1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 柔道・格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

しゅ~くり~む ら


January 4, 2017 11:00 AM /

タイムマネージメント

17010401.jpg

本日はこれから大阪出張になります。

ちなみにとても有り難いことなのですが、年末年始は殆ど休めずに2017年へ突入いたします...汗

ここ最近、以前にも増して 『講師』 としての依頼などが増えており、それらの準備などに少なくない時間を費やしておりました。

2017年の課題は間違いなく 『タイムマネージメント』 になりそうです。

『忙しい...』 や 『時間がない...』 という言葉は 『できないオトコの常套句...』 なのはわかっていますが、それでもやはり忙しいもんは忙しいですし、時間に追われている状況であることは間違いありません...

これまでもすでに自分なりには時間の効率的をかなり進めてきたつもりではありますが、今後は更なる工夫が必要となるでしょう。

1日は24時間、1週間は7日、1年のなかで週末の数は52回。

このなかに、1年間のうちにやらなければいけない契約が発生しているメインの仕事(優先順位最上位)のほか、各種イベント、講演、執筆、取材、ロケ、スポットで入ってくる数多くの打合せ、その他、まだ仕事などにはなっていないものの将来的に必要だと感じている案件への取り組みなどを、効率よくハメ込んでいかなくてはなりません。

正直、なにもしない日をつくる余裕はなく、移動の時間もうまくつかっていかないと、自分の少ない作業キャパではとても全てをサバききれません(風邪などひいて数日寝込もうものならばその被害は甚大です...)。

いつも思うことは、『自分がロボットみたいに安定的に作業をこなせたらどんなに楽だろうか...』 ということです。

人間は寝ないといけないですし、しかもその睡眠の質も大切になります。

また、一日のなかでも集中力にバラつきが生じ、気分転換の時間を少しでも入れないとやがて作業の質自体が大きく低下していきます。

社会人としての最低限の 『身だしなみ』 も保たなければ(臭かったりすると)、そもそも人が離れていってしまうでしょう...

身体を痛めつける 『飲ミニケーション』 も人間社会では大切だったりするわけでして、もはや人生とは 『タイムマネージメントの追求なのか?』 と思えるほどになってきました。

しかし、いつか必ず 『自分自身のタイムマネージメント』 にも限界は訪れると思うので、『他人の時間を使わせてもらう or 分けてもらう術』 を早いところ身につけないといけないのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年あけましておめでとうございます。

年明け早々で恐縮ではございますが、気まぐれに実施しております 『2017年サイクルロードレース、メジャーレース勝手に大予想!!!』 をお届けいたします。

対象レースは 『モニュメント』 と 『グランツール』 の合計8レースです。

まずはモニュメントの5レース。

◆ミラノ~サンレモ
1位 ナセル・ブアニ(コフィディス)
2位 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ)
3位 ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)
※2015年6位、2016年4位と徐々に順位を上げているブアニが待望のボクシングスタイルでサンレモのフィニッシュラインをトップで駆け抜けるか?

◆ロンド・ファン・フラーンデレン
1位 ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)
2位 セプ・ファンマルク(キャノンデール・ドラパック)
3位 ティシュ・ビノート(ロット・ソウダル)
※新チームに移籍した世界チャンピオンサガンがロンド連覇を狙う(新チームのアシスト体制が未知数だが...)。

◆パリ~ルーベ
1位 セプ・ファンマルク(キャノンデール・ドラパック)
2位 ゼネク・スティバル(クイックステップフロアーズ)
3位 ジョン・デゲンコルブ(トレック・セガフレード)
※毎回届きそうで届かないパヴェのトロフィを今年こそゲットできるか?ファンマルク!

◆リエージュ~バストーニュ~リエージュ
1位 ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ)
2位 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)
3位 ルイ・コスタ(UAE・アブダビ)
※ゴール直前で逃げていたバルデ(AG2R)が捕まり、バルデと同じくフランス期待の若手アラフィリップが、若干の衰えをみせるバルベルデをスプリントで撃破し待望のモニュメントを制覇!

