEL敗退。ホームサポーター同士がスタンドで喧嘩する映像がSNSに投稿された。ロンドン警視庁によると、傷害罪の疑惑で1人がスタジアムから外へ連れ出され、逮捕されたという。

9月10日、ワトフォード戦
ウェストハムが2点リードから2−4で大逆転負けを喫す。緩衝ゾーンの警備員がサポーター同士の衝突を止め切れず、10人のサポーターが強制的に外へ追い出されることに。クラブは「暴行に関与するサポーターには永久入場禁止を下すことがある」と発表。

9月13日
イギリスのエマージェンシー・サービス(警察・消防・救急)が利用する、「Airwave」という無線システムはロンドン・スタジアム内では利用できないことが明らかになる。その為、試合開催日に警察による対策することが不可能だと、ロンドン警視庁が発表する。

10月1日、ミドルスブラ戦
警備員の警戒線を突破し、ミドルスブラのサポーターを襲ったウェストハムのサポーター3人が逮捕される。ボトルやコインを投げ込まれたというクレームも。

10月26日、チェルシー戦
後半終了前、サポーター同士の喧嘩が見られる。サポーターは席を壊したり、コインや席の欠片などを投げ込む。



国会議員が「また起こった場合は無観客試合」を呼び掛ける
出典: Evening Standard紙、2016年10月27日

Mark Field国会議員
(シティーズ・オブ・ロンドン&ウェストミンスター選挙区、フットボール議員連盟副会長)

●"None of these problems were unforeseeable given the nature of the stadium.
「スタジアムの状況を考慮すれば、これらの問題は予測不可能ではなかった。」

●"Within the next 14 days, the West Ham board should present a detailed plan to the Football Association and Premier League outlining what they are going to do about security.
「ウェストハムのトップは14日以内に、スタジアムの安全をどうするかについて徹底的な対策企画をFAとプレミアリーグに提出するべきだ。」

●"There have been clear failings. If there is a repeat of the violence, the next two or three home games for West Ham should be played behind closed doors."
「これまで、失敗と不備があったことが明らかだ。暴行事件が再発する場合は、ウェストハムのホーム戦2、3試合は無観客試合にするべきだ。」


出典: Daily Telegraph紙、2016年10月27日
Damian Collins国会議員
(フォークストン&ハイズ選挙区、カルチャー・メディア・スポーツ議会特別委員会会長)

"[West Ham] should face playing behind closed doors if they can't police the ground properly."
「もしウェストハムがスタジアムの治安と秩序を維持することが出来なければ、試合は無観客試合にするべきだ。」



現地記者が指摘する、サポータートラブルの原因

出典: David Hytner記者、The Guardian紙、2016年10月27日

スタジアムのレイアウト
●新しいスタジアムで初めてのビッグマッチとなった、EFLカップのチェルシー戦。

●アウェイサポーター5182人に対して、ターンスタイル(ゲート)が8個しかなく、入場口が非常に狭いというクレームがあった。

●これにより、入場するのに時間がかかり、アウェイサポーターの怒りに繋がった他、群集事故にならないかという心配もあったという。

●分離がどうしても難しいという指摘がある。間に警備員が並ぶ緩衝ゾーンはあるが、特に帰りの際はアウェイ側のサポーターが通るルートはホーム側とすぐ隣である。

警備員
●キャパシティがアプトン・パークよりも遥かに多い為、警備員の人数を増やす必要もあった。経験の浅い警備員の割合が多くなった。

警察
●イギリスのエマージェンシー・サービス(警察・消防・救急)が利用する、「Airwave」という無線システムは来年の2月まで導入されない。
●しかし、それまでは中継車のような専門車をスタジアムの外で駐車することにより、警察の無線に必要な電波が届くように一時的な対策を設けることになった。

サポーター
●椅子を壊して、相手サポートに投げ込むという行為をしても良いと思っている大人がもちろん、何よりも一番大きな問題である。

●こんな行為をする人がいなければ、警察や警備の対策を強化する必要はそもそも、あまりないだろう。

●極一部ではあるが、初めてのことでもない。

●例えば、アプトン・パークで行われた最後の公式戦の前には、相手マンチェスター・ユナイテッドのチームバスがウェストハムのサポーターに襲われた。



この問題を受け、ベンが指摘する2つのテーマ

サッカーの暴行事件自体が社会問題ではない。むしろ、根本的な社会問題の現れである。
●まだまだ、1970年代や1980年代にあった「フーリガン時代」に戻ったわけではない。

●しかし、このような事件を完全に廃止できたとももちろん言えない。

●前ページに述べたように、一番大きな問題は、このような行為をする(しても良いと思っている)人がイギリスの社会にいることである。

●それを言い換えると、イギリス社会がそのような人を育てているのである。

●これまで、フーリガン問題などを廃止する為に、警察やサッカー界が力を上げて、色々な対策を実行してきたが、イギリスに限らず、イタリアや東欧の前例を確認してみると、フーリガン問題は全体的な社会不安と密接な相互関係を示すことが分かる。

●つまり、社会が全体的に健康であれば、フーリガン問題があまり起こらない。

●しかし、社会不安があれば、このような形で現れることがある。経済問題、社会経済問題、離職率、貧富の差、労使紛争というような背景があり、人々の不満がサッカー会場という舞台で表に出ることがある。

●リーマンショック→経済不況→キャメロン政権→緊縮財政政策→地方と労働者よりも首都圏とミドルクラスが優先される→地方と労働者が反発したくなる→EU離脱...というような近年のイギリス社会の流れについて、ますます心配。

●つまり、このような不満が暴行事件に繋がってきた面がある。暴行事件が不満の現れでもある。サッカースタジアムの安全はもちろんのこと、全体的にイギリス社会が心配。


ウェストハムにとって移転の目的は「イメチェン」だった。こんな事件で裏目に出ることも。
●ウェストハムは「人々の街中にあるスタジアム」から「金融街から電車一本でいける、最新のスタジアム」に移転することでイメチェンを図った。

●クラブのエンブレムに「LONDON」という文字を新たに入れるなど、古くから庶民の街だったウェストハムだけではなく、世界的大都市であるロンドンを強く意識したブランドに変わろうとしている。

●オリンピックスタジアムを中心に、新しく魅力的なイメージを作ることにより、クラブの「品」を上げることにより、より高収入の観客や、より豪華な選手、最終的にクラブに投資する投資家を引き付けるのが大きな目的である。

●しかし、新しいスタジアムが「大成功のロンドンオリンピック」という良いイメージよりも、「20世紀のようなフーリガンが再び現れた場所」というイメージになってしまうと、全てが大きくイメージダウンに終わってしまう恐れがある。



イメージダウンを1日でも早く避けるべく、クラブの対策5つ

出典: BBC、2016年10月29日

●社会から責任が問われたウェストハムはチェルシー戦の3日後、新たに5点の安全企画を発表した。

●これにより、1日でも早くスタジアムの安全を確保し、イメージダウンを避けたいところである。

(1)物の投げ込みをなくす為に、一階の緩衝ゾーンを広くし、両サポーターの間の距離を広げる。

(2)リスクと思われるグループをスタジアムから追い出す為に、「ゼロ・トレランス=一切容認しない」方針を導入し、一度でも暴行などに関与する人に永久入場禁止処分を下す。

(3)一階コンコースの通路で分離を強化する為に、より高いバリアを設置し、横幅10メートルの緩衝ゾーンを導入する。

(4)スタジアム周辺での衝突を避ける為に、ホーム側とアウェイ側の出口や退出ルートを物理的に分離する。つまり、アウェイ側の出口ゲートの両側に沿って物的障壁を設置することで、試合後にも両サポーターが混ざらないようにする。

(5)不適切な行為に対して抑止力を上げる為に、一部の警備員に手持ちビデオカメラを携帯させる。これまでは警備員の装甲にカメラが付いていたが、相手がはっきりカメラを見えるようにすることで予防を強化する。 



イメージダウンを更に悪化させる、スタジアム建設費問題

出典: The Guardian紙、2016年11月1日

●しかし、実際に移転する前から、ウェストハムがオリンピックスタジアムを利用する上で大きなイメージ問題があった。

●それは、オリンピックスタジアムが主に税金のお金で建てられたが、サッカー用に再建する為にも大きなコストがかかったにもかかわらず、ウェストハムが負担する割合が非常に小さいことである。

●去年、Boris Johnson(前ロンドン市長)によると、スタジアム再建のコストが最終的に£2億7200万になったといわれた。

●そのうち、ウェストハムが負担したのは£1500万である。また、毎年£250万の「家賃」を支払うことになっている。

●しかし、今年から新たにロンドン市長になったSadiq Khanが蓋を明けたら、実際のコストが更に高騰していたことが分かった!

