JSPORTS

いま 明らかになる、侍たちの素顔いま 明らかになる、侍たちの素顔

scroll

あの日、侍がいたグラウンドあの日、侍がいたグランド

highlightsscale

あの日、侍がいたグラウンド―。
勝利と敗北の裏に“結束”あり。
知られざる侍たちの素顔、
いま明らかに。

日本中に多くの感動を与えた2017WBC。
各局のニュースが連日取り上げ、侍ジャパンの雄姿を伝えた。その裏で・・・。
侍ジャパンチームのカメラが約1ヶ月密着し、100時間を超える映像を撮影。激闘の裏にはどんなドラマがあったのか?侍ジャパン集結・強化合宿から2017WBCの東京ラウンド・アメリカラウンド準決勝まで、“選手目線”で2017WBCを振り返るチーム専属カメラだからこそ撮影できた貴重映像満載の密着ドキュメント映画。

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

preview videoscale

  • play「あの日、侍がいたグラウンド」予告編

  • play「強化ダッシュ」編

  • play「人生初の・・・」編

DVD/Blu-rayscale

ジャケット写真

DVD、ブルーレイ予約受付中

価格:DVD 3,800円(税抜) ブルーレイ 4,800円(税抜)
発売日:2017年8月4日(金)
本編102分+特典映像22分

ご予約はこちら

【本編内容】
  • 侍、集結〜キャンプ〜

  • 侍の苦戦

  • 開幕戦3/7キューバ戦

  • 第2戦3/8オーストラリア戦

  • 一次ラウンドを終えて…

  • 二次ラウンド初戦3/12オランダ戦

  • 二次ラウンド第2戦3/14キューバ戦

  • 二次ラウンド第3戦3/15イスラエル戦

  • いざ、アメリカへ

  • 準決勝3/21アメリカ戦

  • 激闘を終えて…

【特典映像内容】
  • ◆「侍の休日」

  • ◆「知られざるアクシデント」

  • ◆「ホームラン&ファインプレー集」

  • ◆「今日の円陣」

※内容変更の可能性があります。

social mediascale

最新情報はTwitter/Facebookで配信中

侍ジャパン選手

  • slide

    広島東洋カープ
     
    田中 広輔選手
     

  • slide

    広島東洋カープ
     
    菊池 涼介選手
     

  • slide

    広島東洋カープ
     
    鈴木 誠也選手
     

  • slide

    横浜DeNAベイスターズ
     
    筒香 嘉智選手
     

  • slide

    東京ヤクルトスワローズ
     
    山田 哲人選手
     

  • slide

    東京ヤクルトスワローズ
     
    秋吉 亮選手
     

  • slide

    中日ドラゴンズ
     
    平田 良介選手
     

  • slide

    北海道
    日本ハムファイターズ
    中田 翔選手
     

  • slide

    北海道
    日本ハムファイターズ
    増井 浩俊選手
     

  • slide

    福岡ソフトバンクホークス
     
    松田 宣浩選手
     

  • slide

    埼玉西武ライオンズ
     
    秋山 翔吾選手
     

  • slide

    埼玉西武ライオンズ
     
    牧田 和久選手
     

  • slide

    東北楽天
    ゴールデンイーグルス
    松井 裕樹選手
    則本 昂大選手

  • slide

    オリックス・バファローズ
     
    平野 佳寿選手
     

ending themescale

CHEMISTRY「ユメノツヅキ(Slow & Emotional)」ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ

J SPORTSの野球番組テーマソングでもかねてから関係があり、事務所マネージャーも野球好き。CHEMISTRYの“生みの親”である松尾 潔をプロデューサーに迎え、作曲・編曲には和田昌哉、Maestro-Tが名を連ねるなど、初期CHEMISTRYを支えたクリエイター陣が15年を経て再集合し話題となった同曲。

今回、映画の内容に寄り添い「ユメノツヅキ(Slow & Emotional)」として、バラードバージョンにアレンジされ、ヴォーカルも再レコーディングに臨み、この春、日本中に多くの感動を与えた侍ジャパンにエールを送る、エモーショナルで胸を熱くさせる仕上がりとなった。