◆イル・ロンバルディア
1位 ロメン・バルデ(AG2R)
2位 ファビオ・アル(アスタナ)
3位 エステバン・チャベス(オリカ・スコット)
※最後の上りで抜け出したバルデが追いすがるアルを振り切りモニュメント制覇!終わってみれば2017年はフランス人選手がモニュメント3レースを制する。

そしてグランツールの3レース。

◆ジロ・デ・イタリア
1位 ナイロ・キンタナ(モビスター)
2位 ミケル・ランダ(チームスカイ)
3位 ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)
※キンタナとランダの激しい攻防となり最終日の個人タイムトライアルで逆転したキンタナが2度目の総合優勝を決める。

◆ツール・ド・フランス
1位 クリス・フルーム(チームスカイ)
2位 ナイロ・キンタナ(モビスター)
3位 ティボー・ピノ(FDJ)
※2強のフルームとキンタナが最高のコンディションで激しくやり合うが、後半に入りジロの疲れの影響がではじめたキンタナをイゾアールで突き放したフルームが勝負を決める!

◆ブエルタ・ア・エスパーニャ
1位 ロメン・バルデ(AG2R)
2位 エステバン・チャベス(オリカ・スコット)
3位 トム・デュムラン(チームサンウェブ)
※ツールで不調だったバルデがシーズン後半に息を吹き返し、はじめて走ったブエルタを見事に制する。

UCIワールドツアーが全38戦へと大幅に拡大する2017年シーズン。

どんな戦いが繰り広げられるのか今から楽しみです。

今シーズンもどうぞ宜しくお願いいたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

December 29, 2016 12:00 AM /

2016年最後の更新

2016年最後の更新になります。

今年は、メインの仕事でもある 『ツアー・オブ・ジャパン』 で 『大会ディレクター』 となり(2014年・2015年は大会副ディレクター)、いままで経験したことのない種類のプレッシャーを感じた一年でした。

また、やらなければならいこともどんどん増えていってしまい、時間的な負荷も今までの人生で最もタイトな感じになっています...

日々辛すぎて長期的な展望が持てず、『とりあえずなにも考えずに40代は突っ走ろう』 と自分に言い聞かせるものの、40代の 『あと5年』 が乗り切れるのかも若干不安になっている今日この頃だったりします。

誰しもが人生を生きていると、苦しみや悩み、不安といったネガティブな感情と折り合いをつけながら、それでも未来に向かって前進していくことを求められます。

以前、ネット上の記事かなにかで 『二元論・二元性』 という言葉を目にしたことがありました。

詳細についてはあまりよくわかりませんが、簡潔に表現すれば、表面上はポジティブに感じる感情や事柄(楽しい・嬉しい・成功・希望など)というのは、それらに相反する感情や事柄(辛い・悲しい・失敗・絶望など)の存在によって成立しているという概念です。

実際、自分自身もこれまでの人生のなかでこの 『二元性』 という概念を感じることは少なくありませんでした。

科学的に証明できるものなのか、はたまたスピリチュアル的なものなのかはわかりませんが、それでも、ネガティブな感情などを一定期間受けたあとというのは、かなりの確立で良い時間帯がやってくることが多かったのは紛れもない事実であります(もちろん途中で逃げてしまえば良い時間はやってきませんが...)。

これらを考えると 『いまが耐え時』 であることは確実であり、農業に置き換えると 『土作り→種まき→世話→収穫』 の基本4工程のうち、いまは 『土作り→種まき』 から 『世話』 に入りかけているフェーズであり、ある意味で最も耐える時期なのかもしれません。

2017年に向けても新たなチャレンジ(正確にいえば種まきは以前から行っていた)が数多く動き出しており、まだまだ自分自身が下準備や実務などを直接行う必要がある案件ばかりであり、引き続きいつか来るであろう 『収穫』 の時に向けて耐えながら前に進んでいきたいと思います。

皆さまには今年一年大変お世話になり本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

それでは良いお年をお迎えください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

December 26, 2016 12:00 AM /

ポイントランキング

UCIが2017年のポイントランキングシステムの内容を発表しました。

UCIは現在長期的なシステム変更の道半ばにあり、『目指すべき方向』 に沿いながら、現状の問題点などを考慮しつつ、毎年、試行錯誤を続けながら有効なポイントランキングの 『落とし所』 を探っているような状態です。

正直なところ、『自転車ロードレース』 というスポーツに、有効なポイントランキングを当てはめる作業というのは、とてつもなくややこしい作業だと感じています。

実際、毎年 『良かれ』 と思って変更しているはずのポイントランキングシステムに対して、ポジティブな評価の言葉を聞いたことは殆どなく、チームや選手たちからは言いたい放題のやいのやいのの文句が殺到しています...

