1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 柔道・格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

会社情報


株式会社ジェイ・スポーツ 2013年度 第4回 番組審議会 議事録

開催年月日 2013年10月8日(火)16:00−17:00
開催場所 株式会社ジェイ・スポーツ内 会議室
委員の出席 委員総数 8名
出席委員数 7名
出席委員の氏名 菊地実、河野一郎、小林光、坂井保之、曽根和子、 田保橋淳、鳥居美砂
放送事業者側出席者氏名 株式会社ジェイ・スポーツ
代表取締役社長 上田修
マーケティング部 部長 鳥居修平
制作部 部長 今野義範
制作部 プロデューサー 杉山友輝
事務局担当者氏名 株式会社ジェイ・スポーツ
編成部 部長 宇都宮慎二
編成部 森澤絵美子(記)
議題 「世界、頂!ニッポン代表応援TV」について

【番組説明】

世界で活躍するニッポン代表をとことん応援したい! 野球、サッカー、ラグビー、自転車、バスケットボール、卓球、体操、バレー、バドミントン、陸上、マリンスポーツ、ウィンタースポーツ等、色々なスポーツの中から世界で活躍するニッポン代表選手やチームを紹介。ナビゲーターの杉山愛、大畑大介が選手やチームへ出向いて、インタビューや練習方法、普段の生活など、根掘り葉掘り徹底調査。そしてハイライトのコーナーでは、注目の日本代表が活躍したスポーツを独自の視点で分析し、紹介します。

【編成概要】

■初回放送
毎月第1木曜日21時〜22時 初回放送:J SPORTS 3【初回放送のみ無料放送】
再放送:J SPORTS 1/J SPORTS 2/J SPORTS 3の計3チャンネルにて計9回再放送
■番組尺
60分

■ラインアップ

  • 4月初回放送:石川佳純選手(卓球・ロンドン五輪銀メダリスト)
  • 5月初回放送:足立友里恵選手(アイスホッケー・ソチ五輪代表)
  • 6月初回放送:田児賢一選手(バドミントン・ロンドン五輪代表)
  • 7月初回放送:富澤慎選手(セイリング・ロンドン五輪代表)
  • 8月初回放送:加藤条治選手(スピードスケート・ソチ五輪代表)
  • 9月初回放送:中川真依選手(高飛び込み・ロンドン五輪代表)
  • 10月初回放送:岸彩乃選手(トランポリン競技・ロンドン五輪代表)
  • 11月初回放送:無良崇人選手(フィギュアスケート・ソチ五輪代表候補)

■番組審議会 審議対象番組

  • 6月初回放送:田児賢一選手(バドミントン・ロンドン五輪代表)
  • 9月初回放送:中川真依選手(高飛び込み・ロンドン五輪代表)

■ナビゲーター

大畑大介・杉山愛

大畑大介・杉山愛

■コンセプト
世界で戦う日本代表を応援するスポーツテレビ局 J SPORTS

■目的

  • (1)様々な競技団体と協力関係を持つ
  • (2)プレミアリーグやトップリーグを視聴する層より少しライトなサッカー日本代表やオリンピックを視聴するような地上波や無料BS放送を視聴しているスポーツ好きの視聴誘導
  • (3)日本代表応援視聴キッカケで今まで興味のなかったジャンルも視聴する事により解約防止及び視聴向上

■審議のポイント

  • (1)日頃視聴しないジャンルに少しでも興味をもてる内容となっていたか
  • (2)「J SPORTSは日本代表を応援するテレビ局」というイメージをもてる番組か
  • (3)出演者についてご意見
  • (4)当番組に対する総合的な評価、ご意見、ご感想

【審議内容】

■番組審議委員より

  • ルールや競技そのものを説明するコーナーを設けても良いだろう。
  • 出演者についてはパッと見て誰か分からないこともあるかもしれないので、インタビューの現役時代も紹介すると良いだろう。
  • もっと深く話を掘り下げる努力はすべき。
  • 関係者のインタビュー、ライバルの一言、世界のトップクラスをどう見ているかを語るなど、生の声を引き出せると番組に迫力が増す。
  • オープニングタイトルだけではなく幕間にも「日本代表」を応援しているという言葉を入れて、視聴者に刷り込んでいくべき。

■ジェイ・スポーツより

  • メジャー、マイナー問わず、まだまだ連携が取れていない競技団体もあるので、この番組を通じてより関係を強化していきたい。
  • アスリートの人となり、キャリア、インタビュー中心にはなるが、アスリートの想いをしっかり伝えていかなければならないと考えている。
  • インタビュー中心の構成に飽きさせない工夫が必要だったと猛省。
  • フレッシュな情報は現場にあることが改めて分かったので、どんどん現場に足を運んで様々な情報を得ていきたい。

以上


本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.