●このニュースが去る11月1日に公になった。


Sadiq Khan市長のスポークスマンがこうコメントした:
●"The mayor is deeply concerned about the finances of the Olympic Stadium, which have clearly been left in a total and utter mess by the previous administration at City Hall.
「Khan市長はオリンピックスタジアムの財政について深く憂慮している。前市長によって、めちゃくちゃな状態に残されたことが明らかになった。」

●"The former mayor announced just last year that the total cost for transforming the stadium was £272m. In reality this is £323m - a difference of more than £50m. Sadiq has ordered a detailed investigation into the full range of financial issues surrounding the stadium."
「前市長は去年、スタジアム再建の総コストが最終的に£2億7200万になったと発表した。しかし、実際の価格は£3億2300万だということが分かった。つまり、£5000万位上の差額だ。これを受けて、スタジアムの財政を取り巻く問題について、Sadiqが徹底的な調査を命じた。」

このお金は一体どこから来る?
●なお、高騰の原因として、可動式のスタンドや、場内の大画面、またこれから設置される外壁画面が予算オーバーになったことが挙げられた。

●また、総コストが予算より£5000万位上も高騰したが、もちろんウェストハムが負担する分は変わらない。何とか税金でカバーするしかない。

●これはウェストハムのせいではないが、クラブのイメージには悪影響ばかり!

●因みに、元々のオリンピックスタジアム建設費にかかるコストも含むと、スタジアム建設・再建の総コストが£7億5200万に上っている。



スタジアム専門家が「立て壊して、一からやり直すべき」と言う

出典: BBC、2016年10月31日

●元バーンリーFWでスタジアム建設専門家のPaul Fletcher氏がこの一週間、様々なメディアにてウェストハムのスタジアム問題について話している。

●経歴:ボルトン、ハダーズフィールド、コヴェントリーの新スタジアム建設にかかわり、ウェンブリー・スタジアムのコマーシャル・ディレクターも担当したことがある。

Paul Fletcher氏の言葉
●"Either we go on as we are for the next 30 or 40 years or we knock it down and start again.
「このまま中途半端な状態で30、40年も続けるか、早く立て壊して一からやり直すか、という2つの選択肢しかない。」

●"Something has to give. If you want to satisfy spectators the only way to get those spectators near that pitch is to knock it down and start again.
「現実を受け入れる必要がある。サポーターはピッチから遠くて不満を抱えている。サポーターをピッチの近くまで移動するためには、スタジアムを早く立て壊して一からやり直すしかない。」

●"I said what you must do is design a football stadium that converts to an athletics stadium for two weeks of its lifetime.
「私は元々のオリンピックスタジアムの企画段階でアドバイスを聞かれた。そして、私は『2週間だけ陸上競技場として使える、フットボールスタジアムを建てるべきだ』と最初から薦めたよ。」

●"What they've done is tried to convert an athletics stadium into a football pitch and, in my opinion, it doesn't work.
「しかし、先方はまず陸上競技場を建て、後からフットボールスタジアムにコンバートしようとした。私の意見では、あまり良いものができたとは言えない。」



纏め:年間チケット保持者でもある現地記者の言葉

出典: Jacob Steinberg記者、The Guardian紙、2016年10月26日
●"There were 11,000 empty seats inside a ground with a capacity of 57,000... West Ham should ask themselves why their first derby under lights did not take place in front of a sell-out crowd.
「あのチェルシー戦のとき、5万7000人収容のスタジアムに空席が1万1000人分もあった。新しいホームグラウンドで初めてのロンドン・ダービーという記念すべき試合だったが、満員にならなかったのは何故しょう?」

●"Quite simply, it was the consequence of the shortcomings in security in previous matches. People will stay away if they do not feel safe. The price of a ticket should not come with the threat of a coin or seat landing on your head."
「答えは簡単だ。それまでの試合では安全の問題が続いていたからだ。人が安心して試合に行けないと思ったら、わざわざ足を運ぶのを諦める。コインや椅子の欠片を頭に投げ込まれるリスクが伴うチケットは、普通買わないだろう。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png

Week 13 前半

(1)冒頭:トーントン・タウン 

●トーントン・タウン、35年ぶりのFAカップ本大会!

●6日(日)にホームで5部のバローと対戦し、2対2のドローに終わったので、15日(火)にアウェイで再試合することになった。

●バローはトーントン・タウンよりもリーグが3つ上、リーグ順位が77も上のチームである。

●にもかかわらず、2297人のサポーターの前にトーントン・タウンが2回リードして、終盤にポスト直撃があるなど主導権を握って、2回戦進出まであと一歩だった!

●試合の流れ: 

14分:トーントン・タウン 1-0 (Matt Wright) 

35分:バロー 1-1 (PK、Byron Harrison) 

37分:トーントン・タウン 2-1 (Matt Villis) 

43分:バロー 2-2 (Richard Bennett) 

44分:バロー 退場 (Liam Hughes) 

観客動員数: 2297人


2016/17のFAカップ、トーントン・タウンの道のり

ラウンド 日付 相手 H/A 結果
予備予選 8月20日 ティヴァートン・タウン(8部) H △ 4-4
予備予選
(再試合)
8月23日 ティヴァートン・タウン(8部) A ○ 2-0
予選1回戦 9月3日 シンダーフォード・タウン(7部) H ○ 2-0
予選2回戦 9月17日 スリムブリッジ(8部 H ○ 2-0
予選3回戦 10月1日 ハンプトン&リットモンド・ボロ(6部) H ○ 2-1
予選4回戦
(再試合)
10月15日 ヘメルヘンプステッド・タウン(6部) H △ 0-0
予選4回戦 10月18日 ヘメルヘンプステッド・タウン(6部) A ○ 1-0
本大会1回戦 11月6日 バロー(5部) H △ 2-2



(2)こぼれネタ:サンフレッチェ広島0−1 FC東京(2012年) 

●3-4-3系(3-4-2-1)の相手とミラーゲームにする作戦が、Jリーグでは成功したことがある。

●例えば、2012年8月25日のJ1第23節、サンフレッチェ広島とのアウェイ戦に臨んだFC東京。

●リーグ戦では、サンフレッチェ広島に直近の5試合で1分け4敗と勝てていなかったFC東京だが、そこでポポヴィッチ監督がマッチアップして特別に同じ3-4-2-1システムを選んだ。

●結局0-1でFC東京の勝利となったが、その試合ではポイントとなったのが、FC東京は結構慎重なアプローチだったという点だ。

●徳永悠平が左サイドでミキッチをマークしたし、マッチアップだけではカウンターされるリスクがあることが分かったら、前半途中から若干後ろに引いて、ハードワークと集中力によって広島にいつものプレーをするスペースを与えなかった。

●1分も要らない。あくまでも「このような例もありますよ」という程度。

●両チームのフォーメーションを表示中に、黒板2を用意して頂きたいと思います。

サンフレッチェ広島(紫)、3-4-2-1 

GK: #1 西川周作 

DF[3]: #24森脇良太、#5千葉和彦、#4水本裕貴 

MF[4]: #14 ミキッチ、#6青山敏弘、#8森崎和幸、#27清水航平 

AM[2]: #9石原直樹、#15高萩洋次郎 

FW[1]: #11佐藤寿人


FC東京(白)、3-4-2-1 

GK: #20権田修一 

DF[3]: #5加賀健一、#4高橋秀人、#3森重真人 

MF[4]: #33椋原健太、#7米本拓司、#8長谷川アーリアジャスール、#2徳永悠平 

AM[2]: #18石川直宏、#10梶山陽平 

FW[1]: #49 ルーカス



(3)黒板1:Chelsea 5-0 Everton

FC東京ほど気をつけなければ... 

●3-5-2のマッチアップとは違い、3-4-2-1の場合では一番重要なゾーンは3対3となり、余ったDFは居ない。WBとMFが慎重なポジションを取り、守備をサポートする必要がある。

●5バックとして守る場合は堅いかもしれないが、攻撃を展開する場合はWBが上がる必要がある。

●そして、WBが上がった場合は、ボールを失う余裕がゼロだ!すぐに3対3でカウンターされちゃう。

守備を構えている状況だと、コンパクトな5バックとして相手3トップに突破するスペースを与えない 

3:00-3:15 EVEはコンパクトな5バックな形で、その前に中盤も守備をサポート

4:05 EVE 守備の形が見えやすい

6:38 EVE は5バックになっている。CHEの前線3人が素早く動いたりパスしたりすることで崩そうとするが、スペースがなくて崩すことができない

だが、WBが上がったところで、ボールを失う余裕が本当にゼロ!これでゲームプランが早速、台無しに 

17:47 EVEがボールを持ち、ColemanとOviedoも上がる。しかし、MaticがBarryからボールを奪った時点でいきなり3対3の攻撃になる。EVEは必死に戻りはするが、守備の組織を取り戻すことはできない。Hazardが初めて好きなカットインからシュートすることができ、CHEが先制。

19:05 EVEがリスタートからすぐにボールを失う。WilliamsがHazardにプレッシャーをかけるも失敗するし、Colemanが既に上がっているのでまた3対3へ。Alonsoも攻撃に参加(4対4)し、Colemanの裏を取って(4対3)決める。



(4)黒板3:Arsenal 1-1 Tottenham Hotspur(関係者コメント)

●今回、3バックを選んだPochettino監督の一番大きな狙いは、相手を混乱させることだった?

