1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

しゅ~くり~む ら


July 12, 2017 11:00 AM /

限られた時間のなかで

17071201.jpg

一昨日、「第4回 TOJキッズ ウィーラースクール指導者講習会 supported by JrIDE PROJECT」を自転車総合ビルにて開催いたしました。

長ったらしい名称となっていますが、まあ、これらは若干大人の事情も若干含まれておりますので、簡潔にいえば、子供向け自転車教室でお馴染みの「ウィーラースクール」の指導者講習会を、ウィーラースクールジャパン代表のブラッキー中島氏と共に開催したということになります。

上記名称に含まれている「JrIDE PROJECT」ですが、当初は、というかスタート時は、広告代理店が主導して協賛社様にもバックアップいただき、ある意味で派手にスタートダッシュを決めた感はありましたが、現在は関与者も縮小し、ほぼ数人で、完全手弁当状態での活動に切り替わっている状況です。

但し、当初打ち上げた理念を諦めたわけではなく、予期できなかった周囲の環境変化をまずは受け入れつつ、再構築に向けて、自分たちが「ゼロ」の状態でも継続できることを粛々と行っているのが現状となっています。

正直、いま自分が関与している案件の半数は小さくない問題点を抱えています(表向きの肩書がついている業務については概ねポジティブな状態ですが、水面下で関与している案件も多々あり、なかにはお先真っ暗的なものもあります...)。

目黒の自転車総合ビルで働くようになって3年が経ちましたが、来た当初に蒔いたたくさんの種のうち、立派に形になったものもあれば、まだ形にすらなっていないものもあります。

そして、改めて「自転車界全体」が抱える潜在的な問題というものにも直面しています。

人生の時間は限られています。

自分も含めて人間というものは人それぞれに様々な価値観のなかで生きているわけで、その多様性のなかでの折り合いをつけつつ、正しい(なにが正しいかという定義も難しいですが...)方向へと全体の舵を切ることは決して容易なことではありません。

泣いても笑っても全力疾走できるのはあと5~10年くらいでしょうか。

その時が来たら潔く次のチャレンジャーに席を譲れる様にしておくためにも、いまできることを愚直に続けていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



ツール・ド・フランス見るならJ SPORTS
サイクルロードレースを2週間お試し体験!

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.