1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 柔道・格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

会社情報


株式会社ジェイ・スポーツ 2015年度 第4回 番組審議会 議事録

開催年月日 2016年3月11日(金) 11:00−12:30
開催場所 株式会社ジェイ・スポーツ内 会議室
委員の出席 委員総数 8名
出席委員数 7名
出席委員の氏名 砂川浩慶(委員長)、伊豆田知子、稲垣純一、奥律哉、中西大介、原田宗彦、平松純子
放送事業者側出席者氏名 株式会社ジェイ・スポーツ 代表取締役社長 上田修、取締役 石原孝志、小早川浩、山崎隆、藤井全、編成部長 池田泰斗、編成部チームリーダー 田野剛史、マーケティング部長 今野義範、クロスメディア部長 宇都宮慎二、経営戦略部長 鳥居修平、制作部長 渡辺明彦、制作部プロデューサー 田島洋一
事務局担当者氏名 株式会社ジェイ・スポーツ
事務局長 川喜田尚
編成部 高麗清、長谷川真由
経営戦略部 布施さやか
議題

「ドキュメンタリー 〜The REAL〜 高校バスケから世界へ 未来を拓く世代 NCAAへの挑戦」について

番組内容

国内リーグの統一をはじめ、2020年東京オリンピックに向けて大きく動き出した日本のバスケットボール。2015年12月開催のウインターカップ(全国高校バスケットボール選抜優勝大会)でも、東京オリンピックで活躍するであろう若い世代の活躍が目立った。
八村塁、渡邊雄太らはこの大会から海外へと活躍の場を広げNCAAへ挑戦し、バスケ界の未来を拓く。彼らのポテンシャル、武器とはいったい何なのか?その魅力に迫る。

【編成概要】

◆放送チャンネル
「ドキュメンタリー 〜The REAL〜」隔週 第2・4 金曜日23時 初回放送
初回放送:J SPORTS 3
再放送:J SPORTS 1/J SPORTS 2/J SPORTS 3/J SPORTS 4

◆番組尺
 60分

◆放送日時

チャンネル 放送日 開始時刻 終了時刻 番組尺 初回
J SPORTS 3 16/01/29 (金) 23:00 24:00 01゚00'
J SPORTS 1 16/01/30 (土) 8:00 9:00 01゚00'
J SPORTS 2 16/01/30 (土) 10:00 11:00 01゚00'
J SPORTS 4 16/01/30 (土) 23:30 24:30 01゚00'

ほか複数回

【その他】

◆オンデマンド

ウインターカップ 全試合LIVE配信、無料会員向けに全試合ハイライトも配信

【審議内容】

◆番組審議委員より
良かった点

  • ドキュメンタリーの自社制作にチャレンジしているのは素晴らしい。これらがライブ中継の質も高めていくことにもつながると思う。
  • 若者の現実的な面と夢をつかみに行くというところがうまく込められていたと思う。

改善すべき点

  • テーマや対象を絞り込んでもっと深堀してほしい。
  • J SPORTSのドキュメンタリー番組となるようスタイルを確立させ認知度を意識するものを考えてもよいのではないか。
  • 主人公のバックグラウンド(家族や出身)の表現方法、取り上げ方の工夫が必要。
  • 字幕やグラフィックの処理を工夫し、画面上の見やすさをもっと意識すべき。

◆J SPORTSより番組審議会を受けての改善案

  • 飽きさせない演出
    取材力を更に強化し、番組作りに反映させていく。
    競技映像や競技データ、プロフィールなどテロップでの情報をできるだけ紹介する。
    本音、素顔をより引き出せるようなインタビュー取材を意識する。
    主人公の周辺取材を独自の視点で行い、ルーツ(原点)、バックグラウンドも盛り込んでいく。
  • その他
    オリジナリティーを持った演出効果を確立し、番組ブランドの認知と表現力を向上させる。

以上


本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.