CHEMISTRY
【プロフィール】

テレビ東京系「ASAYAN超男子。オーディション」で、約2万⼈の候補者の中から選ばれ、ヴォーカルデュオ『CHEMISTRY』として、シングル「PIECES OF A DREAM」で2001年3月7日デビュー。1stシングルが16週連続TOP10入りという驚異的なロングセラーを記録し、いきなりのミリオンヒット。1stアルバム「The Way We Are」は300万枚のモンスターヒットを記録。同年、NHK紅白歌合戦に初出場し、瞬間視聴率No1(関東圏)を記録。『CHEMISTRY』はヴォーカルデュオの代名詞となり、CD総売上枚数は1,800万枚を誇る日本を代表するアーティストとなった。2012年よりソロ活動に専念し、それぞれがソロシンガーとしてのキャリアを積んできたが、2017年にグループとしての活動を再開。

CHEMISTRYからのコメント
堂珍 嘉邦

僕は小さい頃から野球が大好きです。
日の丸を背負って戦う侍ジャパンのドキュメンタリー映画のエンディングテーマにCHEMISTRYの「ユメノツヅキ(Slow & Emotional)」が起用される事にとても興奮しています。
グラウンドの「気配」や「匂い」、そして「歓声」がとてもリアルで自分も戦いに参加しているような気持ちにさせてくれるこの作品を、心から応援しています。

川畑 要

日の丸を背負う選手達の熱い表情はもちろん、バックヤードでの無邪気な笑顔など普段あまり目にすることのできない表情までしっかり描かれていて野球に詳しくない自分でもすごく楽しむ事ができました。
試合直前のスイッチが切り替わった選手達の眼つきに、侍の魂を感じてゾクゾクしました!!
次は日の丸を背負った選手達の試合を生で観戦してみたいです。

by piecescale

監督三木慎太郎

このたびは、J SPORTS開局20周年記念映画「あの日、侍がいたグラウンド」2017 WORLD BASEBALL CLASSICTMの製作にあたり、ご協力頂いた関係者の皆さまをはじめ、選手の皆さまにこの場をお借りして感謝申し上げます。

2017年2月から侍ジャパンチームの専属カメラとして、約1ヶ月密着し、100時間を超える映像を撮影しました。

侍ジャパンのまさに「結束」の瞬間から立ち会い、チーム関係者以外、垣間見ることさえできないところまで、カメラを持って帯同しました。はじめはチームに受け入れてもらえるのだろうかという不安や緊張感もありましたが、撮影の進む中で、小久保裕紀監督と選手の距離が「結束」の中でグングンと縮まっていく様、日本代表としての責任感を持ち、ひとつの目標に向かっていく選手たちの強い想いがほとばしる瞬間を撮ることができました。試合の緊張感の中、よく自分をそこにいさせてくれたなという思いでした。
メジャーリーガーで唯一参加の青木宣親選手の声を素直に聞く選手たちの関係性や、お互いのプレーを見て学び吸収しようとする代表チームならではのシーン、そして“勝ちたい思い”を共有し、懸命に戦う姿に、きっと、野球ファンならずとも、応援したいと思ってもらえるはずです。試合の勝敗だけではなく、選手の人間臭さを見て欲しいと思っています。
野球はこんなに楽しいのです。
今後もっと野球を見てくださる方、ファンが増えることを願っています。

三木 慎太郎(みき しんたろう)
【プロフィール】

三木 慎太郎(みき しんたろう)

1967年1月21日生まれ 奈良県出身
スポーツテレビ局「J SPORTS」所属
(株式会社ジェイ・スポーツ エグゼクティブプロデューサー)
自身も小学生より野球を親しみ、自他共に認める日本一の「野球好き」であり、長く野球番組制作に携わっているテレビマン。経験を活かし、途中3年間プロ野球球団職員として、シーズンを通してチームに密着取材した球界初のドキュメント映画「ダグアウトの向こう」(2012年~2014年制作)も手掛けた。現在は野球日本代表「侍ジャパン」の全世代に密着した番組制作に取り組んでいる。