Visitor Monitoring
  1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 柔道・格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ツール・ド・フランス2016 レースレポート

THE STAGES
  1. 第1ステージ
  2. 第2ステージ
  3. 第3ステージ
  4. 第4ステージ
  5. 第5ステージ
  6. 第6ステージ
  7. 第7ステージ
  8. 第8ステージ
  9. 第9ステージ
  10. 第10ステージ
  11. 第11ステージ
  12. 第12ステージ
  13. 第13ステージ
  14. 第14ステージ
  15. 第15ステージ
  16. 第16ステージ
  17. 第17ステージ
  18. 第18ステージ
  19. 第19ステージ
  20. 第20ステージ
  21. 第21ステージ
THE STAGES

第18ステージ 7/21 Thu.

力強く突き上げた右の拳と、黄色いヘルメットの下に覗いた白い歯が、2016年マイヨ・ジョーヌの行方がほぼ決まったことを教えてくれた。最終走者のクリス・フルームは、出走177人中ベストタイムの30分43秒23をたたき出した。今大会2つ目の区間勝利をもたらした好走で、総合2位以下とのタイム差をさらに大きく開いた。一方で総合2位から7位までの距離はぎゅっと縮まり、表彰台争いは混沌の様相を呈してきた。

太陽の光は強烈で、しかも湿気を含んだ空気が、肌にまとわりつくように重かった。真っ先に勝者レベルの素晴らしいタイムを記録したのは、またしても、トム・デュムランだった。第9ステージでは、悪天候の中の独走で、山頂フィニッシュを制した。第13ステージはアップダウン個人タイムトライアルで、今大会2勝目をもぎ取った。そしてこの日は、全長17劼療从筌織ぅ爛肇薀ぅ▲襪如得意の独走力を発揮した。

スタート直後から規則正しいリズムを刻んだ。しかも勾配14%超えのコート・ド・ドマンシーでさえ、ほぼ全体を通してシッティングポジションを貫いた。力強く走り続けた。ゴールタイムは、その時点までの首位選手を41秒も上回る、31分04秒29。暫定首位に立った。

「でも、おそらく、十分ではないだろう。きっと総合勢の選手に追い抜かれるはずだ。今日はいい走りができたと思うけれど、でも、僕のベストの走りではなかった。ステージ優勝には、十分なタイムではない」(デュムラン、ゴール後TVインタビュー)


区間2位のトム・デュムラン(チーム ジャイアント・アルペシン)区間2位のトム・デュムラン
(チーム ジャイアント・アルペシン)

残念ながら、デュムランの予言は的中する。時にハラハラさせられながらも、暫定首位の座を実に1時間38分にも渡って守り続けてきた挙句、最後の1人についに記録を塗り替えられてしまったのだから!

スタート直後のクリス・フルームは控えめだった。序盤4劼諒臣呂魘遒曳瓦韻董△気蕕縫疋泪鵐掘失笋鮟えた直後の6.5丗1計測は、デュムランから14秒遅れで通過した。

「静かに、抑えてスタートしたんだ。山頂に向かって力をクレッシェンドしていくためだった」(フルーム、ミックスゾーンインタビュー)

言葉通り、マイヨ・ジョーヌは徐々にペースを上げていく。デュムランと同じように、サドルにしっかり腰を下ろし、正確なリズムでペダルを回し続けた。その結果、一定の上り勾配が続く10卉賄世如遅れは10秒に縮まった。緩急が繰り返され、山頂まであと一歩に近づいた13.5卉賄世任蓮△弔い縫妊絅爛薀鵑3秒逆転した。上り切った後には、うねりの続く下り坂も待っていた。もちろん今年のフルームが、プロトン屈指のダウンヒル巧者であることは……すでに第8ステージで実証した通り。フィニッシュラインでは、なんとデュムランに21秒ものリードをつけていた。

「今日の勝利は、メカの選択が大きく左右しているんだ。最初にコースを見たときは、普通のロードバイクを使おうと考えた。でも、詳細な分析が行われた結果、タイムトライアル用マテリアルを使うよう助言されたんだ。しかもピナレロのTT用バイクは、重量がものすごく軽くなった。ディスクホイールもまた、正しい選択だったね」(フルーム、公式記者会見)


山岳TTを制し、総合優勝に大きく前進したクリス・フルーム(チーム スカイ)山岳TTを制し、総合優勝に大きく前進したクリス・フルーム(チーム スカイ)

とてつもない強さを改めて証明した結果、フルームは総合2位以下とのタイム差を2分27秒から、3分52秒へと開いた。パリまで残るステージは3つ。山の戦いは2つ。だから、すでに優勝争いは決した、とマイヨ・ジョーヌ本人は見る。