そして、たまに 『自転車ロードレースというスポーツにはポイントランキングは必要ない』 といった言葉すら聞くことがありますが、しかし、この論を口にする者というのは、完全に 『木を見て森を見ず』 的な発想に陥っており、ポイントランキングシステムが、広義に於いては 『ファン』、『メディア』、そして 『スポンサー』 の獲得に大きく寄与している事実を見逃してしまっているともいえます(ポイントランキングそのものというよりかはそれを含む全体のシステムの構築が現代のプロスポーツには必要不可欠)。

まあ、上記の 『不要論』 は極端な発想だとして、それでも、現在の 『エースとアシスト』、『フォア・ザ・チーム』 という自転車ロードレースを構築している基本構造を考えると、どうしてもポイントランキングがネガティブな方向を生み出してしまう現実もよく理解はできます。

2017年のポイントランキングシステムのなかで最も目立った変更点というのは、『60位まで個人ポイントが付与される』 ようになるという点でしょう。

ちなみに2016年までは、例えば、モニュメント(世界5大クラシックレース)の一つである 『ミラノ~サンレモ』 では10位まで個人ポイントが付与されていました。

この変更を行った理由というのは、恐らく、実力のある一部の有能な選手(特にセカンドエースクラス)の個人ランキングが著しく低かったことなどが考えられます。

しかし、この変更に対して、早速、有力チームの幹部から苦情の声が挙がりました。

その幹部は 『ミラノ~サンレモ』 を例に出し、『これまではチプレッサ(最後から2番目の上り)でエースを守るために全力でアシストした選手たちは、ポッジオ(最後の上り)を上らずに直接チームバスに向かっていた(完走を目指さずにリタイアする)』 と語りました。

実際は完走を目指してフィニッシュする選手も多くいるのでしょうが、それでも、『自転車ロードレースは1位を競い合うスポーツであり、それを狙えない選手が無理に完走しても意味がない』 という伝統的な考え方に立った主張を行ったわけです。

その上で、60位まで個人ポイントが付与されるようになると、本来は仕事を終えているはずのアシスト選手たちがそのままポイントを獲得するために走り続けることになり、大きな負担と混乱、そしてリスクが選手とチームに降り掛かると危惧しているようなのです。

正論だと思う一方で、いつも一点だけ不安を覚えるのは、これらの主張が 『これまでの伝統はすべて正義である』 といった立ち位置から繰り出されているという点です。

『アシスト選手がポッジオを上らずにチームバスへ向かう行為』 というのは、ロードレース界にずっといた私にとっては 『美談』 として解釈することが可能ですが、一方で、他の価値観を持ったスポーツ関係者が聞いた場合、もしかすると、『不平等』、『不真面目』、『八百長』 といった感覚でこの行為を捉えてしまう可能性もゼロではないわけです。

難しい問題ですが、やはり、すべてのステークホルダーが大きな視野を持つことこそが、未来を切り開くためには重要なのだと、再認識した年末の夜でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

December 23, 2016 12:00 AM /

2017年UCIワールドツアー

「ワールドツアーライセンス」審議中だった「TJスポーツ(中国/元ランプレ・メリダ)」が、12月20日に「UAEアブダビ」という名称で2017~2018年の「ワールドツアーライセンス」を獲得したとのニュースが流れました。

