Visitor Monitoring
  1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球
  12. バドミントン
  13. その他

ツール・ド・フランス2016 レースレポート

THE STAGES
  1. 第1ステージ
  2. 第2ステージ
  3. 第3ステージ
  4. 第4ステージ
  5. 第5ステージ
  6. 第6ステージ
  7. 第7ステージ
  8. 第8ステージ
  9. 第9ステージ
  10. 第10ステージ
  11. 第11ステージ
  12. 第12ステージ
  13. 第13ステージ
  14. 第14ステージ
  15. 第15ステージ
  16. 第16ステージ
  17. 第17ステージ
  18. 第18ステージ
  19. 第19ステージ
  20. 第20ステージ
  21. 第21ステージ
THE STAGES

第4ステージ 7/5 Tue.

200km以上の長距離走の果ての、またしてもミリ単位の勝負だった。この日、アスファルトの上で膝を抱えて、肩を落としたのはブライアン・コカールだった。軽い上り坂フィニッシュで、パワフルにペダルを踏み倒した後、静かに喜びを噛みしめたのはマルセル・キッテルだ!空白の1シーズンと体調不良を乗り越えて、新しいジャージに着替えて、2014年パリのシャンゼリゼ以来の嬉しい区間勝利を手に入れた。

きわどいゴールスプリントの結果、マルセル・キッテルが今大会初勝利きわどいゴールスプリントの結果、マルセル・キッテルが今大会初勝利

南へと、大またで、プロトンは下がっていく。どこにも寄り道せずに。夏の太陽と暑さを追い求めて。前日の223.5kmよりも、さらに14km長い「今大会最長」ステージは、ツール一行を一気に気温30度の世界まで誘った。それと同時に、フランス南部の山深い地方へと、一気に近づいた。翌日は大会最初の「本格的な」上りフィニッシュが待っている。だからこそスプリンターたちは、絶対に勝機を逃すつもりはなかった。たとえステージ最終盤には、リムーザン地方の細かいアップダウンが待ち受けていたとしても。

前日のサイクリングモードとは違って、この日のプロトンは時速40km超で走り始めた。またほぼゼロkm地点で逃げ集団が出来上がった序盤3日間とは異なり、4人の逃げが出来上がったのはスタートから29km地点だった。こうしてオリヴル・ナーセン、マルケル・イリサール、アレクシー・クジャール、そしてアンドレアス・シリンガーが、蒸し暑く、長い午後へと、飛び出していった。

ステージのほぼ折り返し地点、補給地点でのタイム差は6分あった。これが最大ギャップとなる。残り約3分の1の地点で、中間スプリントを激しく争ったメイン集団は(マイヨ・ジョーヌのペーター・サガンが集団内で首位通過した)、猛烈な勢いで4人を追い詰めていった。

今大会いまだ勝ち星がなく、前日わずかの差で敗れたアンドレ・グライペル擁するロット・ソウダルが、積極的に集団コントロールに励んだ。すでに区間2勝のマーク・カヴェンディッシュも、ディメンションデータの仲間たちに隊列作りを委ねた。29歳のバースデー勝利を狙うアレクサンドル・クリストフのために、カチューシャの面々も前方に位置取りした。

さらには前日第3ステージに、ぐだぐだムードをぶち壊すアタックを打ち、後輩ブライアン・コカールのための「間接的な」アシストを行ったトマ・ヴォクレールが、この日は集団牽引で「直接的な」アシストを買って出た。

「序盤4ステージはしっかりフィニッシュ地を下見していたんだ。特に今日は、自分の脚質にぴったりのステージだと考えていたからね」(コカール、ゴール後インタビュー)

ラスト50kmに入ると、道は典型的なリムーザン地方の色を帯びてきた。小さなアップダウンが無数に続き、細いうねりが繰り返し襲い掛かる。もしもグランツールの3週目にこの道を走っていたら、疲れたプロトンを尻目に、逃げ切りの可能性だってありえたかもしれない。だからこそ、大会4日目のエスケープメンバーも、最後まで諦めようとはしなかった。

4名のエスケープグループ4名のエスケープグループ

しかし、最年少のクジャールが、真っ先に遅れ始めた。昨ブエルタの3週目に、驚異的な逃げ切り勝利を手にした23歳は、ラスト40kmで先頭から脱落した。「ドーフィネでの落車以降、調子がまだつかめてない。逃げたのは間違いだったかも」(ゴール後テレビインタビュー)と後悔しながら。

