Visitor Monitoring
  1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球
  12. バドミントン
  13. その他

ツール・ド・フランス2016 レースレポート

THE STAGES
  1. 第1ステージ
  2. 第2ステージ
  3. 第3ステージ
  4. 第4ステージ
  5. 第5ステージ
  6. 第6ステージ
  7. 第7ステージ
  8. 第8ステージ
  9. 第9ステージ
  10. 第10ステージ
  11. 第11ステージ
  12. 第12ステージ
  13. 第13ステージ
  14. 第14ステージ
  15. 第15ステージ
  16. 第16ステージ
  17. 第17ステージ
  18. 第18ステージ
  19. 第19ステージ
  20. 第20ステージ
  21. 第21ステージ
THE STAGES

第11ステージ 7/13 Wed.

「リスクを冒さなければ、何も手に入らない」。こう語るペーター・サガンは、ゴール前12km、力づくで分断を作り出した。「奪える秒は、すべて奪っていく」。こう予言していたクリス・フルームは、ごうごうと吹き荒れる風に逆らって、自ら穴を埋めた。4人の小さな集団では、マイヨ・ジョーヌとマイヨ・ヴェールがスプリントを争った。サガンは今大会2つ目の区間勝利と共に、緑用の67ptを荒々しくもぎ取って、ポイント賞首位の座を固めた。区間2位の総合首位は、6秒+ボーナスタイム6秒を手に入れ、またほんの少し、ライバルたちからリードを開いた。


第11ステージを制したペーター・サガン第11ステージを制したペーター・サガン

天高くそびえる糸杉は大きくたわんだ。煤けた茶色の平地を貫くアスファルトには、斜めのラインがいくつも描かれた。フランス風の自転車用語でいえば、「扇子が開かれた」。地形だけを見れば単純なスプリント向け平坦ステージなのだが……。いつものように、山から北北西の風が吹き降ろし、予想通りに、クレイジーな分断の試みが繰り返された。

2人の逃げから1日は始まった。フランスチャンピオンジャージを身にまとうアルテュール・ヴィショが、革命記念日の前日に飛び出しを仕掛け、リー・ハワードが賭けに乗った。その背後では、落車が相次いだ。特に山岳ジャージ姿のティボ・ピノが、数人の選手と共に、道端のくぼ地に転がり落ちた。曲がりくねった細い道でも、次々と選手が犠牲となった。後方の喧騒をよそに、2人の小さなエスケープ集団は、4分半のリードをさらい取った。

そして、突然、進撃のラッパが鳴らされた。ゴールまで90km。ピリピリとした雰囲気を漂わせつつも、静かにリズムを刻んでいたプロトンから……、ティンコフの蛍光イエローが猛烈な加速を始めたのだ!!あっという間に、プロトンはズタズタに切り裂かれた。

風+ティンコフ+分断、といえば2013年大会第13ステージの、アルベルト・コンタドールが仕掛けた突撃が思い出される。あの時は14人が前方に走り出した。マーク・カヴェンディッシュが区間を制し、マイヨ・ヴェールのサガンは2位に泣いた。マイヨ・ジョーヌのフルームは分断の罠にはまり、コンタドールに1分09秒を譲り渡した。ただし3年前とこの日とは、決定的な違いがあった。今年のティンコフは総合のためではなく、サガンの区間とポイント賞のために攻めを仕掛けていた。苦い経験から教訓を引き出したフルームは、頼もしいアシストたちに支えられ、用心深くプロトン前線に留まっていた。

北クラシック巧者の多いエティックスやBMC、トレックも、それぞれに大きな一撃を試みた。遮るものの何もない一本道で、分断は避けようがなかった。落車で体を痛めたピノや、前日の奮闘で疲弊したマイケル・マシューズは、非情にも後方へと押しやられた。幸いにも、小さな村の小さな道に入ると、風は弱まり、速度も落ちた。すると遅れた選手たちは、そまるでヨーヨーのように追いついていきて……。そしてまた、荒野に出れば、新たな分断の始まり。一列棒状になって、斜め隊列が出来て、どこかに裂け目ができ、亀裂はどんどん広がっていく。

ヴィショとハワードの2人は、フィニッシュまで60kmも残して、あっさり吸収された。クレイジーな駆け引きは延々と続けられた。ただしゴール前49km、中間スプリントをマルセル・キッテルが制し、サガンとカヴェンディッシュが続くと、ほんの少しだけプロトンの勢いが緩んだ。総合系選手を擁するスカイやモヴィスター、アスタナが集団前方に居並び、走行リズムの調整に努めた。おかげで、必死の追走を続けてきた選手たちも、ようやくほっと一息ついた。


逃げたアルテュール・ヴィショとリー・ハワード逃げたアルテュール・ヴィショとリー・ハワード

ほんの一時的なやすらぎだった。ゴールまで30kmを切ると、再びプロトンは縦にどんどん引き伸ばされていった。総合系もスプリンター系も、前方に留まろうと歯を食いしばった。目の前の選手の後輪から絶対に引き離されまいと、必死に風の中でもがきつづけた。

ゴール前12km。前方に2選手が飛び出した。サガンと……、3年前のあの日もやはり、サガンと共に分断に飛び乗り、リーダーを精一杯助けたマチェイ・ボドナールだった。背後のあらゆるしがらみを、力づくで断ち切るように、ティンコフコンビがほんの少しずつ、集団から、距離を開いていった。

たった1人だけ、その穴をどうにか埋めようと、がむしゃらにペダルを回す選手がいた。黄色のフルームだ!

