1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球
  12. バドミントン
  13. その他

しゅ~くり~む ら


March 22, 2016 11:46 PM /

あくなき挑戦

16032201.jpg

先週末は、Jプロツアーの開幕戦となる 『宇都宮クリテリウム』 の会場へ行ってきました。

今年で3年目の開催(主催者発表で13,000人の観客が集まった)となる同大会ですが、大会全体の実質的な主催者は 『宇都宮ブリッツェン』 の運営会社である 『サイクルスポーツマネージメント社』 であり、チームとレースの両面を手掛けるという、ヨーロッパのクラブチームでは標準となっている運営形態をしっかりと実行に移しています。

本当の意味での 『発掘』 や 『育成』 というものを考えた場合、『チーム運営よりも、まずはレース開催に力を入れるべき』、という真実は、ある程度物事がみえている人にとっては標準の概念となります。

通常は、どうしても 『チーム運営』 の方ばかりに注目が集まりがちですが、そもそもチームや選手たちというのは、レースがなければなんの価値も生み出せない存在であることを忘れてはいけません。

私自身、かつて選手や監督だった時代には、そういった意味でいつも自分たちの無力さを強く感じていました。

『ぼくたちは誰かの手のひらの上で"主役風"に踊らされている存在』

ちなみに、『チーム運営』 と 『レース開催』 のどちらが楽かといえば、それは間違いなく 『サービスを受ける側』 にある 『チーム運営』 の方が総合的には楽な作業といえます。

選手、監督(チーム運営)、レース主催者と、一通り経験してきた自分が言うのだから、間違いないと思います(笑

サービスを提供する側になり、煩雑な準備業務に追われ、様々なリスクを背負い、苦情を言われることがあっても殆ど賞賛されない、そんなレース開催の業務に手を付けたくない気持ちはよくわかります。

しかし、本来は 『チーム運営』 と 『レース開催』 はセットで考えるべきです。

一度でもレース開催を経験すれば、それがいかに大変なことかを理解でき、非常識な発言はできなくなります。一方、レース開催の経験のない人たちというのは、いとも簡単に心ない一言や的はずれな発言をしたりもします...

『宇都宮ブリッツェン』 というチームが切り開いている世界は、いまはまだ(競技的側面に於いて)派手さはありませんが、本質的な取り組みを着実に積み上げ続けています。

物事というのは、視点が大きくなれば大きくなるほど、それを理解できる人の数が減っていってしまうという傾向があります。

それは、目の前にある小さな視点で思考し、発言し、行動するひとの数の方が圧倒的に多いからなのでしょう。

しっかりとした哲学を持ち、あくなき挑戦を続ける 『宇都宮ブリッツェン』 をこれからも注目していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



サイクルロードレースを2週間お試し体験!

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.