1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 柔道・格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

会社情報


株式会社ジェイ・スポーツ 2014年度 第5回 番組審議会 議事録

開催年月日 2015年3月6日(金) 11:00−12:30
開催場所 株式会社ジェイ・スポーツ内 会議室
委員の出席 委員総数 8名
出席委員数 6名
出席委員の氏名 砂川浩慶(委員長)、天野昭、伊豆田知子、奥律哉、河野一郎、中西大介
放送事業者側出席者氏名 株式会社ジェイ・スポーツ 代表取締役社長 上田修、取締役 小早川浩/山崎隆/石原孝志/藤井全、編成部長 池田泰斗、編成部チームリーダー 田野剛史 、マーケティング部部長 今野義範、経営戦略部部長 鳥居修平、メディア営業部部長 和泉克典、広告営業部部長 中臺智之、制作部部長 渡辺明彦、制作部プロデューサー 山木慎哉
事務局担当者氏名 株式会社ジェイ・スポーツ
経営戦略部 川喜田尚、布施さやか
編成部 森澤絵美子
議題 「球春到来!J SPORTS 野球好き祭り!」について

【番組説明】

2月のキャンプインを待ちきれない野球好きにお届けする新春特別番組「球春到来!J SPORTS 野球好き祭り!」。プロ野球からアマチュア野球まで野球情報を幅広くお届けします。 昨シーズンの振り返りや2015年シーズンの見どころ、シーズン中は見ることの出来ない選手の素顔など、野球好きなら嬉しい情報が盛り沢山。また、J SPORTSのプロ野球中継は、「広島東洋カープ」、「中日ドラゴンズ」に加え、2015年シーズンより「オリックス・バファローズ」、「東北楽天ゴールデンイーグルス」の放送が決定。4球団のどこよりも深い情報は必見です。

【番組内容】

◆#1
「新春ゴルフ対決」

今年で3回目を迎える名物企画、石井一久氏率いる「一久会」。
ゲストに阪神タイガース所属:福留孝介選手と現MLB サンフランシスコ・ジャイアンツ所属(出演当時は無所属):青木宣親選手を迎えて、新春ゴルフ対決を開催。2人のリラックスした表情や思いも寄らぬ大物選手の登場は必見!番組企画とはいえ、勝負は勝負。ゴルフ対決の結果はいかに?
「トークコーナー」
石井一久氏とJ SPORTSのMLB中継でお馴染みのMLBアナリスト:AKI猪瀬氏と共に、福留孝介選手と青木宣親選手の昨シーズンをじっくり振り返る。番組終盤では2015年シーズンの抱負も語って頂きます。
「スタジオトーク」
MC:青島健太氏 ゲスト:仁志敏久氏
プロ野球新加入の選手情報、MLB日本人投手の最新情報、アマチュア野球は全日本大学野球選手権や都市対抗野球、社会人野球日本選手権を紹介。

◆#2
「スタジオトーク」

MC:青島健太氏 ゲスト:仁志敏久氏
J SPORTS の2015年放送球団(セ・リーグ:広島、中日/パ・リーグ:オリックス、楽天)担当リポーターによる各球団の2015年シーズンを展望。番組中に当社キャンプ中継の告知も挿入。

★広島東洋カープ
担当リポーター:山田幸美
2015年シーズンのキーワード:「緒方新監督就任」、「ベテラン復帰!」、「カープ男子!?」
取材:緒方新監督就任インタビュー
★中日ドラゴンズ
担当リポーター:中西希
2015年シーズンのキーワード:「先発投手陣の再生」、「カリビアンパワー」、「レジェンド」
取材:森繁和ヘッドコーチ インタビュー
★オリックスバッファローズ
担当リポーター:仲谷亜希子
2015年シーズンのキーワード:「巨大戦力」
取材:中島裕之入団会見映像、ドラ1ルーキー・山崎福也インタビュー
★東北楽天ゴールデンイーグルス
担当リポーター:西村祐美
2015年シーズンのキーワード:「生え抜きの成長」、「大久保新監督」、「新助っ人」
取材:大久保新監督インタビュー