Theo Walcott、試合ごインタビュー(BT Sport) 

●INTERVIEWER: "Did their change to three at the back surprise to Arsenal?" 「相手が3バックへとシステムを変更しましたが、アーセナルにとってはサプライズでしたか?」

●WALCOTT: "Yeah, it did! Completely, to be honest. It was difficult to break down but it was one of those games where there weren't many chances.  「はい、そうだよ!正直にいうと、完全に驚いた。相手が崩しにくかったし、チャンスの少ないゲームとなった。」


Harry Redknapp、BT Sport(スタジオゲスト) 

●"An hour before kick-off I said they'd go with three at the back after looking at the teamsheet. 「キックオフの一時間前に、私はここでメンバー発表を見たら『3バックになる』と言った。」

●"Arsenal looked like they didn't have a clue how they were playing. For the first 20 minutes they were all over the place, they didn't get close, didn't know where to press.' 「しかし、アーセナルは相手のシステムがさっぱり分かっていなかったように見えた。最初20分はめちゃくちゃだった。マークしなかったし、どこでプレスをかければ良いか分かっていなかったね。」


Rio Ferdinand、BT Sport(スタジオゲスト) 

●"Surely there are players on social media and there is also a press team here, surely that could have filtered back to the dressing room that they're looking at three at the back. 「選手たちは全くSNSを見ていないの?広報のスタッフもたくさん居るので、誰かが情報を確認して『相手は3バックだよ』とドレッシングルームに伝えておけば良いだろう。」

●"I'd be wanting to watch TV or social media If I'm playing before a game in case you get a little snippet like that. 「私だったら、何か良い情報を聞けるかもしれないから、試合前にテレビやSNSをチェックしておきたいと思う。」

●"When a team does play a different formation to what you've trained against all week, it can throw you, it takes a clear head on the pitch to see that and change it. Also, that's when the manager needs to come out off his seat and start directing from the sidelines, 'this is what we're going to do now.' 「一週間、練習場でシミュレーションしたのと、実際には相手が違うフォーメーションでプレーするとき、確かに混乱することがある。ピッチ場で相手のシステムを見極め、それに合わせて調整する為に、冷静な頭が必要である。また、監督もすぐに椅子から立ち上がって、タッチラインで『こうしろ』と指示をしなければならない。」

●"But in that first 20 minutes they're lucky they didn't get punished, the game could have been dead and buried by then if Arsenal didn't sort it." 「アーセナルは20分もかかったので、その時間に罰が当たらなくてラッキーだったよ。アーセナルがやっと調整する前に、勝負として終わってしまってもおかしくなかった。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png

Week 11 後半: European champions, rubbish domestically

国内では全然ダメだが、クラブ初のCLでは大活躍のレスター
●先週、紹介したように、プレミアリーグ第8節終了で8ポイントしか獲得できていなかった。第9節の結果次第、降格圏内に落ちる可能性もあった!

●それに対して、初めて出場するCLでは全3試合を完封勝利。第3節終了で9ポイントとのことで、プレミアリーグのポイント数を上回った!

●今季のCLで全勝なのはレスターの他、バルセロナとアトレティコ・マドリードのみ。無失点で全勝なのはレスターの他、アトレティコ・マドリードのみ。

●その国内リーグ戦での不調と、CLでの好調のギャップが英国内で話題となっている。

●CL明けのGuardian紙『Football Weekly』ポッドキャストでは、「レスターがどうすれば国内リーグ戦で再び勝てるようになるか」というディスカッションがあり、インテリ系のフランス人記者、Philippe Auclairが以下のように岡崎慎司の先発復帰を呼び掛けた。


Philippe Auclair、Guardian Football Weekly Podcast、10月20日(リンク
●"They really need to get Okazaki back. He's absolutely key. They've got so many solutions up front now with Ulloa, with Musa, with Vardy, with Slimani. But Okazaki does something that none of these players can do, which is that he is so clever, he is so intelligent, so energetic. He's like an extra midfielder, and it is midfield in which Leicester is being picked out week in, week out." (15'30"~)
「レスターは早く、岡崎をスタメンに戻す必要がある。彼は絶対にキーマンだ。確かに今はウジョアからムサ、ヴァーディ、スリマニまで、選択肢が非常に多い。しかし、岡崎が提供するプレーは、他のメンバーでは誰もできる人がいない。岡崎は非常に賢くて有能であり、エネルギーに溢れている。レスターは毎週のように中盤でやられているが、岡崎が前線にいると、中盤選手も1人多くなるような感じだ。」


その岡崎が、クリスタルパレス戦で珍しくフル出場を果たし、ゴールもマークした
●岡崎のゴールシーン



今週の特集記事:「国内では全然ダメだったが、欧州舞台では優勝したクラブ、TOP 10」
●レスターの絶不調のギャップを受け、月刊誌「FourFourTwo」がこの特集記事を掲載した。

●ヨーロッパ大会の歴史を遡ってみると、国内リーグ戦では全然ダメなチームがそのシーズンにヨーロッパ大会で優勝したケースが意外と多い!

●だからレスターも、以下10チームを参考にして、プレミアリーグは失敗しても良いので、CLでは優勝を目指せ!(笑)

1.png

1. Real Madrid 1955/1956:国内リーグ3位、チャンピオンズカップ優勝
●チャンピオンズカップが初めて開催されたシーズン。

●リーガではアトレティコ・ビルバオ(フランコ政権によって強制的にスペイン語に改名されていた)とバルセロナが圧倒的に2強となった。

●勝利=勝ち点2の時代だったが、10ポイント差でレアル・マドリーが3位に終了。

●しかし、初めての欧州舞台では期待以上の活躍を見せ、初代王者となった。

●パリで行われた決勝戦では、フランス王者のスタッド・ドゥ・ランスを相手に2点ビハインドとなったが、大逆転して4対3で勝利した。5連覇の1年目となった。

因みに、初代チャンピオンズカップは16チームによる決勝トーナメント形式だった。


2. Eintracht Frankfurt 1979/1980:国内リーグ11位、UEFAカップ優勝
●まだ2ポイント時代の1979/80。

●フランクフルトはブンデスリーガでは18チーム中で9位とギリギリ、トップハーフに終了したが、降格圏内から僅か3ポイントの差しかなかった。

●優勝したバイエルンとは18ポイント差もあった。

●しかし、劇的なUEFAカップ準決勝では、アウェイでバイエルンに2-0で負けたが、ホームの2nd legでは延長戦にもつれ込んだ。何と延長戦に更に4ゴールも入り、5-1の圧勝になった。5−3のトータルスコアで決勝戦へ勝ち進んだ。

●決勝戦2nd legの81分に、途中出場のFred Schaubが決めて、アウェイゴールで前回王者のメンヘングラッドバッハに勝利した。

●なお、フランクフルトの先発メンバーに韓国代表のチャ・ボムグンが居た。

●相手のメンヘングラッドバッハには、監督キャリア1年目のJupp Heynckesが指揮を取り、現役1年目のLothar Matthäusが1st legにゴールを決めた。


3. Tottenham Hotspur 1983/1984:国内リーグ8位、UEFAカップ優勝
●イングランドリーグではスパーズが22チーム中8位でフィニッシュ。

●優勝したリヴァプールとは19ポイント差。リーグ順位では欧州大会出場を獲得できず。

●しかし、UEFAカップでは順調に決勝まで勝ち進み、準決勝で審判に賄賂を払ってノッティンガム・フォレストに勝利していた、ベルギーのアンデルレヒトと対戦することに。

●スパーズの正GK、イングランド代表のRay Clemenceは怪我した為、経験の浅い若手GK、21歳のTony Parksがスタメン起用に。

●結局、PK戦でParksがArnor Gudjohnsenのキックを止めて、優勝のヒーロとなった。

●なお、そのGudjohnsenはEidur Godjohnsenの実父である。


4. Inter 1993/1994:国内リーグ13位、UEFAカップ優勝
●Serie Aから降格を喫したことがないインテルだが、1993/94シーズンは危うかった。

●18チーム中13位フィニッシュで、降格したピアチェンツァとは僅か1ポイント差。

●地元ライバルのミランとは19ポイント差(イタリアではまだ2ポイントの時代だった)。ミランはSerie Aとチャンピオンズリーグの2冠を果たした。

●しかし、残留が危うかったほど弱かった、そのインテルはUEFAカップでは何と3年ぶりでクラブ史上2度目の優勝を飾った。

●決勝の相手は、当時「Casino Salzburg=カジノ・ザルツブルク」という名のチームだった。現在はレッドブル・ザルツブルク。


5. Schalke 1996/1997:国内リーグ12位、UEFAカップ優勝
●ブンデスリーガで優勝したバイエルンとは勝ち点差28で、12位まで下落したシャルケ。

●同地方ライバルのドルトムントがチャンピオンズリーグで優勝した為、シャルケの影が完全に薄れそうになったが、UEFAカップでは見事、クラブ史上初の欧州大会優勝を果たした。

●決勝戦では当時、UEFAカップを非常に得意としたインテルと対戦した。

●2nd legでは84分、Ivan Zamoranoに決められ、最終的にPK戦までもつれ込まれたが、Jens LehmannがZamoranoのキックを止めて優勝を決めた。


6. Real Madrid 1997/1998: 国内リーグ4位、チャンピオンズリーグ優勝
●11ポイント差でバルセロナに優勝をされてしまい、また、バスク2強よりも下になってリーグ順位ではCL出場権を逃していたレアル・マドリー。

●しかし、そのシーズンのCLでは、ベスト4で前回王者のドルトムントを破り、決勝へ。

●決勝では、圧倒的に本命とされていたユベントスに1−0で勝利。

●32年も欧州制覇から遠ざかっていたレアル・マドリーがようやく7度目の優勝を手に入れた。

●しかし、リーグ戦での不調を理由に、Jupp Heynckes監督がシーズン終了後に解任。


7. Real Madrid 1999/2000:国内リーグ5位、チャンピオンズリーグ優勝
●CL出場権がリーガの4位チームまで与えられるようになったが、レアル・マドリーは5位でフィニッシュしてしまった。

●しかし、CLではマンチェスター・ユナイテッドとバイエルン・ミュンヘンに続き、スペイン勢同士の決勝戦でバレンシアを破った。

●これで4位サラゴサのCL出場権が剥奪となり、代わりにレアル・マドリーが翌シーズンも出場することに。これ以降、レアル・マドリーはTOP 4を逃したことが1度もない。

