1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 柔道・格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

会社情報


株式会社ジェイ・スポーツ 2014年度 第2回 番組審議会 議事録

開催年月日 2014年6月6日(金) 11:00−12:30
開催場所 株式会社ジェイ・スポーツ内 会議室
委員の出席 委員総数 8名
出席委員数 7名
出席委員の氏名 砂川浩慶(委員長)、天野昭、伊豆田知子、奥律哉、河野一郎、原田宗彦、平松純子
放送事業者側出席者氏名 株式会社ジェイ・スポーツ 代表取締役社長 上田修、取締役 小早川浩/内藤達彦/石原孝志/藤井全、編成部部長 池田泰斗、マーケティング部部長 鳥居修平、制作部部長 渡辺明彦、制作部プロデューサー 山木慎哉
事務局担当者氏名 株式会社ジェイ・スポーツ
経営戦略部 川喜田尚
編成部 森澤絵美子(記)
議題 「野球好きプラス」について

【番組説明】

『ここだけでしか聞けない』野球の話が聞ける!
日本野球界の今を「野球好き」番組独自の切り口で!

日本の野球界では何が起こっているのか?ハイライトだけでは分からない野球の本質を、そして見方を独自の切り口でお届けします。MC青島健太氏が日本の野球界の著名人を中心にゲストを招き、プロ野球の旬なテーマについて語るトークコーナーをメインに、プレーの検証、人物に焦点をあてた特集など、野球に関する知識が必ず『プラス』となる野球情報番組です。
(初回放送:第2・第4火曜日22時10分〜23時05分【生放送】)

【審議対象回】

◆4月8日初回放送分
ゲスト:野村克也氏(野球評論家)
記念すべき第1回目の放送には、元楽天イーグルス監督であり、現在は野球評論家の野村克也氏が登場。
今の日本プロ野球界や、4月5日にアメリカでデビューした田中将大投手の登板、プロ野球開幕戦の楽天・則本投手の投球、さらに、ファンからの質問など、注目度満点のトークをMCと共に展開していきます。

◆5月13日初回放送分
ゲスト:北別府学氏(野球解説者)
〜強いぞ!広島カープ特集〜
元広島カープのエースであり、一昨年殿堂入りを果たした野球解説者、北別府学氏が登場。
番組では強くて人気がある、今のカープに迫ります!!
カープ女子現象や観戦ツアーに密着!さらに、大型ルーキー、大瀬良投手の初勝利を選手自身が検証。

【編成概要】

◆放送期間
2014年4月8日(火)〜10月21日(火) ※全14本

◆放送チャンネル
初回放送&再放送:J SPORTS 1

◆番組尺
55分

◆放送日程
初回放送:第2・第4火曜日22時10分〜23時05分【生放送】
再放送⑴:初回放送翌朝7時10分〜8時05分
再放送⑵:初回放送翌日17時00分〜17時55分

【構成】

  • ゲストとテーマに沿ったトーク
  • その日のテーマに沿った特集VTR
  • 投手自身が自分の投球を振り返る「一球の轍」
  • 放送日の過去に何があったのか紐解く「タイムスライディング」
  • メジャーリーグ振り返り(不定期)

【出演者】

解説1名、キャスター1名、ゲスト1名

解説
青島健太
MC
森藤恵美
ゲスト
4月8日放送分 野村克也氏(野球評論家)
5月13日放送分 北別府学氏(野球解説者)

<その他>
4月22日放送分 平林岳氏(NPB審判技術員)/AKI猪瀬氏(MLBアナリスト)
5月27日放送分 高井保弘(元阪急・通算代打本塁打世界記録保持者)

【審議内容】

■番組審議委員より

  • 第1回目の放送が田中将大選手のメジャーリーグ初登板直後で、ゲストが楽天前監督の野村克也さんというのは非常に魅力的な企画であったと思います。さらにこのタイミングで則本投手を特集したのも素晴らしい。野球が好きな方は特に面白かったのではないでしょうか。試合の流れを追いながら則本選手の心理状態を含めた解説や投手がどういう風に駆け引きをしていくかなど、野球を深く知らなくても楽しめる内容で凄く面白かった。スタジオセットはもっとシンプルでインパクトのあるデザインの方が良い。
  • スタジオセットとカメラワークがまったくなっていない。「なっていない」というのはお金を掛ければ良いのではなくセンスの問題。「野球好きプラス」は一体どのあたりが「プラス」なのでしょうか。何をプラスと見せるか明確化をするべきです。則本選手の部分はアーカイブ映像があるのであれば、楽天からではなく大学から論じるべきではないでしょうか。広島カープの特集は面白かったです。
  • 番組そのものは非常に面白かったです。野球が日本の中でナショナルスポーツと言ってもいいくらい特別なジャンルだと感じました。これを他のスポーツでやろうとしても中々成立しない。日本人が野球に対して持っている基礎的な知識はものすごく大きいと思います。他のスポーツとは違うところをどう差別化して見せていくかを期待したい。
  • まずこの土・日にDVDを見せてもらったのですが、見ているところをうちの大学生の息子が通りまして、そのまま足を止めてずっと見ていました。彼は草野球をやっていて野球好きです。「いいな、これ」という感じではまっていたので、ある意味野球好きのツボを掴んでいるんだなという印象は持ちました。「一球の轍」は一番特徴があるところだと理解しました。もちろん本当に全部喋っているのか疑問はありますが、非常にユニークな企画。
    番組がふわっと始まってすっきりしない形で終わるので、起承転結ははっきりつけた方が良い。

■ジェイ・スポーツより

  • 野球ファンにプラスになるためにという意味を込めて「野球好きプラス」というタイトルをつけたので、「プラス」というところをどう構成して表現していくかをより考えていかなければならないと思います。
  • 今年度の1回目の放送が終わってから生にこだわっていくべきなのかは議論しました。
    制作部内でもまだ結論はついておらず、録画にすればより深い話も出来て、うまく編集して放送するという方法もあると思います。ただ、生放送だからこそ出てきた発言やおもしろさも捨てがたく、今のところは生放送にこだわっていきたいと考えています。

以上


本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.