1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球
  12. バドミントン
  13. その他

しゅ~くり~む ら


December 20, 2015 12:00 AM /

逆行?

12月18日、世界最大の自転車レース 『ツール・ド・フランス』 を開催しているフランスのスポーツ・メディアグループ 『ASO(アモリ・スポル・オルガニザシオン)』 が、2017年シーズンよりASO傘下の全てのレースを 『UCIワールドツアー』 から離脱させると発表しました。

UCIワールドツアーから外れる全てのレースは 『UCIヨーロッパツアー』 の 『HC(オークラス)』 として開催される予定とのことです。

以前にも、UCIとASOの確執により、当時の 『UCIプロツアー』 から 『ツール・ド・フランス』 を含むビッグレースが離脱し、『ヒストリカルレース』 として開催された時期がありました。

その後、『歴史的な和解』 と表現された関係修復が進み、クックソン新体制による 『レース改革構想』 が発表された近年までは、表立って大きな問題はなかったようにみえていました。

しかしここへきて、再び両者の関係が悪化しはじめているようです。

現在、レース界に存在する大きな "流れ" を独断と偏見で挙げてみるならば、、、

1. 世界最大の自転車レース 『ツール・ド・フランス』 主催者のASOが中心となって実存している 『トラディショナルライン』

2. UCI(世界自転車競技連合)が "現実という縛りの中" で改革を進めようとしている 『コンサバライン』

3. Velon(プロチームが出資し合って設立されたロードレースの新リーグ構想を掲げる会社)が提唱する最も先進的(理想論的)な 『プログレッシブライン』

などかあります。

なにが良い、悪い、というつもりはなく、それぞれに 『価値』 と 『弱点』 が含まれています。

しかし、現状の自転車ロードレース界には多くの問題が実存しているのもまた真実であり、『トラディショナルライン』 を主軸としてただ継続していくだけでは、いずれまた大きな衝撃が自転車ロードレース界を襲うのは間違いないところでしょう。

今回の件は、良い方向を模索しつつあった 『大きな流れ』 に対して 『逆行』 する出来事である気が若干します...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



サイクルロードレースを2週間お試し体験!

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.