●決勝戦でゴールを決めたSteve McManamanは海外チームで欧州制覇を経験したのがイングランド人として史上初のことだった。


8. Liverpool 2004/2005:国内リーグ5位、チャンピオンズリーグ優勝
●プレミアリーグではモイーズ監督のエヴァートンがリヴァプールを上回り、4位へ。

●ベニテス監督が1年目だったリヴァプールは、優勝したチェルシーとは37ポイント差で5位にフィニッシュ。

●リーグ戦での圧倒的な格差にもかかわらず、CL準決勝ではそのチェルシーをやぶり、決勝ではイスタンブールの奇跡を起こした。


9. Milan 2006/2007:国内リーグ4位、チャンピオンズリーグ優勝
●「カルチョポリ」のスキャンダルにより、8ポイントのペナルティを科せられたミランだが、結局、優勝した地元ライバル、インテルとは36ポイント差も開いてしまった。

●しかし、レアル・マドリーのように欧州大会が強いというDNAを持っている。

●CLでは、2年前の敗北に対して復讐を遂げた。


10. Chelsea 2011/2012:国内リーグ6位、チャンピオンズリーグ優勝
●アブラモビッチ時代になって国内リーグ戦では圧倒的にワーストなシーズンとなった、チェルシー。優勝したマンチェスター・シティとは25ポイント差で6位。

●しかし、CLではナポリを相手に逆転勝利を果たした後、バルセロナ戦で番狂わせを起こし、ミュンヘン開催の決勝戦ではPK戦でバイエルを倒した。

●ロンドンのクラブとして史上初の欧州制覇を果たした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png

Week 11 前半: Chelsea 4-0 Manchester United

(1)MourinhoとConte の対立

試合終了直後、MourinhoがConteに何を言った?Sky Italiaが聞き取ってくれた
●試合終了直後、MourinhoがConteに話す映像
話の途中からだが、Mourinhoの言葉はイタリア語で以下の通りだった:

"...con il pubblico, opinione mia, lo fai con l' 1-0 non col 4-0, umiliazione per noi"
和訳:「観客に対してあれは、俺の意見では、1対0のときにすることだ。4対0のときにはあれはないだろう。俺たちに対して侮辱だぞ。」

(音声、字幕のタイミングはリンクをご参照)

Mourinhoが怒ったきっかけは、4対0になった後、Conteがサポーターを盛り上げるジェスチャー
88:58 Conte の行為
●以前はMourinhoがタッチラインの王様だったが、今は違う。Conteのほうが大きい存在だ!
●それに関して、気になるテーマが2つある。

Mark Critchley記者、Independent紙 (LINK)
●"It is often forgotten that Mourinho himself coined that phrase, 'parking the bus'. It was a slight on Jacques Santini's Tottenham Hotspur side after they eked out a point at Stamford Bridge in 2004.
「よく忘れられることに、『バスを止める』という表現をイングランドのフットボールに紹介したのは、モウリーニョ自身だった。スタンフォード・ブリッジでスコアレスドローを演じた、ジャック・サンティニ監督のトッテナム・ホットスパーを揶揄する表現だった。」

●"Back then, however, the Portuguese was a cavalier figure. The idea that he would travel to Old Trafford, Highbury or Anfield and attack did not seem so outlandish. Now, his style is characterised by fear and that same fear was cast across the faces of his defence in almost every minute of this 4-0 thrashing, Mourinho's heaviest-ever defeat in an English top-flight fixture.
「しかし、当時はモウリーニョが自信に満ちた男だった。彼のチームがオールド・トラフォードやハイベリー、アンフィールドといったアウェイ会場で攻めに行っても、まだおかしくない時代だった。それに対して、今はモウリーニョのアプローチが『恐怖』を特徴とする。その恐怖は、4-0の惨敗に終わったこの試合では終始、ディフェンダーの顔にも見られた。」


(2)Glazernomicsの残された課題に直面したMourinho

この辛い経験で、Mourinhoはメンバー(とここ数年の補強)について問題の深さを学んだはず
●先月、PogbaやSNSについて『Foot!』話したことに戻ると、ユナイテッドのオーナーはタイトルではなく、お金にしか興味がない。Woodward氏は試合で勝たなければ、マスコミやSNSでの「話題性」によりスポンサーに価値を提供するビジネスプランで成功している。

●Glazernomicsが、ユナイテッドのsquadをボロボロにしてしまった。
Fergusonが引退するまで、基本的にお金を使わなかった(使えなかった)。
メンバーが年を取ってしまった。

●そこから、一気に補強にお金を使うようになったが、監督が3回も変わったし、補強のポリシーが全く統一していない。

●話題になる為にも、お金をいっぱい使ったにもかかわらず、結果としてFergusonが期待していた「有望な選手」にMoyesが欲しかった選手、Van Gaalが欲しかった選手、Mourinhoが欲しかった選手が混ざっており、纏まっていないのがおかしくない。

●Mourinhoは「ユティリティプレーヤーではなく、各ポジションにスペシャリストが欲しい」と夏の発表記者会見で言い張ったが、この試合の証拠から、Mourinhoの求めるサッカーをやり切れるスペシャリストはまだ集められていないだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png

Week 8: Sam Allardyceの電撃解任

就任してたった67日で解任。イングランド代表歴代の正式監督として、最短の政権。
1005-01.png
11) Sven-Göran Eriksson、67試合、2001~2006年
12) Sir Bobby Robson、95試合、1982~1990年
13) Sir Alf Ramsey、113試合、1963~1974年
14) Sir Walter Winterbottom、139試合、1946~1962年

それを受けて、英国各メディアでは「アラダイス時代よりも長く続いたこと」の特集が相次ぐ
1005-02.png
出典:The Guardian紙The Sun紙Daily Mail紙BBC

  
Sam Allardyceの退任に至る行為とは?

●良く言われているには、「おとり取材」の罠に陥った、Sam Allardyce。

●投資家団体の代表を装った、テレグラフ紙の記者と会談し、問題とされる様々な発言をしてしまった。その発言は隠しカメラに撮られ、映像が同紙のHPにアップされた。

最も大きな問題発言・問題行為とは:
●イングランド代表監督という立場を利用(悪用)し、高収入の「副業」を交渉した。

●「第三者による選手保有の禁止」というFA・FIFAのルールを「馬鹿馬鹿しい」と述べた。

●「第三者による選手保有の禁止」を回避する為のコツをアドバイスした。

●香港とシンガポールに渡り、選手の保有権に投資する予定の投資家団体に対して講演を行うことに仮合意した。


補足情報
●高収入の「副業」:
イングランド代表監督の年収は£300万だった。今回の「副業」は年に4回の講演に対して£40万の収入となる話だった。

●「第三者による選手保有の禁止」を回避する為のコツ:
Allardyceによると、エージェントの手数料を利用すれば良い。
つまり、選手の保有権を持つ投資家団体の一員として、FIFA公認選手代理人を1人入れれば良い。
その投資家団体が闇で保有権を取った選手がまた移籍すれば、エージェントの手に入る手数料は投資家の間で分ける。

●Allardyceによると、こんなことをやっているエージェントが「たくさんいる」という。


他にも、問題とされる発言が幾つかあった:
●前任者のRoy Hodgsonを「躊躇し過ぎ」と批判して、発音障害を揶揄した。
(※Hodgsonは英語の「r」という音をうまく発音できず、「w」のように発音する障害を持っている。)

●Hodgsonのアシスタント、Gary Nevilleを「良い影響ではなかった」と批判した。

●イングランド代表選手は「メンタルが弱い」と指摘した。

●雇用主であったFAを、「ウェンブリー・スタジアムの再建に£8億7000万も使って馬鹿だった」と批判した。

●FAの名誉会長であるウィリアム王子を、「アンバサダーの癖に全く顔を出してくれない」と批判した。

●ウィリアム王子の弟さん、ハリー王子のことを「やんちゃな男だな、エロい男だな、いつもお尻とか出している」と指摘した。

出典:Daily Telegraph紙、27~28日
記事1 記事2 記事3


必要なコンテクスト:英国(欧米)の「調査報道」文化

Wikipediaより、「調査報道」とは
●あるテーマ、事件に対し、警察・検察や行政官庁、企業側からの情報によるリーク、広報、プレスリリースなどからだけの情報に頼らず(これを中心情報とする報道は発表報道)、取材する側が主体性と継続性を持って様々なソースから情報を積み上げていくことによって新事実を突き止めていこうとするタイプの報道。


補足情報
●つまり、相当の時間、粘り、予算、サポートが必要である。

●数ヶ月、場合によっては数年もかけ、あるテーマや事件を徹底的に調べ、関係者と近い存在になり、内部情報を少しずつ集めたりし、捜査官や探偵のような調べ方をする。

●その間、他に何も記事を出せなくなるほど専任することが多い。だから、新聞記者の場合、その新聞社の信頼を得られた上で、最終的にはとんでもないストーリーを暴露できることを信じ、給料をもらいつつ、調べ続けることが多い。