「もはやタイム差は4分近くなった。しかも、あと戦いは2日だけだから、このジャージを肩に羽織ってパリにたどり着く自信はある。明日はものすごく厳しいステージになると思う。ただし繰り広げられるのは、おそらく表彰台のポジション争い。だから僕は、ただチームメートたちと共に、安全第一でついていくだけ」(フルーム、ミックスゾーンインタビュー)

もしもフルームの優勝がほぼ確定したのだとしたら、表彰台の場所はあと2つ残っている。貴重な場所を争う選手たちは、この日のタイムトライアルで、大きく明暗が分かれた。いわゆる「勝ち組」と呼べるのは総合5位ロメン・バルデ(フルームから区間42秒遅れ、総合4分57秒遅れ)総合6位リッチー・ポート(33秒、5分)、総合7位ファビオ・アル(33分、6分08秒)の3人だろう。


3位に入ったファビオ・アル(アスタナ プロチーム)ファビオ・アル(アスタナ プロチーム)

ポートはフルームと並んで、区間優勝の最有力候補に挙げられていた。なにしろパリ〜ニースでは2013年と2015年の2回、登坂タイムトライアルを制した経験を持っている。そんな小柄のヒルクライマーは、勢いよくスタートダッシュを仕掛けたた。6.5卉賄世侶彗では、11分33秒と、全プロトン中のトップタイムをたたき出した。特に登坂2.5劼離疋泪鵐掘偲从筌織ぅ爐世韻覗茲Α屮戰襯福璽襦Εぅ痢湿沺廚癲堂々と勝ち取っている。

「ツール前の下見で、このタイムトライアルが僕向きであることは把握していたんだ。だから今日の結果には満足している。あらゆるライバルから、タイムを奪うことに成功したんだから」(ポート、ミックスゾーンインタビュー)

後半は勢いが少々落ちたものの、ポジティヴに1日を終えることに成功した。総合では5分差の6位につける。ちなみに、もしも、第2ステージの最終盤にパンクして1分45秒を失っていなかったら……。単純計算だけでも、今頃は総合2位の座につけていたはずである。

「ツール序盤に不運に見舞われたのは残念だけれど、とにかく表彰台に上りたい。だから残り2日間で、自分のチャンスを狙いに行かねばならない。調子もいいし、自信もある」(ポート、ミックスゾーンインタビュー)

バルデもまた、表彰台に大きく近づいた。第17ステージ終了時の段階では、総合3位まで1分22秒の距離があった。今ステージ終了後は総合順位こそ5位と変わらないものの、総合3位まで41秒差に縮まった。

「このタイムトライアルは、とても良い感触で走れた。難度が上がれば上がるほど、僕には向いている。今日は決して限界を超えてしまわぬように、自分自身を制御して走った。おかげで一定スピードを保ち続けられたし、滑らかなパフォーマンスも実現することができた」(バルデ、ゴール後TVインタビュー)

ほぼ全ての上りをダンシングスタイルで、アグレッシブに上り切った。そんなアルは、ポートと同じゴールタイムを記録した。……それどころか、正確にはコンマ27秒上回った!区間3位のとてつもない好成績は、総合でも、8位から7位へとのジャンプアップにつながった。表彰台までの距離は1分52秒差。少々遠すぎるだろうか?5月に4分43秒差を逆転して、ジロ総合優勝を持ち帰ったヴィンチェンツォ・ニーバリが、アルの護衛役を務めていることも忘れてはならない。

総合2位バウク・モレマ、3位アダム・イェーツ、4位ナイロ・キンタナにとっては、それぞれに失望の1日だった。3人全員かろうじて総合順位こそ守ったものの、フルームに対しては、3人全員がタイムを大幅に失った。しかも前述の5位〜7位の選手からは、一気に後方から差を詰められた。マイヨ・ジョーヌの夢は遠ざかり、表彰台の可能性も脅威にさらされている。当然ながらキンタナの3回連続「フルームの次点=総合2位」も、もはや危うい状況にある。

リザルトはこちらから

text:宮本あさか
写真すべて:©Yuzuru SUNADA



J SPORTSc[EhEtXXJp[I
J SPORTS オンデマンド

ピックアップ動画

自転車の街を走れ!J SPORTSサイクル部 〜奈良をめぐる1泊2日の旅(前編)〜

自転車好きなあなたにお送りするサイクル情報番組「J SPORTSサイクル部」!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

LINE サイクルロードレース中継スタンプ

Twitter


本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.