【編成概要】

◆放送日程

チャンネル
放送日
開始時刻
終了時刻
番組尺
エピソードNo.
初回
J SPORTS 3
15/01/16(金)
21:00
22:00
60分
1
J SPORTS 2
15/01/17(土)
22:00
23:00
60分
1
J SPORTS 1
15/01/18(日)
14:00
15:00
60分
1
J SPORTS 3
15/01/23(金)
21:00
22:00
60分
2
J SPORTS 2
15/01/24(土)
17:30
18:30
60分
2
J SPORTS 1
15/01/25(日)
16:00
17:30
60分
2

◆その他
・プロ野球開幕前の編成に関して
2月1日(日)より広島(日南)、中日(北谷)、楽天(久米島)、オリックス(宮崎)キャンプの模様を現地より生中継。広島に関しては2月16日に行われた黒田博樹選手の復帰会見をキャンプ中継終了後に緊急生放送。このほかに、4球団のオープン戦を計27試合生中継(一部録画有り)。

【審議内容】

◆番組審議委員より

  • ゴルフならではのプレー中の私語からシーズン中の裏話を引き出せないのであれば、ゴルフ企画にしなくても良かったでしょう。より本音を引き出すことが出来れば良かった。
  • ただ「すごく飛びましたね」とコメントするよりは「ホームランを打った時とどちらが飛んでいますか」という聞き方の方が野球の魅力をうまく伝えられるのではないでしょうか。司会進行はただ番組を進めていくのではなく、うまく言葉を引き出す役割がある。
  • 視聴誘導するためにTwitterやFacebookなどSNSを利用した仕掛けをもっと考えていってほしい。
  • #1はシーズン後に放送する番組。放送するタイミングに違和感がある。ゴルフが始まるとチャンネルを変える方もいると思うので、ゴルフ企画の後にトークコーナーがある、という作りはもったいない。トークコーナーでは地上波やスポーツ紙では中々知ることが出来ない話が聞けて良かった。#2については幕開けという感じが伝わって良かったが、バラエティ感が中途半端。レポーターにテーマを振っても台本にあることしか話してないと感じた。J SPORTSでなければ作れないバラエティショーをもっと考えてもらいたい。
  • 野球とゴルフという組み合わせは当たり前になってしまっているので、どういう競技と組み合わせると良いか考えてみると良いでしょう。また、#1でケガの話をしていたところがありましたが、ケガは非常にシリアスな問題なので気軽に聞くことは出来ないと思うが、どう取り上げていくかは専門局として考えていってほしい。
  • 裾野を広げる、敷居を低くすることとスポーツの専門性を両立させることは非常に難しい。データは詳しい人にとっても、初心者にとっても、データは共通の言語。 サッカーで例えるならば、トレーニングで、やたら走りこんでいる選手がいて、走りこんでいるというのは、「頑張っているな」という情緒的な部分が裾野を広げる部分に繋がるが、試合後半75分から、スプリントの回数もスピードも落ちないというデータが出た場合、相手の右サイドの選手は落ちてきているのに、こちらの左サイドはスプリントの回数がまったく落ちないとなれば、それは情緒的な部分とデータ的なことを結び付けて語りやすくなる。

◆J SPORTSより

  • スポーツテレビ局として、情報や専門的なデータを意識した番組作りを心掛けたい。
  • プロ野球選手がゴルフをするという企画は他局でも昔からやっているが、馴染みのある企画の方が見て頂やすいと考え、この企画となった。 今回はライト層にも見てもらいたかったのでコアファンにはあまり満足して頂けない内容になったかもしれないが、解説者が喋るとどうしても専門的な話になってしまうので、個別にレポーターにプレゼンさせて、気軽に見てもらえるような形を取った。今後は、専門的な部分とライト層でも楽しんでもらえるような部分とうまくミックスできるようにしたい。

以上


本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.