●フリーランスの場合は、非常にハイリスクハイリターンである。最終的に何かを暴露できたら高いお金になるかもしれないが、調べている間は収入源がなくなる場合が多い。


その顕著な例:FIFAの汚職を暴露した、英国人ジャーナリストのAndrew Jennings氏
●1990年代にIOC(国際オリンピック委員会)の汚職を暴露してから、2001年から14年もかけてFIFAを追いかけ、汚職を暴露したイギリス人ジャーナリスト(現在73歳)。

●FIFAの汚職をずっと調べ続け、それを暴露する本を3冊出版した。ドキュメンタリーも3本製作し、BBCにて放送された。

●その内容がスイスの警察やアメリカのFBI(連邦捜査局)の注目を引き、協力することに。それが去年、Blatter元会長の解任や、FIFA役員の逮捕に繋がった。


英国をはじめ、欧米では「調査報道」の文化が根強く、重要な存在とされている。
●英国の高級紙は専門的な調査班を設けることが多い。その記者たちに数ヶ月~数年間に1つのテーマに集中する自由や予算を与える。

●新聞社や業界の誇り、自慢でもある。「調査報道」の目的は「公益」の為だから。

●警察や捜査班にもあまり調べられない(調べにくい)テーマなどについて、記者ならではのスキルにより、「公益」の為にスキャンダルや真実を明かすことができる。

●その調査報道の対象として、政治が圧倒的に多い。
内閣や国会議員、政治家などが国民(とその利益)の為には働かなければならないが、もしその立場を利用したり、予算をプライベートの目的に回したりしていれば、そのスキャンダルをマスコミが発見して暴露できれば、公益になるだろう。


因みに、日本ではあまりそういう文化が根付いていないのは...
●日本の官公庁などに記者クラブがある為、大手マスコミが発表報道に陥りやすく、調査報道をしようとするフリージャーナリストが取材活動しづらいと指摘されている(Wiki)。

●安倍政権になってから、日本の「報道の自由」が国際的に問題視されるようになってきた。「国境なき記者団による報道の自由度ランキング」では現在72位まで下落

●特に、特定秘密保護法が日本の調査報道にとって大きな障害だと指摘されている。 

テレグラフ紙の「おとり取材」

「おとり取材」も「調査報道」の一種(一つの方法)であるが、特に気をつけなければならない
●一応、場合によっては「おとり取材」も認められる。

●しかし、何よりも「公益である」ことが前提である。それについては厳しい世界である。

●「公益」でなければ、ルール違反になったり、違法行為になったりすることがある。

●例えば、著名人に普段、絶対にやらないことをやらせるために圧力をかけたり脅かしたりするような行為はもちろんアウト。

●また、芸能人のプライベートなどについて、スクープしたりすることはもちろんあるが、対象が相当地位のある人ではなければ、「公益」にはならない。その為、「おとり取材」という方法を利用して芸能人の浮気などを暴露することは基本的に出来ない。

●但し「家族中心の価値観」を主張して当選した政治家であれば、「公益」とされるだろう。

●とにかく、新聞をはじめとする報道機関として、「おとり取材」によって得られた情報を報道するなら、その「公益」を主張し、疑問される場合はそれを証明する必要がある。


今回のテレグラフ紙の具体的なやり方
●テレグラフ紙の説明によると、「英国フットボール界に於いて、賄賂や汚職の事件が多々ある」という情報が届いていた。

●その為、特別調査班が10ヶ月をかけ、情報を集める企画を進めた。「フットボール界では、どのようなことが普通に行われているか」というテーマについて、取材を始めた。

●2人のジャーナリスト(匿名)は、「投資家団体の代表」を装い、まず複数人のエージェントにアプローチした。

●第3者による投資の機会を入り口に、そのエージェントが誰を連れてくるのか、どんな話に乗ってくるのか、という視点で会談の機会を作った。

●なお、「第3者による選手の保有」についてルールは曖昧ではなく、完全に違反なので、会談でその話題を振った時点で、相手が完全にクリーンであれば乗らないはず。

●ただ、その常識ではなく、そのような話でも有りという常識の相手だったら、それは既にグレー(ブラック?)なところに入っているので、「では、この人の常識ではどこまでが有りなのか」とテレグラフ紙の記者が探ってみた。


Allardyce事件の他にも毎日、暴露記事を掲載
サウサンプトンのアシスタント、Eric Black
「有望な選手を特定のエージェントと契約を結ぶよう説得してもらえる為に、給料が低い2部以下のクラブのコーチに賄賂を払えば良い」というアドバイスをした。

バーンズリーのアシスタント、Tommy Wright
上記の為に£5000の賄賂を受けた。この報道の結果、解任されることになった。

3人のエージェントが明かす、裏金好きなプレミアリーグ監督8人*
(*記事では監督は全員匿名。現在、仕事がない監督も含まれている。)
例えば、選手の移籍、昇給、出場ボーナスの一部を裏で貰いたがる監督。

元スパーズやQPRの監督Harry Redknapp
第3者による選手の保有というビジネスに興味を示した。監督を勤めたチームの選手たちが自分たちの勝利に賭博したエピソードを話した。 

英国メディアでは、アラダイス事件・解任について賛否両論

Matthew Syed記者、The Times紙:「The FA should have stood by its man」
●"I have called the sports editor of this newspaper a fool. I have described my wife as unreasonable. I have gone after the Dalai Lama, too.
「私はこの新聞のスポーツ編集長を馬鹿と呼んだことがある。自分の奥さんが理不尽だと言ったことがある。ダライ・ラマまで、私は批判したことがある。」

●"That is what happens in private. We let off steam. We release tension. We say things that have little to do with what we might say in public, after mature reflection.
「プライベートでは、こんなことがあるのだ。溜まったストレスを解消する。鬱憤を晴らす。冷静で考えた上、公で言うこととは、全く違うことを言ってしまう。」

●"It is not just mistaken, but morally egregious, therefore, to take private words spoken in a Mayfair hotel, to people who pretended to be businessmen and say: "He must be sacked."
「だから、メイフェアのホテルでビジネスマンを装った相手に対して、プライベートなつもりで話した内容を聞き、『彼を解任するべき』という主張は間違っているだけではなく、道徳的に甚だしいだろう。」

http://www.thetimes.co.uk/article/the-fa-should-have-stood-by-its-man-07zmk38lk?shareToken=4f604a2e683806d1f06dc850d8d2fff3 Daniel


Taylor記者、The Guardian紙:
「Arrogant clot, for sure, but did this really merit ditching Allardyce?」

●He is a clot, that's for sure... Allardyce has caused his employer an extreme form of embarrassment. He had his chance, he blew it and one of the most arrogant men in the business will have a long time to mull over what he should have done differently.
「アラダイスは馬鹿だというのは確かだ。彼は雇用主に多大な困惑を引き起こした。せっかくもらったチャンスを自ら台無しにした。フットボール業界で最も傲慢な男の1人である彼は、これで自分の誤りについて熟考する時間がたくさん得られそうだ。」

●Whether that means he deserved to lose his job is another matter entirely.
「しかし、今回の行為で本当に解任すべきのか?それは全く別の話だ。」

●This is a manager talking in what he thinks is an off-the-record environment, possibly half-cut, with an undercover journalist chucking in a question he knows may elicit an unguarded answer.
「彼は話している環境がオフレコだと考えていたし、酔っ払っていたかもしれない。そこでジャーナリストという正体を隠した相手が、気を許した隙を突いた。」

●It is the kind of journalism the Telegraph would once have considered beneath it and, even with a man's P45 on the way, it is difficult to find the killer line, no matter how many times you read it.
「かつては、テレグラフ紙はこのようなジャーナリズムを見下しただろう。また、アラダイスの言葉を何回読んでも、本当に悪意を証明するような部分は見当たらない。」

https://www.theguardian.com/football/blog/2016/sep/27/sam-allardyce-arrogant-clot-england-manager


Roy Greenslade教授、シティ大学ロンドン、The Guardian紙(報道を評論するコラム)
(Daily Mirror紙の元編集長。現在、シティ大学ロンドンにてジャーナリストの教授)

●These may have been private indiscretions, but his position as an FA employee in parallel with his public role as the England football manager elevated them into public significance.
「今回の失言は、確かにプライベートな環境ではあったが、FAの雇用下にある立場、それからイングランド代表監督という公共な立場を考えた上では、公共の利益が必然的に絡んでくる。」

●There is a clear public interest justification in knowing that a man employed by the Football Association is offering advice on how to circumvent its rules.
「FAの雇用下にある代表監督が、FAのルールを回避すべく他人にアドバイスをしているならば、その事態を公に知らせるのが明らかに公益になる。」

●I cannot see how the Telegraph could have obtained the story any other way, so it is compliant with the editors' code of practice (as overseen by the Independent Press Standards Organisation (Ipso).
「テレグラフ紙はおとり取材の他に、その情報を手に入れる方法が無かったので、新聞報道規制に準拠している。」

https://www.theguardian.com/media/greenslade/2016/sep/28/public-interest-was-at-the-heart-of-the-sam-allardyce-revelations

https://www.theguardian.com/media/greenslade/2016/sep/27/why-the-daily-telegraphs-sam-allardyce-sting-was-justified



ベンの意見

人情話として見ると、Allardyceは可哀想だが...
●トップになる為に一生働いた人間が、やっと辿り着いたら夢が67日で消えてしまった。

●イングランド北部でワーキングクラス出身。良いものはただでもらえないので働かねばという精神。現役時代では一部リーグ経験があるが、代表クラスではなかった。

●監督キャリアはアイルランドリーグでスタートし、イングランド4部・3部・2部のマイナーなクラブで成績を残し、ボルトン時代でプレミアリーグ昇格・定着・UEFAカップ出場をもたらした。

●それでもビッグクラブからはなかなかオファーが来なかった。「俺の名前がアラダイスではなくてアラディーチーとかだったら評価されている」と嘆いた。
つまり、外国人でイメージが格好良い監督だったら同じ仕事でも評価されるが、アラダイスが幾ら良い仕事をやっても気づかれない。

●25年間の監督キャリアを通じて、その被害妄想(?)を持ちながら苦労し、ずっと頑張った結果、やっとイングランド代表監督という夢の仕事に就いた。

●そんな夢が叶ってからたった67日で消えてしまうなんて、めっちゃ可哀想だろう!