これでワールドツアー全18チームが無事に出揃ったことになります。

改めて「2017年UCIワールドツアー」のレース及びチームの内訳を確認してみました(各種情報は暫定)。

◯2017年UCIワールドツアー(全38戦)
Santos Tour Down Under/オーストラリア/17.01~22.01.2017
Cadel Evans Great Ocean Road Race/オーストラリア/29.01.2017
Tour of Qatar/カタール/06.02~10.02.2017
Abu Dhabi Tour/UAE/23.02~26.02.2017
Omloop Het Nieuwsblad/ベルギー/25.02.2017
Strade Bianche/イタリア/04.03.2017
Paris-Nice/フランス05.03~12.03.2017
Tirreno-Adriatico/イタリア/08.03~14.03.2017
Milano-Sanremo/イタリア/18.03.2017
Volta Ciclista a Catalunya/スペイン/20.03~26.03.2017
Dwars door Vlaanderen/ベルギー/22.03.2017
Record Bank E3 Harelbeke/ベルギー/24.03.2017
Gent-Wevelgem in Flanders Fields/ベルギー/26.03.2017
Ronde van Vlaanderen/ベルギー/02.04.2017
Vuelta Ciclista al Pais Vasco/スペイン/03.04~08.04.2017
Paris-Roubaix/フランス/09.04.2017
Amstel Gold Race/オランダ/16.04.2017
Presidential Cycling Tour of Turkey/トルコ/18.04~23.04.2017
La Flèche Wallonne/ベルギー/19.04.2017
Liège-Bastogne-Liège/ベルギー/23.04.2017
Tour de Romandie/スイス/25.04~30.04.2017
Rund um den Finanzplatz Eschborn-Frankfurt/ドイツ/01.05.2017
Giro d'Italia/イタリア/05.05~28.05.2017
Amgen Tour of California/アメリカ/14.05~20.05.2017
Critérium du Dauphiné/フランス/04.06~11.06.2017
Tour de Suisse/スイス/10.06~18.06.2017
Tour de France/フランス/01.07~23.07.2017
Clasica Ciclista San Sebastian/スペイン/29.07.2017
Tour de Pologne/ポーランド/29.07~04.08.2017
Prudential RideLondon & Surrey Classic/イギリス/30.07.2017
Eneco Tour/ベネルクス/07.08~13.08.2017
La Vuelta ciclista a España/スペイン/19.08~10.09.2017
Cyclassics Hamburg/ドイツ/20.08.2017
Bretagne Classic - Ouest-France/フランス/27.08.2017
Grand Prix Cycliste de Québec/カナダ/08.09.2017
Grand Prix Cycliste de Montréal/カナダ/10.09.2017
Il Lombardia/イタリア/07.10.2017
Tour of Guangxi/中国/19.10~24.10.2017
※国別開催レース数
ベルギー=8(Eneco Tour含む)
イタリア=5
フランス=4
スペイン=4
スイス=2
ドイツ=2
オランダ=2(Eneco Tour含む)
オーストラリア=2
カナダ=2
アメリカ=1
イギリス=1
ポーランド=1
カタール=1
UAE=1
トルコ=1
中国=1

◯2017年UCIワールドチーム(全18チーム)
AG2R La Mondiale/フランス/FACTOR/シマノ
Astana/カザフスタン/ARGON 18/シマノ
Bahrain-Merida/バーレーン/MERIDA/シマノ
BMC Racing Team/アメリカ/BMC/シマノ
Bora-Hansgrohe/ドイツ/SPECIALIZED
Cannondale-Drapac/アメリカ/Cannondale/シマノ
Team Dimension Data/南アフリカ/Cervélo/シマノ
Quick-Step/ベルギー/SPECIALIZED/シマノ
FDJ/フランス/Lapierre/シマノ
Lotto-Soudal/ベルギー/RIDLEY/カンパニョーロ
Movistar Team/スペイン/CANYON/カンパニョーロ
Orica-Scott/オーストラリア/SCOTT/シマノ
Team Sunweb/ドイツ/GIANT/シマノ
Team Katusha-Alpecin/スイス/CANYON/SRAM
LottoNL-Jumbo/オランダ/Bianchi/シマノ
Team Sky/イギリス/PINARELLO/シマノ
Trek-Segafredo/アメリカ/TREK/シマノ
UAE Abu Dhabi/UAE/COLNAGO/カンパニョーロ
※国別チーム数
アメリカ=3
フランス=2
ベルギー=2
ドイツ=2
スペイン=1
オランダ=1
イギリス=1
スイス=1
オーストラリア=1
カザフスタン=1
バーレーン=1
南アフリカ=1
UAE=1
※イタリア=0

イタリアは 『ジロ・デ・イタリア』 の主催者である 『RCSスポルト』 の活躍?によりレース数自体は2番目に多いものの、とうとう 『ワールドチーム』 が 『ゼロ』 になってしまいました...

一方、中東勢はレース・チームともに 『2』 となり、その存在感を一気に増しています。

レース数が一気に増えた 『2017年UCIワールドツアー』。

どの様なシーズンとなっていくのかいまから楽しみです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



サイクルロードレースを2週間お試し体験!

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.