畳みかけるような起伏の連続に、シリンガーも消えていった。最後までもがいたナーセンとイリサールも、ゴール前約8kmの急坂で、むなしくプロトンに飲み込まれた。

今大会なにやら賛否両論を呼んでいる「総合系チームによる隊列」も、あいかわらず目についた。最後はもちろんピュアなスプリント列車が主役の座を張った。ロットにカチューシャ、エティックス……。

ラスト500mは上り基調だった。「自分の脚質にぴったり」と考えたのは、コカールだけではなく、サガンも同じだった。だから絶好調カヴェンディッシュの加速に、すかさず反応した。

「今日は僕が勝てると思っていたんだけどな。ちょっと加速を切るタイミングが速すぎたようだね。カヴェンディッシュと一緒にスピードを上げて、同時に勢いが落ちてしまった」(サガン、公式記者会見より)

チーム全員の後押しを得たグライペルも、「普通なら、こういったフィニッシュ地形は僕に向いている」と考えていた。しかし山入り前の最終日に、全てをかけてきた同朋の勢いを、決して上回ることはできなかった。

「最後の数メートルで、力尽きた。ベストを尽くしたけれど、どうしてなのか、力が足りなくなってしまった。ステージ中はずっと調子が良かったから、もしかしたら、最終盤が厳しすぎたのかもしれない。本当に、どうしてなのか、分からない。チームは責任をもってレースを制御してくれた。単に僕の責任なんだ」(グライペル、ゴール後インタビューより)

むしろキッテルにとって、「自分の脚質にぴったり」ではなかったはずだ。しかし、2013・2014年大会ではそれぞれ初日勝利+マイヨ・ジョーヌ&最終日シャンゼリゼ勝利と輝かしい成績を収め、「最速」を誇ったスプリンターは、自らの完全復帰をどうしても勝利で祝いたかった。「ど平坦でしか勝てない」という烙印を消し去りたかったし、なにより自らを迎え入れてくれた新しいチームに、勝利で報いたかった。

「今大会の目標は、1日目の区間勝利で、マイヨ・ジョーヌを取ること。しかし、それは、叶わなかった。2位にしか入れなかった。2日目はアラフィリップがまたしても2位。白ジャージは取れたけれど、黄色には手が届かなかった。3日目は完全に失敗だった。だから昨晩、チームでミーティングを行ったんだ。目標と戦術を見直して、改めて勝利を狙いに行った。今日は僕にとって非常に大切な日になった。復帰の日であり、なにより上り坂で、勝てたんだから!」(キッテル、公式記者会見より)

ぎりぎりまで追いすがりながら、2位に泣いたコカールは、「自分にはミスはなかった。ただキッテルが強かっただけ」と白旗を上げた。

「僕は素直に負けを受け入れられるタイプじゃないんだよ。ほんとむかつくね。区間勝利にまた一歩近づいたって?いや、いつか勝てるかもしれない、じゃ納得できないんだ。僕は今年勝ちたい。今年のツールで、フィニッシュラインで両手を上げたいんだよ」(コカール、ゴール後インタビュー)

サガンは3位でちょっとがっかりしたけれど、「キッテルの勝利は嬉しいね。いろいろな選手が順番に勝つのは、レースにとって良いこと」と模範的な感想を述べた。

往年の名選手プリドールから祝福されるマイヨ・ジョーヌ往年の名選手プリドールから祝福されるマイヨ・ジョーヌ

なにより、ツールでは2位や3位が多い現役世界チャンピオンは、ツール史上最高の「エターナル・セコンド(永遠の2位)」から、マイヨ・ジョーヌを授与された。そう、マイヨ・ジョーヌこそ1度も着用したことはないけれど、アンクティル→メルクスの最大のライバルとして活躍し続け、マイヨ・ジョーヌのイメージキャラクターとして長年ツールに帯同しているレイモン・プリドールである。今年80歳になった「ププ」は、この日のゴール地リモージュの出身だ。

自らの最終目標であるマイヨ・ヴェールも、わずか1日で取り戻したサガンは、「マイヨ・ジョーヌは目標ではない」と語ってはいるけれど……。

「明日はどうなるかな。まあ、もちろん、できる限り、イエローを守るためのトライはするつもり」(サガン、公式記者会見)

リザルトはこちらから

ハイライト動画

text:宮本あさか
写真すべて:©Yuzuru SUNADA



J SPORTSc[EhEtXXJp[I
J SPORTS オンデマンド

ピックアップ動画

ツール・ド・フランス2016 第6ステージハイライト

ツール・ド・フランス2016 第6ステージハイライト映像

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

LINE サイクルロードレース中継スタンプ

Twitter

6パックキャンペーン
J SPORTS4キャンペーン

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.