しかし、FAとして厳しいスタンスを取るのが正しい
●しかし、テレグラフ紙の映像を見たら解任されても仕方がないとベンは思った。

●何故なら、やはり「第3者による選手の保有」は笑って済むような問題ではないからだ。

●AllardyceやRedknappなど、「何が問題なのか分からない」という人は、「クラブにとって普段買えないようなトップクラスの選手を買えるようになるので、Win-Win」と主張。

●しかし、第3者に利益をもたらす為に移籍する必要がある為、第3者に保有権を持たれている選手が「奴隷扱い」になる恐れがある。何度も強制的に移籍させられる、など。

●FAは世界に先立って、2008/09から「第3者による選手の保有」を禁止した。

●FIFAがやっと禁止したのは2015年5月1日だった。


それから、何と言っても...
●FIFAやUEFAの汚職について、FAをはじめとするイングランドのフットボール界が最初からずっと非常に厳しいスタンスを取っている。

●だから、FAとイングランドフットボール界の顔である、代表監督が少しでもクリーンじゃないという疑いがあれば、世界にクリーンを求める立場が弱くなるわけだ。

Jim White記者、Daily Telegraph紙
●Theirs is an organisation which had lectured Fifa on its inadequate responses to corrupt practices, and here they were with their principal employee right under their noses seemingly happy to flog himself to those seeking to break the rules. He had to go.
「FAという組織がずっとFIFAの汚職や物足りない改革について説教してきた。そのFAの最も知名度が高い雇用者が、あからさまにFAのルールを破りたがる団体と平気で協力する姿を見せてしまった。だから、解任するしかなかった。」

http://www.telegraph.co.uk/football/2016/10/01/the-festering-cesspool-of-greed-that-is-at-the-heart-of-english/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

benFoot.png

Week 7 後半:ベンゲルのアーセナル監督就任20周年

(1)Arsenal 3-0 Chelsea
1-0 ゴール
Cahillが躊躇して、バックパス(?)が中途半端になり、Sanchezが奪ってそのまま決める。
解説ポイント: CHEに2パターンがあり、1つはボールを持つときに高いラインを敷くパターンだが、高いラインを敷けば苦労するという問題はここ5年間、解決されていない。Terry・Cahill・David Luizの中、誰を使っても裏を取られやすい。Cahillにとって、スウォンジー戦に続いての辛い失点。

2-0ゴール (1点目の2分20秒後に2点目)

12:54 Kanteの頭からCoquelinへ。CHEの両ラインの間にARSは(両サイドを含めて)5人も入る。

13:08 Iwobi⇔Ozilの1-2で加速。KanteがOzilへスライディングし、Iwobiがターンして交わす。

13:11 Walcottが右チャンネルで裏を取るように待機。Azpilicuetaがついていくが、残したスペースでBellerinがフリーになるので、戻る。Walcottがこれでフリー。Iwobiが中へ、Bellerinへ斜めパス。

解説ポイント: CHEがLIV戦で見られた「待ち構える姿勢」にまたなってしまった。両ラインの間、ARSのパス回し・ムーブメントのスピード感に唖然とする。確かに綺麗だけど!CHEがかなり引いているにもかかわらず、ARSはKanteの周りにボールを回して交わせる。Kanteの負担が大きい。

19:06~20
解説ポイント: Courtois・Cahill・Ivanovicのパス回しが危ない。Walcottに失いそうに。落ち着かない。

20:30
Matic→Hazard、Bellerinの裏を取る。Costa→Hazardのリターンパス。ARSの4バックが全員、そのサイドへ。Monrealも中へ絞るが、Willianが逆サイドで待機=フリー。
解説ポイント: Hazard・Willianが相変わらずピッチ全体の幅を活かす。相手DFが絞ればチャンス。

3-0ゴール
39:20
FabregasのパスがKosicelnyにカットされ、CHE攻撃が失敗。Ozilが受けて、素晴らしいターンでKanteを交わしてカウンターへ。2対2になり、右のSanchezへ。クロスからOzilがボレー。解説ポイント: CHEの高いラインがまたやられた。Ozilのターンが素晴らしい。Kanteが可哀想。確かに2人分の仕事はするが、昨シーズンはDrinkwaterとの「中盤3人」だった。今はKanteだけ。

42:20
Ozilがハーフウェイライン・タッチライン付近のところ、視線とダブルフリックでAzpilicuetaを騙す。
解説ポイント: Ozilが一気に元気を取り戻したようだ!それはARSにとって心強い。

52:10
解説ポイント: ARSのカウンターで、WalcottのクロスがSanchezの頭の上へ。後半に入ると、ARSはカウンターの機会を待ち、チャンスが来たらすぐにCHEの裏を取ることが出来る。決めるべき。

55:10
解説ポイント: CHEは3バックに変わるが、1分以内にまたARSのカウンターチャンス。Sanchez→Walcott、Ozilへのパスがちょっと後ろになってしまう。これも決めるべき。5-0でもおかしくない。

72:40
Bellerinが必死にスプリントしてPedroを止める。ARSがカウンターし、12秒後にCKを獲得。

83:05
David Luizの素晴らしいスルーパスがARSの高いラインを崩し、やっと枠内シュート(Batshuayi)。
解説ポイント: David Luizにとっては3バックのほうがやりやすいのでは?より高い位置まで上がり、ポジティブなパスを出す自由があるからだ。




(2)事後情報:データ
●Conte監督にとって、リーグ戦で連覇を喫したのが7年ぶり。アタランタ時代、2009年12月以来。
2009年11月29日、Atalanta 1-2 Roma
2009年12月6日、Fiorentina 2-0 Atalanta

●コミュニティ・シールドを除き、アーセナルが公式戦でチェルシーに勝つのが5年ぶり。
2011年10月29日、Chelsea 3-5 Arsenal
AVB監督が高いラインを敷き、裏を取られまくり、「そろそろテリーが終わりだな」と感じた試合だ。




(3)Arsene who? 祝:アーセナル監督就任20周年

●ベンゲルのアーセナル監督就任が正式に発表されたのは、1996年9月22日だった。
(実際に仕事を始めたのは同年10月1日だった。)

●今週でちょうど20周年だ!

0928-1.png
*RU=準優勝。R1~5=1~5回戦敗退。R16=ベスト16敗退。GS2=2次グループステージ敗退

●リーグ優勝を3回。そのうち、2回は2冠達成、残り1回は無敗優勝。FAカップ優勝は6回。

●リーグ準優勝も6回。20シーズン連続でTOP 4入りを果たしている。19シーズン連続、CL出場権を獲得している。

●CLとUEFA Cupは共に準優勝している。

●このアーセナルの黄金期を迎えた監督だが、イングランドにやってくるまでは英国内であまりにも知られておらず、監督就任が発表されたとき、London Evening Standard紙の見出しは『Arsene who?』だった。




(4)ベンゲルが就任した1996年秋。どんな環境だったのか?

イギリス人・アイルランド人だらけのPL。外国人監督がGullitとWengerの2人だけ。
160928-02.jpg

●ベンゲル監督就任当時、各プレミアリーグ所属クラブの監督は以下の通りだった:
Arsene Wenger (Arsenal), Brian Little (Aston Villa), Ray Harford (Blackburn), Ruud Gullit (Chelsea), Ron Atkinson (Coventry), Jim Smith (Derby), Joe Royle (Everton), George Graham (Leeds United), Martin O'Neill (Leicester), Roy Evans (Liverpool), Alex Ferguson (Manchester United), Bryan Robson (Middlesbrough), Kevin Keegan (Newcastle), Frank Clark (Nottingham Forest), David Pleat (Sheffield Wednesday), Graeme Souness (Southampton), Peter Reid (Sunderland), Gerry Francis (Tottenham), Harry Redknapp (West Ham), Joe Kinnear (Wimbledon).