「サガンが飛び出したのを見て、行かなきゃならない、と感じた。簡単なことじゃなかった。とにかく全力でペダルを回した」(フルーム、ゴール後TVインタビュー)

ほんの数日前に下りアタックで衝撃を与えたフルームが、今度は平坦でどでかいサプライズを演出した。北クラシック巧者のゲラント・トーマスが、やせっぽちのヒルクライマーの後を慌てて追いかけるという、まるで冗談のようなシーンさえ繰り広げられた。

「自問自答したんだ。行く価値があるだろうか?って。でも、とにかく僕は、あらゆる地形でライバルたちからタイムを奪わなきゃならない。特にキンタナは、3週目に強い選手だからね。だから彼からタイムが奪えるなら、いつだってどこだって、僕は行くのさ」(フルーム、公式記者会見)

マイヨ・ジョーヌとマイヨ・ヴェール(と、トーマスとボドナール)が、プロトンを背負って、風の中を逃げている。エディ・メルクスやベルナール・イノーの時代なら、きっとよくある風景だったに違いない。しかし21世紀の自転車競技においては、とてつもなく非現実的な状況であり……。

「クレイジーだった。あんな風の中では、あらかじめ筋書を書くことなんて、到底不可能だったさ。ただ、驚きはしなかった。フルームは1日中、集団の先頭にしっかり位置取りしていたから。とにかく、ファンたちが楽しんでくれたら、僕は嬉しいんだ。僕自身はすごく楽しんだよ!」(サガン、ゴール後TVインタビュー)

「僕はただレースを楽しんでいる。ダウンヒルでアタックをかけたり、平地でアタックしたりというのは、ただ楽しいからやっただけ。誰かから強制されたからではなく、ただ僕の喜びであるからなんだ」(フルーム、公式記者会見)

駆け引きなんてしている暇もないほど、4選手は夢中で先頭交代を繰り返した。ただ「ゴー、ゴー、ゴー」と叫びながら、前へ前へと突進した。集団が猛スピードで追いかけてくるのを感じながら、ゴールスプリントに突入した。すでに1勝しているサガンは、本当はボドナールに、初めての区間優勝をプレゼントするつもりだったそうだ。小さく肘で合図し、2010年からずっと一緒に走ってきたチームメートに、加速をうながした。

「ボドナールを勝たせたかった。今日は信じられないような仕事をしてくれたからね。でもフルームがスプリントを切った。だからチームに勝ちを留めおくためには、僕自身が行く必要があったんだ」(サガン、ゴール後TVインタビュー)

後方のボドナールの小さなガッツポーズと共に、チームリーダーが区間2勝目を手に入れた。必死にもがいたフルームは、平地ステージで区間2位という驚異的な成績を収めた。

スプリンターたちは、貴重なスプリント機会を失った。6秒後に滑り込んできた大集団では、アレクサンドル・クリストフが先頭を取ったが、なんの慰めにもならなかった。中間スプリントを必死に戦ったスプリンターたちにとっても、マイヨ・ヴェールはさらに遠ざかった。サガンは2位以下へのリードを90ptに開き、緑色のジャージをしっかりと着こんでいる。最終盤にメカトラの犠牲になり、集団ゴールさえ果たせなかったマーク・カヴェンディッシュは、すでに白旗を上げた。

「そもそも彼からジャージを奪おうなんて考えたのが無駄だった。サガンに立ち向かえる選手なんて、今のプロトンにはほとんど存在しないだろうね。彼は本当に、特殊な選手だから」(ゴール後インタビュー)と、区間3勝のピュアスプリンターは白旗を上げた。

ほとんどの総合ライダーたちは、フルームから揃って12秒(ゴールタイム6秒差+ボーナスタイム6秒)を失った。あまりに厳しかった1日の終わりに、被害を最小限に食い止められたと考えるべきだろうか。それともフルームには「もはや手も足も出ない」と、精神的に刷り込まれてしまった?前日まで総合5位につけていたホアキン・ロドリゲスと9位ルイ・メインチェスに限っては、1分以上を失い、総合でもそれぞれ12位と13位に陥落した。

「今日エネルギーを使いすぎてなきゃいいけど。だって明日は、モン・ヴァントゥだから」(フルーム、ゴール後インタビュー)


レース前半は落車が多発したレース前半は落車が多発した

そんな「明日」を、つまり7月14日を楽しみにしている自転車ファンにとって、少し残念なニュースが飛び込んできた。今ステージでは地方風トラモンターヌが選手をさんざん悩ませたが、はげ山のてっぺんでは、別の地方風ミストラルが時速100kmで吹き荒れている。選手たちの安全を優先して、山頂フィニッシュは中止された。代わりに6km手前の、シャレ・レイナール(レイナール小屋)にフィニッシュラインが引かれる。伝説の山、モンヴァントゥのてっぺんを勝ち取りたい……と、熱望しているピノにとっても、残念な知らせだった。ちなみにこの日、赤玉ジャージだけでなく、山岳賞2位のラファル・マイカもまた、落車の犠牲となった。

多くのフランス人にとっても、恨めしい風である。この日のコース沿道でも、乾燥と風のせいで火災が発生し(幸いにも犠牲者はいなかった)、プロトンが煙に巻かれることもあった。なにより南フランス全体に花火禁止令が出された。革命記念日のお祭りは、少々控えめに、行われることになる。

リザルトはこちらから

text:宮本あさか
写真すべて:©Yuzuru SUNADA



J SPORTSc[EhEtXXJp[I
J SPORTS オンデマンド

ピックアップ動画

ツール・ド・フランス2016 第6ステージハイライト

ツール・ド・フランス2016 第6ステージハイライト映像

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

LINE サイクルロードレース中継スタンプ

Twitter

6パックキャンペーン
J SPORTS4キャンペーン

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.