●イングランド人:13人 スコットランド人:3人 北アイルランド人:1人
アイルランド人:1人 オランダ人:1人 フランス人:1人

実は、イングランドのトップリーグ史上では、外国人監督がその年まで2人しかいなかった
●1) Dr Jozef Vengloš: Aston Villa、1990年7月22日~1991年5月28日
2) Osvaldo Ardiles: Tottenham Hotspur、1993年6月19日~1994年11月1日
3) Ruud Gullit: Chelsea、1996年5月10日~1998年2月12日
4) Arsene Wenger: Arsenal、1996年10月1日~現在 (*就任発表は9月22日)
●Venglošは後、ジェフユナイテッド千葉の監督に就任した。
Ardilesは後、清水エスパルス・横浜Fマリノス・東京ヴェルディ・町田ゼルビアの監督に就任した。
●参考:FourFourTwo
「イングランドフットボールの最高峰(トップリーグ或いはイングランド代表)で監督を勤めた外国人」
尚、現在までちょうど50人もいる。

ArdilesとGullitは現役選手として世界最高級のエースだったし、イングランドリーグでも名を残していた。一方、Wengerと状況が似ていたのはDr Jozef Venglošだった。
●1990年W杯後、ヴィラのGraham Taylor監督がイングランド代表監督に就任。

●その後任者は、チェコスロバキア代表をベスト8まで導いていた、Vengloš監督。

●だが、発表記者会見ではDoug Ellis会長が「この人、誰なのか分かる?」と聞いたら、集まった報道陣はシーンとした。外国人監督、知るわけないだろう!

Vengloš監督の言葉
●"A few things those days were a bit different to what we'd been doing in central Europe. The methodology of training, the analysing of nutrition and the recuperation, regeneration and physiological approach to the game."
「当時、中央ヨーロッパでやっていたことがまだイングランドには浸透していなかった。例えば、練習方法や栄養分析、試合後のリカバリー、生理学的なアプローチなどだ。」

当時、アストン・ヴィラでプレーしたDwight Yorke選手の言葉
●"Things he did at Villa, other clubs were doing seven or eight years later."
「彼がヴィラでやっていたことは結局、7~8年後にどこのクラブも導入し始めた。」

●その、イギリス人にとって全く未知なアプローチを導入してみたVengloš監督。

●だが、Taylor前監督のキック&ラッシュで準優勝していたヴィラの選手たちは、なかなか受け入れてあげなかった。試合後はウォームダウンじゃなくて、お酒だろう!

●結局、17位で終了して、Vengloš監督が1年で解任。

●そんな英国に5年後、ベンゲルがやってきた!




特集記事:ベンゲルの指揮下で「7つの時代」
●Amy Lawrence、The Guardian紙
Arsène Wenger: 20 years at Arsenal - an incredible journey of joy and frustration
「アーセン・ベンゲル、アーセナルでの20年:喜びとフラストレーションの驚くべき遍歴」
https://www.theguardian.com/football/2016/sep/21/arsene-wenger-20-years-arsenal-incredible-journey

●20年を7つの「時代」に分けて振り返る特集記事。

160928-01.jpg
※ ①は小説の名前、③はテレビシリーズの名前、⑤はキリスト教神学の用語である為、日本語訳はそれぞれの邦題・定訳にしています。

① Brave New World (1996) 「すばらしい新世界」

●Venglošの5年後だったが、やっぱりベンゲルもあまり暖かく歓迎されなかった。
●選手、相手監督、サポーター、メディアが「知らない外国人」を疑っていた。

当時のキャプテン、Tony Adamsの言葉
●"There was a fear of someone else, a fear of change... contempt before investigation."
「他人、それから変化に対しては恐怖があった。他人のことは知ろうとせず、ただ軽蔑するというような風土だった。」

ベンゲル監督の言葉
●Wenger was conscious of it. "I felt quite a lot of scepticism," he said. "That's normal, especially on an island. This phenomenon is more emphasised on an island because people have historically lived more isolated. They are more cautious about foreign influences."
「かなりシニカルに見られていたのを分かっていた。それは普通のことだが、島国では特に著しくなる。島国の国民は歴史的には孤立して生きてきたので、他国の影響を若干疑う傾向がある。」

●しかし、ベンゲルにとっては人生のターニングポイントでもあった。

●奥さんが妊娠していた。子育ては日本でするのか、ヨーロッパでするのか?

●ヨーロッパに帰るなら、娘が生まれる前に帰りたかった!


ベンゲル監督の言葉
●"I was at a dangerous point and I had to make a decision. I felt that if I didn't come back now I would stay forever in Japan. After two years you get slowly emerged into this spirit. What you miss in Europe is slowly drifting away. I was at a point where I thought, I will make my life here if I don't come back now."
「私の人生の中で、岐路に立っていた。今すぐヨーロッパに帰らなければ、死ぬまでずっと日本に居ると思った。2年も日本に居れば、少しずつそうなってくるよ。ヨーロッパの懐かしいものは少しずつ忘れてしまう。だから、ヨーロッパに帰るか、完全に日本に定住するか、その時点で決めることにした。」


② Pass With Flying Colours (1996-1998) 「やすやすと合格(パス)する」
0928-2.png

●ベンゲルが就任してから2年をかけ、様々な新しいアイデアを導入した。

●当時のイギリスではあまり馴染みがなかった、スポーツ科学のアプローチをどんどん導入した。
栄養やダイエット、水分摂取、ストレッチの時間、コンディション専門コーチなど。
「何を食べる・飲むか」だけではなく、「いつ、どのように食べる・飲むか」という視点も。

●イギリスならではの「パワフル」なサッカーを、欧州大陸風の「表現能力ある」サッカーを有効的に融合させるよう、練習メニューをデザインした。

●イギリス人監督には持つわけがない、幅広い人脈を活かし、欧州各国から外国人選手を発掘したり獲得したりした。
Marc Overmars、Nicolas Anelka、Emmanuel Petit、Patrick Vieiraなど。

ローレンス記者の言葉
●For Bergkamp, the arrival of Wenger built a bridge between the football of his past, his education in the Dutch ideals of total football, and the never-say-die English football attitudes that were embodied by Arsenal's steely back four. There was a kind of symbiosis. Consider how Bergkamp absorbed the toughness which helped him to electrify the Premier League, or how Adams had the freedom to burst on to a chipped pass from Steve Bould to score with an impeccable volley.
「デニス・ベルカンプにとって、ベンゲルが架け橋になった。ベンゲルの指揮下では、オランダで覚えた『トタールフットボール』の理想と、アーセナルの最終ラインが体現した『絶対に諦めない』というイングランドのフットボール文化との共生が可能になった。ベルカンプ自身はタフになり、プレミアリーグに電撃的なスリルを与えられるようになった。一方でAdamsがSteve Bouldのループパスを受け、ボレーシュートでゴールを決めるほど、自由な発想でプレーできるようになった。」


③ The Wonder Years (1998-2006) 「素晴らしき日々」
0928-3.png

●最初の10年間では毎年のようにタイトルを取った。

●マンチェスター・ユナイテッドとのライバル関係が激しくなり、最後まで優勝を争って結局2位という辛い思いもした。

●しかし、1996年~2006年の10年間では、アーセナルが3回もリーグ優勝を果たし、4回もFAカップで優勝し、クラブ史上初のCL決勝進出を果たした。

●また、2003/04シーズンは無敗優勝という偉業を果たした。

●1930年代、Herbert Chapman監督時代と肩を並べるほど、クラブ史上の中でも黄金期だった。

●それから、ただ勝つだけではなく、魅力的なサッカーで勝つことが特に絶賛を浴びた。

●全盛期のThierry Henryの他、Dennis BergkampやRobert Pirès、Freddie Ljungberg、Patrick Vieira、Nwankwo Kanuなど。

●豪華の攻撃を支えたのは、Sol Campbellを中心とした固い最終ライン。


ベンゲル監督の言葉
●"[The Invincibles] was one of my dreams. I learned that you can achieve things that you think are not achievable."
「無敗優勝は1つの夢だった。そのシーズン、絶対に達成できないと考えたことでも達成できる、というのを学んだ。」


④ Men Against Boys (2006-2013) 「大人と対戦する少年」
0928-4.png

●Highburyから、Emirates Stadiumに引っ越しを決めたアーセナルとベンゲル。

●それにより、凡そ10年間は補強など我慢せざるを得ない時期となった。

●しかし、ベンゲルはそれでも勝つというプランを描いた。

●なるべく有望な若手選手を多く集め、アーセナルの精神をその選手たちに教える。
監督、クラブ、またお互いに忠誠心を持ちながら、一緒に成長するチームを育てる。

●Cesc FàbregasやVan Persie、Samir Nasri、Abou Diabyなど。

ローレンス記者の言葉
●When Arsenal decided to leave their ancestral home and prepare for a move that would in the end cost around £400m, Wenger knew and accepted that for a time it would compromise his team. What he did not know was that all Arsenal's plans would be thrown by the impact of oligarchs and billionaires landing suddenly to transform the football landscape. Arsenal's belt-tightening coincided with lavish spending elsewhere.
「アーセナルが先祖以来の邸宅を離れ、£4億もかかる引っ越しに向けて準備を始めたとき、ベンゲルはそれにより、チームにとって我慢する時期になるのを知り、前向きに受け止めていた。しかし、そのとき、知らなかったこともあった。同じタイミングで石油王や億万長者が登場し、フットボールの土俵を抜本的に変えることだ。アーセナルが節約するのと同時に、ライバルが贅沢な補強に巨額を投じることになった。」

ベンゲル監督の言葉
●"You feel like you have stones against machine guns. People don't want to know that. They just want you to win the championship."
「機関銃を備えた軍隊に対して、石を投げて抵抗しなければならない、というような気持ちだった。しかし、そんな話を人は聞きたくない。人はそれでもリーグ優勝を求める。」

ローレンス記者の言葉
●But project youth crumbled. It was perhaps the lowest blow for Wenger. The damage when Fàbregas and Nasri left, followed by Van Persie, was felt keenly. Wenger felt a very personal sense of loss. The ideology he believed in collapsed around him.
「しかし、『プロジェクト・ユース』が失敗に終わった。これはベンゲルにとって最下点となった。FàbregasとNasriに続いてVan Persieも出ていってしまい、ダメージが大きかった。ベンゲルが個人的に強い喪失感を覚えた。ずっと信じていたイデオロギーが、目の前で崩壊してしまった。」


⑤ A Second Coming (2014-15) 「再臨」
0928-5.png

●2005年のFAカップ優勝以来、9年間もタイトルから遠ざかったアーセナル。

●何回か、他クラブからオファーを断ったベンゲル。

●そして、2014年のFAカップ決勝進出により、やっとタイトルのチャンスが訪れたのに、ハル・シティを相手にまさかの2点ビハインド。

●アーセナルは大逆転により、「復活」を証明することに。

ローレンス記者の言葉
●Several times during his Arsenal tenure Wenger could have left for other clubs. He never did. He stayed put, earning a handsome salary but also absorbing the flak. Why? Because he believes in an idea that is about more than honours for the CV. He started the project to see Arsenal over their expensive move, and he wanted to finish it.
「アーセナル監督在任中、ベンゲルが他のクラブに行く機会がたくさんあった。しかし、批判を浴びながらも、いつもアーセナルに残ることにした。それは何故だろう?履歴書に載せるタイトルの数よりも、大いなる理想を信じているからだ。コストも犠牲も伴う、スタジアム引っ越しのプロジェクトを彼が始めたので、彼は最後まで見届けたかった。」

ベンゲル監督の言葉
●Going 2-0 down was, he said, "surreal" because the thought of losing when carrying so much expectation was unthinkable. "Winning was an important moment in the life of the team. When it comes after a long time it sometimes comes with suffering. We had such a feeling of relief and happiness."
「あまりにも大きな期待を背負っていた中で、2点ビハインドとなって負ける可能性と直面するのが現実離れした気持ちだった。このチームの人生において、勝利できたのが大切な瞬間だった。長い年月が経っていたし、苦労も伴っていた。やっとまたタイトルを取れて、すごくホッとして幸せな気分だった。」


⑥ The Great Survivor (2015-16) 「偉大なサバイバー」
0928-6.png

●10年連続の「3位 OR 4位」、6年連続のCLベスト16敗退。

●こんなに一貫してCL出場権を獲得している監督は他に居ないが、
「たまには逃しても良いので、たまには優勝してくれ!」などの不満な声もある。

●昨シーズンは11年ぶりのリーグ準優勝を果たしたが、ライバルが全て滑って、結局、優勝したのはレスターとのことで、喜べなかったサポーターも少なくない。

ローレンス記者の言葉
●He retains the full support of his club's majority owner, Stan Kroenke, and the board. Their faith in him has not wavered. Some supporters frustrated by the ratio between high ticket prices and club honours vent their spleen and hold up banners. Others feel a sense of loyalty and affection for a man who has given a lot of himself to the club during his tenure. Many are stuck in the middle.
「クラブの過半数株式保有者、Stan Kroenkeをはじめ、理事会の支持は揺るぎない。だが、サポーターは派閥に分かれている。チケットの高い値段とタイトル数の比率について激怒し、横断幕を掲げる反対派が居る。一方、人生をアーセナルにささげてきたベンゲルに忠誠心と愛情を感じる、支持派が居る。また、両派閥の間に入って混乱するサポーターも多い。」

ベンゲル監督の言葉
●"I can only survive if I have that desire to win. You become a winning animal. Somewhere you slowly forget your own life. I think any manager can only be happy if he wins. We all live desperate for it, and everybody will do everything to win. It's not a regret, it's just an explanation of how the life of a manager is."
「勝ちたいという強い願望がなくては生き残れない。監督は勝つために生きる、アニマルになってしまう。元々の人生を少しずつ忘れてしまう。監督は勝つときにしか幸せになれないと思う。私達は勝ちたくてたまらないという日々を過ごし、勝つ為なら何でもする。これは後悔ではない。ただ監督の人生というのはこういうものなのだ。」


⑦ The Future (2016-?) 「未来」
●今季終了時点で契約満了。果たしてどうなるだろう?

ローレンス記者の言葉
●Whatever happens and whenever it happens to end this collaboration between manager and club, Wenger is the last of his kind. The average timespan for a manager in England's professional game is currently 13 months. We will not see a 20-year boss at elite level again.
「これからどうなろうが、この監督とクラブのコラボレーションがいつ終わろうが、このタイプの監督してベンゲルが最後というのは間違いない。イングランドのプロリーグでは現在、監督が就任してから平均として13ヶ月後に退任する。今後、同じ監督が20年もずっと指揮を執るケースは二度と見られないだろう。」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS見るならスカパー!

今週のFoot!

1/16~1/20のFoot!


blog_Mon.jpg

【1/16】MC:西岡明彦 ゲスト:木崎伸也
月曜は週末に行われた試合のハイライト中心にお届け!
▽プレミアリーグ ハイライト
―レスター×チェルシー、マンチェスターU×リヴァプール 他
▽ブンデスリーガ
―後半戦のみどころ 全18チーム 木崎さんの期待値 解説

J SPORTS オンデマンド 会員無料でUn Poco Foot! MONDAY 配信!»詳しくはこちら

blog_Tue.jpg

【1/17】MC:野村明弘 コメンテーター:ベン・メイブリー
火曜日はベン・メイブリー氏を迎え、週末に行われた注目ゲームを分析します。
▽ベン・メイブリーの分析
―第21節から気になる試合をピックアップ!黒板を使って解説!
▽現地メディアの特集記事を紹介
▽Foot!toto
―第904回 toto予想

J SPORTS オンデマンド 会員無料でUn Poco Foot! TUESDAY 配信!»詳しくはこちら

blog_Wed.jpg

【1/18】MC:下田恒幸 コメンテーター:ワッキー(ペナルティ)
水曜日はブンデスリーガの分析、そしてJリーグを独自取材を交えながらお届けします。
▽ワッキーさんが母校市立船橋へ
Jリーグへ戦いの場を移す3選手を直撃取材
▽ケルン現地取材
シュテーガー監督、ハインツ選手インタビュー
▽ウインターブレイク中のブンデス移籍情報

J SPORTS オンデマンド 会員無料でUn Poco Foot! WEDNESDAY 配信!»詳しくはこちら

blog_Thu.jpg

【1/19】MC:八塚浩 コメンテーター:チェーザレ・ポレンギ
木曜日は、セリエAを中心としたフットボールのホットな話題や現地ジャーナリストのインタビューもお届け。
▽セリエA
―熾烈な2、3位争いについて
▽カルチョを巡る旅
―ナポリ
▽Foot!toto
―第904回 toto予想

J SPORTS オンデマンド 会員無料でUn Poco Foot! THURSDAY 配信!»詳しくはこちら

blog_Fri.jpg

【1/20】MC:倉敷保雄 コメンテーター:中山淳
金曜日は1週間のフットボールニュースをまとめて紹介。
世界各国の旬なフットボールニュースを様々な角度から解説&分析します。
▽今週の各国ニュース
▽中山さんが気になった選手、プレーなどを紹介

J SPORTS オンデマンド 会員無料でUn Poco Foot! FRIDAY 配信!»詳しくはこちら



※放送内容は変更となる場合がございます。


Foot!について

2000年の番組開始から10年以上に渡り、良質かつ多彩な企画で人気を博してきた、J SPORTSオリジナルサッカー番組「Foot!」。2011年8月から、週5日放送のデイリーサッカーニュースとしてリニューアルし、世界のサッカー情報を余す ことなく紹介する。
ナビゲーター紹介
スタッフ紹介
放送予定

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



ナビゲーター紹介

月曜日
MC:西岡明彦
コメンテーター:J SPORTS解説陣、菅原慎吾

月曜日は、週末に行われたイングランド プレミアリーグ、ドイツ ブンデスリーガのゲームハイライトを振り返ります!菅原Pのリーガエスパニョーラ情報もお届け!

火曜日
MC:野村明弘
コメンテーター:ベン・メイブリー

火曜日はベン・メイブリー氏を毎週ゲストに迎え、週末に行われた注目ゲームを映像と黒板を使って分析します。また、英国人ジャーナリストのインタビューのほか、現地メディアの特集記事をご紹介。

水曜日
MC:下田恒幸
コメンテーター:ワッキー(ペナルティ)

水曜日はブンデスリーガの分析、そしてJリーグを独自取材を交えながらお届けします。

木曜日
MC:八塚浩
コメンテーター:チェーザレ・ポレンギ

木曜日はチェーザレ・ポレンギが、セリエAを中心としたフットボールのホットな話題や現地ジャーナリストのインタビューもお届け。

金曜日
MC:倉敷保雄
コメンテーター:中山淳

金曜日は1週間のフットボールニュースをまとめて紹介。世界各国の旬なフットボールニュースを様々な角度から解説&分析します。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら




本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.